.
●普正寺の森の野鳥……290種(カササギ・シロガシラ・ソウシチョウなどの外来種と思われる種は含まれていません。)

【一日の最大種類数……75種(2013年5月12日)】
(70種以上のその他の記録……2009年5月5日70種・2011年5月4日70種)
(秋期の最大種類数……2006年11月18日63種・2010年11月14日63種)

【一年間の最大種類数……172種(2011年)】

【普正寺の森を利用した野鳥……229種】
(利用した野鳥とは、石川県金沢市の普正寺の森70.6haの地上・樹木・建物・電線等にとまった野鳥です。)
(普正寺浜・池等を含み、河川・海・防波堤等は除きました。)

●普正寺の森の種子植物……417種

(植樹や園芸品種のみの種は除きました。木本95種+草本322種=417種)
(植樹のみの31種を含めると木本は126種。園芸品種のみの17種を含めると草本は339種です。木本126種+草本339種=465種)

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

《普正寺の森の楽しみ》→各月の珍鳥・観察例・春のピークは5月1〜10日・秋のピークは11
月1〜15日など、月別の森の情報
を記載しています。


2017.9.24
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ17羽・コガモ♀タイプ4羽
犀川中州→カワウ1羽
エゾビタキ3羽
コサメビタキ1羽
ツバメ7羽
カモメ類5羽(犀川河口)
オオルリ♂3羽+(情報より)
コムクドリ5羽+(情報より)
エナガ(写真あり)(情報より)
メボソムシクイ上種(写真あり)(情報より)
ギンヤンマ3頭
カナヘビ1匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間70匹・護岸1箇所40匹・犀川下流左岸5匹)、アカテガニ(犀川下流左岸3匹・三千坊跡1匹・野鳥園跡地2匹)
大池→ミシシッピアカミミガメ15匹、クサガメ3匹、種不明6匹



2017.9.23
コウライウグイス1羽(8時50分 ササゴイの池の西 一度飛び立ってくれ、真っ黄色の胸腹などが良く見えました。5月28日以来。)(1990年以降では、28年の内13年に記録があります。)
モズ4羽(大声で鳴いていました)
チョウゲンボウ1羽(普正寺橋東のスズメ3羽に襲いかかる)
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ8羽・コガモ♀タイプ1羽
ウ類1羽(犀川下流上空)
ゴイサギ幼鳥1羽(ササゴイの池)
オナガ10羽(ササゴイの池樹上のゴイサギの周辺に集まり、2度ゴイサギへの体当たりもありました)
カワセミ♂幼鳥1羽(ササゴイの池)
マミチャジナイ♂2羽・♀タイプ1羽
エゾビタキ3羽
コサメビタキ2羽
ツバメ51羽(その内、電線上42羽)
キジ♀1羽(成鳥大)
ヒヨドリ(頭部が換羽中の個体もいました)
カモメ類200羽+(犀川河口)
ケリ11羽(水田)
キビタキ♀タイプ1羽(情報より)
ツユクサ満開
チヂミザサ満開
センニンソウ実と花
ミゾソバ展葉
ウンラン花
ネズミノオ満開

ツクツクボウシ1頭
カナヘビ1匹
カラスアゲハ1頭
モンキアゲハ1頭
ツマグロヒョウモン♀2頭(初認)
ギンヤンマ1頭
コマカキリ1頭
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間140匹・護岸1箇所40匹・犀川下流左岸266匹(多い)・コゲラの小径3匹・三千坊跡5匹・小川5匹ササゴイの池4匹・大池5匹・野鳥園跡地4匹)、アカテガニ(犀川下流左岸28匹・三千坊跡27匹(多い)・小川11匹・野鳥園跡地35匹)
大池→ミシシッピアカミミガメ8匹、クサガメ匹、種不明匹


2017.9.22
アカゲラ♀(写真あり)(情報より)
オオタカ成鳥(遊歩道でドバトを採食)(写真あり)(情報より)
カワセミ2羽(情報より)


2017.9.21
キセキレイ(写真あり)(情報より)
オナガ(写真あり)(情報より)
エゾビタキ(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)
キセキレイ(情報より)


2017.9.20
キビタキ♀タイプ幼鳥(写真あり)(情報より)
http://www.env.go.jp/nature/choju/effort/effort3/oruri.pdf
ツツドリ幼鳥(初認)(写真あり)(情報より)
http://shinshuunw.blog28.fc2.com/?tag=%E3%83%84%E3%83%84%E3%83%89%E3%83%AA%E7%BE%BD%E6%A0%B9


2017.9.18(金沢では台風18号の影響で、最大瞬間風速21.0m/s 1時39分)
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ1羽・コガモ4羽
ツバメ5羽
キセキレイ1羽
コサメビタキ1羽
カモメ類30羽+(犀川河口)
イソヒヨドリ♂幼鳥1羽
エゾビタキ(写真あり)(情報より)
サメビタキ(写真あり)(情報より)
ヒガンバナ2分咲き
ヤマノイモのむかご
アキノノゲシ花と実
ススキ開花

スズメバチ類(小型)1頭
トンボ類(ギンヤンマ4頭・赤とんぼ2頭)
ツクツクボウシ2頭

大池→ミシシッピアカミミガメ15匹、クサガメ5匹、種不明6匹、イシガメ3匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間110匹・護岸1箇所30匹・犀川下流左岸23匹・小川7匹・野鳥園跡地1匹・大池2匹・)、アカテガニ(犀川下流左岸1匹・エノキの小径1匹・三千坊跡5匹・小川2匹・野鳥園跡地12匹)


2017.9.17
オオタカ成鳥1羽(ササゴイの池北の樹上)
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ3羽
ケリ22羽(9時1分、群れで飛翔後に、水田におりました)(1990年以降では、2009年10月11日の15羽を抜き、最大個体数)
チュウサギ1羽(水田)
カモメ類60羽+(犀川河口)
ツバメ1羽
ショウドウツバメ6羽
ヤブガラシの花にアオスジアゲハ1頭(毎年、ヤブガラシの花に来ているのが印象的です。下記のブログでも、同様に感じておられる様です。)
https://blogs.yahoo.co.jp/genpapi/34229780.html?__ysp=44Ok44OW44Ks44Op44K3ICAgICAg44Ki44Kq44K544K444Ki44Ky44OP
http://www.hokusetsu-ikimono.com/iku/yabugarashi/index.htm
ヒガンバナ開花
オオアワダチソウつぼみ(茎や葉はほとんど無毛)
http://www.geocities.jp/hakobesuki/tosyosya/kiku/ooawadatisou/ooawadatisou-hikaku.html
https://blogs.yahoo.co.jp/mo_jisan/12511243.html?__ysp=44K744Kk44K%2F44Kr44Ki44Ov44OA44OB44K944KmICAgICAg44Kq44Kq44Ki44Ov44OA44OB44K944Km
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%82%A2%E3%83%AF%E3%83%80%E3%83%81%E3%82%BD%E3%82%A6
ウンラン満開
ハマベノギク8分咲き

ツクツクボウシやミンミンゼミの声はありませんでした(普正寺の森から約1km東の大野湊神社では、3頭のミンミンゼミが鳴いていました)
虫の音多い
スズメバチ類(小型)1頭
タヌキ幼獣1匹(久々)
トンボ類見掛けませんでした
大池→ミシシッピアカミミガメ2匹、種不明2匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間110匹・護岸1箇所60匹・犀川下流左岸52匹(多い)・エノキの小径1匹・小川1匹)、アカテガニ(犀川下流左岸2匹・コゲラの小径1匹・三千坊跡7匹・野鳥園跡地1匹)


2017.9.16
カラスバト1羽(二天橋で水飲み。今年初)(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)
コガモ9羽+(写真あり)(情報より)
カイツブリ幼鳥(頭部などに縞模様があります)(初認)(写真あり)(情報より)
コサメビタキ(写真あり)(情報より)
チュウサギ1羽(写真あり)(情報より)
http://herons-egrets.sakura.ne.jp/identification.html
http://oohisa-bird.blog.so-net.ne.jp/2010-08-19


2017.9.15
カワセミ(情報より)


2017.9.13
アオゲラ♀(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)


2017.9.11
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ4羽
オナガ2羽
サメビタキ1羽
ツバメ2羽
コムクドリ♂2羽・♀タイプ1羽
カモメ類14羽(犀川河口)
エゾビタキ(写真あり)(情報より)
アカメガシワ実緑色
アレチウリ花と実
チカラシバ穂
クズ満開
ネナシカズラ8分咲き
チヂミザサ開花
メドハギ満開
メリケンカルカヤ穂
マルバハギ満開
カワラヨモギ満開
アオツヅラフジ満開
ハマベノギク花と実
ウンラン開花

カラスアゲハ1頭(久々)
カナヘビ1匹
スズメバチ類(小型)1頭
ミンミンゼミ4頭
ツクツクボウシ1頭
ギンヤンマ(ササゴイの池1頭)
大池→ミシシッピアカミミガメ15匹、クサガメ2匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間110匹・護岸1箇所50匹・犀川下流左岸1匹・小川1匹)、アカテガニ(三千坊跡2匹・プール1頭)


2017.9.10
エナガ(写真あり)(情報より)
カワセミ(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
アオバト♂成鳥1羽(10時頃)(写真あり)(情報より)


2017.9.9
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ27羽
コサメビタキ1羽
キセキレイ1羽(大池)
ツバメ6羽
ショウドウツバメ4羽(初認)(プールの北)
ミサゴ1羽
コゲラ(久々にドラミング1羽)
カモメ類14羽(犀川河口)
イソヒヨドリ1羽(テトラポッド)
キンミズヒキ花と実
ミズヒキ満開
メヒシバ満開
センニンソウ満開
カラタチ実緑色
シロダモつぼみ
ニワウルシ実薄茶色
ヌルデ花
オオバコ花
ヤマハギ満開
イヌキクイモ満開
アレチウリ満開
サクラタデ開花
オオアレチノギク花と実
キンエノコロ小穂
ツユクサ満開

ミンミンゼミ1頭
ツクツクボウシ1頭
オニヤンマ野鳥園跡地1頭
大池→ミシシッピアカミミガメ16匹、クサガメ10匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間90匹・護岸1箇所45匹・犀川下流左岸17匹・三千坊跡1匹)、アカテガニ(犀川下流左岸5匹・三千坊跡1匹・小川1匹・大池1匹・野鳥園跡地1匹)



2017.9.8
キセキレイ(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)


2017.9.3
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ31羽・コガモ♀タイプ2羽(初認)
カモメ類12羽(ウミネコ)(犀川河口)
小型シギ類7羽(犀川河口左岸堤防)
ハクセキレイ3羽
カワセミ(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
オナガ(写真あり)(情報より)
カワラアカザ実緑色と赤
カゼクサ開花
https://matsue-hana.com/hana/kazekusa.html
オトギリソウ開花
コマツヨイグサ花
メマツヨイグサ花

ツクツクボウシ1頭
虫の音が多くなって来ました
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間50匹・護岸1箇所50匹・犀川下流左岸9匹)、アカテガニ(犀川下流左岸19匹)(大きな個体が多くなって来ました)


2017.9.2(すべて写真ありの情報より)
コサメビタキ
センダイムシクイ
エナガ


2017.9.1
ダイサギ1羽(犀川下流左岸)
ツバメ2羽
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ7羽
エゾムシクイ1羽(初認)(犀川下流左岸)
コムクドリ♂2羽(大池中ノ島)
セグロセキレイ1羽
カモメ類29羽(犀川河口)
サンコウチョウ♀(囲眼羽細く、尾羽短い。初認)(写真あり)(情報より)
クサネム(草合歓)開花
https://matsue-hana.com/hana/kusanemu.html
https://matsue-hana.com/hana/kawaraketumei.html
アレチウリ3分咲き
ツユクサ満開
イヌキクイモ花
ワルナスビ満開
センニンソウ1分咲き〜満開
トベラ実緑色
ヘクソカズラ(別名サオトメカズラ)花
メドハギ花
ムクゲ花
サルスベリ満開
ノコンギク開花

アブラゼミ少なくなっていました
ミンミンゼミ3頭
ツクツクボウシ2頭
ギンヤンマ(ササゴイの池1頭)
コシアキトンボ1頭
キリギリス鳴き声少なくなりました
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間15匹・護岸1箇所20匹・犀川下流左岸2匹)、アカテガニ(犀川下流左岸2匹)
大池→ミシシッピアカミミガメ6匹、クサガメ11匹(多い)、種不明2匹



2017.8.31
カワセミ(情報より)


2017.8.30
カワセミ(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)


2017.8.27
センダイムシクイ(初認)(写真あり)(情報より)
サメビタキ(写真あり)(情報より)
http://www.osaka-nankou-bird-sanctuary.com/o.n.b.s_web/topcontents2015/samebitaki_group/samehitaki_group.html
ゴイサギ幼鳥(情報より)


2017.8.26
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ20羽
コムクドリ♂1羽
ツバメ1羽
カモメ類33羽(犀川河口)
オナガ3羽(犀川下流左岸で10羽+の情報も)
エナガ数羽(写真あり)(情報より)
ゴイサギ幼鳥1羽(犀川中州)(写真あり)(情報より)
アレチウリつぼみ
ヤマハギ花
カヤツリグサ穂

ギンヤンマ5頭
クマバチ1頭
ツクツクボウシ5頭
ミンミンゼミ3頭
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間130匹・護岸1箇所20匹・犀川下流左岸14匹・野鳥園跡地1匹)、アカテガニ(犀川下流左岸8匹・ササゴイの池1匹・コゲラの小径1匹・三千坊跡1匹・野鳥園跡地3匹)
大池→ミシシッピアカミミガメ13匹、クサガメ3匹、種不明2匹


2017.8.24
オナガ多数(情報より)
カワセミ2羽(情報より)


2017.8.23
サメビタキ1羽(初認)(情報より)
カワセミ1羽(情報より)


2017.8.22
チュウサギ1羽(犀川下流左岸:普正寺橋下流)
ゴイサギ幼鳥1羽(犀川中州)
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ22羽
カモメ類16羽(犀川河口)
キジ6羽(アカモズの小径の樹上から飛び立つ)
ハッカ満開
ワルナスビ満開
センニンソウ開花

ゴマダラチョウ1頭
ギンヤンマ2頭
ミンミンゼミ12頭
ツクツクボウシ10頭
ヒキガエル1匹(二天橋西約30m 近づいてもまったく逃げませんでした。)(久々)
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間170匹・護岸1箇所50匹・犀川下流左岸50匹)、アカテガニ(犀川下流左岸24匹・三千坊跡4匹・大池1匹)



2017.8.21
ゴイサギ幼鳥(犀川中州)(写真あり)(情報より)
セグロセキレイ(写真あり)(情報より)
オナガ(写真あり)(情報より)
ムシクイ類(初認)(写真あり)(情報より)


2017.8.20
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ13羽
カワセミ1羽(ササゴイの池)
アオバト♂1羽(ササゴイの池北の松高木の梢の枯れ枝)
ツバメ2羽
オナガ5羽(内1羽は幼鳥:頭部に白い斑多く・雨覆い先端に斑あり・胸や腹に薄茶色あり)
セグロセキレイ1羽(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
ケカモノハシ満開
ツユクサ満開
ブタクサ開花
センニンソウつぼみ
ハマベノギク開花
ハマゴウ実と花

ツクツクボウシ6頭
ミンミンゼミ6頭
オニヤンマ1頭(大池の中ノ島のネムノキの葉に止まっていました)
ウチワヤンマ2頭(大池)(連結飛行・中ノ島水面で産卵)
ハグロトンボ3頭
コシアキトンボ2頭
クマバチ2頭
キリギリス多い(砂丘)
大池→ミシシッピアカミミガメ7匹、クサガメ7匹、種不明2匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間30匹・護岸1箇所20匹)、アカテガニ(犀川下流左岸6匹・三千坊跡2匹)


2017.8.19
オナガ6羽(情報より)


2017.8.18
コムクドリ♂♀数羽(情報より)


2017.8.17
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ12羽
オオヨシキリさえずり1羽(犀川中州)
チュウサギ1羽(大池上空を東へ)
カモメ類14羽(犀川河口)
ツバメ1羽
カワウ非繁殖羽1羽(犀川中州)(写真あり)(情報より)
カワセミ(写真あり)(情報より)
シロバナヤマフジ実
フジ実
ミソハギ満開
イヌキクイモ花
サルスベリ満開
ハマゴウ花と実
キンミズヒキ満開
ミズヒキ開花
ムクゲ散り始め
オヒシバ満開
ブタクサつぼみ
タブノキ新葉
ネナシカズラ花(犀川下流左岸)

クマバチ1頭(砂丘)
ミンミンゼミ(犀川下流左岸2頭)(初認)
ツクツクボウシ9頭
アブラゼミ非常に多い
ウシガエル(大池1匹・ササゴイの池1匹)
ハグロトンボ7頭
コシアキトンボ(大池3頭)
ウチワヤンマ1頭
ギンヤンマ(大池2頭)
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間40匹・護岸1箇所25匹・犀川下流左岸20匹・三千坊跡2匹・小川2匹)、アカテガニ(犀川下流左岸9匹・三千坊跡3匹・小川5匹)
大池→ミシシッピアカミミガメ6匹、クサガメ1匹、種不明3匹


2017.8.16
カワセミ2羽(情報より)


2017.8.14
カワセミ(情報より)


2017.8.12
カワセミ(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)


2017.8.9
カワセミ(写真あり)(情報より)


2017.8.7
カワセミ(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)


2017.8.5
カワセミ(情報より)


2017.8.4
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ20羽
ツバメ1羽
カモメ類16羽(犀川河口)
カワセミ(情報より)
クマノミズキ実緑色
ハグロトンボ16頭
ツクツクボウシ3頭
コシアキトンボ5頭
ウチワヤンマ1頭(大池)
ギンヤンマ(ササゴイの池5頭・大池3頭)
カナヘビ2匹
アオダイショウ1匹(体長約1.5m)
大池→ミシシッピアカミミガメ9匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間30匹・護岸1箇所20匹・犀川下流左岸0匹)、アカテガニ(犀川下流左岸3匹)


2017.8.3
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ20羽
カモメ類7羽(犀川河口)
ツバメ7羽(普正寺橋左岸上流約100mで低く乱舞)
キョウチクトウ6分咲き
ツクツクボウシ2頭
ハグロトンボ24頭
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間27匹・護岸1箇所40匹・犀川下流左岸5匹)、アカテガニ(犀川下流左岸15匹・野鳥園跡地1匹)


2017.8.2
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ42羽
ツバメ1羽
カモメ類9羽(ウミネコ)(犀川河口)
カワウ非繁殖羽1羽(犀川中州)(写真あり)(情報より)
カワセミ(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
ノブドウつぼみ
ムクゲ3分咲き
ケカモノハシ開花
アキノエノコロつぼみ

ツクツクボウシ1頭
アブラゼミ非常に多い
ヒグラシ1頭(4時55分 三千坊跡の北)(久々 2000年7月18日2頭以来では)
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間13匹・護岸1箇所40匹・犀川下流左岸27匹)、アカテガニ(犀川下流左岸21匹:4時52分・野鳥園跡地4匹)


2017.8.1
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ18羽
ダイサギ2羽(犀川下流左岸水面)
イヌキクイモ開花
キンミズヒキ開花
ハッカ開花
マルバハギ開花
コマツナギ開花
ツユクサ花

ツクツクボウシ大池の東1頭(初認)
コシアキトンボ7頭
オニヤンマ1頭(野鳥園跡地)
ギンヤンマ4頭(ササゴイの池)
ハグロトンボ10頭
ウシガエル1匹(ササゴイの池)
大池→ミシシッピアカミミガメ3匹、種不明10匹(今日は、大池の中ノ島ではなく、水面に多くいました。10時18分)
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間18匹・護岸1箇所80匹・犀川下流左岸0匹・大池1匹)、アカテガニ(犀川下流左岸8匹・エノキの小径1匹)



2017.7.31
カワセミ幼鳥(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)


2017.7.29
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ27羽
セグロセキレイ成鳥1羽・幼鳥1羽(第4駐車場)
シジュウカラ巣立ち後間もない幼鳥3羽(アカモズの小径)
カモメ類80羽+(犀川河口)
アオバトさえずり1羽(二天橋)
ヘクソカズラ(別名サオトメカズラ)開花
キカラスウリ花
オニユリ開花
アサガオ満開
ハマゴウ花と実

ジョロウグモ1匹(初認)
ウシガエル1匹(ササゴイの池)
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間13匹・護岸1箇所35匹・犀川下流左岸8匹)、アカテガニ(犀川下流左岸9匹・ササゴイの池1匹・三千坊跡1匹)
ゴマダラチョウ(写真あり)(情報より)
http://www.j-nature.jp/butterfly/zukan/tateha07.htm


2017.7.28
カワセミ(写真あり)(情報より)


2017.7.26
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ3羽
スズメ群れ20羽+(ササゴイの池)
カモメ類55羽+(犀川河口)
トビ成鳥1羽・幼鳥2羽(写真あり)(情報より)
カワセミ幼鳥1羽(写真あり)(情報より)
トベラ実緑色
アオツヅラフジ満開
ハマゴウ1分咲き〜満開

ウシガエル(ササゴイの池1匹・大池1匹)
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間40匹・護岸1箇所60匹・犀川下流左岸76匹・ササゴイの池1匹)、アカテガニ(犀川下流左岸16匹・野鳥園跡地1匹・小川1匹・三千坊跡4匹・ササゴイの池3匹)


2017.7.21
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ13羽(6月後半から7月前半は、水田や小さな用水などで雛を見掛ける事が多く、大きな川である犀川では非常に少なかったのですが、徐々に増えてきました。親鳥は雛の成長により、生活環境を変化させている印象です。捕食者や餌量に関係しているのでは?雛が小さい時には日中にも水田で採食。飛翔が可能になると、日中は大きな河川など安全な所で休み、夜間に主に採餌するカルガモは、夜間になると水田まで飛翔し、水田などで採餌のパターンでしょうか?)

ミサゴ1羽(犀川上空やかないわ病院西の鉄塔)
イワツバメ3羽
スズメ群れ40羽(ササゴイの池観察舎の北約5mで盛んに採食。成鳥3割、幼鳥7割)
カモメ類21羽(犀川河口)
コムクドリ♂1羽♀タイプ1羽
ブタナ花
オニユリつぼみ
マメグンバイナズナつぼみ

ウチワヤンマ1頭(大池)
ハグロトンボ27頭
コシアキトンボ21頭
赤とんぼ(大池20頭+・プールの北西200頭+と非常に多い)
大池→ミシシッピアカミミガメ4匹、種不明6匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間50匹・護岸1箇所70匹・犀川下流左岸6匹・大池1匹)、アカテガニ(犀川下流左岸)5匹


2017.7.19
カワセミ(情報より)


2017.7.18
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ3羽
イワツバメ2羽(普正寺橋)
マサキ満開
カモメ類50羽+(犀川河口)


2017.7.17
カワセミ(情報より)
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ5羽(成鳥1羽・雛(親とほぼ同じ大きさ)4羽)
スズメ群れ11羽(エノキの小径)
カモメ類60羽+(犀川河口)
モントブレチア(姫檜扇水仙)満開
ハマゴウ1分咲き

クマバチ1頭(プールの北東)
ギンヤンマ2頭(連結飛行)(ササゴイの池)
ニイニイゼミ多い(ササゴイの池周辺・エノキの小径・三千坊跡)
ハグロトンボ19頭
コシアキトンボ24頭
ウチワヤンマ1頭(大池)
ショウジョウトンボ♂1頭(初認)
http://www.odonata.jp/03imago/Libellulidae/Crocothemis/servilia_mariannae/index.html
キリギリス10頭(初認)
大池→ミシシッピアカミミガメ13匹、種不明3匹、イシガメ1匹(中ノ島の東側石上。イシガメが大池で確認できたのは初めてでは?)
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間70匹・護岸1箇所110匹・犀川下流左岸26匹)、アカテガニ(犀川下流左岸2匹・野鳥園跡地1匹)


2017.7.16
キカラスウリ開花(写真あり)(情報より)


2017.7.14
エナガ群れ(写真あり)(情報より)


2017.7.9
ウチワヤンマ(写真あり)(情報より)
http://odonata.jp/03imago/Gomphidae/Sinictinogomphus/clavatus_clavatus/index.html
http://odonata.jp/03imago/Cordulegastridae/Anotogaster/sieboldii/index.html

クロアゲハ♀(写真あり)(情報より)
http://www.j-nature.jp/butterfly/zukan/ageha06.htm


2017.7.8
エナガ(写真あり)(情報より)


2017.7.6
エゾセンニュウさえずり1羽
(トッピンカケタカと頻繁に鳴いていました。)(犀川下流左岸:ササゴイの池の東)
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ1羽
ネムノキ満開
アカメガシワ満開

ジャノメチョウ1頭(初認)
ウチワヤンマ1頭(大池)(初認)
コシアキトンボ14頭
ハグロトンボ5頭
ウシガエル1匹(ササゴイの池)
大池→ミシシッピアカミミガメ13匹、クサガメ2匹、種不明2匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間20匹・護岸1箇所80匹・犀川下流左岸31匹・大池中ノ島2匹)、アカテガニ(犀川下流左岸7匹・エノキの小径1羽)



2017.7.5
スズメ巣立ち雛1羽
カモメ類25羽+(犀川河口)
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ0羽
トビ成鳥1羽と年齢不明1羽の飛翔時に、警戒音とピーヒョロロを同時に発声
マサキ満開
オニヤンマ(犀川下流左岸1頭・野鳥園跡地2頭)
赤とんぼ1頭(初認)
大池→ミシシッピアカミミガメ4匹、クサガメ0匹
コシアキトンボ38頭
ハグロトンボ3頭
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間38匹・護岸1箇所40匹・犀川下流左岸114匹(9時10分)・大池西6匹・ササゴイの池19匹)、アカテガニ(野鳥園跡地南2匹・コゲラの小径1匹・犀川下流左岸5匹)
ウシガエル(ササゴイの池1匹)



2017.7.3
トビ成鳥1羽と幼鳥1羽の飛翔時に、警戒音とピーヒョロロを頻繁に発声していました
カモメ類90羽+(犀川河口)
カワラヒワ群れ12羽(プールの北東)
コムクドリ♀タイプ(写真あり)(情報より)
モントブレチア(姫檜扇水仙)開花

カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間40匹・護岸1箇所50匹・犀川下流左岸16匹・野鳥園跡地南3匹・コゲラの小径8匹)、アカテガニ(コゲラの小径4匹・犀川下流左岸2匹)
オニヤンマ(プール東1頭・三千坊跡東1頭・普正寺橋左岸1頭)
コシアキトンボ35頭
大池→ミシシッピアカミミガメ12匹、クサガメ4匹、種不明4匹

ハグロトンボ2頭(初認)


2017.7.2
トビ成鳥2羽(換羽中)(ピーヒョロロを頻繁に)
カモメ類40羽+(犀川河口)
ヒバリ2羽(アカモズの小径)
スズメ最大群れサイズ7羽
ツバメ幼鳥(電線上4羽)
ヒメジョン満開
ネジバナ花
ヘラオオバコ花と実
オカトラノオ花
キンギンボク実(赤8割・緑2割)
アカメガシワ花
ヤマハギ花
ガクアジサイ満開
ツユクサ1分咲き
ネムノキ8分咲き

コシアキトンボ24頭
モンキアゲハ1頭(エノキの小径)
アオダイショウ1匹
オニヤンマ(野鳥園跡地1頭・エノキの小径1頭)
大池→ミシシッピアカミミガメ13匹、種不明1匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間70匹・護岸1箇所110匹・犀川下流左岸25匹・大池東2匹)、アカテガニ(野鳥園跡地南6匹・)犀川下流左岸1匹



2017.6.28
ヒヨドリ巣立ち雛(初認)(写真あり)(情報より)
コムクドリ♂(写真あり)(情報より)


2017.6.27
ツユクサ開花(写真あり)(情報より)


2017.6.26
ツバメ幼鳥(電線上6羽)
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ0羽
カモメ類13羽(犀川河口)
トビ(威嚇の声はありませんでした。ピーヒョロロが頻繁に)
ヒメジョン花
ドクダミ満開
ブタクサ展葉
スイカズラ花
キョウチクトウ開花
マサキ満開

カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸1箇所1匹・犀川下流左岸2匹)(早朝4時34分:月齢2)
ウシガエル♂1匹(大池)



2017.6.23
オオムシクイさえずり1羽(ササゴイの池の南)(1994年からでは最も遅い6〜8月の記録でした。これまでは1999年の6月21日。なお、9〜10月にもさえずりの記録はあります。)
ヒバリさえずり1羽(第4駐車場)
トビ(犀川下流左岸で1羽が、威嚇の声を頻繁に。巣立ち雛が近くにいる事も考えられます。)
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ0羽
クマノミズキ8分咲き
ガクアジサイ満開

アブ類1頭(初認)
オニヤンマ1頭(初認)
コシアキトンボ22頭
アオダイショウ体長約1.5m(大池の中ノ島)
大池→ミシシッピアカミミガメ18匹、クサガメ5匹
クマバチ1頭
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間13匹・護岸1箇所30匹・犀川下流左岸1匹・コゲラの小径1匹)、アカテガニ(犀川下流左岸1匹)


2017.6.20
コムクドリ巣立ち雛(写真あり)(情報より)


2017.6.19
ヒバリさえずり1羽
ニワトコ実赤色
エビヅル花

カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間2匹・護岸1箇所15匹)、
コシアキトンボ26頭
カナブン1頭(初認)
バッタ類1頭(初認)
ゴマダラチョウ1頭(初認)
モンキアゲハ1頭(初認)
大池→ミシシッピアカミミガメ34匹、クサガメ6匹、種不明8匹
クマバチ1頭



2017.6.18
サンコウチョウさえずり1羽(情報より)
アオバトさえずり1羽(情報より)


2017.6.17
スズメ巣立ち雛1羽
ヒバリさえずり1羽
カモメ類14羽(犀川河口)
ツバメ幼鳥(電線上2羽)
ミサゴ1羽
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ2羽
コムクドリ♂(写真あり)(情報より)
スイカズラ花
ニワゼキショウ花
イボタノキ花
ワルナスビ花
イタドリ花
ヒメジョン満開
キツネノボタン花と実
キンギンボク実赤と緑

エノキの虫こぶ、薄茶色になり多くが落ちています
ウシガエル1匹(大池)
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間2匹・護岸1箇所9匹・犀川下流左岸1匹・)、アカテガニ(大池東1匹)


2017.6.14
サンコウチョウ♂成鳥1羽(写真あり)(情報より)


2017.6.9
シジュウカラ幼鳥(写真あり)(情報より)
サンコウチョウ(情報より)
アオバト(情報より)
センダン満開(写真あり)(情報より)


2017.6.8
オナガ2羽(写真あり)(情報より)


2017.6.7
ミサゴ(情報より)


2017.6.6
エゾセンニュウ1羽(アカモズの小径 発声はなかったのですが、ヤブをから姿をあらわしてくれました)
アオバトさえずり1羽(ササゴイの池の南)
オオムシクイさえずり1羽
ムクドリ群れ60羽+(野鳥園跡地)
ツバメ幼鳥(電線上1羽・樹上2羽)
ササゴイの池のカモ類→カルガモ♂2羽(羽づくろい)
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ♂2羽(羽づくろいを盛んにしていました。ササゴイの池でも見掛けた♂2羽なのでしょう)
ツツドリ1羽(情報より)
イソヒヨドリ♂(写真あり)(情報より)
コムクドリ♂(写真あり)(情報より)
オシドリ♂1羽(テトラポッドの上で30分以上まったく動かない 11時42分)(写真あり)(情報より)
コマユミ緑色
マユミ緑色
ソメイヨシノ実黒紫が多く、地上に落ちた実も多くあります

大池→ミシシッピアカミミガメ31匹、クサガメ5匹、種不明2匹
クマバチ8頭
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸1箇所1匹・大池の東1匹)
スズメバチ類(小型)1頭
コシアキトンボ14頭



2017.6.5
オナガ1羽
ツツドリさえずり1羽
スズメ群れ28羽(アカモズの小径)(巣立ち雛1羽)
カモメ類35羽(犀川河口)
ツバメ幼鳥(電線上に2羽)
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→0羽
ガクアジサイ装飾花(萼片)が開きました
クロバナエンジュ5分咲き

クマバチ5頭
イトトンボ類1頭(初認)
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸1箇所7匹)
コシアキトンボ2頭



2017.6.4
シノリガモ♂繁殖羽1羽(普正寺海岸 沖約200m)(1990年以降では、1990〜1996年・2006年に記録がありました。)
サンコウチョウさえずり1羽(小川中流の東)
イワツバメ12羽(森上)
ウ類2羽(普正寺海岸場を北東へ)
コムクドリ♂成鳥1羽
カモメ類1羽(ウミネコ)(犀川河口)
ヒバリ1羽(第4駐車場地上)
オナガ2羽
オオタカ♀幼鳥1羽
(犀川下流左岸上空を南西へ)
メジロさえずり1羽
オオムシクイさえずり4羽
ツバメ巣立ち雛(初認)(写真あり)(情報より)
ブタクサ満開
ウツギ花
ドクダミ満開
マルバシャリンバイ満開
ニワゼキショウ花
アレチギシギシ花
センダン花

カナヘビ1匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸1箇所2匹)
アオダイショウ体長1.5m(大池の中ノ島)
大池→ミシシッピアカミミガメ31匹、クサガメ3匹
コシアキトンボ3頭
クマバチ1頭(エノキの小径)(非常に少なくなりました)



2017.6.3
オオムシクイさえずり9羽
イソヒヨドリ♂成鳥1羽(8cm程のミミズ?の折りたたみを、5回やり直した後に、林間広場から正門方向へ)
マガモ♂成鳥1羽(犀川中州西)
カルガモ砂丘に2羽
カモメ類23羽(犀川河口)
コムクドリ(情報より)
スイカズラ満開
イボタノキ満開
ダイオウグミ赤い実多い
ヤブガラシ展葉
カモジグサ満開
ツルニチニチソウ花
ハマダイコン実緑色
ハマボウフウ花序ピンク色
エノキ虫こぶ非常に多い(プールの北東)
マサキ実緑色

カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間0匹・護岸1箇所5匹)


2017.6.2
ホトトギス(情報より)


2017.5.30
ホトトギス(情報より)


2017.5.28
コアジサシ1羽(初認)(犀川下流で小魚をダイビングで捕りました)
オオバン3羽(犀川下流)
コウライウグイスさえずり1羽(野鳥園跡地の南)(情報より)
ヒレンジャク3羽(情報より)


2017.5.27
コウライウグイス(情報より)
コムクドリ♂(写真あり)(情報より)


2017.5.26
コウライウグイスさえずり1羽(野鳥園跡地の南 11時3分 早朝にも、同じ所でさえずりありの情報も)
カモメ類33羽(犀川河口)
カッコウさえずり1羽
ホトトギスさえずり1羽
メジロさえずり1羽
オオムシクイさえずり14羽
サンコウチョウさえずり1羽(三千坊跡の北(情報より)
アオバト(情報より)
オシドリ♂(情報より)
ヤブジラミ実と花
マユミ散り盛ん
ヒメスイバ満開
イボタノキ8分咲き
センダン満開
ヤブジラミ実と花
ニセアカシア散り盛ん(次々散る姿もきれい)

クマゼミ21頭
大池→ミシシッピアカミミガメ14匹、クサガメ3匹(内1匹は黒色型)、種不明2匹
ウシガエル1匹(大池)
アオダイショウ体長約1.5mと大きい(大池の中ノ島)
コシアキトンボ1頭(初認)
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間8匹・護岸1箇所55匹)、アカテガニ(犀川下流左岸1匹)


2017.5.25(すべて情報より)
サメビタキ(胸の縦斑が多いタイプですが、縦斑がボンヤリしています。また、嘴がエゾビタキより、若干幅広く見えます。)(写真あり)
http://seichoudoku.at.webry.info/200610/article_21.html
http://seichoudoku.at.webry.info/200709/article_30.html
http://seichoudoku.at.webry.info/200609/article_28.html
http://www.birdfan.net/pg/kind/ord17/fam1714/spe171406/all-171406/
http://www.birdfan.net/pg/kind/ord17/fam1714/spe171407/all-171407/
http://www.birdfan.net/2004/10/12/1091/

ジュウイチ(写真あり)
カッコウ(情報より)
アサギマダラ(初認)(写真あり)


2017.5.23
ホトトギスさえずり1羽
オオムシクイさえずり8羽
ヒバリさえずり1羽
キビタキさえずり1羽(エノキの小径)
メジロさえずり1羽
オナガ1羽
ジュウイチさえずり1羽(情報より)
オオルリ♀1羽(写真あり)(情報より)
オシドリ♂1羽(犀川中州周辺)(写真あり)(情報より)
スズメ巣立ち雛1羽(頬にほとんど斑のない個体)(二天橋)(写真あり)(情報より)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BA%E3%83%A1
http://blog.livedoor.jp/tanpoporin/archives/52801779.htmlhttp://www.birdfan.net/pg/kind/ord17/fam1727/spe172702/all-172702/
http://www.biodic.go.jp/banding/pdf/banding_manual.pdf

「鳥類の雛は、孵化時の発育状態によって晩成性の雛と早成性の雛に大別される。
前者の雛は眼を閉じ、綿羽がわずかか、またはまったく生えていない状態で孵化するが、後者の雛は綿羽に覆われて眼が開いた状態で孵化する。

この生まれて最初に生える綿羽を幼綿羽と呼ぶ。
次いで幼羽が生え揃い、幼羽から換羽により第1 回冬羽となり、第1 回夏羽、第2 回冬羽、第2 回夏羽……と羽衣(うい)が変わっていく。

一般に孵化後、幼羽の羽衣が完成する前までをヒナ、幼羽から成鳥の羽衣が完成する前までを幼鳥と呼ぶ。
鳥類の齢は、この羽衣の変化に伴う名称をそのまま使用するのが普通である。

多くの鳥では、生まれた翌年に完成する第2 回冬羽で成鳥の羽色となるが、スズメのように第1 回冬羽ですでに成鳥とほとんど区別できない羽色となる種もある。」

カモガヤ満開(ただ、花粉はあまり多く飛んでいない印象です)
ウツギ開花
ニワトコつぼみ
スイカズラ開花
オニグルミ実

小さなアリの行列(アスファルト道上)(初認)
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間3匹・護岸1箇所15匹・犀川下流左岸1匹)
ウシガエル1匹(大池)(他のカエル類の声も1匹ありました)
ミシシッピアカミミガメ1匹が、大池から約40mも離れた林間広場で、体の後ろに約5cmの幅で掘ったと思われる泥がありました。下記の動画とほぼ同じ泥が体の後ろにあり、これから穴を掘り産卵をするつもりではないかと思われます。小径の近くなのですが、全く動く気配はありませんでした。7時6分
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%9F%E3%83%9F%E3%82%AC%E3%83%A1
https://www.youtube.com/watch?v=ARHt51HyBVU



2017.5.22
ホトトギスさえずり1羽(赤色型1羽の情報も)
カモメ類1羽(ウミネコ)(犀川河口)
サンコウチョウ♂1羽(情報より)
コムクドリ♂♀(写真あり)(情報より)
シロバナタンポポ実
キショウブ花
トウバナ花
ハマヒルガオ花
トベラ満開
マンテマ花
スイカズラつぼみ
ノイバラつぼみ〜満開
イボタノキ花
ヤマグワ実(赤色と紫色)
マツバウンラン花
http://matsue-hana.com/hana/matubaunran.html

クマバチ22頭
ウシガエル1匹(大池)
大池→ミシシッピアカミミガメ7匹、クサガメ1匹
蚊に刺されたとの情報がありました(初認)
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸1箇所10匹)、アカテガニ(小川1匹・三千坊跡1匹)
スズメバチ類(小型)1頭(初認)



2017.5.21(すべて情報より)
オオルリ成鳥♂(写真あり)
コサメビタキ(写真あり)
オオムシクイ(写真あり)
ジュウイチ1羽(ササゴイの池)
オシドリ♂1羽


2017.5.20
オオムシクイさえずり1羽
カモメ類2羽(ウミネコ)(犀川河口)
ツツドリさえずり1羽
カッコウさえずり2羽(情報より)
ジュウイチ1羽(写真あり)(情報より)
ホトトギスさえずり1羽(写真あり)(情報より)(カッコウ類4種の、同日記録は少なく久々)
コサメビタキ(情報より)
エゾセンニュウさえずり1羽(野鳥園跡地の南)(情報より 録音あり)
https://www.youtube.com/watch?v=BprD23llx-0
http://www.bird-research.jp/1_shiryo/nakigoe.html
コムクドリ数羽(写真あり)(情報より)
オオルリ♀(写真あり)(情報より)
ミサゴ1羽(写真あり)(情報より)
コヨシキリさえずり1羽(初認)(プールの西や第4駐車場の西で)(情報より)
キビタキ♂幼鳥1羽(二天橋)(写真あり)(情報より)
マミジロ♀1羽(情報より)
オシドリ♂1羽・♀1羽(ササゴイの池 樹上でも長時間)(写真あり)(情報より)
サンコウチョウ♂1羽(尾羽長い)・♀1羽(小川中流)(情報より)
ニセアカシア満開〜散り始め(砂丘から見る白花の帯も見事です。今年は特に多い印象です。)
チガヤ満開
ニワゼキショウ満開
コウゾリナ満開
トサシモツケ満開
キンミズヒキ展葉
クズ展葉
イチゴツナギ満開
オオシマザクラ実赤くなり始めました
ハコネウツギ8分咲き
トベラ1〜8分咲き
マユミ満開
ヒゲナガスズメノチャヒキ満開
ノイバラ1分咲き
ツクバネウツギ花

羽蟻が2ヶ所で、次々と飛び立っていました
アオスジアゲハ1頭(初認)
アワブキムシ類多い
クマバチ17頭



2017.5.19(すべて情報より)
ヒレンジャク4羽+(写真あり)
キビタキ♂(写真あり)
ホオジロ♂大きな餌を今日もくわえて(写真あり)


2017.5.18(すべて情報より)
ホオジロ♂が大きな餌を運搬(大きくなった巣内雛へか?すでに巣立った巣立ち雛へか?1990年からの観察では最も早い餌運搬日です。)(写真あり)
コムクドリ♂(写真あり)
メジロ(写真あり)


2017.5.17
オオルリ♀(写真あり)(情報より)


2017.5.16
ヒドリガモ♂2羽・♀1羽(犀川下流)(写真あり)(情報より)


2017.5.15
オオルリ♂成鳥(写真あり)(情報より)
エナガ(写真あり)(情報より)
ホトトギスさえずり(初認)(情報より)
カッコウさえずり(初認)(情報より)


2017.5.14
センダイムシクイさえずり2羽
コルリさえずり1羽
メジロさえずり2羽
ムギマキさえずり1羽(エノキの小径)(♀タイプ1羽の写真情報も)
ヒバリさえずり1羽
エゾムシクイ1羽(地鳴き)
カモメ類4羽(ウミネコ)(犀川河口)
キンクロハジロ♂2・♀2羽(犀川橋〜普正寺橋)
ツツドリさえずり1羽(赤色型1羽の情報も)
オナガ2羽
サンコウチョウさえずり1羽(情報より)
アオバトさえずり1羽(情報より)
シマゴマ(二天橋・野鳥園跡地南・コゲラの小径)(情報より)
マミジロさえずり1羽(情報より)
レンジャク類10羽弱(情報より)
オオムシクイさえずり(初認)(情報より)
ニセアカシア5分咲き〜満開
キンギンボク分散り盛ん〜実緑色
マユミ2分咲き
カマツカ満開
ハナヌカノススキ穂
ハマエンドウ満開
イボタノキ花
ヤマコウバシつぼみ

カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間5匹・護岸1箇所8匹・犀川下流左岸1匹)、アカテガニ(犀川下流左岸に死骸2匹)
ウシガエル1匹(大池)
トンボ類(初認)(写真あり)(情報より)


2017.5.13(すべて情報より)
アオバト2羽(初認)
コサメビタキ(写真あり)
エゾビタキ(小川)(初認)(写真あり)


2017.5.12
ササゴイ1羽(犀川下流)(初認)
ツツドリさえずり1羽
ムギマキさえずり2羽
(♂成鳥の情報もあります)
コルリさえずり3羽
メジロさえずり2羽
大形ツグミ類(クロツグミを除く)さえずり1羽
ツグミ1羽
ヒヨドリ渡り1群60羽+(6時14分)(野鳥園跡地)
コムクドリ♂♀(写真あり)(情報より)
キビタキ♀タイプ(小川)(写真あり)(情報より)
マミジロ♀(初認)(写真あり)(情報より)
(コウライウグイスには逢えませんでした)
ニセアカシアの甘い香りに、早朝の森が包まれていました。
キンギンボク花少なくなりました(白花1割・黄花9割)
ヌカキビ穂
カマツカ3分咲き
シャガ花
カキドオシ茎が伸びて来ました約60cm

ウシガエル1匹(ササゴイの池では初認)
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間1匹・護岸1箇所35匹・三千坊跡1匹)、


2017.5.11
コウライウグイスさえずり1羽
(二天橋の北西約20〜40mから、さえずりが聞こえました)(14時58分〜14時18分と、15時34分〜観察を終了した15時46分まで、頻繁にさえずっていました。猫の声に似たニャーの声も、一声ありました。2名の方は飛ぶ姿も見られています)(5月7日以来の記録です。コウライウグイスは1990年以降の28年間では13年に記録があります。)

キビタキ♀タイプ1羽(水車小屋)(♂幼鳥の情報も)
チュウサギ8羽(水田)
アマサギ1羽(水田)
カモメ類8羽(ウミネコ)(犀川河口)
カンムリカイツブリ1羽(換羽は頬の一部のみで、ほとんど非繁殖羽)(久々)(犀川下流)
アオジ♂1羽♀1羽
オオバン1羽(犀川下流)
サンコウチョウさえずり1羽(野鳥園跡地 6時31分・7時59分にも)
ジュウイチさえずり1羽

キアシシギ1羽(普正寺浜南の排水路)
ウグイスさえずり2羽
センダイムシクイさえずり2羽
コルリさえずり1羽
オオヨシキリさえずり1羽
ヒバリさえずり1羽
ウ類1羽(普正寺海岸)
ニセアカシア1分咲き
カマツカ開花
コマユミ散り始め
マユミつぼみ
多くの種の葉が広がり、多くの緑に森が、一気に覆われ始めました(エノキ・オニグルミ・ノイバラ・ハンノキなど)
トサシモツケ8分咲き
ツクバネウツギ散り始め

ナメクジ類1匹(アスファルト道 初認)
カタツムリ類1匹(アスファルト道 初認) 
アカテガニ1匹(初認)(死骸。だたまだ新鮮。近くにハシブトガラス1羽)(犀川下流左岸)(午後には、三千坊跡1匹)
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間4匹・護岸1箇所8匹)、アカテガニ(三千坊跡1匹)


2017.5.10(すべて情報より)
マミチャジナイ数羽
ルリビタキ♀タイプ
ビンズイ
ヒレンジャク8羽(写真あり)


2017.5.9(すでに渡りのピークは終わったかの様に、静まり返った森でした。10日は午後から雨で、11日にも雨が残りそうです。11日も期待薄?
でも、一日に75種を記録した2013年5月12日の様に、中旬になっても少しは期待しています。)
http://www.jma.go.jp/jp/week/325.html
http://www.tenki.jp/forecast/4/20/5610/17201.html
http://www.tenki.jp/guide/chart/forecast.html?data_type=forecast_48

ジュウイチさえずり1羽(水車小屋の西)
サンショウクイ2羽
カモメ類3羽(ウミネコ)(犀川河口)
アカハラ(情報より)
コルリさえずり1羽(情報より)
マミチャジナイ4羽(写真あり)(情報より)
ルリビタキ♀タイプ1羽(写真あり)(情報より)
キビタキ♂1羽(水車小屋)(写真あり)(情報より)
バン1羽(犀川中州)(写真あり)(情報より)
イソシギ1羽(犀川中州)(初認)(写真あり)(情報より)
オオルリ♂・♀1羽(写真あり)(情報より)
カキツバタ開花(写真あり)(情報より)


2017.5.8(すべて情報より)
サンコウチョウ♂2羽(1羽は成鳥で中央尾羽の1枚がなし)・♀1羽(野鳥園跡地)(写真あり)
オナガ(写真あり)
ムギマキ♂1羽
(犀川下流左岸)
オオルリ♂2羽・♀1羽(犀川下流左岸)
コサメビタキ(犀川下流左岸)
ビンズイ1羽(犀川下流左岸)
キビタキ♂1羽(二天橋)
マミチャジナイ
コルリ♂1羽(二天橋)・♀タイプ1羽(水車小屋)
アオダイショウ(初認)(写真あり)


2017.5.7(今日の野鳥は56種)(今朝もガッカリの森でした。個体数が非常に少ない。なぜ??。ただ、コウライウグイスには救われました。)
(最低気温14.3℃、12時の気温18.9℃。九州・四国・中国・名古屋・関東では最高気温25℃以上となる予報ですが、北陸地方はあまり気温は上がらない予報です。2日前の今日の最高気温もあまり上がらない予報でしたので、気にはしていました。昨夜は曇りで、星が出ていなかったのも気になっていましたが、風向・風力など申し分なかったので、期待外れでした。)

キジ
ヒドリガモ
カルガモ
コガモ
ホシハジロ♂2羽♀1羽(犀川橋上流)
キンクロハジロ9羽(犀川橋〜普正寺橋)
カイツブリ繁殖羽1羽(犀川下流)
キジバト
ウ類幼鳥2羽(胸の白が大きくウミウと思われます)(金石西防波堤)
アマサギ1羽(水田)
アオサギ(多くが抱卵姿勢)
チュウサギ6羽(水田)
コサギ1羽(水田)
バン1羽(大池)
ジュウイチさえずり1羽(早朝)(情報より)
ツツドリさえずり1羽(初認)(野鳥園跡地の南辺り)
ケリ3羽(水田)
チュウシャクシギ1羽(水田)
オオハシシシギ?2羽(嘴真っすぐ。ウミネコより少し小さい)(金石西防波堤先端)
ウミネコ26羽(金石西防波堤)
ミサゴ1羽(普正寺海岸上空)
トビ
アオバズクさえずり1羽
(初認)(ポンプ室辺り 4時37分)(ツツドリとさえずり合い、2種のさえずりの違いが分かりやすかった。ツツドリは「ボボ・ボボ」、アオバズクは「ボッボ・ボッボ」)
http://www.bird-research.jp/1_shiryo/nakigoe.html
カワセミ1羽(ササゴイの池)(情報より)
コゲラ
コウライウグイス♂1羽(過眼線が太い)(ササゴイの池周辺の黒松高さ約15mの枝:これ程高い位置では初めて。1cm程の餌をくわえていました)(写真あり)(情報より)(2015年以来)
モズ
オナガ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒバリさえずり3羽
ツバメ
イワツバメ
ヒヨドリ
ウグイスさえずり2羽
エナガ(情報より)
エゾムシクイ1羽
センダイムシクイさえずり2羽
メジロ
ムクドリ
コムクドリ♂1羽
マミチャジナイ(情報より)
シロハラ(情報より)
アカハラ(情報より)
コルリ(二天橋)(情報より)
ジョウビタキ♀1羽(情報より)
イソヒヨドリ♂1羽
キビタキ♂成鳥1羽(水車小屋)
オオルリ♂成鳥1羽
スズメ
ビンズイ2羽(正門)(情報より)
カワラヒワ
イカルさえずり1羽
ホオジロ
アオジ♂1羽♀1羽
キンギンボク満開(白花4割・黄花6割)
ニセアカシアつぼみ膨らむ
ソメイヨシノ実緑色
カモジグサ穂
ノボロギク花と実
コメツブツメクサ満開
カラスノエンドウ満開
オオジシバリ開花
ヤブタビラコ開花
エノキ実緑色
ヤマフジ満開
フジ満開(大池南の藤棚)
シロバナヤマフジ散り始め(大池南の藤棚)

ウシガエル1匹(初認)(大池 4時20分)


2017.5.6(すべて情報より)
コウライウグイス♂1羽(過眼線が太い)(エノキの小径・小川・正門でもさえずり)(写真あり)(2015年以来)
マミチャジナイ多い
シマゴマ
コルリ
アカハラ
ツグミ
シロハラ
ジョウビタキ
シメ
オオヨシキリ
キビタキ
エゾムシクイ


2017.5.5(ますます個体数が少なくなり、寂しい森でした。)(4月28日より今日まで8日間、小鳥の個体数が少ない森です。1990年からの観察ではこの季節に長期間、これほど小鳥が少ないのは初めてでは。)

(予報では5月6日は大きな気圧の谷が通過します。5〜6日の夜間も渡りにはあまり適さない風です。5月7日は晴、最高気温19℃。もう少し気温が上がってほしいのですが、5月7日には個体数もかなり増え、種類数も60種は超えるのではないかと期待しています。70種以上も熱望。)
(5月7日の後、9〜10日にも雨マークもあり、翌日の11日にも期待出来そうです。)

(一日に75種を記録した2013年5月12日に似た気象の、今年のゴールデンウィークです。石川県(本州)を通過する小鳥の総個体数は、昨年と比較し大きく変化するとは思えません。また今年、普正寺の森も昨年と大きな環境変化はありません。今日まで非常に渡りの個体数が少ないので、その分、今後は多くが渡って来てくれるのではないかと思われます。

なお、普正寺の森のクロマツの大量伐採の後、薮も広がり広葉樹も多くなり、クロマツ林より多様な環境になっています。そして、鳥見人口の増加も影響されているでしょうが、クロマツ大量伐採以前より、年間の全野鳥の種類数も、スズメ目の種類数も増えています。)
http://www.jma.go.jp/jp/week/325.html
http://www.tenki.jp/forecast/4/20/5610/17201.html

シロエリオオハムまたはオオハム69羽(普正寺海岸 沖合い約400m)
ジュウイチさえずり1羽(初認)(2羽同時さえずりの情報も)
アマサギ1羽(水田)
チュウサギ12羽(水田)
ダイサギ1羽(水田)(嘴はまだ黄色)
ウミウ1羽(テトラポッド周辺)
カワラヒワ(巣材運搬♀1羽 アカモズの小径の最も海側で、木の薄い皮を少しずつ剥いでいる時に、休み休みビィーンと小声で3回鳴きました。その後、飛び去るとすぐに♂1羽が後ろをついて北東へ。)
(このビィーン音は♀のみが発声します。少し鼻にかかった、優しい甘えたような声で、♂は発声しません。下記のサイトには、「特殊音」として記載されています。)
(♂はズビーと大声で鳴きます。「ビール」などと聞きなしされている声で、雌は発声しません。下記サイトでは「さえずり」と記載されています。なお、コロコロなどは雌雄共に発声します。)
http://www.bird-research.jp/1_shiryo/nakigoe.html

オナガ3羽
コサメビタキ2羽
シメ1羽
アオジ♂1羽
エナガ成鳥1羽(巣立ち雛1羽(初認)の情報も)
カモメ類1羽(犀川河口)
シマゴマさえずり1羽(三千坊跡)(情報より)
オオルリ♂成鳥1羽・♀(情報より)
キビタキ♂1羽・♀タイプ1羽(写真あり)(情報より)
ノゴマ♂幼鳥1羽(情報より)
クロツグミ♂♀(情報より)
エゾムシクイ(情報より)
モズ巣立ち雛初認(犀川下流左岸)(情報より)
ハマダイコン満開
キンギンボク満開(白花5割・黄花5割)
ツクバネウツギ満開
コバンソウ満開
クロマツ満開

クマバチ48頭


2017.5.4(今日の野鳥は54種)(5月上旬としては、個体数が少なく、非常に非常に寂しい森でした。)(鳥見の人は、私を含めて12名で、野鳥も人も非常に少ない森です。(早朝約2時間半の観察)。ただ、間違いのない情報をくわえると、50種以上を超えていました。)

キジ(♀成鳥1羽が犀川の中央で泳いでいました。体はオオバンに比較すると、より沈んでおり、ようやく浮いている印象です。
約10分間ゆっくりゆっくり移動し、左岸までたどり着いたのですが、左岸の玉石の上に上がれる体力がないようです。助け上げて森へ。川から救い上げて間もないためか、歩けない状態でしたが、時間を空けて見に行くと姿はなくなっていました。命ある事を願います。)
(6時23分。普正寺橋下流240m。泳いでいる時にボートが2度通過しました。)
(なぜ川を泳いでいたのでしょう?猛禽類に襲われて川に落ちたのでしょうか?丁寧には調べなかったのですが、怪我をしているところはない様でした。)
(後日談:5月4日に放鳥をした砂利道を車で進むと、5月7日9時24分に、キジ♀成鳥1羽が道に立っていました。まったく動きません。私を見ている様です。そして、微笑んでいるように見えました。対向車が来たので、草むらへと歩き姿を消しましたが、先日の♀ではないかと思う不思議な光景でした。)

ヒドリガモ
マガモ♂(情報より)
カルガモ
コガモ
ホシハジロ♂1羽(犀川橋上流)
キンクロハジロ(大池♂2羽・♀1羽)
キジバト
ゴイサギ成鳥1羽(大池の中ノ島)(初認)
アマサギ4羽(水田)
ダイサギ8羽(普正寺海岸上空を北東へ。その後ろにアオサギ2羽も。海面上5m)
チュウサギ12羽(水田)
オオバン1羽(犀川下流)
ケリ2羽(水田)
チュウシャクシギ1羽(初認)(水田)
ウミネコ(カモメ類3羽+(犀川河口)
セグロカモメ
ミサゴ1羽(普正寺海岸上空)
トビ
コゲラ
サンショウクイ1羽
サンコウチョウ♂成鳥1羽(初認)(犀川下流左岸)(写真あり)(情報より)
モズ♂1羽
オナガ2羽+
ハシボソガラス
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒバリさえずり2羽
ツバメ(第4駐車場の地上で2羽の成鳥が約5分止まっていました)
イワツバメ
ヒヨドリ
ウグイスさえずり4羽
エナガ3羽
エゾムシクイ(情報より)
センダイムシクイさえずり2羽
メジロさえずり1羽
ムクドリ
クロツグミさえずり1羽(エノキの小径)
マミチャジナイ1羽
アカハラ(情報より)
ツグミ(情報より)
(大形ツグミ類(クロツグミを除く)さえずり1羽)
コマドリさえずり(ベテランの方からの情報より)
コルリさえずり4羽
シマゴマさえずり1羽(初認)(二天橋)(ベテランの方からの情報より)
ジョウビタキ♀(情報より)
コサメビタキ(情報より)
キビタキ♂幼鳥1羽(写真あり)(情報より)
オオルリ♂成鳥1羽・♀1羽
スズメ
ハクセキレイ2羽
カワラヒワ
ホオジロ
アオジ♂2羽
キンギンボク8分咲き(白花8割・黄花2割)
アキグミ満開
ヤマフジ満開
フジ3分咲き(大池南の藤棚)
シロバナヤマフジ満開(大池南の藤棚)
ヤブツバキ新葉
ヘクソカズラ(別名サオトメカズラ)開葉
コマユミ満開
ニガナ満開
コナスビ5分咲き
カタバミ満開
ムラサキケマン花
シラスゲ開花
エゾタンポポ満開
キリ満開

トラフシジミ(写真あり)(情報より)
http://cache.yahoofs.jp/search/cache?c=FWSrXdSxxtYJ&p=%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%B7%E3%82%B8%E3%83%9F&u=www.insects.jp%2Fkon-tyotorafu.htm
大池→ミシシッピアカミミガメ18匹、クサガメ1匹、種不明3匹



2017.5.3(野鳥は非常に少ないとの情報がありました。5月6日まで大きな気圧の谷の通過はないようで、ピークは5月7日以降と思われます。ただ、珍鳥には期待していますが。)(すべて情報より)
コサメビタキ(写真あり)
コムクドリ♂4羽+(写真あり)
コマドリ(小川)(写真あり)
バン1羽(初認)(犀川下流)(写真あり)
ハシブトガラス巣内雛2羽+(写真あり)
ノジコ♂1羽(目の周りの白がはっきり)(犀川下流左岸)(ベテランの方からの情報より)
ノゴマ♂1羽
コサメビタキ
キビタキが多く、充分楽しめたとの情報もあります。


2017.5.2(すべて情報より)
センダイムシクイさえずり(写真あり)
ノゴマ♂1羽
コマドリ


2017.5.1(すべて情報より)
クロツグミ♀(写真あり)
コサメビタキ(写真あり)
ノゴマ♂1羽(初認)
コマドリ


2017.4.30(野鳥の個体数も種類数も非常に少なく、寂しい森でした。
静かだった昨日よりも、さらに静かな今日でした。渡去するには良かったが、渡来するには悪い気象条件だったようです。)

(予報では、明日5/1にも少々雨は残りますが、大きな気圧の谷の通過ではありません。5/2〜5までは横に伸びた高気圧に覆われ最高気温は18〜27℃。5/6は大きな気圧の谷が通過しますので、5/7以降にピークがあるのでは? ただ、5/2〜6に最高気温が30℃近くの暑い日になれば、多く渡ってきてくれるのではないかとも思っていますが?)

ミゾゴイ1羽
(6時25分に小川の中流で撮影されました。
情報を頂き、小川中流から二天橋へ向かうと、二天橋の北側、滝の石の上に止まっていました。最も高い位置の、大きな石の上です。
二天橋では7時28〜36分に観察されています。また、8時半頃〜9時半頃にも、二天橋周辺で観察された情報もあります。

約30m離れた二天橋には、バードウォッチャー約10人が間近で見ているのですが、まったく恐れていない印象です。その後、頭かきをしたり、樹上に止まったりした写真情報も頂きました。また、小径で撮影された写真が、5月7日の北國新聞に掲載されています。
まったく恐れないのは、以前に何度もこの森に訪れていて、人の動きや性格を知っているのでは?と思わせる動きでした。
ミゾゴイはこれまで日陰で見掛けていたのですが、今回は全身に快晴の朝の光を浴び、間近で見れきれいでした。)
(普正寺の森では2015年5月6日以来の記録で、1990年以降28年間の内、6年に記録があります。)


シロエリオオハムまたはオオハム9羽(普正寺海岸)
オオルリ♀1羽(♂成鳥2羽の情報も)
クロツグミさえずり1羽・♀1羽
大形ツグミ類(クロツグミを除く)さえずり1羽
シメ1羽
キンクロハジロ25羽・ホシハジロ0羽(犀川橋〜普正寺橋)
キンクロハジロ(大池♂4羽・♀3羽)
カモメ類32羽(犀川河口)
チュウサギ9羽(水田)
コサギ1羽(水田)
メジロさえずり1羽
センダイムシクイさえずり1羽
ウグイスさえずり1羽(さえずりが少なくなって来ました。♂の渡りのピークが過ぎ、今後は♀の渡りのピークを迎える事になるでしょう。そのために地鳴きが多くなると思われます。)
コルリさえずり1羽(情報より)
マミチャジナイ♂1羽(情報より)
コマドリさえずり1羽(情報より)
ビンズイ1羽(野鳥園跡地)(情報より)
カシラダカ♂(写真あり)(情報より)
キビタキ♂・♀タイプ(情報より)
アカハラ(情報より)
ノイバラつぼみ
アケビ満開
キリ満開
ヤマフジ開花
タブノキ開葉
ウワミズザクラ8分咲き〜満開
サンショウ満開
キショウブ4分咲き



2017.4.29
エゾムシクイさえずり
クロツグミさえずり
オオルリ成鳥♂
マミチャジナイ♂
サンショウクイ(情報より)
キビタキ♀タイプ(写真あり)(情報より)
エナガ(写真あり)(情報より)
マミチャジナイ1羽(野鳥園跡地)(写真あり)(情報より)
ビンズイ1羽(野鳥園跡地)(写真あり)(情報より)
シメ1羽(二天橋)(写真あり)(情報より)
キビタキ♂成鳥1羽(二天橋)(写真あり)(情報より)
キンギンボク1分咲き(白花10割・黄花0割)
ウワミズザクラつぼみ
コマユミ3〜8分咲き
コナラ満開
ヤマボウシ花
オオムラサキ(ツツジ)つぼみ膨らむ

カニ類1匹(初認)(クロベンケイガニ? カラスに食べられる)(水車小屋)(情報より)


2017.4.28
シロチドリ1羽(普正寺浜)
ミユビシギ130羽+(テトラポッド)
シロエリオオハムまたはオオハム16羽
(普正寺海岸)
マヒワ(写真あり)(情報より)
アトリ(写真あり)(情報より)
オナガ(写真あり)(情報より)
シメ(嘴は鉛色)(写真あり)(情報より)
キビタキ♂幼鳥(写真あり)(情報より)
アビ(普正寺海岸)(情報より)
シロハラホオジロ(初認)(情報より)


2017.4.27(今日の野鳥は52種)(ピークは今春も5月1〜10日と思いますが、今朝は今春では最も多くの小鳥たちが、森に訪れていて楽しめました。)(昨日は、一日中雨でした。夜間に渡る個体が多いと言われている小鳥たちにとって、雨天日の翌朝までは、やはり渡りに適しているのでしょう。)
(特に、エノキの小径・三千坊跡・二天橋・コゲラの小径などの繁茂した場所で、小鳥たちを多く見掛けました)
キジ
ヒドリガモ(犀川橋上流には30羽以上と多い)
マガモ
カルガモ
シマアジ♂1羽・♀1羽(犀川中州上で眠りの姿勢)
コガモ
ホシハジロ♂1羽(犀川橋〜普正寺橋)
キンクロハジロ36羽(犀川橋〜普正寺橋)(大池♂1羽)
キジバト
シロエリオオハムまたはオオハム72羽(普正寺海岸)
ウ類(犀川中州0羽・金石西防波堤3羽)
アオサギ(森南の民地に巣9個。そのうち6個では抱卵姿勢)
チュウサギ7羽(水田)
オオバン2羽(犀川下流)
アオアシシギ非繁殖羽1羽(水田)(久々)
ウミネコ
カモメ1羽(水田)
(カモメ類40羽(犀川河口))
セグロカモメ
トビ
コゲラ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒバリさえずり1羽
ツバメ
イワツバメ
ヒヨドリ(個体数が多く賑やかでした)
ウグイス
エゾムシクイさえずり1羽(情報より)
センダイムシクイさえずり1羽
メジロさえずり1羽
ムクドリ
トラツグミさえずり1羽
クロツグミ♂(4カ所で見かけました。さえずり1羽初認)・♀2羽
マミチャジナイ1羽(初認)
シロハラ
アカハラ(第1〜3駐車場に多い)
ツグミ
コマドリさえずり1羽(エノキの小径)
コルリさえずり2羽
ルリビタキ♀タイプ2羽
イソヒヨドリ♂1羽
キビタキ♂幼鳥2羽
オオルリ♂成鳥2羽・♀2羽
スズメ
ハクセキレイ1羽
セグロセキレイ1羽
カワラヒワ
マヒワ群れ(写真あり)(情報より)
ホオジロ
ミヤミホオジロ♀1羽
アオジ(さえずり初認)(エノキの小径で、特に多く見掛けました)
クロジ♂幼鳥1羽・♀2羽
キンギンボク開花
カモガヤ穂
アキグミ開花
ヤマフジつぼみ
イチゴツナギ穂
コマユミ開花
キリ8分咲き
オニグルミ満開
ヒゲナガスズメノチャヒキ穂
コバンソウ開花
ヤブニンジン実と花
ナワシログミ実はかなり赤くなって来ました
ヒメスイバ満開


2017.4.25(すべて情報より)
サンショウクイ(初認)(写真あり)
クロツグミ♀(小川)(写真あり)
キビタキ♀タイプ(写真あり)
チュウシャクシギ1羽(初認)(テトラポッド)(写真あり)
ミユビシギ3羽(初認)(テトラポッド)(写真あり)
シロチドリ♂1羽(初認)(普正寺浜)(写真あり)
シロエリオオハムまたはオオハム多数(普正寺海岸)(写真あり)
コルリ♂1羽(二天橋)(写真あり)
シマアジ♂1羽・♀1羽(犀川下流)(写真あり)


2017.4.24
カモメ類250羽+(犀川河口)
コルリさえずり1羽
ヒヨドリ多くなりました
オオルリ♂4羽(150m以内は同一個体として)
コマドリさえずり3羽(150m以内は同一個体として)
キビタキ♂成鳥1羽(エノキの小径)
ルリビタキ♂成鳥1羽(三千坊跡)(♀タイプの情報も)
キンクロハジロ♀2羽・ホシハジロ0羽(犀川橋〜普正寺橋)
キンクロハジロ(大池♂2羽♀1羽)
ササゴイの池のカモ類→カルガモ2羽
オオバン1羽(犀川下流)
シマアジ♂1羽・♀1羽(犀川中州の玉石の上)(犀川中州を利用した種は51種に増えました)
クロジ♂幼鳥1羽(情報より)
ヨシガモ♂数羽・♀数羽(情報より)
カラスノエンドウ開花
コブシ花少し残っています
エゾタンポポ満開

クマバチ15頭
大池→ミシシッピアカミミガメ22匹、クサガメ11匹、種不明7匹



2017.4.23
クロジ♂幼鳥1羽(二天橋)(写真あり)(情報より)


2017.4.22
コマドリさえずり1羽
(エノキの小径)(二天橋でも撮影されています)
オオヨシキリさえずり1羽(犀川中州)(初認)(1990年からの記録では、初認日で最も早いのは1992年の4月20日、最も遅かったのは2016年の5月12日。今日のさえずりは2番目に早い記録でした。)
ムクドリ枯れ枝運搬1羽(森南の民家)
アカハラ5羽(大池の西)
キンクロハジロ17羽・ホシハジロ0羽(犀川橋〜普正寺橋)
キンクロハジロ(大池♂7羽・♀5羽)
オオルリ♂成鳥1羽(♂2羽♀1羽の情報も)
ツグミ2羽
オシドリ♂1羽・♀1羽(犀川中州周辺)(写真あり)(情報より)
シマアジ♂1羽・♀1羽(犀川中州周辺)(写真あり)(情報より)(オシドリ♂♀の近くで撮影されています)
ルリビタキ♂成鳥(写真あり)(情報より)
キビタキ♂幼鳥1羽・♀タイプ1羽(情報より)
ヒレンジャク13羽(7時頃二天橋から水車小屋)(写真あり)(情報より)
カワセミ♀(写真あり)(情報より)
オオミズナギドリ35羽+(13時55分 普正寺海岸(11時頃にも) 初認)(写真あり)(情報より)
ツルニチニチソウ8分咲き
ヤブヘビイチゴ開花
ヤエモグラつぼみ
コスミレ花少々残っていました
ハナカイドウ8分咲き
レンギョウ満開
トサシモツケつぼみ
ハマエンドウ開花
フジつぼみ
オオシマザクラ散り盛ん
八重桜満開
ニガナ開花
ヤマコウバシ開葉と開花
シャガ満開
カキドオシ満開(茎の長さは約15cmでまだ短い)
サンショウ花
モチノキ満開
ヌルデ開葉
ニワウルシ開葉
ヤマグワ開葉

大池→ミシシッピアカミミガメ21匹、クサガメ1匹・ササゴイの池→ミシシッピアカミミガメ2匹
クマバチ1頭



2017.4.21(すべて情報より)
ヒレンジャク5羽+(写真あり)
コルリ♂(初認)(写真あり)
オオルリ♀(写真あり)
エゾムシクイ(写真あり)
ジョウビタキ♂(写真あり)
コマドリ
レンジャク類


2017.4.20(すべて情報より)
コムクドリ♂(写真あり)
コマドリ♂さえずり(写真あり)
センダイムシクイ(初認)(写真あり)
ルリビタキ♀タイプ(写真あり)
カワセミ♀
オオルリ♂♀


2017.4.19
オオルリ♂成鳥4羽・♀2羽
エゾムシクイ1羽(初認)(さえずりもありました)
キンクロハジロ19羽・ホシハジロ0羽(犀川橋〜普正寺橋)
キンクロハジロ(大池20羽)
コマドリさえずり1羽(犀川下流左岸)
カワセミ♂1羽・♀1羽(ササゴイの池)
ササゴイの池のカモ類→カルガモ2羽(ササゴイの池のカモ類は、昨年10月5日以来久々。近年、毎年11月〜1月は、まったくカモ類が、ササゴイの池を利用していません。)
エナガ2羽
マヒワ♂1羽♀1羽
オオバン1羽(犀川下流)
コサメビタキ1羽
キビタキ♂2羽(情報より)
エナガ2羽(情報より)
コスミレ花残りわずか
オオシマザクラ散り盛ん
ソメイヨシノ花の多くは散りました
ダイオウグミ8分咲き〜満開
コブシ満開
ヤマコウバシ(葉と花が入る混芽が、大きく膨らみました)
アオキ満開
ツルニチニチソウ5分咲き
シャク満開
オニグルミ雄花序垂れ下がりました
カモガヤ 花粉が少しすでに飛んでいるようです
ハマダイコン満開



2017.4.18(すべて情報より)
エナガ(尾羽が曲がっています。抱卵をしていたのだと思います)(写真あり)
ジョウビタキ♀(写真あり)(情報より)
クロツグミ♂(写真あり)
オオルリ♂1羽♀1羽
キビタキ♂2羽
カワセミ♂


2017.4.17(すべて情報より)
ミヤマホオジロ♀(小川)(写真あり)
カシラダカ♀(小川)(写真あり)
オオルリ♂成鳥・♀(写真あり)
キビタキ♂成鳥(写真あり)
カワセミ♂


2017.4.16
ヒヨドリ(渡り100羽+)
ツグミ(第4駐車場1羽)
大形ツグミ類(クロツグミを除く)さえずり2羽(シロハラ?)
ウグイスさえずり7羽
メジロさえずり3羽
ヒバリさえずり1羽
コマドリさえずり1羽(犀川下流左岸)(二天橋でもさえずりの情報)
キンクロハジロ46羽・ホシハジロ0羽(犀川橋〜普正寺橋)
キンクロハジロ(大池27羽)
ジョウビタキ♀1羽
オオルリ♂・♀(写真あり)(情報より)(♂2羽の情報も)
コムクドリ♂1羽(写真あり)(情報より)
コサメビタキ2羽(初認)(写真あり)(情報より)
ヤブサメ1羽(二天橋)(情報より)
ハマダイコン満開
クスノキ新葉
コスミレ満開
アカメガシワ開葉
ハルガヤ開花
チューリップ満開
スノーフレーク満開
オオシマザクラ満開〜散り始め
ヤマザクラ満開〜散り始め
オオヤマザクラ満開〜散り始め
ソメイヨシノ葉が伸び始めました
ヤブニンジン満開
アケビ3分咲き
ネズミモチ新葉
カキドオシ満開
シャガ8分咲き

アシナガバチ類1頭(初認)
クマバチ2頭(初認)



2017.4.15
エナガ(餌運搬:かなり餌が大きいので、雛は巣立ち間近か?巣立ち雛か?)(写真あり)(情報より)
キビタキ♂成鳥・♂幼鳥・♀(情報より)
クロツグミ♂(小川)(情報より)


2017.4.14(すべて情報より)
カシラダカ♂繁殖羽(写真あり)
ベニマシコ♀2羽(ポンプ室)(写真あり)
キビタキ♂成鳥(小川)(初認)(写真あり)
ルリビタキ多い
オオルリ♂2羽
アカハラ1羽(二天橋)(初認)(写真あり)
クロツグミ♂


2017.4.13(すべて情報より)
ルリビタキ♂成鳥・♀タイプ(写真あり)
カワセミ♀(写真あり)
コマドリ♂(水車小屋 さえずりはなし)(初認)(写真あり)
コムクドリ♂1羽(初認)(写真あり)
カワセミ♂
オオルリ♂成鳥2羽
シマアジ♂繁殖羽1羽・♀1羽(犀川下流)(写真あり)(シマアジは1990年以来では、28年間に5年のみの記録です。)


2017.4.12(すべて情報より)
ヨシガモ♂3羽♀2羽(犀川下流)(写真あり)
オナガガモ♂1羽(犀川下流)(写真あり)
ヒレンジャク2羽(三千坊跡)(写真あり)
カワセミ♂


2017.4.10
ツグミ(第4駐車場1羽)
ウグイスさえずり2羽
カモメ類1羽(犀川河口)
カワセミ♂1羽(大池)
カンムリカイツブリ5羽(犀川下流)
キンクロハジロ31羽・ホシハジロ0羽(犀川橋〜普正寺橋)
キンクロハジロ(大池28羽)
ヨシガモ♂4羽♀2羽(犀川下流)
オオバン3羽(犀川下流)
ヤブサメ1羽(盛んにさえずり)(情報より)
コチドリ4羽(第4駐車場 交尾もあり)(写真あり)(情報より)
ベニマシコ♂1羽♀1羽(ポンプ室)(写真あり)(情報より)
オオシマザクラ満開
ヤマザクラ満開
オオヤマザクラ3分咲き(小川に1本)
ソメイヨシノ8分咲き〜満開
コウボウムギ穂
ヒメカンスゲ穂
スイバつぼみ
シロバナタンポポ花と実
シャガ2分咲き
ハマダイコン満開
シラバナヤマフジ開葉
ヤブツバキ落花多い
ホトケノザ満開(今年は多く見られます)
http://www.plantsindex.com/plantsindex/demo_html/demo_db/result48480.htm
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%88%E3%82%B1%E3%83%8E%E3%82%B6

大池→ミシシッピアカミミガメ8匹



2017.4.9(すべて情報より)
ヒレンジャク(写真あり)
オオルリ成鳥(写真あり)
アリスイ1羽(野鳥園跡地)(写真あり)
オナガガモ
シロカモメ
(2012年以来)
オオセグロカモメ
アカゲラ
ヒバリ
ヤブサメ
クロツグミ
イソヒヨドリ
キビタキ


2017.4.8
オオバン7羽(犀川下流)
ツグミ(第4駐車場1羽)
キンクロハジロ(大池23羽)
カモメ類60羽+(犀川河口)
シロエリオオハムまたはオオハム2羽(普正寺海岸)
アカゲラ1羽
カンムリカイツブリ(犀川下流3羽 普正寺海岸1羽)
ウ類(犀川中州0羽・金石西防波堤2羽
ヨシガモ♂3羽♀1羽(犀川下流)(情報より)
ルリビタキ♂成鳥1羽(二天橋)(情報より)
トラツグミ1羽(情報より)
ヒメオドリコソウ満開
ハマダイコン8分咲き(野鳥園跡地)
カキドオシ満開
コスミレ満開
コバンソウ穂
ハコベ開花
シロダモ新葉
ソメイヨシノ6〜8分咲き
オオシマザクラ8分〜満開
ヤマザクラ8分〜満開
オオヤマザクラ開花(ソメイヨシノより花弁の赤みが強い。小川右岸に1本あります)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%82%B6%E3%82%AF%E3%83%A9
http://www.e-yakusou.com/sou02/soumm311.htm
オニグルミ開葉
ヤブニンジン開花
チューリップ8分咲き
セイヨウタンポポ満開
スノーフレーク満開
シロダモ新葉
ホトケノザ開花
ウンリュウヤナギ5分咲き
スズメノヤリ満開
ユキヤナギ満開
アオキつぼみ〜満開
キヅタ開葉
コマユミ開葉
ヤマコウバシ芽膨らみ始める
ツルニチニチソウ3分咲き

大池→ミシシッピアカミミガメ47匹、クサガメ1匹
アマガエル2匹(初認)



2017.4.7
アリスイ1羽(野鳥園跡地)(写真あり)(情報より)
ヨシガモ♂5羽(犀川下流:中州周辺)(写真あり)(情報より)
アオゲラ1羽(久々)(写真あり)(情報より)


2017.4.6
カワセミ♀(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
ジョウビタキ♂(写真あり)(情報より)
ホオジロ♂♀の連れ立ち行動(写真あり)(情報より)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jyio1952/10/3/10_3_199/_pdf


2017.4.5(すべて情報より)
クロツグミ♂(写真あり)(1990年以降では、2002年の4月4日が最も早い記録です)
ウミアイサ♀タイプ1羽(普正寺海岸)(写真あり)
ヒバリ1羽(写真あり)
オオルリ♂成鳥1羽(犀川下流左岸)(初認)(写真あり)
ビンズイ(写真あり)
http://www.birdfan.net/2013/03/22/21772/
http://phylloscopus.web.fc2.com/image/otherplace/TreePipit.html


2017.4.4
ルリビタキ♂成鳥1羽(二天橋)(写真あり)(情報より)
ベニマシコ♂繁殖羽1羽・♀1羽(犀川下流左岸の普正寺橋上流)(写真あり)(情報より)


2017.4.3
ベニマシコ♀2羽(写真あり)(情報より)
アリスイ1羽(野鳥園跡地)(写真あり)(情報より)


2017.4.2
アリスイ1羽(野鳥園跡地)(あまり人を恐れない個体で、人から約5mの間近な枝に止まる事もあります。)
イワツバメ7羽(普正寺橋)(情報により、3月26日頃が初認です。)
シロエリオオハムまたはオオハム2羽
(普正寺海岸)
アカエリカイツブリ?1羽(普正寺海岸)
シメ1羽
カワセミ♀1羽(ササゴイの池)
カンムリカイツブリ7羽(犀川下流)
アカゲラ1羽(♂の情報もありました)
ヒバリさえずり1羽
オナガ6羽
カシラダカ8羽(♂3羽は、頭部や過眼線は真っ黒になっていました)
オオバン(犀川下流1羽)
キンクロハジロ37羽・ホシハジロ4羽(犀川橋〜普正寺橋)
キンクロハジロ(大池15羽)
オシドリ♂1羽♀1羽(犀川中州)(情報より)
アキグミ芽膨らみ始める
オオシマザクラ開葉
ダイオウグミ開葉
スズメノヤリ穂
ユキヤナギ6分咲き
ソメイヨシノつぼみ膨らむ
マサキ新葉
アケビつぼみ
マユミ開葉
タネツケバナ満開
シロバナタンポポ満開
オオイヌノフグリ満開
スイバ穂
ツルニチニチソウ開花(写真あり)(情報より)
大池→ミシシッピアカミミガメ24匹

ルリシジミ?3頭


2017.4.1
アリスイ(写真あり)(情報より)
アカゲラ♀(写真あり)(情報より)
ミヤマホオジロ(写真あり)(情報より)


2017.3.31
キセキレイ♂繁殖羽(小川 初認)(写真あり)(情報より)
アトリ(小川)(写真あり)(情報より)
シジュウカラ(オオカマキリの卵鞘を採食)(写真あり)(情報より)
https://www.nacsj.or.jp/project/ss2008/kamakiri_01.html
ユキヤナギ5分咲き(写真あり)(情報より)


2017.3.30
エナガ(写真あり)(情報より)
ヒバリ(写真あり)(情報より)
オナガ(情報より)


2017.3.29
アリスイ1羽(写真あり)(情報より)


2017.3.28
ジョウビタキ♀(写真あり)(情報より)
カシラダカ(写真あり)(情報より)
オナガ(写真あり)(情報より)
ルリシジミ(写真あり)(情報より)
http://www.j-nature.jp/butterfly/zukan/yokunita/sijimi1.html


2017.3.25
オオタカのような激しい鋭い大声(正門の東)
オオジュリン数羽
(写真あり)(情報より)
ジョウビタキ♀(写真あり)(情報より)


2017.3.23
アカエリカイツブリ非繁殖羽1羽(普正寺海岸 テトラポッドの沖約30m 9時18分)
アリスイ1羽(野鳥園跡地の南斜面)
カシラダカ2羽
アトリ9羽
ミヤマホオジロ♂1羽♀1羽
オオバン(犀川下流6羽・大池2羽)
カモメ類15羽(犀川河口)
シメ2羽(第4駐車場の地上)
カンムリカイツブリ4羽(犀川下流)
ウ類(犀川中州0羽・金石西防波堤7羽)
ツグミ(第4駐車場37羽と多い)
キンクロハジロ0羽・ホシハジロ14羽(犀川橋〜普正寺橋)
アカゲラ(情報より)
オランダミミナグサつぼみ
白梅(犀川下流左岸:満開と花弁あとわずか)



2017.3.22
アリスイ1羽(野鳥園跡地)(情報より)


2017.3.20(すべて情報より)
アリスイ1羽(野鳥園跡地の樹上や地上で 12時頃)(頭部の羽根を少し立てて可愛い)
ミソサザイ
ベニマシコ
亜種ハチジョウツグミ
オオタカ幼鳥
エナガ
カシラダカ
シメ
アトリ
メジロ


2017.3.19
カシラダカ1羽
ウ類(犀川中州0羽・金石西防波堤7羽)
キンクロハジロ5羽・ホシハジロ15羽(犀川橋〜普正寺橋)
キンクロハジロ(大池38羽)
カンムリカイツブリ6羽(犀川下流)
ミヤマホオジロ♂1羽(さえずりもあり)
カモメ類40羽+(犀川河口)
オオバン(犀川下流4羽・大池2羽・金石港船溜り2羽)
アカゲラ1羽
アリスイ1羽(犀川下流左岸)(情報より)
メジロ相互羽繕い(写真あり)(情報より)
ハマダイコン開花(写真あり)(情報より)
アオキ雄花開花
ムラサキケマン開花
大池→ミシシッピアカミミガメ7匹


2017.3.18
ベニヒワ20数羽(水車小屋西のエノキの高木に、5分程)(写真あり)(情報より)(1996年11月18日に50羽+の最大個体数の情報があります。1990年以降では2番目に多い個体数でした。)


2017.3.17
シロエリオオハムまたはオオハム1羽(普正寺海岸)
オオバン(犀川下流7羽・大池2羽)
カモメ類25羽+(犀川河口)
ツグミ(第4駐車場7羽)
ウ類(犀川中州0羽・金石西防波堤2羽)
ヒバリさえずり1羽
ミヤマホオジロ6羽
キンクロハジロ0羽・ホシハジロ13羽(犀川橋〜普正寺橋)
キンクロハジロ(大池44羽)
ヨシガモ♂4羽♀1羽(犀川下流)
カンムリカイツブリ1羽(犀川下流)
カイツブリ繁殖羽1羽(犀川下流)
カワラヒワ(巣材運搬:羽根)(写真あり)(情報より)
アカゲラ♀(写真あり)(情報より)
エナガ(巣材運搬:小鳥の羽根)(情報より)
ハマダイコンつぼみ
シロバナタンポポ満開
ハンノキ花
オオイヌノフグリ開花

大池→ミシシッピアカミミガメ26匹、クサガメ1匹


2017.3.16
マガモ♂とカルガモ♀との交雑1羽(過眼線や眉斑はカルガモ似で、その他はマガモ♂似)(大池)
オオバン(犀川下流6羽・大池2羽)
ミヤマホオジロ♂1羽
シジュウカラさえずり4羽
ウ類(犀川中州繁殖羽2羽・金石西防波堤10羽)
ヒバリ1羽(さえずり初認)
キンクロハジロ0羽・ホシハジロ6羽(犀川橋〜普正寺橋)
キンクロハジロ(大池35羽)
ウソ♀1羽(水車小屋)
ウグイスさえずり1羽
カンムリカイツブリ3羽(犀川下流)
オナガ3羽
アカゲラ?1羽(声のみ)
イボタノキ芽が膨らみ始めました
ハマダイコンの葉が次々と伸びて来ました
ヤブニンジン展葉(ジャノヒゲの濃い緑から、ヤブニンジンの明るい色の緑に、林床が変化しつつあります。)
アオキつぼみ



2017.3.15
ジョウビタキ(写真あり)(情報より)
ヒメオドリコソウ開花(写真あり)(情報より)


2017.3.14
カイツブリ(写真あり)(情報より)
オオタカ幼鳥(写真あり)(情報より)


2017.3.13
オオバン(犀川下流5羽・大池2羽)
キンクロハジロ♂1羽羽・ホシハジロ25羽(犀川橋〜普正寺橋)
キンクロハジロ(大池37羽)
ウ類(犀川中州0羽・金石西防波堤11羽)
カンムリカイツブリ(犀川下流3羽、日本海1羽)
シメ1羽
ミヤマホオジロ♀1羽(犀川下流左岸)
ミサゴ1羽(海上空と、犀川中州の樹上でも)
カモメ類15羽(犀川河口)
シロエリオオハムまたはオオハム2羽(普正寺海岸)
アカゲラ?1羽(声のみ)
カワアイサ♂1羽(犀川下流 12時26分)(初認)(写真あり)(情報より)
大池→ミシシッピアカミミガメ3匹、クサガメ1匹


2017.3.12
アトリ1羽
マヒワ1羽
カンムリカイツブリ4羽(犀川下流)
オナガ2羽
ミサゴ1羽
ツバメ♂1羽(初認)(プールの東)
キンクロハジロ3羽・ホシハジロ8羽(犀川橋〜普正寺橋)
キンクロハジロ(大池45羽)
ウ類(犀川中州0羽・犀川橋下流浅瀬2羽・金石西防波堤4羽)
トビ9羽が森上で旋回
カモメ類1羽(犀川河口)
オナガガモ♂1羽(大池)
カワセミ♀1羽(ササゴイの池)
オオバン(犀川下流2羽・大池2羽)(大池の2羽は、池周辺の地上でも採食:情報より)
アカゲラ♀1羽(情報より)
メジロ(情報より)
エナガ(情報より)
イソヒヨドリ(情報より)
シメ(情報より)
ハイタカ幼鳥1羽(二天橋)(写真あり)(情報より)
http://starling.dyndns.org/~birdkitahiro/moukin/spajuv.htm
http://starling.dyndns.org/~birdkitahiro/moukin/spaad.htm
タネツケバナ開花
大池→ミシシッピアカミミガメ12匹、クサガメ3匹


2017.3.11
アオサギ編隊で北東へ(6時26分17羽・6時32分7羽)(渡りの飛翔スピードは、ハクチョウ類よりかなり遅い)
ハシボソガラス35羽+とハシブトガラス数羽が正門の東上空で旋回(オオタカ?の声が1度あり)
http://www.bird-research.jp/1_shiryo/nakigoe.html
シジュウカラ用の巣箱付け(三千坊跡の北東)
オナガ2羽
カモメ類2羽(犀川河口)
シロエリオオハムまたはオオハム9羽
キンクロハジロ0羽・ホシハジロ19羽(犀川橋〜普正寺橋)
キンクロハジロ(大池39羽)
アカゲラ?1羽(声のみ)
ツグミ(第4駐車場11羽)
ウ類(犀川中州0羽・金石西防波堤20羽)
カンムリカイツブリ2羽(犀川下流)
オオバン(犀川下流1羽・大池2羽)
オナガガモ♂1羽(大池)
ノスリ幼鳥1羽(カラス類に追われていた)(情報より)
オシドリ♂1羽♀1羽(犀川中州を利用)(初認)(写真あり)(情報より)
ミヤマホオジロ多数(さえずりもあり)(情報より)
白梅(正門4分咲き・犀川下流左岸散り盛ん)
アオキつぼみ
ツクシ(初認)(犀川下流左岸)


2017.3.9
カワセミ(情報より)


2017.3.6
エナガ数羽(写真あり)(情報より)
ビンズイ2羽(ポンプ室への引き込み電柱付近の樹上)(初認)(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)


2017.3.5
ハシボソガラス(1羽がオニグルミの実を1度、海岸の遊歩道の歩道ブロックに高さ約8mから落とす。8時37分)(プールの東や犀川下流左岸のアスファルト道でも、割れたオニグルミの実を見かけました。この個体による行動か?)
ウ類(犀川中州0羽・金石西防波堤3羽)
カンムリカイツブリ(犀川下流3羽、日本海1羽)
シメ1羽
カモメ類1羽(犀川河口)
アカゲラ?1羽(声のみ)
オオバン4羽(犀川下流)(大池の2羽は相互羽づくろい:情報より)
キンクロハジロ0羽・ホシハジロ17羽(犀川橋〜普正寺橋)
キンクロハジロ(大池51羽)
オオタカ成鳥1羽・幼鳥1羽(成鳥1羽がポンプ室上空を旋回しながら南へ。その後、幼鳥1羽が近くに来て2羽で旋回。2度、2羽が非常に近くに接近し、争いのような、ディスプレイのような動きをしながら南へ。高さ30〜40m。9時50分)(ササゴイの池で幼鳥1羽の写真情報もあり)
http://www.env.go.jp/nature/yasei/manual_idrs/manuals/goshawk.pdf#search='オオタカ識別マニュアル'

オナガ1羽
ミヤマホオジロ♀1羽
アオサギ?の巣(未完成)が、ササゴイの池の南約300mの高木の梢にあり。昨年までのコロニーの位置。アオサギの姿はなし。
アトリ10羽(情報より)
ウソ♂1羽♀2羽(ポンプ室)(写真あり)(情報より)
キジ♂1羽(右脚には、環境省標識調査用と思われる足環あり。2016年11月10日にも♂1羽が撮影されています。)(写真あり)(情報より)
ベニヒワ6羽(水車小屋 14時10分〜15時21分に3度姿を見せてくれました。)(写真あり)(情報より)

白梅正門4分咲き

大池→ミシシッピアカミミガメ35匹


2017.3.4
ベニヒワ6羽(♂♀)(大池の南 6時頃。水車小屋でも。)(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)


2017.3.3
カワセミ(情報より)


2017.3.2
ノスリ1羽
カンムリカイツブリ3羽(犀川下流)
シメ1羽
ウ類(犀川中州2羽(内、繁殖羽1羽)・金石西防波堤19羽)
オナガ1羽
オオバン(犀川下流7羽・大池2羽)
キジバト群れ7羽(プール北東のアスファルト道脇で採食)
カモメ類17羽(犀川河口)
キンクロハジロ1羽・ホシハジロ4羽(犀川橋〜普正寺橋)
アカゲラ?1羽(声のみ)
オオタカ成鳥1羽(ササゴイの池の西側の松)(写真あり)(情報より)
ウソ♂1羽♀2羽(大池の東)(写真あり)(情報より)
カシラダカ数羽(水車小屋)(写真あり)(情報より)
アトリ多数(水車小屋)(写真あり)(情報より)
ベニマシコ♂1羽(大池の東)(写真あり)(情報より)


2017.3.1
アトリ15羽
ハクチョウ類134羽(44羽 7時38分 ポンプ室上空を北東へ 高度約60m)(90羽+ 9時27分 第4駐車場上空を北東へ)
ツグミ(第4駐車場1羽)
コゲラ(ドラミング2羽)
オオバン(犀川下流6羽・大池2羽)
キンクロハジロ0羽・ホシハジロ♂2羽(犀川橋〜普正寺橋)
キンクロハジロ(大池42羽)
ウ類(犀川中州0羽・犀川橋下流浅瀬1羽・金石西防波堤18羽)
シロエリオオハムまたはオオハム2羽
ノスリ1羽(良く鳴いていました)
メジロ4羽
アカゲラ?1羽(声のみ)
カンムリカイツブリ3羽(犀川下流)
エナガ1羽
カモメ類13羽(犀川河口)
大池のカモ類→カルガモ158羽・コガモ74羽・マガモ♂1羽♀1羽・キンクロハジロ42羽
ハシボソガラス(1羽がオニグルミの実を1度、アスファルト道に高さ約5mから落とす。 林間広場の南)
オオタカ幼鳥1羽(11時30分にコゲラの小径の南西)(写真あり)(情報より)
ミソサザイ1羽(二天橋)(写真あり)(情報より)
キショウブ(ササゴイの池の水面から、かなり葉が顔を出して来ました)
ヤブツバキ花散り盛ん
https://matome.naver.jp/odai/2141463382690013701
http://home.kobe-u.com/nisidam/tubakisazanka.html
セランダイン開花(写真あり)(情報より)

●セランダイン(フィカリア属(旧キンポウゲ属))
「ヨーロッパ原産、山地に生育。変異種・園芸種が多い。萼がある(3枚)。痩果。 球根状根茎。」
http://mizuaoi.photo-web.cc/127serandain.html
http://yuusugenoniwa.blog.so-net.ne.jp/2010-02-27
https://kotobank.jp/word/%E7%97%A9%E6%9E%9C-89150
http://www.geocities.jp/nisi175812/bbhimerixyuukinnka.htm

●リュウキンカ(リュウキンカ属)
「アジア原産、水辺に自生する。萼はない。袋果。根は白色髭状。」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%AB
https://kotobank.jp/word/%E8%A2%8B%E6%9E%9C-556478


2017.2.28
ハシボソガラス(1羽がオニグルミの実を4回、アスファルト道に高さ約4〜6mから落とす。その後すぐに、実を突いていた。実は真っ二つに割れ、中の実も食べられていました。7時40分 林間広場の南)
ツグミ(第4駐車場1羽)
ウ類(犀川中州0羽・金石西防波堤11羽)
オナガ2羽
キンクロハジロ0羽・ホシハジロ22羽(犀川橋〜普正寺橋)
イソヒヨドリ♂1羽(テトラポッド)
カモメ類0羽(犀川河口)
オオバン(犀川下流6羽・大池2羽)
カンムリカイツブリ6羽(犀川下流)
ヨシガモ♂6羽♀3羽
アトリ6羽
ハクチョウ類(8時20分 声のみ)
キジさえずり1羽(さえずり初認)→普正寺の森の約3km南の安原海岸ふれあいの森で
オオタカ成鳥1羽(13時26分にササゴイの池の西側の松)(写真あり)(情報より)
ミゾサザイ1羽(二天橋)(写真あり)(情報より)
ミヤマホオジロさえずり(情報より)
オジロワシ1羽(年齢は不明ですが、尾羽は白かった。 昼前に、波打ち際を西へ。)(情報より)(1990年以降では、2000年3月11〜12日1羽・2001年12月9日1羽・2011年11月22日1羽の記録があります。しかし、2年に1度程度の記録ありとの情報もあります。)
オオジュリン(2月に犀川下流右岸のアシ原で)(情報より)
白梅(犀川下流左岸満開・正門2分咲き・ポンプ室1分咲き)
キツネ成獣1匹(下安原町)



2017.2.27
メジロ1羽
ウ類(犀川中州0羽・金石西防波堤11羽)
ツグミ(第4駐車場3羽)
アカゲラ?1羽(声のみ)
カイツブリ換羽中1羽(犀川下流)
オオバン(犀川下流4羽・金石港船溜り1羽)
キンクロハジロ0羽・ホシハジロ10羽(犀川橋〜普正寺橋)
キンクロハジロ(大池42羽)
カモメ類5羽(犀川河口)
エナガ1羽
ヨシガモ♂5羽♀4羽(犀川下流)
カンムリカイツブリ(犀川下流5羽・金石港船溜り1羽)
オカヨシガモ♂1羽・♀1羽(犀川下流)
シロバナタンポポ開花
ノイバラ開葉
大池→ミシシッピアカミミガメ2匹


2017.2.25
ハクチョウ類57羽(8時33分(19羽)と8時46分(38羽)に編隊で北東へ。三つの群れの情報もあります。)
オナガ1羽
ミヤマホオジロ♂1羽♀2羽
ウ類(犀川中州0羽・金石西防波堤12羽)
カンムリカイツブリ5羽(犀川下流)
トビ4羽(森上空。最近良く、ピーヒョロロと鳴き声が聞きます)
オオバン(大池2羽)
シメ1羽
カモメ類24羽+(犀川河口)
アカゲラ?1羽(声のみ)
キンクロハジロ0羽・ホシハジロ1羽(犀川橋〜普正寺橋)
キンクロハジロ(大池37羽)
ヨシガモ♂10羽♀7羽(犀川下流)(これまでの最大個体数は2007年2月4日の18羽)
トラツグミ1羽(正門)(情報より)
ウソ4羽(水車小屋)(情報より)
ハジロカイツブリ1羽(犀川下流)(情報より)
亜種ハチジョウツグミ1羽(普正寺橋右岸)(写真あり)(情報より)
白梅(正門1分咲き・コゲラの小径5分咲き・犀川下流左岸散り始め)
ヤブニンジン開葉
ユキヤナギ開葉



2017.2.24
ヤマシギ1羽(写真あり)(情報より)
ベニマシコ2羽(情報より)
トビ(交尾)(情報より)


2017.2.23
アリスイ1羽(犀川下流左岸)(写真あり)(情報より)


2017.2.22
アビ類70羽+(沖合い約700m 8時29分)
ウミアイサ♀タイプ3羽(普正寺橋下流約250m)
ウグイス1羽
キンクロハジロ1羽・ホシハジロ23羽(犀川橋〜普正寺橋)
大池のカモ類(カルガモ235羽・コガモ166羽・マガモ♂1羽・キンクロハジロ27羽・ヒドリガモ♂1羽・オナガガモ♂1羽)
オオバン(犀川下流7羽・大池2羽)
ハジロカイツブリ1羽(犀川下流)
カンムリカイツブリ8羽(犀川下流)
ジョウビタキ♂1羽
オナガ6羽(野鳥園跡地)
トビ(巣材運搬:枯れ枝約45cmを運搬)
カモメ類9羽(犀川河口)
ツグミ(第4駐車場2羽)
エナガ4羽+
ウ類(犀川中州0羽・金石西防波堤11羽)
アカゲラ♀(写真あり)(情報より)
白梅(犀川下流左岸 満開)


2017.2.21
ウミアイサ♀タイプ3羽(情報より)


2017.2.19
ウミアイサ♀タイプ3羽(普正寺橋下流約250m 10時23分)(3羽が近くで、羽づくろいしたり時々潜ったり)
ハジロカイツブリ1羽(犀川河口上流約150m)
ウ類(犀川中州0羽・犀川橋下流浅瀬1羽・金石西防波堤18羽)
カモメ類18羽+(犀川河口)
キンクロハジロ2羽・ホシハジロ6羽(犀川橋〜普正寺橋)
キンクロハジロ(大池17羽)
アカゲラ?1羽(声のみ)
オオバン(犀川下流8羽、大池2羽、金石港船溜り1羽)
カンムリカイツブリ6羽(犀川下流)
ツグミ(第4駐車場13羽)(地上で盛んに採食)
亜種ハチジョウツグミ1羽(普正寺橋右岸の畑)(情報より)
エナガ(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)
チュウヒ1羽(薄茶色のタイプ)(犀川下流の上空を南へ)(写真あり)(情報より)
白梅(犀川下流左岸9分咲き)


2017.2.18
ベニマシコ♂(写真あり)(情報より)
ウミアイサ♀1羽(普正寺橋下流150m 11時14分)(写真あり)(情報より)
ハジロカイツブリ2羽(犀川下流中州周辺 12時)(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)


2017.2.16
オオタカ幼鳥1羽(野鳥園跡地の西。アスファルト道をゆっくり歩いているネコ♂1匹(ヨモギ柄)の後ろから2回襲う。ネコの約1.5mと約0.5mに近づいたが、ネコが後ろに振り向くと急上昇。)
カモメ類35羽+(犀川河口)
シメ1羽
ツグミ(第4駐車場2羽)
ウ類(犀川中州0羽・金石西防波堤11羽)
ハシボソガラス(樹上でオニグルミの実をくわえて)(写真あり)(情報より)
ハジロカイツブリ1羽(犀川下流)
アトリ9羽(林間広場の地上で採食)
オオバン(大池1羽・犀川下流1羽)
カンムリカイツブリ3羽(犀川下流)
ベニヒワ6羽(ササゴイの池と犀川左岸間)(写真あり)(情報より)
ベニマシコ1羽(情報より)
アリスイ1羽(犀川下流左岸)(情報より)
ミヤマホオジロ(写真あり)(情報より)
白梅(犀川下流左岸8分咲き)
大池→ミシシッピアカミミガメ2匹、クサガメ1匹(カメ類初認)



2017.2.15
アリスイ1羽(犀川下流左岸)(写真あり)(情報より)
ベニヒワ6羽(ササゴイの池と犀川左岸間)(写真あり)(情報より)
ウソ♂2羽♀1羽(ポンプ室の北)(写真あり)(情報より)
キジ♂1羽♀5羽(13時頃に野鳥園跡地の樹上で)(写真あり)(情報より)
普正寺の森でも、まだ薄暗い早朝や夕方には、樹上で見かける事はありました。
図鑑やWikipediaでも樹上で観察されるのは夜間と記載されているのですが、昼間でも樹上で採食もすることもある様です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%82%B8
Wikipediaには「夜間に樹の上で寝ると記載されています。
http://www.forest-akita.jp/data/bird/07-kigi/kigi.html
「柿の実やガマズミの実を樹上で食べているのをよく見かける。」
http://blogs.yahoo.co.jp/akirataka184/33903270.html?__ysp=44Kt44K4ICAgICAg5qi55LiK
「一般にキジが生息する場所は地面の上が多いのかと思います。しかし、このキジは樹上の目立つところにじっとしていたのでした。」


2017.2.13
アカゲラ♂(写真あり)(情報より)
ジョウビタキ(写真あり)(情報より)


2017.2.12(すべて情報より)
ハシビロガモ
カワアイサ
ユリカモメ
オオセグロカモメ
ミサゴ
ノスリ
アカゲラ
アトリ
シメ


2017.2.11
カモメ類2羽(犀川河口)
オオバン(大池2羽・犀川下流0羽)
アトリ2羽
ダイサギ1羽(ササゴイの池の水面)
カンムリカイツブリ7羽(犀川下流)(2羽は換羽中)
キンクロハジロ(大池24羽)
キンクロハジロ4羽・ホシハジロ74羽(犀川橋〜普正寺橋)
ミヤマホオジロ5羽
ヨシガモ♂6羽♀6羽(犀川下流)
ウ類(犀川中州6羽(内、繁殖羽2羽)・金石西防波堤0羽)
イソヒヨドリ♀1羽(普正寺橋右岸)
ベニマシコ♂2羽(野鳥園跡地)(情報より)
白梅(犀川下流左岸6分咲き)


2017.2.10
アカゲラ♂(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)
ウソ4羽(情報より)
ベニマシコ♂2羽♀1羽(野鳥園跡地)(情報より)


2017.2.9
ハジロカイツブリ1羽(犀川下流)(情報より)


2017.2.8
アリスイ(写真あり)(情報より)
カンムリカイツブリ(マハゼ(別名カワギス)を飲み込む)(写真あり)(情報より)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%8F%E3%82%BC


2017.2.7
ベニマシコ(犀川下流左岸の2ヶ所で、4羽と3羽の群れ)(情報より)


2017.2.5
ミコアイサ♀タイプ1羽(大池)(犀川下流での情報もあります)
アリスイ1羽(犀川下流左岸 普正寺橋上流約200m)
オオバン(犀川下流7羽・大池1羽)
アトリ90羽+
ドバトの羽根が、三千坊跡で散乱
ノスリ1羽(ササゴイの池北のキリ高木の梢)
ウ類(犀川中州3羽・金石西防波堤0羽)
キンクロハジロ29羽・ホシハジロ62羽(犀川橋〜普正寺橋)
キンクロハジロ(大池14羽)
ツグミ(第4駐車場5羽)
アカゲラ♀1羽
カンムリカイツブリ4羽(犀川下流)
白梅(犀川下流左岸4分咲き)


2017.2.4(すべて情報より)
ベニヒワ6羽(大池の中ノ島)(写真あり)
ウミスズメ群れ
オオハム
オオタカ成鳥(飛翔)(写真あり)
ベニマシコ♂♀(写真あり)
ウソ(写真あり)


2017.2.3
ウソ♂3羽・♀2羽(大池の東)
ノスリ声1羽
オナガ7羽(野鳥園跡地)
カモメ類35羽(犀川河口)
シメ3羽
アトリ8羽
アカゲラ1羽
オオバン4羽(犀川下流)
カンムリカイツブリ7羽(犀川下流)
ウ類(犀川中州0羽・金石西防波堤5羽・大池の中ノ島1羽)
ツグミ(第4駐車場42羽)
ヨシガモ♂1羽♀1羽(犀川下流)
キンクロハジロ19羽・ホシハジロ34羽(犀川橋〜普正寺橋)
アオゲラ(情報より)
カワセミ♀(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
コゲラ♂(写真あり)(情報より)
ベニヒワ6羽(大池の南)(写真あり)(情報より)
ベニマシコ♂♀(犀川下流左岸)


2017.2.2
ハジロカイツブリ(写真あり)(情報より)
エナガ(写真あり)(情報より)
アトリ群れ(写真あり)(情報より)


2017.2.1
シジュウカラさえずり初認
ウ類(犀川中州1羽・金石西防波堤17羽・大池の中ノ島1羽)
ベニマシコ♂1羽・♀1羽(犀川下流左岸)
セグロセキレイ1羽
カモメ類7羽(犀川河口)
ミヤマホオジロ♂1羽♀3羽
メジロ3羽
オカヨシガモ♂1羽(大池)
キンクロハジロ13羽(大池)
キンクロハジロ15羽・ホシハジロ65羽(犀川橋〜普正寺橋)
ツグミ(第4駐車場38羽)
オオハムまたはシロエリオオハム8羽(普正寺海岸)
アカゲラ?1羽(声のみ)
オオバン(犀川下流2羽・大池2羽)
ジョウビタキ♀1羽
ウミウ2羽(普正寺海岸)
ヨシガモ♂6羽♀4羽(犀川下流)
カンムリカイツブリ6羽(犀川下流)
(普正寺の森の約800m東の大野湊神社で、ヤマシギ1羽を観察しました。普正寺の森にも来てくれるのではと期待しています。)


2017.1.29
オオハムまたはシロエリオオハム7羽(オオハム類130羽+の情報も)(普正寺海岸〜専光寺海岸)
オナガ4羽
ウ類(犀川中州羽・金石西防波堤21羽)
ウミウ繁殖羽1羽(普正寺海岸)(繁殖羽はウ類で初認)
カモメ類13羽+(犀川河口)
ツグミ(第4駐車場19羽)
オオバン(大池2羽・犀川下流3羽・金石港船溜り3羽)
ヨシガモ♂3羽♀2羽(犀川下流)
カンムリカイツブリ3羽(犀川下流)
アトリ25羽+
ヒヨドリ群れ51羽
アカゲラ?1羽(声のみ)
キンクロハジロ42羽・ホシハジロ73羽(犀川橋〜普正寺橋)
カシラダカ3羽+(情報より)
ウミアイサ♂1羽(情報より)
ウトウ3羽(情報より)(日付不明ですが100羽+の情報もあります)
ウミスズメ23羽(情報より)(日付不明ですが100羽+の情報もあります)
ミツユビカモメ1羽(情報より)(日付不明ですが20羽+の情報もあります)
アカエリカイツブリ(日付不明ですが数羽+の情報もあります)


2017.1.28
エナガ(写真あり)(情報より)
ノスリ(写真あり)(情報より)
カシラダカ(写真あり)(情報より)
ミヤマホオジロ(写真あり)(情報より)


2017.1.26
アトリ(写真あり)(情報より)
ジョウビタキ(写真あり)(情報より)


2017.1.23または24(普正寺地区環境調査より)
ヨシガモ
スズガモ
カワアイサ
ウミアイサ
ハジロカイツブリ

シロチドリ
タシギ
ハマシギ

オオセグロカモメ
ミサゴ
ノスリ
アオゲラ
ハヤブサ
ヒレンジャク

イソヒヨドリ
セグロセキレイ
アトリ
ベニヒワ
ベニマシコ
ウソ

シメ
イカル

カシラダカ


2017.1.20
ホオジロさえずり2羽(さえずり初認)
メジロ9羽
カモメ類22羽+(内、種カモメ2羽)(犀川河口)
ツグミ(第4駐車場5羽)
ミヤマホオジロ♂1羽
オオバン(大池2羽・犀川下流2羽)
カンムリカイツブリ1羽(犀川下流)
ウ類(犀川中州1羽・金石西防波堤18羽)
キンクロハジロ38羽・ホシハジロ42羽(犀川橋〜普正寺橋)
エナガ4羽(犀川下流)
アカゲラ1羽(情報より)
アトリ50羽+(林間広場)(写真あり)(情報より)
シロエリオオハムまたはオオハム6羽(普正寺海岸 10時41分)(写真あり)(情報より)
ハクチョウ類17羽(北から安原方面へ 10時51分)(写真あり)(情報より)
アリスイ1羽(犀川下流左岸:野鳥園跡地から犀川への通路 11時30分)(写真あり)(情報より)
オオタカ幼鳥1羽(写真あり)(情報より)
クロガネモチの実が、まったくなくなりました(野鳥園跡地)(1月18日には、まだ多くの実が付いていたので、一気に食べ尽されたようです。鳥類により実が遠くへ運ばれ分布を広げる事が出来、クロガネモチも鳥類に食べやすいサイズや好みの色の実を付けていたので、目的達成)


2017.1.19
ヒシクイ19羽(普正寺橋から北東へ飛翔 8時37分)
ミヤマホオジロ6羽
ウ類(犀川中州3羽・金石西防波堤17羽)
アトリ25羽+
ツグミ104羽(第4駐車場の地上 9時23分)(久々に100羽を超えました)
キンクロハジロ2羽・ホシハジロ42羽(犀川橋〜普正寺橋)
オオバン3羽(犀川下流)
カシラダカ2羽
カモメ類1羽(セグロカモメ幼鳥1羽)(犀川河口)
シメ1羽
カンムリカイツブリ4羽(犀川下流)


2017.1.18(積雪5cm)(今年は元日より12日まで積雪がなく、13〜18日には降雪により最高9cmになりました。それでも積雪のなかった頃より、今日は個体数も種類も多く鳥見を楽しめました。北海道や東北地方での積雪や餌の減少により、渡り個体が増加したのでは?)
ベニヒワ♂1羽♀タイプ1羽(林間広場)(林間広場で、6羽(内♂1羽)の情報もありました)
ノスリ1羽
アカゲラ♀1羽
ウ類(犀川中州0羽・金石西防波堤18羽)
オオバン(大池2羽→これまで大池では1羽のみの記録でした)(犀川下流左岸3羽→最近、人をあまり恐れない様になりました)
ヨシガモ♂6羽・♀5羽(犀川下流)
カンムリカイツブリ5羽(犀川下流)
ジョウビタキ♀1羽(犀川下流左岸)
ヒヨドリ渡り個体58羽など、多くを森で見かけました
オナガ4羽
シメ4羽
ミヤマホオジロ3羽
メジロ18羽
アトリ19羽(林間広場)(300羽+の情報も)
ベニマシコ♀1羽(犀川下流左岸)(写真あり)(情報より)
アビ類5羽+(アビの可能性もあり)(普正寺海岸)(初認)(情報より)
クロガネモチ(まだ、かなり実が多くあります。ツグミ1羽とシロハラ1羽が採食。ようやく実が食べられ始めました。)
カマイルカ約10頭(普正寺海岸沖約800m)(写真あり)(情報より)(2007年3月24日が普正寺海岸初記録で、2007年4月7日以来久々)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%AB
http://www.gem.hi-ho.ne.jp/aquaheart/aqua03.shtml
http://www.pz-garden.stardust31.com/kansi-yokusyu-kuzira-moku/kama-iruka.html


2017.1.17
ノスリ(情報より)


2017.1.15
カワセミ(情報より)


2017.1.14
カワセミ(情報より)
ウミアイサ♀1羽(普正寺橋 海は荒れていた)(情報より)


2017.1.12
ノスリ(情報より)
カワセミ(情報より)


2017.1.11
アカゲラ♂(写真あり)(情報より)


2017.1.10
オオタカ幼鳥(写真あり)(情報より)


2017.1.9
カワセミ♀1羽(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)


2017.1.8
カモメ類15羽(犀川河口)
ウ類(犀川中州4羽・犀川橋下流浅瀬3羽・金石西防波堤3羽)
マガモ♂1羽・♀1羽(大池)
コガモ♂110羽・♀56羽(大池)(大池や犀川下流のコガモでは、冬期に♂の生殖羽が♀に対して1.5〜2倍程と多くなります。今朝も多くのコガモの♂生殖羽の個体を見かけました。)
カルガモ174羽(大池)
ホシハジロ♂1羽(大池)
オオバン(大池1羽・犀川下流4羽)
メジロ3羽
ツグミとヒヨドリは、個体数が少なくなっている印象です(今朝も積雪はなく、個体数減少と積雪は関係ない様です。好みの果実の減少?気温が下がってきたため?)
ハクチョウ類65羽(8時38分 ササゴイの池上空を北東へ。50羽以上の群れは久々)
キンクロハジロ11羽・ホシハジロ36羽(犀川橋〜普正寺橋)
ヒドリガモ(5羽いた♂は、すべて成鳥でした)
カンムリカイツブリ1羽(犀川下流)
カモメ1羽(犀川下流上空)
ヨシガモ(情報より)
アカエリカイツブリ(情報より)
ミサゴ(情報より)
オオタカ(情報より)
トベラ(多くの実は裂開し、赤橙色の種子が見られます)
犀川下流で最近釣り人は少なく、今日も見掛けませんでした。



2017.1.7
アカゲラ♀(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)


2017.1.6
ウ類(犀川中州0羽・金石西防波堤23羽)
カンムリカイツブリ5羽(犀川下流)
アカゲラ1羽
キンクロハジロ4羽・ホシハジロ26羽(犀川橋〜普正寺橋)
メジロ(情報より)
ヨシガモ4羽(犀川下流)(情報より)
ウソ2羽(情報より)
ハイタカ1羽(情報より)
カワセミ♀1羽(ササゴイの池)(情報より)
ソウシチョウ?2羽の情報がありました。10時頃、ポンプ小屋の北側の小径。地上約50cmを行ったり来たり。撮影はされていません。
(ソウシチョウは普正寺の森では2016年5月21日に、小川で1羽の情報(写真あり)があります)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%82%A6%E3%82%B7%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6


2017.1.5
オジロビタキ♀タイプ1羽(写真あり)(情報より)


2017.1.2
ツグミ群れ8羽
ヒヨドリ群れ35羽+
ウ類(犀川中州0羽・金石西防波堤8羽)
ヨシガモ♂3羽♀1羽(犀川下流)
カンムリカイツブリ3羽(犀川下流)
カモメ類130羽+(犀川河口)
アカゲラ?1羽(声のみ)
オオバン(犀川下流3羽・金石港船溜り1羽)
キンクロハジロ4羽・ホシハジロ2羽(犀川橋〜普正寺橋)
エナガ数羽(情報より)
オオタカ幼鳥1羽(小川で水浴び)(写真あり)(情報より)


2017.1.1
アカゲラ♀1羽
ツグミ群れ11羽
カモメ類30羽(犀川河口)
ミヤマホオジロ♂1羽(大池の東)
カンムリカイツブリ4羽(犀川下流)
キンクロハジロ6羽・ホシハジロ1羽(犀川橋〜普正寺橋)
ウ類(犀川中州0羽・犀川橋下流浅瀬1羽・金石西防波堤19羽)
ヨシガモ♂1羽♀1羽(犀川下流)
オオバン1羽(犀川下流)
シメ(写真あり)(情報より)
オジロビタキ1羽(情報より)




【2016年の普正寺の森の、野鳥の記録は167種でした。
1990年以降、最も多かった年間の記録は2011年の172種で、2016年は3番目に多い記録です。
特に、チドリ目チドリ科は1990年以降では、最も多い19種を記録しました。
また、スズメ目のヒタキ科〜ホオジロ科が、4番目に多い46種なのが印象的です。
そして、地上などを利用した種も132種で、3番目に多い記録でした。】

【2016年に、期待されているのですが、まだ記録のない種は、以下の通りです。
観察されていましたら、ご連絡をお願い致します。  
マガン・ウミアイサ・アカエリカイツブリ・クロサギ・アオアシシギ・クサシギ・チゴハヤブサ】



2016.12.31
オジロビタキ♀タイプ1羽(情報より)
ベニヒワ7羽(情報より)


2016.12.30
ノスリ(情報より)


2016.12.28
オジロビタキ♀タイプ1羽(写真あり)(情報より)


2016.12.26
オジロビタキ♀タイプ1羽(写真あり)(情報より)
ベニヒワ(写真あり)(情報より)


2016.12.25
アトリ2羽
アカゲラ♂1羽(♀の情報も)
ウ類(犀川中州7羽・金石西防波堤0羽)
カンムリカイツブリ2羽(犀川下流)
ツグミ(第4駐車場16羽)(今冬は、ツグミが多いのですが、第4駐車場周辺での10羽以上の群れは初)
エナガ1羽
オオバン4羽(犀川下流)(以前よりあまり人を恐れない様になりました)
アオゲラ♂1羽(情報より)
シメ(情報より)
オジロビタキ♀タイプ1羽(写真あり)(情報より)
ベニヒワ数羽(写真あり)(情報より)


2016.12.24
カワセミ(写真あり)(情報より)
トモエガモ♂2羽(犀川中州周辺)(写真あり)(情報より)
アリスイ1羽(犀川下流左岸)(写真あり)(情報より)
オジロビタキ♀タイプ1羽(写真あり)(情報より)
ベニヒワ1羽(写真あり)(情報より)


2016.12.22
ノスリ(情報より)


2016.12.21
オナガ10羽(柿の実を食べていました)
アカゲラ♂1羽
メジロ3羽
ヒヨドリの群れ40羽+
ウ類(犀川中州1羽・金石西防波堤0羽)
カンムリカイツブリ3羽(犀川下流)
キンクロハジロ4羽・ホシハジロ6羽(犀川橋〜普正寺橋)
アカモズの小径の地上で、同時に採食していました(アトリ7羽・カシラダカ2羽・ホオジロ♂2羽・ミヤマホオジロ5羽・ジョウビタキ♀1羽)


2016.12.20
ノスリ(情報より)


2016.12.19
シメ5羽
ウ類(犀川中州0羽・金石西防波堤19羽)
イソヒヨドリ1羽(テトラポッド)
キンクロハジロ18羽・ホシハジロ0羽(犀川橋〜普正寺橋)
オナガ2羽
ノスリ成鳥1羽(ササゴイの池)
カンムリカイツブリ5羽(犀川下流)
オオバン1羽(犀川下流)


2016.12.18
ミサゴ1羽(水田の木杭高さ約1.5mの上)
ウ類(犀川中州3羽・犀川橋下流浅瀬1羽・金石西防波堤14羽)
ヒヨドリ賑やか(特に、エノキの小径で)
ヨシガモ♂2羽♀タイプ1羽(犀川下流)
オオバン7羽(犀川下流)
ミヤマホオジロ(プールの北6羽・小川2羽)
ツグミ群れ6羽
キンクロハジロ21羽・ホシハジロ40羽(犀川橋〜普正寺橋)
カンムリカイツブリ5羽(犀川下流)
オジロビタキ♀タイプ1羽(写真あり)(情報より)
ベニヒワ8羽(♂1羽+ 林間広場の南)(写真あり)(情報より)
アカゲラ(情報より)
アオゲラ♂1羽(情報より)
シメ(情報より)
オオタカ(情報より)
エナガ(写真あり)(情報より)
ミヤマホオジロ(情報より)
メジロ(情報より)
ジョウビタキ♀(情報より)


2016.12.16
アリスイ1羽(犀川下流左岸:三差路より下流)(情報より)
ウソ3羽(コゲラの小径)(情報より)


2016.12.14
ノスリ(情報より)
オナガ(情報より)


2016.12.12
ベニヒワ8羽(♂1羽+も)(10時10分 林間広場のあずま屋周辺でカワラヒワと混群)(写真あり)(情報より)
アカゲラ(写真あり)(情報より)


2016.12.11
ミコアイサ(情報より)
カンムリカイツブリ(情報より)
オオタカ(情報より)
ノスリ(情報より)
アカゲラ(情報より)
エナガ(情報より)
メジロ(情報より)
ジョウビタキ(情報より)
ウソ(情報より)
シメ(情報より)


2016.12.10
カワセミ(情報より)


2016.12.8
シメ群れ(写真あり)(情報より)
オジロビタキ♀タイプ1羽(写真あり)(情報より)


2016.12.7
ウ類(犀川中州8羽・金石西防波堤12羽)
ヒヨドリ多くにぎやか(特に水車小屋周辺)
オオバン12羽(犀川下流)
ウグイス2羽
キツツキ類のドラミング1羽(小川)
キンクロハジロ5羽・ホシハジロ4羽(犀川橋〜普正寺橋)
カンムリカイツブリ1羽(犀川下流)
アカゲラ♂♀(写真あり)(情報より)
エナガ(写真あり)(情報より)
オナガ群れ(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)
ノスリ(情報より)
コマユミ実は多く残っていました


2016.12.5
ミヤマホオジロ♂1羽
ツグミ30羽+(アカモズの小径)
ウソ♂1羽・♀4羽(コゲラの小径)
ウグイス1羽
キンクロハジロ9羽・ホシハジロ0羽(犀川橋〜普正寺橋)
ミサゴ1羽
メジロ8羽
エナガ1羽
カンムリカイツブリ1羽(犀川下流)
オオバン2羽
オジロビタキ1羽(エノキの小径・小川では水浴び)(写真あり)(情報より)(亜種ニシオジロビタキと思われます。)

(ニシオジロビタキは、最新版である日本鳥類目録改訂第7版では、種として記載されていません。
ただし、オジロビタキFicedula albicillaの亜種ではなく、別種ニシオジロビタキFicedula parvaとして検討中。「検討中の種・亜種」のリストに掲載されています。)
http://ornithology.jp/katsudo/Publications/checklist7_contents_updated/OSJ_63_2014-2.pdf
http://www.hira-birding.info/mokuroku7/76hitaki.html
http://www.weblio.jp/wkpja/content/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E9%87%8E%E9%B3%A5%E4%B8%80%E8%A6%A7_%E6%A4%9C%E8%A8%8E%E4%B8%AD%E3%81%AE%E7%A8%AE%E3%83%BB%E4%BA%9C%E7%A8%AE

≪オジロビタキとニシオジロビタキの違い≫

●「BIRDER 2011年6月号」p50  
◇オジロビタキ(尾白鶲 学名:Ficedula albicilla 英名:Taiga Flycatcher)
・地鳴きは、細かいトリル(震える音)が連続した「ジジジジ…」「ジリリリ…」といった乾いた機械的な感じの声で、平たい櫛の歯に指を立てて引っかいたときに出る音に似ている。
1節が10声以上で構成され、速く細かいトリルで鳴いている。
・上下嘴ともに黒く、体色はニシに比べ暗色。喉は白く、灰褐色の胸とのコントラストがあり、ルリビタキの雌を思わせる。
わずかに見える最長上尾筒は漆黒色(jet-black)で、中央尾羽より濃い。

◇ニシオジロビタキ(西尾白鶲 学名:Ficedula parva 英名:Red-Breasted Flycather)
・地鳴きは、オジロビタキに比べトリルの間隔が空くのが特徴で、「(ビ)ティティティ…」「ティキティキティキ……」と少し柔らかい声である。
1節が46声で構成され、トリルの間隔が空くのが特徴。
・下嘴の基部は淡色で、体色はオジロビタキより暖かみがある。胸はバフ色味が強く、淡色の喉とのコントラストはオジロビタキほどではない。
最長上尾筒がこの個体のように黒いものもいるが、通常は灰黒色味や褐色味を帯びていて、中央尾羽より淡い。

※双方の聞き分けは慣れれば難しくなく、声による識別は非常に有効だ。
※両種とも春秋に通過し、秋期では9月の渡来当初はオジロビタキが目につくが、徐々にニシも増えはじめ、10月中旬以降に見られるのはほとんどニシになる傾向にあった。越冬個体についても、過去の記録を含めて検証したところ、ほとんどニシという結果であった。


●「日本の野鳥650」  
◇オジロビタキの雄は、腮から喉が橙色で、顔から側胸、喉の周囲は灰色。
雌や第1回冬羽では、ニシオジロビタキより、体下面がやや暗い灰褐色。雌雄とも下嘴が黒色。p645

◇ニシオジロビタキの雄は、腮から上胸にかけて橙色で、顎線から側胸、脇にかけて灰色みがある。上尾筒はオリーブ褐色で、最長上尾筒は灰黒色で、尾羽の黒色よりも黒みがない。
雌や第1回冬羽では、オジロビタキより、体下面が明るい淡褐色。雌雄とも下嘴が淡黄褐色。p644


●参考サイト
http://www.birder.jp/featureprograms/2011-06/2011-06.htm
BIRDER2011年6月号p50 オジロビタキとニシオジロビタキの地鳴きの違い

http://www.bioline.org.br/pdf?zr08050
http://www.xeno-canto.org/species/Ficedula-parva?view=3&pg=2
http://www.xeno-canto.org/species/Ficedula-albicilla
http://www.birder.jp/featureprograms/2011-06/2011-06.htm
http://seichoudoku.at.webry.info/201104/article_13.html
http://www.bioline.org.br/abstract?zr04022
http://www.bioline.org.br/pdf?zr08050
http://cache.yahoofs.jp/search/cache?c=rCagBGiV-o0J&p=%22%E3%83%8B%E3%82%B7%E3%82%AA%E3%82%B8%E3%83%AD%E3%83%93%E3%82%BF%E3%82%AD%22&u=maroleopie.blog118.fc2.com%2Fblog-entry-323.html
http://cache.yahoofs.jp/search/cache?c=BS24W_4s5_EJ&p=%22%E3%83%8B%E3%82%B7%E3%82%AA%E3%82%B8%E3%83%AD%E3%83%93%E3%82%BF%E3%82%AD%22&u=www.birdlover.jp%2Fmodules%2Fd3blog%2Findex.php%3Fcid%3D192
http://walkandsee.blog80.fc2.com/blog-entry-378.html
https://en.wikipedia.org/wiki/Taiga_flycatcher
https://en.wikipedia.org/wiki/Red-breasted_flycatcher



2016.12.4
アカゲラ♀1羽
オオバン11羽(犀川下流)
イソヒヨドリ♀タイプ1羽(テトラポッド)
ツグミ15羽+の群れ
オオタカ1羽(大池から南へ。ヒヨドリ大騒ぎ)
シメ1羽(3羽の情報も)
メジロ5羽
キンクロハジロ6羽・ホシハジロ3羽(犀川橋〜普正寺橋)
カモメ類14羽(犀川河口)
アトリ16羽
カンムリカイツブリ2羽(犀川下流)
ウグイス1羽
ウソ♂1羽・♀5羽(エノキの小径)
ミヤマホオジロ3羽(情報より)
ジョウビタキ(情報より)
エナガ(情報より)
オジロビタキ♀タイプ1羽(ポンプ室の東やコゲラの小径)(写真あり)(情報より)(2羽の情報も)
ノスリ(情報より)
アオゲラ♂(写真あり)(情報より)
キクイタダキ(情報より)
カワセミ(情報より)


2016.12.3
オジロビタキ♀タイプ1羽(10時59分 エノキの小径)
オオタカ♀成鳥1羽(ササゴイの池北の松の梢。ハシブトガラスに脅され飛び立つ)
オオバン8羽(犀川下流)
ミヤマホオジロ♀1羽
ウ類(金石西防波堤16羽)
キンクロハジロ5羽・ホシハジロ4羽(犀川橋〜普正寺橋)
ウグイス1羽
ダイサギ1羽(犀川下流)
カモメ類2羽(犀川河口)
カンムリカイツブリ2羽(犀川下流)
ジョウビタキ(情報より)
アトリ10羽+(情報より)
ウソ4羽(情報より)
カワセミ♀1羽(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
コナラ黄葉
大池→ミシシッピアカミミガメ3匹、クサガメ1匹



2016.12.2
ウソ数羽(写真あり)(情報より)
アトリ10数羽(写真あり)(情報より)
オジロビタキ1羽(情報より)


2016.12.1
カワセミ(情報より)


2016.11.30
ノスリ(写真あり)(情報より)
ミヤマホオジロ(写真あり)(情報より)


2016.11.29
ジョウビタキ♀(写真あり)(情報より)


2016.11.28
ルリビタキ♀タイプ(写真あり)(情報より)
シメ(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)


2016.11.27
オオバン6羽(犀川下流)
ミヤマホオジロ♂1羽(プールの北)
カシラダカ1羽(プールの北)
ツグミ22羽(プールの北)
ハマベノギク実と花
ヤブツバキ花
ダイサギ1羽(ササゴイの池)
キンクロハジロ0羽・ホシハジロ8羽(犀川橋〜普正寺橋)
ウ類(犀川中州17羽)
カンムリカイツブリ1羽(犀川下流)


2016.11.26
オジロビタキ♀タイプ1羽(12時37分 ササゴイの池観察舎前 今年初記録)(写真あり)(情報より)(オジロビタキは、1990年以降の27年間では7年に記録があります。今年の普正寺の森の記録は163種にもなっています。また、普正寺の森を利用した種も131種になりました。これまでの3番目に多い記録です。)
ウソ♂3羽・♀3羽(犀川下流左岸)(写真あり)(情報より)
ミコアイサ♀タイプ1羽(犀川中州周辺)(写真あり)(情報より)
カワセミ♀1羽(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
キジバト(1羽の上嘴が大きく変形し、採食できない印象。左目下の羽も変形あり)(ポンプ室)(写真あり)(情報より)


2016.11.23
ツグミ40羽+(プールの北)
カンムリカイツブリ1羽(犀川下流)
ウ類(犀川中州14羽)
アカゲラ♀1羽(♂の情報も)
オオバン4羽(犀川下流)
キンクロハジロ2羽・ホシハジロ7羽(犀川橋〜普正寺橋)
ルリビタキ♀タイプ(写真あり)(情報より)
エナガ(写真あり)(情報より)
エノキの落ち葉非常に多い
トベラ(実が裂開し、赤橙色の種子が見られます)



2016.11.22
アカゲラ?1羽(声のみ)
オナガ2羽
ウ類(犀川中州4羽)
キンクロハジロ4羽・ホシハジロ4羽(犀川橋〜普正寺橋)
カンムリカイツブリ2羽(犀川下流)
オオバン4羽(犀川下流)
ウソ数羽(写真あり ♂が撮影されていました)(情報より)
大池→ミシシッピアカミミガメ1匹


2016.11.21
メジロ5羽
大池→カルガモ219羽・コガモ35羽・マガモ♂1羽♀2羽
カイツブリ非繁殖羽1羽(大池)
カンムリカイツブリ2羽(犀川下流)
ツグミ8羽
ハマベノギク実と花
アオギリ枯葉



2016.11.20
カワセミ♀1羽(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
アオゲラ♂1羽(今年初記録)(情報より)


2016.11.18
ノスリ幼鳥(樹上)(写真あり)(情報より)
オナガ(写真あり)(情報より)
キレンジャク1羽(写真あり)(情報より)(今年初記録)
ヒレンジャク1羽(情報より)
ミコアイサ♀タイプ2羽(犀川下流)(写真あり)(情報より)
アカゲラ♂(写真あり)(情報より)


2016.11.16
ミコアイサ♀タイプ(写真あり)(情報より)
マミチャジナイ(写真あり)(情報より)


2016.11.14
シメ(写真あり)(情報より)
ミヤマホオジロ(写真あり)(情報より)


2016.11.13
ウグイス5羽
ツグミ12羽の群れも
ミヤマホオジロ♂3羽
エナガ2羽
トラツグミ1羽(野鳥園跡地の南西)
オナガ5羽
カンムリカイツブリ1羽(犀川下流)
キンクロハジロ5羽・ホシハジロ0羽(犀川橋〜普正寺橋)
オオバン2羽(犀川下流)
イソヒヨドリ♀タイプ1羽(テトラポッド)
アカゲラ?1羽(声のみ)
マミチャジナイ2羽(10日に比較すると、かなり少なくなりました)
700羽+の小鳥の群れ(7時4分に、砂丘からエノキ小径辺りの広い範囲を、一気に南西方向へ渡って行きました。
逆光方向からの観察なので種を確認できたのはアトリ5羽のみですが、シルエットから多くはアトリ類だと思います。
8時43分にも100羽+が南西へ(野鳥園跡地の西側)。)

ハシビロガモ(情報より)
ハジロカイツブリ(情報より)
ミサゴ(情報より)
ジョウビタキ(情報より)
セグロセキレイ(情報より)
ルリビタキ♀タイプ(写真あり)(情報より)
カワセミ♀1羽(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
ノスリ幼鳥1羽(写真あり)(情報より)
カラスバト1羽(今年初記録)(写真あり)(情報より)
ナワシログミ花
サクラ類、紅葉散り盛ん
ヤマコウバシ黄葉
ツタ広葉

カニ情報→アカテガニ(15時43分に野鳥園跡地と三千坊跡の中程に2匹)


2016.11.12
カワセミ(情報より)
ノゴマ♀タイプ(情報より)


2016.11.11
ジョウビタキ♀(写真あり)(情報より)
オナガ(写真あり)(情報より)
メジロ(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)


2016.11.10(今日の野鳥は53種)
キジ♂4羽・♀1羽(写真あり)(情報より)(♂1羽の右脚には、環境省標識調査用足環がありました。足環のあるキジは最近では情報がありませんでした。)
ヒドリガモ
マガモ(21羽は森上を飛翔)
カルガモ
コガモ
ホシハジロ
キンクロハジロ
ミコアイサ♀タイプ2羽(犀川下流)(2014年3月11日以来)
カイツブリ非繁殖羽1羽(犀川下流)
カンムリカイツブリ3羽(犀川下流)
キジバト
カワウ1羽+(ウ類:犀川中州7羽)
アオサギ1羽(情報より)
ダイサギ1羽(犀川下流)
オオバン4羽(犀川下流)
ケリ2羽(水田)
ウミネコ
セグロカモメ
ミサゴ1羽(情報より)
トビ
ノスリ1羽(30分以上、森上で帆翔していました。)
カワセミ♀1羽(ササゴイの池)
コゲラ
アカゲラ
モズ
オナガ(情報より)
ハシボソガラス
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
エナガ
メジロ群れ
ムクドリ
クロツグミ(水車小屋 14時46分)(情報より)
マミチャジナイ多い(今朝は渡りではなく、樹上で良く見掛けました)
シロハラ
ツグミ
ルリビタキ♂1羽・♀タイプ(情報より)
ジョウビタキ♀1羽
イソヒヨドリ♀タイプ1羽
ムギマキ1羽(水車小屋から三千坊跡間 10時前)
スズメ
ハクセキレイ
セグロセキレイ1羽(小川)
アトリ2羽
カワラヒワ26羽(林間広場で盛んに採食)
マヒワ1羽(カワラヒワと一緒の群れで採食)
ベニヒワ♀タイプ2羽・性別不明1羽(ポンプ室周辺)(写真あり)(情報より)
シメ
ホオジロさえずり1羽
ミヤマホオジロ♂2羽♀1羽
アオジ♂1羽♀タイプ1羽

(他に、また聞きですが、カワアイサの情報もありました。)
ヤマコウバシ黄葉きれい
センニンソウのヒゲ広がる

大池→ミシシッピアカミミガメ1匹


2016.11.8
アトリ渡り220羽+
アカゲラ?1羽(声のみ)
マミチャジナイやツグミの群れ(最大で30羽)を所々で見かけました。通過個体だけではなく、樹上でも。
ミヤマホオジロ1羽(情報より)
ベニマシコ1羽(情報より)
ルリビタキ♀タイプ(写真あり)(情報より)
カンムリカイツブリ2羽(犀川下流)(激しく争い。冬縄張りのための争いでしょうか?繁殖のための縄張り争い?以前の様に、犀川の中州での営巣を期待しています。)
カワセミ(情報より)
ホオジロガモ1羽(犀川下流 11月7日または8日)(写真あり)(情報より)(本年初記録)(普正寺地区環境調査)
ヒシクイ2羽(普正寺浜上空 11月7日または8日)(2013年11月17日14羽以来久々)(写真あり)(情報より)(本年初記録)(普正寺地区環境調査)
ツルウメモドキ実橙色
ツタ紅葉



2016.11.7(静かな寂しい森でした。今後の雨天の翌日に期待しています。)
ウ類(犀川中州0羽・金石西防波堤19羽)
セグロセキレイ1羽
ウグイス1羽
イソヒヨドリ♂幼鳥1羽
エナガ2羽
オオバン2羽(犀川下流)
アカゲラ(情報より)
オカヨシガモ(情報より)
ノスリ(写真あり)(情報より)
キクイタダキ(写真あり)(情報より)
ハヤブサ1羽(情報より)
ノスリ1羽(情報より)
チョウゲンボウ1羽(情報より)
オオタカ1羽(情報より)
ルリビタキ♂成鳥1羽・♀タイプ1羽(二天橋)(写真あり)(情報より)
コマドリ2羽(写真あり)(情報より)
大池→ミシシッピアカミミガメ3匹、クサガメ2匹(黒色型1匹)


2016.11.6
ハヤブサ幼鳥1羽(6時57分 犀川河口の砂浜でドバトにあと1m程に近づくが失敗。次に、河口水面にいるヒドリガモの群れを狙うが失敗し、かないわ病院の西へ)
ノスリ1羽(6時7分飛翔 8時00分にはササゴイの池西の樹上)
ハマシギ1羽(5時52分 普正寺浜南)
ダイゼン2羽(6時2分 普正寺浜南 砂浜にある流木の横で動かずにいました。)
イソヒヨドリ♀タイプ1羽
トビ5羽
キンクロハジロ0羽・ホシハジロ7羽(犀川橋〜普正寺橋)
スズメ120羽+
モズ♂1羽♀1羽
オカヨシガモ♂1羽(大池)
ヒドリガモ(大池にも♀タイプ1羽)
メジロ5羽
オナガガモ♀タイプ2羽(犀川下流)
ウ類(犀川中州3羽)
ジョウビタキ♀1羽
オナガ3羽
セグロセキレイ1羽(プールの南)
マミチャジナイ2羽
オオバン3羽(犀川下流)
ツグミ1羽
亜種ハチジョウツグミ1羽(二天橋 この亜種は初認)(写真あり)(情報より)
キマユムシクイ1羽(水車小屋西)(情報より)

(今日も小鳥が多く渡るかと思い、5時47分〜6時29分に普正寺の森と専光寺の森の境にある防風壁で観察。また、7時15分〜8時53分の普正寺の森のセンサス時にも、渡り個体に注意しながら観察していました。しかし、昨日とはまったく違い1羽も渡り個体はいませんでした。)


2016.11.5(今日の野鳥は54種)
(今日の種類数はまだ少ないと思っていたのですが、50種を超え意外でした。そして、早朝の小鳥の個体数の多さには驚きました。毎年、秋に今日と同じコースを、小鳥類は多く渡るのですが、これほど多い個体は初めてです。ただ、森には下りずに、普正寺の森上空を通過して、南西に続いているの黒松林へ向かって行きます。今日早朝に、普正寺の森から約5km北東の粟崎町(金沢市粟崎町の大浜信号機の西)でも、小鳥たちが多く普正寺の森方面へ渡っていたと伺いました。)
(今朝は、どこまで飛び続けるのでしょう?福井?関西?そして、秋は特に一気に、長距離を渡る個体も多いのかも?昨夜から飛び続けている個体が多いのかも?昨夜、飛び立ったのは東北?北海道?ロシア沿海地方?)
(札幌では、11月5日7時に1cmの降雪、11月6日9時には23cmの積雪。次のサイトには記録的な大雪だった事が掲載されています。「11月上旬に20センチ以上の雪が降るのは、統計開始以来、初めてのことです。」http://www.tenki.jp/forecaster/diary/kazuya_mori/2016/11/06/58031.html)

小鳥類(スズメ大)の渡り5,500羽+(7時53分〜8時29分の短時間の観察ですが、次々と渡って行きました。)(逆光で多くは種不明ですが、アトリは観察されました。他に、マヒワ?やカシダタカ?)(渡りのコースは海岸線より約100〜200m(健民海浜プール周辺上空)が多く、高さ約20〜40mを鳴きながら渡って行きました。幅約400mに広がる、最大約800羽の大群もありました。)

ツグミ類の渡り250羽+(ツグミ25羽+は観察出来ました。)
メジロ渡り300羽+
ヒヨドリ渡り194羽

5,500+250+300+194≒6,200羽(渡りの小鳥の合計)(500m以上、秋は南方面へ飛翔した個体を、渡り個体としました。)

キジ♀3羽(二天橋の西)
ヒドリガモ(堤防の犀川側にも14羽)
マガモ
カルガモ
コガモ
ホシハジロ
キンクロハジロ
カワアイサ♀タイプ1羽(7時59分 普正寺海岸 300m沖合いを南西へ)(今年初記録)
カイツブリ1羽(頬に、まだ若干赤みあり)(犀川下流)
カンムリカイツブリ非繁殖羽2羽(犀川下流)
キジバト
カワウ(6時18分にウ類16羽が犀川下流上空から南へ。中州をネグラにしている印象でした。9時24分には中州の樹上に13羽。)
アオサギ1羽
オオバン5羽(犀川下流)
ケリ3羽(水田)
ダイゼン2羽(6時26分 普正寺浜南 砂浜で盛んに採食)
ハマシギ2羽(6時26分 普正寺浜南)
ウミネコ1羽
セグロカモメ4羽
ミサゴ1羽(樹上)
トビ
ノスリ1羽(情報より)
カワセミ♀1羽(ササゴイの池)(情報より)
コゲラ
アカゲラ1羽(♂1羽♀1羽の情報も)
チョウゲンボウ1羽(かないわ病院西の鉄塔。この鉄塔では久々)
モズ♀1羽
オナガ3羽
ミヤマガラス2羽+(8時51分 正門上空を南西へ)(今年初記録)(他にカラス類7羽+がいたのですが、後ろ姿のみで種不明です)
ハシボソガラス2羽
ハシブトガラス3羽
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス2羽
エナガ1羽
メジロ
ムクドリ
マミチャジナイ
シロハラ
イソヒヨドリ♂1羽
ムギマキ1羽(情報より)
スズメ6羽
ハクセキレイ
アトリ
カワラヒワ
マヒワ(情報より)
ベニマシコ♂1羽(林間広場の南)(写真あり)(情報より)
シメ16羽(飛翔)
イカル3羽(林間広場の南)(情報より)
ホオジロ
カシラダカ6羽(初認)(プールの北)
ミヤマホオジロ7羽(二天橋西)
アオジ♂♀(写真あり)(情報より)

ウタツグミ?の写真による情報を頂きました。11月5日に二天橋にて撮影されています。
クロツグミ♀は脇や胸にも、少し赤みがあります。しかし、撮影個体には赤みは見当たりません。
ただ、2種の大きな違いである下雨覆の色は不明です。
【ウタツグミ】
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%BF%E3%83%84%E3%82%B0%E3%83%9F
http://maroleopie.blog118.fc2.com/blog-entry-388.html
http://blog4.santana.pupu.jp/?cid=463
http://www.birdfan.net/pg/kind/ord17/fam1711/spe171135/
日本国内におけるウタツグミSong Thrush Turdus philomelosの初標識記録
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jbba/26/1/26_00059/_article/references/-char/ja/

【クロツグミ】
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%84%E3%82%B0%E3%83%9F
http://www.birdfan.net/pg/kind/ord17/fam1711/spe171125/
http://blogs.yahoo.co.jp/nawshica/11467174.html

ヤツデ開花
ツワブキ満開
ブタナ花
ヤブコウジ実赤色
ノイバラ実赤色
マユミ実赤色

赤とんぼ30頭+(犀川下流左岸)
大池→ミシシッピアカミミガメ2匹、クサガメ1匹



2016.11.4
オオタカ幼鳥(写真あり)(情報より)
マミチャジナイ幼鳥(写真あり)(情報より)
キマユムシクイ1羽(情報より)


2016.11.3
11月2日も、あまり鳥は多くなかったと伺いました。
今日、雨上がりの11時頃から約2時間、森で観察したのですが、まだ少ない状態でした。
10日間天気予報では、11月8〜9日に次の気圧の谷が通過し、10日には晴れマークがあり最低気温は3度まで下がる予報。
11月10日頃にピークがありそうですが?
http://www.tenki.jp/forecast/4/20/5610/17201.html

キマユムシクイ1羽(水車小屋)
ヒドリガモ♂1羽♀タイプ4羽(犀川下流)
オナガガモ♂1羽♀タイプ5羽(犀川下流)
エナガ7羽
アカゲラ♂1羽♀1羽
アトリ11羽
ミサゴ1羽
ケリ1羽(水田)
カワセミ♀1羽(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)


2016.11.2
アカゲラ(写真あり)(情報より)
ダイサギ5羽(写真あり)(情報より)
キマユムシクイ1羽(水車小屋)(写真あり)(情報より)
マヒワ3羽(情報より)
クロジ♂1羽♀1羽(情報より)
ミヤマホオジロ(情報より)
マミチャジナイ(情報より)
「金沢地方気象台は2日、白山で初冠雪を観測したと発表した。
観測記録が残る1902(明治35)年以降で4番目に遅い初冠雪となり、昨年より19日遅く、平年より16日遅かった。」北國新聞より

http://www.hokkoku.co.jp/subpage/E20161102001.htm


2016.10.31
ヒレンジャク1羽(水車小屋 12時10分頃には水浴びも)(写真あり)(情報より)
ミヤマホオジロ(写真あり)(情報より)
エナガ群れ(写真あり)(情報より)
キマユムシクイ1羽(水車小屋)(写真あり)(情報より)
アカゲラ♂♀(コゲラの小径で、ハゼノキの実を貯蔵)(写真あり)(情報より)
エゾビタキ(コゲラの小径)(写真あり)(情報より)
ムギマキ(水車小屋)(情報より)
アトリ(水車小屋)(情報より)
マミチャジナイ(水車小屋)(情報より)
クロツグミ(水車小屋)(情報より)
ミサゴ(情報より)
セグロセキレイ(情報より)
ウグイス(情報より)
イソヒヨドリ(健民海浜プール)(情報より)
コマドリ(水車小屋 16時35分に水浴び)(情報より)
シメ(情報より)
ツグミ(情報より)
カワセミ(情報より)
ノスリ(情報より)


2016.10.30
イソヒヨドリ♂1羽
オオバン2羽(犀川下流)
ウ類(犀川中州14羽・金石西防波堤2羽)
カモメ類1羽(ウミネコ)(犀川河口)
カンムリカイツブリ非繁殖羽2羽(犀川下流)
ダイサギ1羽
ヒヨドリ多い
ムギマキ♀タイプ1羽(水車小屋)(♂幼鳥1羽や5羽+の情報も)
クロツグミ♂1羽♀1羽(情報より)
マミチャジナイ5羽+(情報より)
マヒワ5羽(情報より)
ルリビタキ♀タイプ1羽(コゲラの小径や水車小屋)(初認)(写真あり)(情報より)
メボソムシクイ上種(コゲラの小径)(写真あり)(情報より)
コマドリ(水車小屋)(16時20分頃小川で水浴び)(写真あり)(情報より)
エナガ(情報より)
アトリ(水車小屋周辺)(情報より)
ツグミ(情報より)
クロツグミ(水車小屋周辺)(情報より)
マミチャジナイ(水車小屋周辺10羽+の群れで飛翔)(情報より)
アカゲラ(情報より)
カワセミ♀(情報より)
ノスリ(情報より)
ミサゴ(ササゴイの池)(情報より)
オナガ(情報より)
キセキレイ(水車小屋)(情報より)
セグロセキレイ(情報より)
ヒレンジャク1羽(初認)(水車小屋 水浴び)(情報より)
シロダモ満開・実も赤色
http://www.jugemusha.com/jumoku-zz-sirodamo.htm
ヤツデつぼみ
大池→ミシシッピアカミミガメ1匹

カニ類は見掛けませんでした



2016.10.29
クロジ♂1羽・♀1羽(初認 二天橋の東の小径で、約2時間採食)(写真あり)(情報より)
マヒワ2羽(情報より)
キマユムシクイ1羽(写真あり)(情報より)


2016.10.28
カンムリカイツブリ(初認)(写真あり)(情報より)


2016.10.27
オオバン2羽(金石港船溜り)
ウグイス2羽
カモメ類2羽(ウミネコ)(犀川河口)
アカゲラ1羽
メボソムシクイ上種(情報より)
キマユムシクイ(写真あり)(情報より)
ミヤマホオジロ(写真あり)(情報より)
メジロ群れ(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)
ミサゴ1羽(ポンプ小屋と水車小屋間の枯れ木に、5時41分止まっていた。まだ真っ暗な日の出時刻の31分前。)(写真あり)(情報より)
モズ1羽(5時57分発声 日の出時刻は6時12分)
クロツグミ♂♀(写真あり)(情報より)
マミチャジナイ(写真あり)(情報より)
エナガ群れ(写真あり)(情報より)
オシドリ3羽+(日本海)(写真あり)(情報より)
カワウ(犀川中州 7羽)(写真あり)(情報より)
オオジュリン1羽(犀川中州を利用したのは初記録。これで記録は50種を超える多さになりました。)(写真あり)(情報より)
キマユムシクイ1羽(大池)(写真あり)(情報より)
シメ(写真あり)(情報より)
シロダモ6分咲きと、実は緑と赤色
大池→ミシシッピアカミミガメ16匹、クサガメ1匹(黒色型)
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(犀川下流左岸1匹・湿地1匹)、アカテガニ(犀川下流左岸1匹)


2016.10.26
マミチャジナイ(情報より)
ヨシガモ5羽(写真あり)(情報より)
チョウゲンボウ1羽(6時14分 日の出時刻3分後 大池上空を西から東へ)(写真あり)(情報より)
アカゲラ♂♀(写真あり)(情報より)
ツグミ(写真あり)(情報より)
オオバン(写真あり)(情報より)
ダイサギ2羽(写真あり)(情報より)
キンクロハジロ(大池 1羽)(写真あり)(情報より)
クロツグミ♂(写真あり)(情報より)
オナガ(写真あり)(情報より)
キジ♂♀(写真あり)(情報より)
イソヒヨドリ♂♀(写真あり)(情報より)
カイツブリ非繁殖羽(犀川下流)(写真あり)(情報より)
メボソムシクイ上種(写真あり)(情報より)
ノスリ1羽(水車小屋)(初認)(写真あり)(情報より)
ミヤマホオジロ♂(写真あり)(情報より)
コマドリ(二天橋)(情報より)
コカマキリ(写真あり)(情報より)


2016.10.25
アカゲラ♂♀(写真あり)(情報より)
メボソムシクイ上種(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)
フクロウ1羽(林間広場 まだ真っ暗な早朝)(情報より)
小型のフクロウ類1羽(ポンプ場周辺を旋回 早朝)(情報より)
シロハラ多い(情報より)
イソヒヨドリ♂♀(写真あり)(情報より)
セグロセキレイ(写真あり)(情報より)
クロツグミ♂♀(写真あり)
ミヤマホオジロ♂♀(写真あり)(情報より)
シメ50羽±(写真あり)(情報より)
ミサゴ(写真あり)(情報より)
ヒバリ2羽(写真あり)(情報より)
ヤマシギ1羽(7時26分 大池)(写真あり)(情報より)(今年初記録)
ハヤブサ幼鳥1羽(写真あり)(情報より)
ハクチョウ類4羽+(大池上空飛翔)(写真あり)(情報より)
マヒワ(写真あり)(情報より)
キセキレイ(二天橋)(写真あり)(情報より)
クロツグミ♀(写真あり)(情報より)
カイツブリ(犀川下流)(写真あり)(情報より)
メボソムシクイ上種(写真あり)(情報より)
ヒドリガモ♀タイプ2羽+(大池)(写真あり)(情報より)
アトリ(写真あり)(情報より)


2016.10.24
アカゲラ?1羽(声のみ)(♀の情報も)
ウグイス2羽
メジロ2羽
コマドリ(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)
クロツグミ♂1羽(情報より)
チュウヒ1羽(飛翔)(頭部は白っぽく、腹部は茶色のタイプ)(写真あり)(情報より)
キンクロハジロ(犀川下流)(写真あり)(情報より)
ホシハジロ(犀川下流)(写真あり)(情報より)
カイツブリ(写真あり)(情報より)
キクイタダキ1羽(初認)(写真あり)(情報より)
ミサゴ(飛翔)(写真あり)(情報より)
ミヤマホオジロ♀(写真あり)(情報より)
クロツグミ♂♀(写真あり)(情報より)
ジョウビタキ多い(写真あり)(情報より)
ツグミ(写真あり)(情報より)
シロハラ(写真あり)(情報より)
マミチャジナイ(写真あり)(情報より)
大池→ミシシッピアカミミガメ3匹、クサガメ1匹


2016.10.23
ウグイス1羽
シメ3羽
クロツグミ♂3羽・♀8羽(プール東の歩道で、シロハラ1羽・マミチャジナイ1羽と採食していました)
マミチャジナイ1羽
ジョウビタキ♂2羽♀4羽
カモメ類1羽(ウミネコ)(犀川河口)
エナガ5羽
メジロ3羽
アカゲラ?1羽(声のみ)
オオバン5羽(犀川下流)
カイツブリ非繁殖羽1羽(犀川下流)
ムギマキ♀タイプ1羽(情報より)
オオルリ♂幼鳥1羽(情報より)
カワセミ(情報より)
ノコンギク満開
セイタカアワダチソウ枯れ始め
ハマベノギク花と実
ウンラン花と実
シロダモ実(赤色と緑色)
ミゾソバ2分咲き
コマユミ仮種皮が割れ、種子が見え始めました
ツワブキ3分咲き

虫の音かなり少なくなりました
ハグロトンボ死骸1頭
大池→ミシシッピアカミミガメ2匹
カニ類は見掛けませんでした



2016.10.22
アカゲラ(情報より)
ツグミ(情報より)
クロツグミ♀(情報より)
シロハラ(情報より)
シメ(情報より)
マミチャジナイ(情報より)
コサメビタキ(写真あり)(情報より)
オオルリ♂成鳥(写真あり)(情報より)
エゾビタキ(写真あり)(情報より)
キビタキ♀タイプ(写真あり)(情報より)
ムギマキ♀タイプ(写真あり)(情報より)


2016.10.21
フクロウ1羽(小川下流 カラス類に追われて)(写真あり)(情報より)(2004年10月17日以来久々)
コサメビタキ(情報より)
オナガ(情報より)
アカゲラ(情報より)


2016.10.20
カワセミ(情報より)


2016.10.19
ウグイス(8月4日のさえずり個体以来)(写真あり)(情報より)
ムギマキ♂成鳥1羽・♂幼鳥5羽+・♀タイプ5羽+(ポンプ小屋・水車小屋・二天橋など)(情報より)
キビタキ♀タイプ(情報より)
シロハラ(情報より)
クロツグミ♂♀(情報より)
オオルリ♂幼鳥・♀(情報より)
メジロ(情報より)
エナガ(情報より)
エゾビタキ(情報より)
サメビタキ(情報より)
ジョウビタキ♂♀10羽以上(情報より)
アカゲラ♂♀(情報より)
アオバト(情報より)
シメ(初認)(情報より)


2016.10.18
カワセミ(情報より)


2016.10.17
アトリ1羽(写真あり)(情報より)
エゾビタキ(写真あり)(情報より)
オオルリ♂幼鳥(写真あり)(情報より)
コサメビタキ(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)


2016.10.16
ムギマキ♂幼鳥1羽(頭部などに黒味あり)(水車小屋)
オオルリ♂幼鳥(水車小屋)
メジロ5羽(二天橋)
ヒヨドリ(渡り初認30羽+)
カモメ類1羽(ウミネコ)(犀川河口)
アカゲラ?1羽(声のみ)
オナガ2羽
コマドリ1羽(二天橋)(初認)(情報より)
ツグミ(初認)(情報より)
クロツグミ♂♀(情報より)
シロハラ(情報より)
アオバト1羽(写真あり)(情報より)
アトリ多い(写真あり)(情報より)
エゾビタキ(写真あり)(情報より)
エナガ(写真あり)(情報より)
メボソムシクイ上種多い(写真あり)(情報より)
キビタキ♀タイプ(写真あり)(情報より)
コサメビタキ(写真あり)(情報より)
ジョウビタキ♂(蜘蛛の巣にかかっていたが、近づくと無事飛べました)(写真あり)(情報より)
クロガネモチ実色付き始めました
セイタカアワダチソウ満開
アケビ食べ頃
ミゾソバ開花

大池→ミシシッピアカミミガメ12匹、クサガメ3匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸1箇所2匹・湿地2匹)



2016.10.15
アトリ群れ(写真あり)(情報より)
ムギマキ♀タイプ(小川)(写真あり)(情報より)
メボソムシクイ上種(小川)(写真あり)(情報より)
オオルリ♂幼鳥・♀(小川)(写真あり)(情報より)
クロツグミ♀(小川)(写真あり)(情報より)
シロハラ(小川)(写真あり)(情報より)
キマユムシクイ1羽(写真あり)(また聞きによる情報)


2016.10.14
セグロセキレイ(写真あり)(情報より)
オナガ多数(情報より)
カワセミ(情報より)
ダイゼン12羽(安原海岸:普正寺の森からも観察可能な場所)(情報より)
ハマシギ2羽(情報より)
イソヒヨドリ♂♀(情報より)


2016.10.13
エゾビタキ(写真あり)(情報より)
オシドリ十数羽(情報より)
ジョウビタキ♂(情報より)


2016.10.12
ミヤコドリ1羽(プールの西の波打ち際で採食。8時5分)(2013年10月14日成鳥2羽以来)
http://shorebirds.exblog.jp/983016/
キンクロハジロ♂1羽・♀タイプ1羽(プール)
メボソムシクイ上種1羽
犀川中州→ウ類1羽
カモメ類1羽(ウミネコ)(犀川河口)
ツバメ2羽
カルガモ♂4羽(求愛行動初認)(金石港船溜り)
アカゲラ1羽(情報より)
キセキレイ1羽(情報より)
メジロ(写真あり)(情報より)
オオルリ♂成鳥(写真あり)(情報より)
アトリ多数(情報より)
コサメビタキ(写真あり)(情報より)
クロツグミ♂♀(初認)(写真あり)(情報より)
シロハラ(初認)(情報より)
ジョウビタキ♂(情報より)
カナヘビ1匹
大池→ミシシッピアカミミガメ35匹、クサガメ5匹(内、黒色型1匹)、種不明1匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間2匹・護岸1箇所4匹・湿地でも2匹のみでした)


2016.10.10
ツバメ1羽
メジロ2羽
メボソムシクイ上種2羽
モズ高鳴き3羽
キセキレイ2羽(大池)
オオバン2羽(犀川下流)(初認)
ダイゼン3羽(写真あり)(情報より)(2014年9月23日以来。普正寺の森の最大個体数でもありました。)
オオルリ♂幼鳥・♀(写真あり)(情報より)
キビタキ♂成鳥・♂幼鳥(写真あり)(情報より)
コサメビタキ(写真あり)(情報より)
アカゲラ♀(写真あり)(情報より)
ホシハジロ(初認)(情報より)
カワセミ(情報より)
エナガ(情報より)
ウンラン花
ナワシログミ満開
ノコンギク満開
キヅタ実緑色

虫の音減り始めました


2016.10.8
アカゲラ♂1羽(頬はかなり濃いタイプ)
ショウドウツバメ40羽+(プールからテトラポッド)
アオサギ9羽(大池の中ノ島周辺の樹上)
犀川中州→ウ類3羽
キビタキ♀タイプ(写真あり)(情報より)
ノイバラ実赤
マユミ実色付き始めました
キンミズヒキ花
ススキ満開
ナワシログミ開花
カキノキ実
セイタカアワダチソウ8分咲き

虫の音多い
大池→ミシシッピアカミミガメ1匹、クサガメ1匹、種不明1匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間8匹・護岸1箇所20匹)、アカテガニ(野鳥園跡地南4匹・大池♂1匹・小川♂1匹・犀川下流左岸1匹)


台風18号通過の10月5日以来、森をひと回りしました。
直径10cm以上の倒木や枝折れは、ニセアカシア4本、エノキ3本、タブノキ1本の合計7本でした(小径沿い)。
(1991年9月27日に金沢市に最も近づいた台風19号では、普正寺の森で倒木し小径をふさいでいた樹木は、ニセアカシア11本・クロマツ8本・エノキ3本・オニグルミ1本・マユミ2本・種名不明1本の合計26本でした。
今回の台風は、台風では史上最大の瞬間最大風速を記録したのですが、小径をふさいだ樹木はなかった様です。風向などの相違により条件は同じではありませんが、クロマツの多かった1990年代の森から、広葉樹林に変化し、森自体がかなり成熟して来たために、強風の影響をあまり森は受けないのではないかと思われます。)


2016.10.7
キセキレイ(写真あり)(情報より)


2016.10.6
モズ♂(サブソング)(写真あり)(情報より)
カイツブリ繁殖羽(写真あり)(情報より)(5月4日以来)


2016.10.5
ササゴイの池のカモ類→オシドリ♂3羽・♂エクリプス1羽・♀タイプ1羽、コガモ♀タイプ2羽(写真あり)(情報より)
「台風18号は5日午後9時、佐渡沖で温帯低気圧に変わったが、金沢で観測史上1位(タイ記録)となる43.4メートルの暴風を観測するなど、非常に強い風が吹いている。」Yahoo!ニュースより
(これまでの金沢での最大瞬間風速の記録は2000年2月15日の43.4m/sでした。最大の記録は台風の季節ではなく、冬の季節風でした。)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161005-00010007-wmap-soci
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/daily_s1.php?prec_no=56&block_no=47605&year=2016&month=10&day=05&view=a40
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/daily_s1.php?prec_no=56&block_no=47605&year=2000&month=2&day=&view=p1


2016.10.4
オナガ(写真あり)(情報より)


2016.10.3
モズ♂(サブソング)(写真あり)(情報より)


2016.10.2
コシアキツバメ1羽(9時7分 プールの北で、他のツバメ達と飛んでいました。2013年6月9日1羽の、プールの北での記録の以来。)
ショウドウツバメ30羽+(プールの北で乱舞)
ツバメ2羽(プールの北)
エゾビタキ1羽
コサメビタキ1羽
ハクセキレイ幼鳥8羽(第4駐車場で採食)
オオルリ♂成鳥1羽・♂幼鳥1羽・♀1羽(♂幼鳥2羽の情報も)
ヒドリガモ♀タイプ8羽(犀川下流)
オナガガモ♀タイプ3羽(犀川下流)(初認)
スズガモ♂エクリプス1羽・♀タイプ1羽(犀川下流)(初認)
バン幼鳥1羽(犀川下流)
メジロ類10羽+(エノキの小径)(情報より)
カッコウ類1羽(黒っぽいタイプ)(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)
アキグミ実緑色とピンク色
イヌタデ開花(托葉鞘は長さ7〜8mmの筒形で、ふちに長い毛がある。→長い毛がハルタデとの違い)
http://matsue-hana.com/hana/inutade.html
ヒメジソ開花
http://matsue-hana.com/hana/himejiso.html
カラムシ開花
http://matsue-hana.com/hana/karamusi.html

虫の音多い
ギンヤンマ2匹(ササゴイの池)
スズメバチ類(小型)2頭
カナヘビ2匹
大池→ミシシッピアカミミガメ2匹、クサガメ3匹、種不明4匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間20匹・護岸1箇所110匹・犀川下流左岸1匹・大池1匹)、アカテガニ(野鳥園跡地南16匹・三千坊跡14匹・エノキの小径1匹・犀川下流左岸2匹)



2016.10.1
エナガ(写真あり)(情報より)
ムギマキ♂成鳥1羽・♂幼鳥1羽
(初認)(写真あり)(情報より)
マミチャジナイ1羽(情報より)
ヤブサメ2羽(コゲラの小径)(写真あり)(情報より)


2016.9.27
ヤブサメ1羽(初認)(9時58分 ササゴイの池観察舎の中に入っていました)
ショウドウツバメ1羽
コサメビタキ2羽
アカゲラ?1羽(声のみ)
セグロセキレイ(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)
チヂミザサ開花
スズメバチ類(小型)4頭
クマバチ1頭
ギンヤンマ大池2頭・ササゴイの池1頭
カナヘビ5匹
大池→ミシシッピアカミミガメ23匹、クサガメ12匹(内、黒色型1匹)、種不明1匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間30匹・護岸1箇所70匹・犀川下流左岸5匹・大池5匹・三千坊跡12匹・エノキの小径5匹・ササゴイの池2匹)、アカテガニ(野鳥園跡地の南38匹(土の斜面に多い)・大池5匹・小川1匹・三千坊跡30匹・エノキの小径4匹・ササゴイの池2匹・犀川下流左岸4匹)


2016.9.25
エゾセンニュウ1羽(大池 姿を近くで見せてくれました)(喉の両側のみに、若干の縦斑がありました)
http://www.birdfan.net/2015/09/04/37241/
http://suhyan.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-1dd5.html
アマツバメ5羽(小川上空など 2014年以来久々)
ツバメ84羽がプール南の電線に止まっていました(電線上では最多では?)(ショウドウツバメも5羽が同時に止まっていて、背景にはアマツバメも飛んでいました)
オオルリ♂成鳥2羽・♂幼鳥2羽・♀2羽
コサメビタキ1羽
オオタカ1羽(情報より)
キビタキ♀タイプ1羽(情報より)
マミチャジナイ1羽(情報より)
ツユクサ満開
サクラタデ開花
ヤマノイモのムカゴ

オオカマキリ死骸1頭
クマバチ1頭
ハグロトンボ1頭(久々)
ギンヤンマ1頭(ササゴイの池)
ウチワヤンマ1頭(大池)
アマガエル3匹
カナヘビ2匹
スズメバチ類(小型)3頭
大池→ミシシッピアカミミガメ32匹、クサガメ13匹、種不明1匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間50匹・護岸1箇所90匹・犀川下流左岸1匹)、アカテガニ(大池1匹・小川3匹・三千坊跡5匹・犀川下流左岸3匹)


2016.9.24
キセキレイ1羽
カワラヒワ20羽+(普正寺浜)
アオバト1羽
オオタカ1羽(ササゴイの池南の樹上)
センニュウ類1羽(ポンプ室の北)(尾羽が扇型でセンニュウ類です。でも、エゾセンニュウにしては小さく感じました。シマセンニュウやシベリアセンニュウにしては尾羽の先端に白斑や横斑はありません。マキノセンニュウの様に背には縦斑がありません。)(胸に、若干縦斑があったとの情報もあります。)
マミチャジナイ(情報より)
カッコウ類1羽(情報より)
カワセミ(情報より)
ホウロクシギ1羽(犀川河口右岸)(写真あり)(情報より)(普正寺地区環境調査)
ウンラン満開
チカラシバ満開
ヨモギ満開



2016.9.23
コヨシキリ1羽(今年2例目)(犀川下流左岸)(情報より)
オシドリ(情報より)
チョウゲンボウ(情報より)
オオタカ(情報より)
チョウセンメジロ1羽(情報より)(2014年5月8日普正寺の森初記録以来、毎年1羽記録されています。同一個体でしょうかね。)


2016.9.22
アカゲラ♂1羽♀1羽
ヒヨドリ4羽
ツバメ(プールの北8羽、プールの南では18羽が乱舞)
ショウドウツバメ2羽(初認)
カモメ類4羽(犀川河口)
エゾビタキ1羽
コサメビタキ1羽
キビタキ♀タイプ1羽(♂の情報も)
メボソムシクイ上種1羽(エノキの小径)
ヒドリガモ♀タイプ2羽(初認)(犀川下流)
コガモ14羽(犀川下流)
サンコウチョウ♀タイプ1羽(水車小屋)(写真あり)(情報より)
オオタカ成鳥(情報より)
オオルリ♂幼鳥(情報より)
アオバトさえずり1羽(情報より)
マミチャジナイ(情報より)
エナガ10羽(情報より)
ススキ満開
ミズヒキ花
ツユクサ花
ウンラン満開
ハマベノギク満開
ヤマハギ満開
マルバハギ満開
タマガヤツリ穂
コブシ実ピンク色
クマノミズキ実緑色、果柄はピンク色
アキノノゲシ花
サンショウ実赤色
キンミズヒキ実と花
アメリカセンダングサ花
ノコンギク満開

アブラゼミ1頭
ツクツクボウシ2頭
ウチワヤンマ1頭(大池)
ギンヤンマ(ササゴイの池1頭)
クマバチ1頭
スズメバチ類(小型)(プールの北3頭、犀川下流左岸5頭)
虫の音多い
大池→ミシシッピアカミミガメ16匹、クサガメ7匹、種不明1匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間18匹・護岸1箇所80匹・犀川下流左岸1匹・小川1匹・三千坊跡1匹)、アカテガニ(野鳥園跡地11匹・プール東2匹・大池1匹・小川3匹・三千坊跡5匹・エノキの小径1匹)


2016.9.21
マミチャジナイ幼鳥4羽(写真あり)(情報より)
マミジロ♂1羽(初認)(情報より)
エゾビタキ多い(情報より)
オオタカ幼鳥(情報より)


2016.9.20
ダイサギ冬羽(写真あり)(情報より)


2016.9.19
オシドリ♂エクリプス1羽(初認)(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
カッコウ類♀(赤色型)1羽(情報より)
オオタカ(情報より)


2016.9.17
コムクドリ数十羽(写真あり)(情報より)
カッコウ類♀(赤色型)2羽(情報より)


2016.9.16
オオタカ幼鳥1羽(ササゴイの池の北 黒松高木の梢)
カモメ類20羽(犀川河口)
ツバメ7羽(プールの北)
犀川中州→チュウサギ2羽(犀川下流左岸でも1羽が利用していました)・アオサギ2羽・ウ類2羽
サンコウチョウ♀タイプ1羽(二天橋 眼瞼は太く♂ではないかと思いました)(写真あり)(情報より)
キビタキ♂成鳥・♀タイプ(写真あり)(情報より)
オオルリ♂幼鳥1羽(情報より)
ブタナ花
ネズミノオ満開
ヌカキビ穂
ヒガンバナ花

ギンヤンマ(大池2頭・ササゴイの池3頭)
大池→ミシシッピアカミミガメ9匹、クサガメ3匹(内、黒色タイプ1匹)、種不明3匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間17匹・護岸1箇所60匹・ササゴイの池5匹)、アカテガニ(野鳥園跡地南1匹・プールの東2匹・ササゴイの池1匹)



2016.9.15
アカショウビン1羽(初認)(二天橋の下流 12時頃)(情報より)
キビタキ♂成鳥(写真あり)(情報より)
オオルリ♂成鳥・♂幼鳥・♀(写真あり)(情報より)
マミチャジナイ♀1羽(初認)(ポンプ室 9時頃)(情報より)


2016.9.14
コガモ(犀川下流)(初認)(写真あり)(情報より)
エゾビタキ(写真あり)(情報より)
オオルリ♂成鳥(写真あり)(情報より)


2016.9.13
カワウ4羽(犀川中州)(写真あり)(情報より)
コサメビタキ(写真あり)(情報より)


2016.9.12
カワラヒワ5羽
コサメビタキ1羽
アオバトさえずり1羽
犀川中州→ウ類1羽
アカゲラ?1羽(声のみ)
コサメビタキ(写真あり)(情報より)
メボソムシクイ上種(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)
ヤブラン花
ネズミノオ開花
シロダモ実緑色
カゼクサ穂
ハッカ花
ヒガンバナ開花
アレチウリ満開
ネナシカズラ花(犀川下流左岸)
http://matsue-hana.com/hana/nenasikazura.html
(アメリカネナシカズラ→http://matsue-hana.com/hana/amerikanenasikazura.html)

アブラゼミ2頭
スズメバチ類(小型)3頭
大池→ミシシッピアカミミガメ14匹、クサガメ4匹、種不明1匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間8匹・護岸1箇所50匹・犀川下流左岸1匹)、アカテガニ(三千坊跡2匹・犀川下流左岸1匹)
(護岸までの約20m間の横にある、湿地1箇所(約25u)には、最近も300羽+が生息しています)


2016.9.11
オオルリ♂成鳥(写真あり)(情報より)
ミサゴ(樹上)(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)
アカゲラ(情報より)
ハヤブサ(情報より)
エナガ(情報より)
イソヒヨドリ(情報より)


2016.9.10
カワセミ(情報より)


2016.9.9(8日は、台風崩れの温帯低気圧が太平洋沿岸を通過し、金沢市でも最大瞬間風速23.2m/s(北北西)の強風でした。9日は、健民海浜プールの西側の普正寺浜に海藻が大量に上がっており、シギチ類が多数、14時頃に海藻の周辺で採食していたと伺いました。)
エナガ(写真あり)(情報より)
ハヤブサ(情報より)
カッコウ類(情報より)
エゾビタキ(情報より)
ハイタカ(情報より)
コサメビタキ(情報より)
ハマシギ1羽(普正寺浜)(情報より)
ミユビシギ150羽+(普正寺浜 海藻のない砂浜で採食)(情報より)(今年初記録 普正寺の森最大個体数)
トウネン12羽(普正寺浜)(情報より)(今年初記録)
オバシギ2羽(普正寺浜)(情報より)(1999年以来の記録です。 普正寺の森最大個体数)
キョウジョシギ2羽(普正寺浜)(情報より 普正寺の森最大個体数)
ソリハシシギ1羽(普正寺浜)(情報より)(2008年以来の記録です)
キアシシギ(普正寺浜)(情報より)
メダイチドリ2羽(普正寺浜)(情報より)(2013年以来の記録です。 普正寺の森最大個体数)


2016.9.7
オオルリ♂幼鳥(初認)(写真あり)(情報より)
コムクドリ(情報より)
キビタキ(情報より)
セグロセキレイ(情報より)
カワセミ(情報より)


2016.9.6
キセキレイ(樹上)(写真あり)(情報より)


2016.9.4
コムクドリ20羽+
ホウロクシギ1羽(犀川下流左岸の上空から北東へ。犀川左岸周辺では初めて。2011年以来。)
カモメ類1羽(ウミネコ)(犀川河口)
ヒヨドリ(換羽中で頭部ボサボサ1羽)
カワセミ♀幼鳥1羽(ササゴイの池)
イソヒヨドリ1羽(テトラポッド)
カワラヒワ10羽
キビタキ♀タイプ(写真あり)(情報より)
コサメビタキ(情報より)
キセキレイ(情報より)
アキノノゲシ開花
アレチウリ開花
アキノエノコロ満開
キョウチクトウ実と花
イヌキクイモ実と花

赤とんぼ(野鳥園跡地1頭・)
ギンヤンマ(大池1頭・ササゴイの池4頭)
オニヤンマ1頭(ササゴイの池)
クマバチ1頭
スズメバチ類(小型)1頭
ゴマダラチョウ1頭
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間15匹・護岸1箇所70匹・犀川下流左岸1匹)、アカテガニ(野鳥園跡地南1匹)


2016.9.3
キョウジョシギ幼鳥1羽(普正寺浜)(写真あり)(情報より)(2011年5月8日以来の記録です。1990年以降では、27年間に9年の記録がありました。)
http://stints.a.la9.jp/tringa/turnstone-jA.html
http://toriz.info/mizube_kyoujosigi.html
http://shorebirds.exblog.jp/1581094/

キアシシギ1羽(普正寺浜)(写真あり)(情報より)
http://shorebirds.exblog.jp/iv/detail/?s=3876881&i=200605%2F07%2F89%2Fc0071489_930951.jpg
http://shorebirds.exblog.jp/3876881/
http://toriz.info/mizube_kiasisigi.html


2016.9.2
カモメ類19羽(犀川河口)
カッコウ類1羽(虹彩は褐色:林間広場)(ササゴイの池でも1羽)
コサメビタキ(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)
カッコウ類(ツツドリ?)♂?1羽(左脚にアルミ製の足環あり)・赤色型♀1羽(正門付近 10時頃)(情報より)
ハマベノギク開花
ブタクサ穂

赤とんぼ(アカモズの小径15頭・大池2頭・犀川下流左岸12頭・野鳥園跡地1頭)
ウチワヤンマ1頭(大池)
ツクツクボウシ(小川4頭)
ギンヤンマ1頭(ササゴイの池)
スズメバチ類(小型)1頭
大池→ミシシッピアカミミガメ2匹、クサガメ3匹、種不明4匹
カニ情報→クロベンケイガニ(護岸までの約20m間10匹・護岸1箇所50匹・犀川下流左岸1匹)、アカテガニ(野鳥園跡地3匹・三千坊跡1匹・犀川下流左岸1匹)


2016.9.1
イソヒヨドリ♂幼鳥1羽
カモメ類24羽(犀川河口)
犀川中州→アオサギ1羽
カルガモ犀川下流26羽
オナガ1羽
カッコウ類1羽(虹彩は褐色)(林間広場。その後ササゴイの池でも1羽)
カワセミ(情報より)
オオアワダチソウ開花
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%82%A2%E3%83%AF%E3%83%80%E3%83%81%E3%82%BD%E3%82%A6
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%82%A2%E3%83%AF%E3%83%80%E3%83%81%E3%82%BD%E3%82%A6
ヨウシュヤマゴボウ実紫色と緑色
ツユクサ満開
ミソハギ満開
カラタチ実緑色

ゴマダラチョウ3頭
虫の音多い
カナヘビ1匹
トノサマガエル死骸1匹(人により持ち込まれた?)
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間40匹・護岸1箇所90匹・犀川下流左岸24匹・ササゴイの池1匹)、アカテガニ(野鳥園跡地1匹・犀川下流左岸14匹・ササゴイの池1匹)



2016.8.31
ハヤブサ幼鳥1羽(左脚にカラーリングあり)(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)


2016.8.30
カワセミ(情報より)
ジュウイチ幼鳥1羽(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)



2016.8.28
カモメ類18羽(犀川河口)
ハクセキレイ♂成鳥1羽
ヒヨドリ2羽
オナガ1羽
カワセミ2羽(1羽は下嘴に少し赤味のある幼鳥)(ササゴイの池)
イソシギ1羽(大池 9時7分)(初認)
サンコウチョウ♀タイプ1羽(眼瞼の幅は細い)(初認)(写真あり)(情報より)
エゾビタキ1羽(初認)(写真あり)(情報より)
キビタキ♀タイプ(写真あり)(情報より)
センダイムシクイ(初認)(情報より)
メボソムシクイ上種(初認)(情報より)
キセキレイ(情報より)
サンショウクイ(情報より)
コサメビタキ(情報より)
シジュウカラ♀頭部の換羽多い(写真あり)(情報より)
イヌキクイモ満開
センニンソウ6分咲き
アオツヅラフジ実緑色
クマノミズキ実緑色

ゴマダラチョウ2頭
コシアキトンボ1頭
ウチワヤンマ1頭(大池)
ギンヤンマ1頭(大池)
ツクツクボウシ5頭
ミンミンゼミ1頭
クマバチ1頭
大池→ミシシッピアカミミガメ12匹、クサガメ5匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間18匹・護岸1箇所110匹・犀川下流左岸2匹・三千坊跡1匹・エノキの小径1匹・)、アカテガニ(犀川下流左岸1匹・三千坊跡1匹)



2016.8.27
アカゲラ(初認)(写真あり)(情報より)
キビタキ♀タイプ(初認)(写真あり)(情報より)


2016.8.26
エナガ(写真あり)(情報より)


2016.8.24
コサメビタキ(初認)(情報より)(秋の渡りが始まったようです)


2016.8.19
カモメ類22羽(犀川河口)
キンミズヒキ実と花
イヌキクイモ満開
オヒシバ穂

アブラゼミ少なくなりました
ツクツクボウシ5頭
ミンミンゼミ2頭
コシアキトンボ4頭
ウチワヤンマ1頭(大池)
ハグロトンボ1頭
赤とんぼ(野鳥園跡地20頭・プール周辺43頭)
ギンヤンマ(ササゴイの池1頭)
大池→ミシシッピアカミミガメ6匹、クサガメ2匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間9匹・護岸1箇所70匹・犀川下流左岸1匹)、アカテガニ(小川1匹)


2016.8.18
カモメ類21羽(犀川河口)
オオヨシキリさえずり1羽(久々)
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ6頭)
ウチワヤンマ1頭(大池)
ギンヤンマ1頭(大池)
コシアキトンボ2頭(大池)
ミンミンゼミ7頭
ツクツクボウシ9頭
大池→ミシシッピアカミミガメ5匹、クサガメ4匹(多い)
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間70匹・護岸1箇所100匹・犀川下流左岸23匹・大池西1匹)、アカテガニ(野鳥園跡地南2匹・三千坊跡1匹・犀川下流左岸6匹)

21時37〜59分に犀川下流左岸(普正寺橋からササゴイの池)で、カニ類を観察。今晩は満月で大潮、そして護岸より水面も高かく期待していました。
しかし、犀川下流の1箇所では、水中にクロベンケイガニ2匹を観察したのですが放仔は見られませんでした。また、クロベンケイガニを護岸までの約20m間出は観察されませんでした。犀川下流左岸のアスファルト道で10匹と、アカテガニ♂1匹・♀1匹(まだ小さいためか卵はなし)と個体数も少ない。
(カニ類の産卵(放仔)は、7月の満月がピークなのか?8月の観察時間が21時頃以降と遅かったため?)


2016.8.16
カモメ類(ウミネコ)16羽(犀川河口)
カワウ1羽(犀川中州)
オオアレチノギク実と花
ハマゴウ実と花
センニンソウ開花
ツユクサ花
ケカモノハシ花
メマツヨイグサ満開

ウチワヤンマ1頭(大池)
ツクツクボウシ11頭
コシアキトンボ4頭
ハグロトンボ1頭
大池→ミシシッピアカミミガメ4匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間70匹・護岸1箇所160匹)、アカテガニ(犀川下流左岸1匹)


2016.8.15
カワセミ(情報より)
20時59分〜21時17分に犀川下流左岸(普正寺橋からササゴイの池)で、カニ類の観察をしました。護岸より水面は高かったのですが、犀川下流の水面の1箇所では観察出来ませんでした。ただ、クロベンケイガニを護岸までの約20m間で2匹、犀川下流左岸のアスファルト道で310匹と多く観察しました。


2016.8.14
カワセミ♂(情報より)
カワウ(情報より)
チョウゲンボウ(情報より)
モズ(情報より)
ヒバリ(情報より)
イワツバメ(情報より)
セグロセキレイ(情報より)
サンショウクイ(情報より)(6月24日以来)


2016.8.13
カワセミ(情報より)


2016.8.12
カワセミ(情報より)


21016.8.5
アオバトさえずり1羽
(二天橋)
カモメ類17羽(犀川河口)
モズ♂幼鳥1羽・♀幼鳥1羽(久々)
ホオジロ(さえずっている♂で胸に黒い帯のない個体)(写真あり)(情報より)
ハグロトンボ7頭
ウチワヤンマ1頭(大池)
ギンヤンマ(大池1頭、ササゴイの池1頭)
ツクツクボウシ6頭
アオダイショウ体長約1m(終認)
ゴマダラチョウ1頭
カナヘビ1匹
コシアキトンボ8頭
ウシガエル1匹(緑色の強いタイプでした)(大池の西側の道)
大池→ミシシッピアカミミガメ6匹、クサガメ1匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間30匹・護岸1箇所100匹・犀川下流左岸2匹)、アカテガニ0匹


2016.8.4
カワセミ(情報より)
カモメ類(ウミネコ)1羽(犀川河口)
ウグイスさえずり1羽(ササゴイの池の南)
カワウ1羽(犀川中州)
ミズヒキ花
ヒメコバンソウ穂
ハッカ満開(写真あり)(情報より)(下記はハッカとオランダハッカの違い)
http://flowers3.web.fc2.com/hakka.html
http://flowers3.web.fc2.com/orandahakka.html

ツクツクボウシ8頭
クマバチ1頭
ハグロトンボ14頭
コシアキトンボ8頭
ウチワヤンマ2頭(大池)
ミンミンゼミ3頭
スズメバチ類(小型)1頭
ジョロウグモ1匹(初認)
カナヘビ3頭(全長約6cmと小さい)
大池→ミシシッピアカミミガメ2匹、クサガメ1匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間50匹・護岸1箇所120匹・犀川下流左岸1匹)、アカテガニ(エノキの小径1匹・コゲラの小径1匹・犀川下流左岸2匹)
カニ類の観察を、21時11〜28分に犀川下流左岸250mで行いました。8月3日新月、8月3〜5日大潮。
アスファルト道では、アカテガニ3匹・クロベンケイガニ3匹観察。犀川下流左岸のコンクリート護岸では、水中にクロベンケイガニ1匹を観察しましたが、放仔は行っていない様でした。



2016.8.3
アオサギ(ササゴイの池で大きなドジョウ採食)(写真あり)(情報より)


2016.8.2
ウグイスさえずり1羽(エノキの小径の東で頻繁にさえずっていました)
ヤマハギ満開
クマバチ1頭(野鳥園跡地)
オニヤンマ1頭
ツクツクボウシ6頭
オオカマキリ1頭(初認)
大池→ミシシッピアカミミガメ15匹
コシアキトンボ8頭
ハグロトンボ12頭
ウチワヤンマ1頭(大池)
ギンヤンマ1頭(大池)
ゴマダラチョウ1頭
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間110匹・護岸1箇所160匹・犀川下流左岸1匹・大池1匹)、アカテガニ(護岸までの約20m間1匹・大池1匹・ササゴイの池南1匹・犀川下流左岸9匹)



2016.8.1
ツバメ1羽
オナガ2羽
カモメ類13羽(犀川河口)
ウ類1羽(犀川中州)
ヒョウタン実
アサガオ満開
クズ満開
ミソハギ満開
ノブドウ実緑色
ニワウルシ実の赤みが強くなりきれい
オニユリ満開
ハマゴウ実と花
ケカモノハシ満開
メマツヨイグサ満開
メヒシバ満開
アオツヅラフジ花
ヘクソカズラ満開
ネナシカズラ類(犀川下流左岸)
イヌキクイモ2分咲き

クマバチ2頭
ナガコガネグモ?1匹(コゲラの小径)(隠れ帯が縦に伸びていました)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%AC%E3%82%B3%E3%82%AC%E3%83%8D%E3%82%B0%E3%83%A2
http://www.insects.jp/kon-kumonagakogane.htm

キリギリス多い
コシアキトンボ(犀川下流左岸2頭、大池7頭、プール周辺3頭)
ミンミンゼミ1頭(初認)
ツクツクボウシ5頭
アブラゼミ(ピークより若干下がった印象です)
ハグロトンボ11頭
ウチワヤンマ1頭(大池)
クサガメ3匹(大池)
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間30匹・護岸1箇所110匹・大池南1匹)、アカテガニ(野鳥園跡地南1匹・大池西1匹)


2016.7.31
カワセミ(情報より)
ゴイサギ3羽(情報より)
スズメ巣立ち雛(写真あり)(情報より)


2016.7.30
カワセミ(情報より)
キツネ1匹(しおさいロード 4時48分)


2016.7.29
カワウ2羽(犀川中州)(写真あり)(情報より)


2016.7.28
カワセミ(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)


2016.7.27
カワセミ(情報より)
ゴイサギ2羽(情報より)


2016.7.26
オニユリ開花(写真あり)(情報より)
キカラスウリ花(写真あり)(情報より)
イヌキクイモ開花(写真あり)(情報より)


2016.7.25
ホシハジロ♂1羽(写真あり)(情報より)(5月11日にも♂1羽が犀川下流で観察されています。)
カワセミ(情報より)


2016.7.24
トビ(ササゴイの池で1羽が水浴び)(写真あり)(情報より)


2016.7.23
ゴイサギ幼鳥(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)
ハヤブサ(情報より)


2016.7.22
カワセミ幼鳥2羽(1羽は下嘴に若干の赤みあり)(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
ハヤブサ幼鳥1羽(両脚にカラーリングがあります)(写真あり)(情報より)


2016.7.21
22時23〜51分に犀川下流左岸(普正寺橋からササゴイの池)で、カニ類の観察をしました。護岸より水面が低く、アカテガニ♂をアスファルト道で1匹観察しただけでした。


2016.7.20(満月・大潮)
カワセミ(情報より)
ハヤブサ(情報より)
アカテガニ(19時頃からの調査により、犀川下流左岸のアスファルト道に、かなりの数のアカテガニを観察。その多くは大型の♂。そして、犀川下流左岸のコンクリート護岸では、♀が観察され19〜21時には、10個体以上の放仔を観察。)(情報より)
(次回の満月は、8月中旬です。楽しみにしています。)

http://koyomi.vis.ne.jp/directjp.cgi?http://koyomi.vis.ne.jp/sub/moon_year.htm
http://koyomi8.com/tide.htm



2016.7.19
カワセミ幼鳥1羽(ササゴイの池)
スズメ40羽+(アカモズの小径)
カモメ類(ウミネコ)1羽(犀川河口)
ミサゴ1羽(ササゴイの池)(情報より)
カワウ2羽(犀川中州)(写真あり)(情報より)
ゴイサギ幼鳥2羽(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
○ゴイサギ幼鳥
http://tori3.sakura.ne.jp/birdworld_menu/sagi/goisagi/goisagi-1s.htm
http://tori3.sakura.ne.jp/birdworld_menu/sagi/goisagi/goisagi-1s02.htm

○ササゴイ幼鳥
http://tori3.sakura.ne.jp/birdworld_menu/sagi/sasagoi/sasagoi-j.htm
http://tori3.sakura.ne.jp/birdworld_menu/sagi/sasagoi/sasagoi-j03.htm
http://tori3.sakura.ne.jp/birdworld_menu/sagi/sasagoi/sasagoi-j05.htm

クサガメ(ササゴイの池2匹・大池でも1匹)(大池での記録は初めてです。大池の中ノ島の南側では、毎年ミシシッピアカミミガメが多く甲羅干しをしています。そのミシシッピアカミミガメと同じ石の上に、クサガメがいました。これまでも大池で、生息していたのだと思われます。)
カラスアゲハ2頭
中型の真っ赤なトンボ(ナツアカネ♂?)1頭(大池)
ウチワヤンマ1頭(大池)
ギンヤンマ2頭(ササゴイの池)
ハグロトンボ(犀川下流左岸2頭、ササゴイの池4頭、エノキの小径4頭、三千坊跡1頭)
コシアキトンボ(野鳥園跡地頭、犀川下流左岸3頭、ササゴイの池頭、エノキの小径頭、三千坊跡頭、大池13頭、プール周辺3頭)
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間23匹・護岸1箇所110匹・犀川下流左岸2匹)、アカテガニ(0匹)


2016.7.18
カモメ類29羽+(犀川河口)
アオバトさえずり1羽(6時15分)
カルガモ1羽(大池)(久々)
カワセミ4羽(年齢不明)(情報より)
コマツナギ満開
ハッカ満開

クサガメ1匹(ササゴイの池)
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間20匹・護岸1箇所30匹・犀川下流左岸39匹・小川西1匹・林間広場(旧アスレチック広場)1匹)、アカテガニ(犀川下流左岸11匹・ササゴイの池南1匹)
クロベンケイガニとアカテガニの、卵を抱えている個体1匹づつを初認



2016.7.17
カモメ類(ウミネコ)3羽(犀川河口)
カルガモ1羽が小川上空から南へ
カワセミ(情報より)
カミキリムシ1頭(初認)
カラスアゲハ1頭(初認)
アオスジアゲハ6頭が、ヤブガラシに集まって(毎年の様に)
ハグロトンボ(犀川下流左岸1頭、ササゴイの池7頭、コゲラの小径2頭、エノキの小径2頭、三千坊跡2頭)
コシアキトンボ(エノキの小径2頭、大池3頭)(今日は非常に少ない)
ウチワヤンマ1頭(大池)
カナヘビ1匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間130匹・護岸1箇所280匹・犀川下流左岸127匹・ササゴイの池南1匹)、アカテガニ0匹


2016.7.16
カモメ類(ウミネコ)7羽+(犀川河口)
スズメ巣立ち雛1羽
カルガモ犀川下流2羽
ハシブトガラス1羽が蟻浴?(7時56分 犀川下流左岸のアスファルト道で、翼を蟻浴をする様に3回広げました。2m横にランニングの方が走り過ぎても逃げようともしません。その後、歩き出した後を見ると、アスファルト道に小さな蟻が多くいました。)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9F%BB%E6%B5%B4

カワセミ幼鳥(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)(2羽の情報も)
ムクゲ2分咲き
サルスベリ7分咲き
ハマゴウ3〜7分咲き
ヤマハギ散り盛ん
コマユミ実緑色
ナガノイモのムカゴ
モントブレチア(姫檜扇水仙)満開
キンミズヒキ開花
アジサイ花(装飾花の萼)満開
カラタチ実(径2.5cm程、緑色)

カナヘビ1匹
ウチワヤンマ1頭(大池)
コシアキトンボ(犀川下流左岸3頭、大池7頭(少ない))
ハグロトンボ(犀川下流左岸5頭、ササゴイの池9頭、コゲラの小径1頭、三千坊跡1頭、二天橋1頭)
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間90匹・護岸1箇所150匹・犀川下流左岸15匹・ササゴイの池南2匹・小川西1匹)、アカテガニ(犀川下流左岸6匹)(小川沿いに下流から約40m観察したのですが、1匹も見掛けませんでした。ハシブトガラス、野良猫、タヌキなどにより、かなり捕食されているのでは?8時42分)



2016.7.15
トビ幼鳥2羽(樹上)(写真あり)(情報より)


2016.7.12
クズ開花(写真あり)(情報より)


2016.7.11
ミサゴ(写真あり)(情報より)
コムクドリ♀タイプ(写真あり)(情報より)


2016.7.10
カルガモ成鳥1羽・幼鳥4羽(犀川橋下流)
カワウ2羽(犀川中州)(写真あり)(情報より)
シロチドリ(情報より)
ミサゴ(情報より)
ヒバリ(情報より)
イワツバメ(情報より)
エナガ(情報より)
コムクドリ(情報より)
セグロセキレイ(情報より)


2016.7.8
カワウ1羽(犀川中州)(久々)(写真あり)(情報より)
イワツバメ8羽(電線上)(写真あり)(情報より)


2016.7.7
イワツバメ7羽(普正寺橋の左岸の電線上)
カモメ類70羽+(犀川河口)
アオバトさえずり1羽

カワウ2羽(犀川中州)(写真あり)(情報より)
ミツバ満開
モントブレチア(姫檜扇水仙)満開
ワルナスビ満開

スズメバチ類(小型)1頭
コシアキトンボ7頭
ハグロトンボ22頭
カナヘビ1匹(猫がくわえていました)
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間60匹・護岸1箇所190匹・犀川下流左岸15匹・ササゴイの池1匹・水車小屋1匹)、アカテガニ(犀川下流左岸3匹)


2016.7.6
カモメ類30羽+(犀川河口)
イワツバメ0羽
メヒシバ開花
ハマゴウ開花

コシアキトンボ25頭
ハグロトンボ9頭
ウチワヤンマ1頭(大池)
赤とんぼ15頭+(普正寺橋左岸の草地)
クサガメ1匹(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
(ササゴイの池でクサガメの記録があると、以前に伺っていましたが写真などでは初めて。)
●クサガメ
http://www.maniado.jp/community/neta.php?NETA_ID=15671
http://net1010.net/2014/06/id_9577/
http://ameblo.jp/soramitu-yamato/entry-11889480632.html
http://homepage3.nifty.com/japrep/kame/numagame/text/kusagame.htm

●イシガメ
http://net1010.net/img/1008/p100815-5.jpg
http://net1010.net/img/0805/p080520-1.jpg
http://matome.naver.jp/odai/2133783770841478201?&page=1
http://net1010.net/2010/08/id_1844/


カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間60匹・護岸1箇所140匹・ササゴイの池南2匹・犀川下流左岸7匹)、アカテガニ(犀川下流左岸4匹)


2016.7.5
カルガモ成鳥1羽・幼鳥5羽(犀川下流左岸)
ミツバ花
http://matsue-hana.com/hana/mituba.html
タブノキ実緑色(地上にも落ち始めました)
ヘクソカズラ(別名サオトメカズラ)開花
アオツヅラフジ開花
ハマゴウつぼみ

キリギリス(初認)
ウチワヤンマ1頭(大池)
クマバチ1羽(久々 ヤマハギの花に止まっていました)
コシアキトンボ22頭
ハグロトンボ9頭
アオダイショウ体長約1m
スズメバチ類(小型)1頭
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間95匹・護岸1箇所230匹・犀川下流左岸16匹・大池北1匹)、アカテガニ(犀川下流左岸3匹)


2016.7.2
カモメ類21羽(犀川河口)
イワツバメ(普正寺橋2羽)
スズメ砂浴び2羽(コゲラの小径 10時18分)
カワラヒワ10羽(二天橋西)
コムクドリ♂・♀タイプはカマキリをくわえて(写真あり)(情報より)
ネムノキ満開
マサキ満開
キカラスウリ花
コマツナギ開花
ヤマハギ満開
ネジバナ満開

ギンヤンマ1頭(ササゴイの池)
赤とんぼ(プールの東に11頭)
コシアキトンボ19頭
ハグロトンボ6頭
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間33匹・護岸1箇所105匹・犀川下流左岸6匹)、アカテガニ(0匹)


2016.7.1
カワセミ(ササゴイの池)(情報より)
モントブレチア(姫檜扇水仙)開花(写真あり)(情報より)


2016.6.30
カルガモ雛1羽(写真あり)(情報より)
トビ幼鳥(写真あり)(情報より)
カワセミ(ササゴイの池)(情報より)


2016.6.29
モズ♂幼鳥(砂山で採食)(写真あり)(情報より)


2016.6.28
オオタカ幼鳥1羽(樹上)(写真あり)(情報より)


2016.6.27
ツユクサ開花(写真あり)(情報より)


2016.6.26
ヤブコウジ花(写真あり)(情報より)
ヤマハギ開花(写真あり)(情報より)

ツマグロヒョウモン♂(写真あり)(情報より)
http://www.j-nature.jp/butterfly/zukan/aiueo_index.htm
http://insects.life.coocan.jp/Specimens/Tatehachou.htm
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%83%9E%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%92%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%83%A2%E3%83%B3
「雄の翅の表側はヒョウモンチョウ類に典型的な豹柄だが、後翅の外縁が黒く縁取られるので他種と区別できる。」


2016.6.24
サンショウクイ(写真あり)(情報より)
レース鳩の死骸1羽(観察日は不明)(足環より、北海道から愛知県までの1000kmに参加していたハトだそうです。)(写真あり)(情報より)
(インターネットで検索すると、5月15日に北海道北海道余市郡余市町から愛知県への1000kmのレースが掲載されていました。)
http://www.jrpa.or.jp/info/16haru-houkyubi.html
https://calendar.google.com/calendar/event?eid=Y3A0ajg5YmRibmg2MWVucGNhZzg1YmcwdDAgdGY5YXJmcG1wZDRsajIxdXA0ZmY3a21lNDhAZw&ctz=Asia/Tokyo
http://www.jrpa.or.jp/protect/index.html

キカラスウリ(開花)(写真あり)(情報より)
オカトラノオ(開花)(写真あり)(情報より)



2016.6.22
イワツバメ電線上35羽と多い
ツバメ電線上3羽
オオムシクイさえずり1羽(犀川下流左岸)
トビ幼鳥1羽(初認)(水田)
スズメ群れ25羽・巣立ち雛3羽
ネジバナ開花
クマバチ0頭
ハグロトンボ7頭
シオヤアブ1頭(初認)
ウチワヤンマ1頭(大池)
コシアキトンボ(野鳥園跡地3頭、大池19頭)
イシガメ1匹(コゲラの小径で深さ約2p程穴を掘っていたそうで、産卵を試みていたのでは?)(甲長20cm以上と大きいので♀なのでしょう。)(写真あり)(情報より)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%82%AC%E3%83%A1
http://cgi2.nhk.or.jp/darwin/broadcasting/detail.cgi?p=p466
http://www.eco-works.gr.jp/satooya_02.html
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間21匹・護岸1箇所44匹・犀川下流左岸4匹)、アカテガニ(犀川下流左岸1匹)


2016.6.21
カワラヒワ交尾(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)


2016.6.20
ツバメ電線上幼鳥5羽
イワツバメ電線上8羽
コムクドリ♂成鳥1羽♀タイプ4羽
ヒバリさえずり1羽
ミサゴ1羽
シジュウカラ幼鳥1羽
カワセミ(情報より)
ノブドウ開花
ニワウルシ実は薄茶色になり始めました
イタドリ満開

カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間23匹・護岸1箇所68匹・大池西3匹・犀川下流左岸9匹)、アカテガニ(ササゴイの池南1匹)


2016.6.19
スズメ巣立ち雛1羽
カワラヒワ幼鳥3羽+
シジュウカラさえずり5羽
ヒバリさえずり1羽
アオバトさえずり1羽

カルガモ大池♂1羽♀1羽
オオタカ幼鳥1羽(すぐ近くの樹上にカワラヒワ1羽も)(写真あり)(情報より)
キョウチクトウ満開
ブタナ花多い
キンギンボク実の多くは真っ赤になりました

ハグロトンボ1頭(初認)
コシアキトンボ大池7頭(大池以外では見掛けませんでした)

釣り船やボート34(普正寺海岸)
泳いでいる人も1名(普正寺海岸)



2016.6.17
スズメ群れ20羽+
イワツバメ11羽(飛翔2羽・電線上9羽)(普正寺橋)
ネムノキ2分咲き
マサキ開花
クマノミズキ満開
アカメガシワ8分咲き
イタドリ6分咲き
コナラ新葉多い(犀川中州)
ヨウシュヤマゴボウつぼみ
ツユクサ展葉
オニグルミ実緑色(実は大きくなりました)

虫の音(初認)
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間2匹・護岸1箇所41匹・ササゴイの池南1匹・犀川下流左岸2匹)、アカテガニ(犀川下流左岸1匹)


2016.6.16
エナガ成鳥(尾羽はまっすぐ)(写真あり)(情報より)
コムクドリ♂(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)
ウチワヤンマ(初認)(写真あり)(情報より)


2016.6.14
オオムシクイさえずり1羽
カワラヒワ幼鳥1羽
ツバメ電線上(成鳥1羽・幼鳥3羽)
トビ1羽(ピーピッピと大声で30秒ほど大声鳴く。威嚇の声?)(犀川下流左岸)
エゾムシクイさえずり1羽(二天橋で大声)(録音あり)(情報より)
ワルナスビ満開
ガクアジサイ満開(装飾花の萼片)
クマノミズキ5分咲き

コシアキトンボ24頭
カナヘビ1匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明(護岸までの約20m間1匹・護岸1箇所20匹・犀川下流左岸1匹・大池北匹・ササゴイの池南3匹(甲羅1cm程と小さい)、水車小屋西1匹(甲羅1cm程)・野鳥園跡地南3匹(甲羅1cm程))、アカテガニ(犀川下流左岸1匹)



2016.6.12
ウグイスさえずり1羽
シジュウカラさえずり4羽
カワラヒワ幼鳥3羽
アオバトさえずり1羽
ヒバリさえずり1羽
オオムシクイさえずり1羽
メジロさえずり1羽
スズメ巣立ち雛2羽(親鳥に餌をねだり食べていました)
カッコウ類1羽(情報より)
ゲンノショウコ満開
カラタチ実緑色(径約1.5cmとまだ小さい)
オニユリ(ムカゴまだ小さい)
ネズミモチ散り始め
キョウチクトウ開花
コバンソウ多くの実も茎も薄茶色に

コシアキトンボ26頭
クマバチ3頭
ミズジチョウ類1頭(初認)
ゴマダラチョウ1頭
カニ情報→護岸までの約20m間:クロベンケイガニ6匹、護岸1箇所:クロベンケイガニ7匹



2016.6.10
サンショウクイ(写真あり)(情報より)
オオタカ幼鳥(写真あり)(情報より)
コムクドリ(写真あり)(情報より)


2016.6.8
オオタカ幼鳥1羽(エノキの小径の西樹上)
カッコウさえずり1羽
ミサゴ1羽
キセキレイ1羽(大池)
メジロ地鳴き1羽
モズ♂幼鳥1羽
コムクドリ餌をくわえて1羽
コムクドリ♀タイプ(写真あり)(情報より)
カッコウ類(写真あり)(情報より)
カワセミ1羽(二天橋)(情報より)
ニワウルシ満開
アカメガシワつぼみ

犀川下流では、セイゴ(ススキ)・カレイ(小さい)などが釣れるそうです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BA%E3%82%AD_(%E9%AD%9A)



2016.6.7
イワツバメ17羽(かないわ病院上空)
アオバトさえずり1羽
オオタカ幼鳥1羽(エノキの小径の西樹上から南西へ)
イソヒヨドリ♂(写真あり)(情報より)
シュレーゲルアオガエル声(情報より)


2016.6.6
エナガ餌運搬(かなり大きな餌をくわえているので、巣立ち雛に対してかも?)(写真あり)(情報より)
ヒバリさえずり(写真あり)(情報より)


2016.6.4
オオタカ幼鳥1羽(森上空低く旋回しました。オナガなどが大騒ぎ。)
アオバトさえずり1羽
メジロ地鳴き1羽
オナガ4羽
コマツヨイグサ満開
ハマボウフウ満開
ハマヒルガオ満開
カモガヤ(花粉はほとんど飛んでいない様です)
ワルナスビ開花
ネズミモチ開花
ニワトコ実真っ赤
エビヅル展葉

ルリシジミ類1頭(初認)
スズメバチ類(小型)1頭
カニ情報→犀川左岸護岸ブロック1箇所:クロベンケイガニ3匹



2016.6.3
ゴマダラチョウ(初認)(写真あり)(情報より)
(幼虫の食草はエノキ。)
http://butterflyandsky.fan.coocan.jp/shubetsu/tateha/gomadara/gomad.html
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%9E%E3%83%80%E3%83%A9%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6
http://www.insects.jp/kon-tyogomadara.htm
http://www.j-nature.jp/butterfly/zukan/yochu/html/tateha07.htm



2016.6.2
オナガ(写真あり)(情報より)


2016.6.1
エゾセンニュウさえずり1羽(2014年以来)(犀川下流左岸 三差路から約150m下流 6時50分)(近くで大声でさえずってはいるのですが、いつもの様に、やぶの中にいて姿を見せてくれません。)
ウ類2羽(犀川中州の上空を北東へ 6時53分)(久々)
ヒバリさえずり1羽(第4駐車場)
ヒメジョン開花
マダケ(竹の子が多く出ています)
スイカヅラ散り始めました
イボタノキつぼみ〜散り盛ん
キンギンボク緑や赤の実
オオシマザクラ実の色ピンクから黒色。黒い実は地上に多く落ちています。
ブタクサ散り始め
チガヤ群生している白い花穂が揺れてきれい
ダイオウグミ赤い実が多くなりました
トサシモツケ花終わり
ノイバラ花

ウシガエル1匹(大池)
小さなアリの行列(アスファルト道上)(初認)
カニ情報→二天橋東:アカテガニ死骸1匹(甲羅が割れ上部とハサミのみ)



2016.5.31
コヨシキリさえずり1羽(ササゴイの池の南)(初認)
サメビタキ(写真あり)(情報より)
センダン満開(写真あり)(情報より)


2016.5.29
マミジロ♂(写真あり)(情報より)
コムクドリ♂(写真あり)(情報より)
メジロさえずり(写真あり)(情報より)(メジロも繁殖を期待しています)
オオタカ(情報より)
ミツバ花


2016.5.28
アオバトさえずり(情報より)
マミジロ(情報より)
ホトトギス(情報より)


2016.5.27
ノゴマ♀(写真あり)(情報より)
コムクドリ♂♀(写真あり)(情報より)
センダン開花(写真あり)(情報より)


2016.5.26
ホトトギスさえずり1羽(2羽+(1羽は♀赤色型)の情報も)
カッコウさえずり1羽
コムクドリ♀1羽
オナガ1羽
マミジロ♂(写真あり)(情報より)
オナガ(写真あり)(情報より)
ノゴマ♀1羽(二天橋)(写真あり)(情報より)
マミジロ♀1羽(二天橋)(写真あり)(情報より)
スイカヅラ満開
ホソムギ満開
ゲンノショウコ満開
サンゴジュつぼみ
グンバイナズナ開花
クロバナエンジュ開花
ソメイヨシノ紫と赤い実

クマバチ4頭
ウシガエル1匹(大池)
コシアキトンボ(初認)
カニ情報→野鳥園跡地南斜面:アカテガニ2匹・クロベンケイガニ2匹
三千坊跡北東:アカテガニ2匹、二天橋東:アカテガニ2匹・クロベンケイガニ1匹
犀川下流左岸のアスファルト道:アカテガニ1匹、犀川下流左岸の護岸(コンクリート製)1箇所:クロベンケイガニ15匹+とかなり多い。
護岸までの約20m間にも、アカテガニ3匹・クロベンケイガニ10匹



2016.5.24
オナガ2羽
クロツグミさえずり1羽
オオタカ幼鳥1羽(大池の東の梢)
コムクドリ♂7羽♀3羽(電線上)
ホトトギスさえずり1羽
ヒバリさえずり1羽
ミサゴ1羽(海上)
イソヒヨドリ♀タイプ1羽(テトラポッド)
コアジサシ3羽(犀川中州周辺で約4分間(7時45〜49分)に、5回ダイブを見せてくれました)(初認)
マミジロ♂(写真あり)(情報より)
コムクドリ♂(写真あり)(情報より)
マミジロキビタキ♂幼鳥1羽(情報より)(2014年5月10日の♂成鳥以来)
ハマダイコン実と花
コウゾリナ開花
ウツギ満開
カモガヤ満開
イヌビエ穂

ウシガエル1匹(大池)
ミシシッピアカミミガメ(1匹は大池から約8m離れた所で)



2016.5.23
イソヒヨドリ♂(写真あり)(情報より)
モズ幼鳥(写真あり)(情報より)


2016.5.22
ヒバリさえずり1羽
ウグイスさえずり1羽
オオムシクイさえずり1羽
オオヨシキリさえずり1羽
クロツグミさえずり1羽
キアシシギ1羽(初認)(テトラポッド)
ササゴイ1羽(犀川中州の樹木に止まりました。飛翔時も枝上でも頻繁に鳴いていました。)
スズメ巣立ち雛2羽に成鳥1羽が餌を与えていました。今年初。餌を1羽ずつに1回与えたところで人が近づき飛び立ちました。(プール東のアスファルト道上 7時48分)
エナガ(写真あり)(情報より)
オニグルミの実膨らみ始めました
ヒゲナガスズメノチャヒキ満開
ヒメジョオンつぼみ
ホゾムギ穂
クサイつぼみ
スイカズラ開花
サンショウ実緑色
ブタナ満開

ドジョウツナギ満開(犀川下流左岸で群生)
【ドジョウツナギ】花期5〜7月。
http://plants.minibird.jp/hydrophytes/plants/shissei/ta_gyou/dojyouTsunagi/dojyouTsunagi.html

【ヒロハノドジョウツナギ】花期7〜8月。葉鞘には、明瞭な格子紋がある。
http://plants.minibird.jp/hydrophytes/plants/shissei/ha_gyou/hirohanoDojyoutsunagi/hirohanoDojyoutsunagi.html

スズメバチ類(小型)1頭(初認)
ウシガエル1匹(大池)



2016.5.21
ヒバリさえずり1羽
ウグイスさえずり3羽(プールの北東・ポンプ小屋の北・正門の東)
オオムシクイさえずり1羽
サンコウチョウさえずり1羽(♀タイプの情報も)(情報より)
ツツドリさえずり1羽(情報より)
ホトトギスさえずり1羽(情報より)
カワセミ(情報より)
エゾビタキ(写真あり)(情報より)
イワツバメ(樹上で2羽。樹上での記録は初めてです。)(写真あり)(情報より)


トベラ満開
イボタノキつぼみ〜満開
クスノキ満開
ブタナ8分咲き
トサシモツケ満開
ハコネウツギ満開
マンテマ満開
マユミ散り始め
ヘラオオバコ満開
ゲンノショウコ満開
ノイバラ満開〜散り盛ん
カモガヤ花
カモジグサ開花
クズ展葉
オオバコ開花
チチゴグサ類開花
クマノミズキつぼみ

クマバチ6頭(1頭はイボタノキの花に止まっていました)
アワブキムシ類の泡が黒松に多い



2016.5.20
アトリ1羽(写真あり)(情報より)オオタカ幼鳥1羽(二天橋)(写真あり)(情報より)
ジュウイチ1羽(犀川下流左岸 ササゴイの池辺り)(写真あり)(情報より)
サメビタキ(写真あり)(情報より)
サンコウチョウさえずり1羽(情報より)
オオムシクイさえずり2羽(情報より)
ソウシチョウ1羽(二天橋 小川で長く水浴び 12時5分)(写真あり)(情報より)(野鳥ではありませんが、普正寺の森で初記録です。)
(「石川野鳥年鑑」の1987〜2013年の記録では、2011年1月3日に金沢市野田山で3羽の記録があります。)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%82%A6%E3%82%B7%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6
http://www.pref.ishikawa.lg.jp/sizen/gairaishu/sousityou.html
http://www.pref.ishikawa.lg.jp/sizen/gairaishu/sub04.html
http://www.bird-research.jp/1_shiryo/nakigoe.html
http://maroleopie.blog118.fc2.com/blog-entry-164.html
http://www.birdfan.net/pg/kind/ord18/%E3%82%BD%E3%82%A6%E3%82%B7%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6/
https://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/detail/20160.html
http://www5d.biglobe.ne.jp/~kogera/hogo/alian_sousicho.htm
http://www.biodic.go.jp/kiso/atlas/pdf/2.Characteristics.pdf#search='%E3%82%BD%E3%82%A6%E3%82%B7%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6++++%E7%9F%B3%E5%B7%9D%E7%9C%8C'


2016.5.19
エナガ(写真あり)(情報より)
メジロ(写真あり)(情報より)
コサメビタキ(写真あり)(情報より)
カッコウさえずり(情報より)
オオムシクイさえずり(初認)(情報より)
センダイムシクイさえずり(情報より)
ムギマキさえずり(情報より)


2016.5.18
マミチャジナイ(写真あり)(情報より)
コサメビタキさえずり(写真あり)(情報より)
コムクドリ♂(餌をくわえています。餌運搬?)(写真あり)(情報より)


2016.5.17
マミジロ♂1羽・♀1羽(♂はよくさえずっていた)(二天橋)(写真あり)(情報より)
アカショウビン1羽(小川 14時20分頃から15時)(小川に飛び込んでカニを捕食している様子を4回)(写真あり)(情報より)(声のみのアカショウビンの記録ではなく、赤くて大きな嘴が印象的でした。)
メジロさえずり(写真あり)(情報より)


2016.5.16
マミジロ♂(写真あり)(情報より)
シマゴマ1羽(情報より)


2016.5.15(今春のピークであった5月3日に比較すると今日は、個体数も非常に少なく、ムシクイ類や大形ツグミ類では1/20以下。ヒタキ類では1/10以下に減少している印象でした。でも、アカショウビンなども記録され、もう少しの期間、珍鳥が期待出来そうです。)
ジュウイチ成鳥1羽(珍しく姿も見せてくれました。さえずりもあり。)(エノキの小径)
コムクドリ♂1羽
ヒバリ1羽(プールの北)
トラツグミさえずり1羽(ササゴイの池の南)
大池にカルガモ♂3羽
ツツドリさえずり1羽
チュウサギ12羽(水田)
アマサギ2羽(水田)
アオサギ4羽(水田)
コサギ1羽(犀川橋下流の浅瀬)
オオヨシキリさえずり1羽
メジロさえずり5羽(150m以内は同一個体として)(5羽以上が、さえずっていたのは初めてでは?)
オオルリ♂1羽(情報より)
キマユムシクイ1羽(二天橋)(さえずりもあり)(情報より)
ノゴマ1羽(二天橋 14時25分)(写真あり)(情報より)
カッコウ1羽(初認)(写真あり)(情報より)
アカショウビン1羽(9時過ぎに三千坊跡と、10時過ぎに二天橋下流)(情報より)(2010年6月3日以来久々。1990年からの27年で、8年に記録があります。)
マミジロ(情報より)
マミチャジナイ(情報より)
アカハラ(情報より)
サンコウチョウ(情報より)
コサメビタキ(写真あり)(情報より)
コルリ(情報より)
センダイムシクイ(写真あり)(情報より)
イチゴツナギ満開
マユミ満開
カモガヤ(花粉が飛んでいる様です)
カマツカ散り盛ん
コバンソウの穂も茶色を帯び始めました
キリ(花の多くが散りました)
ノビル(花芽)

コイ産卵(初認)(大池)
カニ情報→アカテガニ(犀川下流左岸 1匹)



2016.5.14
シロハラホオジロ♀1羽(14時50分 二天橋)(写真あり)(情報より)
オオルリ♀1羽(二天橋)(写真あり)(情報より)
コサメビタキ1羽(二天橋)(写真あり)(情報より)
キマユムシクイ1羽(初認)(水車小屋)(情報より)(1990年からの27年で、14年に記録があります。)
センダイムシクイさえずり(写真あり)(情報より)
シロハラ(情報より)
アカハラ(情報より)
キビタキ♂(情報より)
コムクドリ♂♀(情報より)
サンショウクイ♂♀(情報より)
コサメビタキ(情報より)
メジロ(情報より)


2016.5.13
チュウサギ13羽(水田 かなり多い。ただ、コサギがいないのが気掛かり。)
ダイサギ1羽(水田 まだ嘴は黄色でした)
チュウシャクシギ2羽(水田)(2014年5月6日以来)
キビタキ♂幼鳥(写真あり)(情報より)
メジロ(写真あり)(情報より)
マヒワ(写真あり)(情報より)


2016.5.12(野鳥は個体数も種類数も少なく、お祭りの後のような静かな森でした。それでも久々にシマゴマの声が聞け楽しめました。)
シマゴマ1羽(水車小屋北東約50m 大声であの特徴ある声でさえずっていました。)(姿を見かけた方も数名おられます。珍しくやぶの中ではなく、約5mの高い樹上でもさえずっていたそうです。)
マミジロ♂幼鳥1羽(水車小屋)(♂成鳥1羽の情報も)
マヒワ2羽(水車小屋)
アマサギ1羽(水田)
チュウサギ2羽(水田)
キセキレイ1羽(水車小屋)
マミチャジナイ1羽
ヒドリガモ♂1羽(犀川下流)
イワツバメ(普正寺橋 9羽)
コムクドリ♂1羽♀1羽
オオヨシキリさえずり1羽(初認 大声でさえずっていました)(大池の中ノ島では、非常に珍しい。)(1990年からでは、最も遅い初認日)
キンクロハジロ♂4羽・♀5羽・ホシハジロ♂1羽(犀川橋〜普正寺橋)
スズメの成鳥が少しづつ増えてきました
大池にカルガモ♂2羽
アオジ♀1羽(さえずり1羽の情報も)
キビタキ♀1羽
コサメビタキ1羽
センダイムシクイ1羽(情報より)
コルリさえずり1羽(情報より)
ツツドリ赤色型♀1羽(情報より)
サンコウチョウさえずり1羽(野鳥園跡地)(情報より)
チガヤ 満開
マユミ 3分咲き
コマユミ 散り盛ん
ニセアカシア(犀川下流左岸や林内満開〜散り始め・野鳥園跡地散り盛ん)
エノキ 実緑色
コバンソウ 茎が赤味色になって来ました
ウツギつぼみ

カナヘビ1匹
クマバチ43頭(争い?2頭)
クロアゲハ1頭(初認)(後翅上部に白い紋はなく♀と思われます)(カラスアゲハの様に、翅表面が青や緑に輝きはありませんでした)(ナガバアゲハの様に尾状突起は長くない)

カニ情報→アカテガニ(犀川下流左岸 1匹)
アカテガニ?(脚など全身が赤茶色 1匹 二天橋東約50m)
クロベンケイガニ(小径で初認)(犀川下流左岸で死骸。バイクなどに踏まれた?)
クロベンケイガニ(死骸 甲羅が真っ二つに割れていました。まだ新しい。水車小屋近くの小径)



2016.5.11曇りのち雨
セイタカシギ1羽(森の上空通過)(初認)(情報より)
ヤツガシラ1羽(ササゴイの池の南、犀川左岸から右岸へ飛翔)(初認)(情報より)
イソシギ1羽(犀川下流右岸)(初認)(情報より)
コチドリ1羽(犀川下流右岸)(初認)(情報より)


2016.5.10
マミジロ♂幼鳥(写真あり)(情報より)
サンショウクイ(写真あり)(情報より)
マミチャジナイ(写真あり)(情報より)
アカハラ幼鳥(写真あり)(情報より)


2016.5.9
シマゴマ1羽(初認)(情報より)(2014年5月17日以来久々)


2016.5.8(今日の野鳥は51種)
(今春のピークは5月3日だった様で、今後は個体数・種類数共に急激に減少すると思われます。
ただ、クイナ・アカガシラサギ・コウライウグイス・マミジロキビタキなどの珍鳥は、まだ期待しています。

5月2〜4日は、25℃を超える夏日で、南寄りの強い風も続きました。
5月3日には、強風のため石川県能美市の九谷焼茶碗祭りは、午後から中止になりました(108回で初めて)。能登町の「小木とも旗祭り」では「とも旗」の支柱が折れました。JRでは強風のため列車ダイヤが大きく乱れ、金沢駅で足止めされた利用者のために、寝泊まり出来るように、特急列車2本を「ホテル」として開放されました。
富山県砺波市の「となみチューリップフェア」では、強風のため3日午後1時半から臨時休園。65回目のフェアで強風による閉園は初めてだったそうです。

5月上旬の普正寺の森(石川県)では、25℃を超える夏日で気温が非常に高く、南寄りの強風の日にも、渡りのピークになりそうです。そして、そのような風が吹くのは、強い低気圧(温暖前線)が近づく日なのでは?
http://www.tenki.jp/past/2016/05/?selected_type=chart

キジ
オシドリ♂成鳥1羽・♀1羽(11時10分 犀川中州の樹上)(水面より50cm以下の低い枝で。17時頃にもほぼ同じ位置で観察しました。)(5月上旬のオシドリの記録は少ないと思います。)
ヨシガモ♂成鳥1羽・♀3羽(♂成鳥1羽・♀4羽の写真も頂きました)(犀川下流)(ヨシガモの5月の記録も少ないと思います。)
カルガモ
コガモ♂3羽♀3羽(犀川下流)
ホシハジロ♂3羽(犀川下流)
キンクロハジロ11羽(犀川下流)
キジバトさえずり1羽
アオサギ
チュウサギ4羽(嘴黒色)(水田)
ダイサギ1羽(嘴はまだ黄色でした)(水田)
ジュウイチさえずり1羽
ツツドリさえずり1羽
ケリ1羽(第4駐車場の上空を北東へ3羽が移動の情報も。この辺りでは初記録)
シロチドリ2羽(カモメの浜)(写真あり)(情報より)
ウミネコ2羽

トビ(犀川左岸の三差路周辺で、トビに最近襲われた情報があります。雛がふ化したためだと思います。昨年6月11日も同所で、襲われる事がありました。)(木陰にいても横から襲われる事もあり、危険です!注意をお願いします。)
(トビは、ふ化後巣立ちまで約42日。巣立ち後の巣外育雛期間は82〜92日だそうです。)
【Wikipediaより】→「トビに襲われないようにするには、……透明でない傘で背後を隠すのがいいと言われている。」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%93

オオタカ幼鳥1羽・♀成鳥1羽(幼鳥は写真もあり)(情報より)
コゲラ
サンショウクイ1羽(情報より)
サンコウチョウ♂成鳥1羽(夕方にも水車小屋で)(情報より)
モズ
オナガ2羽+
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ヤマガラさえずり1羽(夕方小川にも)
シジュウカラ
ヒバリさえずり1羽
ツバメ
イワツバメ
ヒヨドリ(多くが渡っていました)
ウグイスさえずり1羽
エナガ2羽(尾羽はまっすぐでした)
エゾムシクイさえずり1羽
センダイムシクイさえずり2羽
メジロ(1羽は長くさえずり)
ムクドリ(1羽が餌をくわえて、森から普正寺橋の方向へ)
コムクドリ♂♀(情報より)
マミチャジナイ1羽
アカハラ(情報より)
コマドリ♂1羽(水車小屋)(さえずりの情報も)
コルリさえずり2羽(水車小屋では♀1羽)
コサメビタキ(情報より)
キビタキ♂幼鳥1羽(18時46分にも♀1羽が水浴び)
ムギマキ♂幼鳥1羽・♀1羽(情報より)
オオルリ♂成鳥1羽・♀1羽(さえずり1羽)
スズメ
ハクセキレイ
カワラヒワ
ホオジロ
アオジ(情報より)

ササゴイの池のカモ類→カルガモ3羽
レース鳩?(約40羽が一直線で北東へ(プールの東、高さ約40m 5時53分)
キンギンボク散り激しい(白花3割・黄花7割)
トベラ開花
イチゴツナギ開花
ヨモギ展葉
カモジグサ穂
イボタノキ開花
ノブドウ展葉
ゲンノショウコ満開
キショウブ散り始め 
クマノミズキつぼみ
ハマヒルガオ花
ブタナ開花

カラタチ実と花(白い花が5個。まだ小さく1cm程の緑色の実も生っていました)(コゲラの小径)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%82%BF%E3%83%81
http://www.naro.affrc.go.jp/fruit/itiosi/2012/030678.html


ニセアカシア(野鳥園跡地満開・犀川下流左岸8分咲き)
【Wikipediaより】
○ニセアカシア→北米原産のマメ科ハリエンジュ属の落葉高木。和名はハリエンジュ(針槐)。
日本には1873年に渡来した。用途は街路樹、公園樹、砂防・土止めに植栽、材は器具用等に用いられる。
一般的に使われる名称であるニセアカシアは、種小名の「偽のアカシア」を直訳したものである。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%BB%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%B7%E3%82%A2

○アカシア→マメ科ネムノキ亜科のアカシア属の総称。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%B7%E3%82%A2
http://www.agr.niigata-u.ac.jp/fc/PDF/book.niseakashia.pdf

シュレーゲルアオガエル?1匹(大池)(19時35分にも鳴いていました)
ギンヤンマ1頭(初認)(ササゴイの池)
テントウムシ類(初認)
アワブキムシ類(初認)

カニ情報→アカテガニ(甲羅幅約2cm)の死骸(野鳥園跡地南のアスファルト道上)。
16時50分 アカテガニの殻を、ハシブトガラスが小川下流でくわえていました。その前にハシブトガラスが土に嘴を深く入れているようでした。その後、何かをむしり取っているような行動もありました。カニの殻も新しく、土中にいたカニを嘴で捕まえ、身を食べた後、殻をくわえ上げた印象でした。
野良猫情報→18時6分、犀川下流左岸の三差路付近で1匹。
19時9分、二天橋の西10mに1匹。
日中に小川の下流に、野良猫がいて困ったと伺いました。今後その様な時には、猫の近くまで近づいてください。



2016.5.7(最高気温22.1℃・最低気温14.4℃・最大瞬間風速15.3m西)
(今朝も静かな森でした)

コルリさえずり2羽
メジロさえずり1羽(長時間さえずっています)
エゾムシクイさえずり1羽
キビタキ♂成鳥1羽・♂幼鳥1羽(♀の情報も)
オオルリ♀1羽(♂の情報も)
ササゴイの池のカモ類→カルガモ3羽
大形ツグミ類群れ6羽(マミチャジナイ3羽・アカハラ3羽)
ツツドリさえずり1羽
コサメビタキ1羽
チュウサギ1羽(水田)
センダイムシクイ(情報より)
ジュウイチ1羽(18時57分にもさえずり) 
サンコウチョウ♂成鳥2羽・♀タイプ1羽(写真あり)(情報より)
コムクドリ♂1羽(情報より)
ムギマキ♂成鳥1羽・♂幼鳥4羽+(情報より)
ノゴマ♂1羽(情報より)
コマドリ(情報より)
エナガ1羽(尾羽に曲がりはなし)(情報より)
ヨシガモ♂1羽♀2羽(犀川下流)(情報より)
ニセアカシア6分咲き(野鳥園跡地)
マユミ開花
シャガ花
ツクバネウツギ満開
ヤマフジ散り盛ん
フジ散り盛ん
シロバナヤマフジ散り盛ん

シュレーゲルアオガエル?1匹(早朝や夕方にも鳴いているが、今日も連続して長くは鳴かない)(大池)
http://uns.music.coocan.jp/kaeruSWF/schlegelAo-Kaeru.html
http://kaerudouga.web.fc2.com/schlegelao.html
http://www.hitohaku.jp/material/l-material/frog/zukan/shuregeru.html
http://www.hkr.ne.jp/~rieokun/frog/schlegel.htm

アカテガニ1匹(小径で初認)(18時56分 水車小屋の東約30mの小径で)(甲羅の幅約3cm)(コゲラの小径の中程でも1匹観察された情報も)


2016.5.6(最高気温24.8℃・最低気温13.2℃・最大瞬間風速18.3m南西)(日の出時刻4時55分、日の入り時刻18時46分)
コルリ♀(写真あり)(情報より)
オオルリ♀(写真あり)(情報より)
メジロ群れ(写真あり)(情報より)
コムクドリ♀(写真あり)(情報より)
オオタカ幼鳥1羽(ハシブトガラス1羽と争い)(写真あり)(情報より)
ジュウイチ(野鳥園跡地)(情報より)
ツツドリさえずり(情報より)
キビタキ♂♀(情報より)
オオルリ♂♀(情報より)
コサメビタキ(情報より)
メジロ(情報より)
エナガ(情報より)
コルリ♂♀(情報より)
マミチャジナイ(情報より)
アカハラ(情報より)
マミジロ♂・♀(写真あり)(情報より)
ムギマキ♂成鳥(二天橋)(情報より)
ムシクイ類多数(情報より)
マミジロ♀1羽(写真あり)(情報より)


2016.5.5(最高気温20.1℃・最低気温14.3℃・最大瞬間風速20.5m西南西)
http://www.tenki.jp/past/2016/05/05/chart/
(今朝は、私が普正寺の森で観察を始めた1990年以降の雨天日以外では、最も個体数も種類数も少ない5月5日の早朝でした。
5月4日の夕方には、二天橋や水車小屋で、ツグミ類・ヒタキ類・ムシクイ類が、充分楽しめるくらい姿を見せてくれました。
しかし、5月5日は、まだ暗い4時13分から、普正寺の森で観察を始めたのですが、午前中はオオルリやキビタキを観察された方もいなくて驚きました。
5日の午前は、ツグミ類・ヒタキ類・ムシクイ類も激減しており、そしてカモ類も非常に少なくなり、カモメ類やオオバンも1羽も観察されませんでした。

ただ、これらの記録からも、5月4〜5日の夜間は、小鳥の渡りには非常に適していたと考えています。
夜間に小鳥が渡っている事も実感できました。
そして、普正寺の森(石川県加賀地方)から、渡去するには非常に良い条件だったために、4日に多くいた小鳥たちが、5日早朝には激減したと考えられます。
しかし、普正寺の森に渡来するには、適していない気象条件だったのでしょう。
石川県白山市の若宮公園でも、5月5日早朝は少なかったと伺っています。石川県の加賀地方では、同じ状況だったとも考えられます。

これまでも5月上旬に、この様な事がありました。その要因は?
風向・風力・最高気温・最低気温・気圧の変化・高気圧や低気圧(前線)の位置・星の有無・渡りを始めると思われる日の入り1時間後の気象条件など、主な渡来や渡去の要因は何なのでしょう?
非常に難しいテーマであり、今後も悩むのでしょうが、それもまた楽しみです。


イワツバメ(野鳥園跡地の上空で22羽)
キンクロハジロ7羽・ホシハジロ0羽(犀川橋〜普正寺橋)
カンムリカイツブリ繁殖羽1羽(犀川下流)
オオタカ幼鳥1羽(6時35分 森上空)
ジュウイチさえずり1羽(8時7分 エノキの小径)
ササゴイの池のカモ類→カルガモ♂1羽・♀1羽
チュウサギ1羽(水田)
ケリ1羽(8時20分 轟橋上空を南西へ。この周辺では初めて)
ツグミ1羽
キビタキ♀1羽(18時46分のかなり暗くなってからも、盛んに水浴びをしていました)
コサギ1羽(水田)
コルリさえずり2羽
センダイムシクイさえずり2羽
オオルリ♀1羽(情報より)
ツツドリ1羽(情報より)
サンコウチョウ♂成鳥1羽
(17時50分頃 水車小屋側の小川でようやく、5日としては初めて観察されました)(写真あり)(情報より)
ノゴマ♂1羽(情報より)
ムギマキ♂成鳥1羽(水車小屋)(写真あり)(情報より)
オオソリハシシギまたはオグロシギ1羽(上空通過)(情報より)
マミジロ♂(情報より)
ヤマガラ(情報より)
ゴイサギ1羽(19時21分 鳴きながら普正寺橋上空を北東へ)
18時35分に、二天橋の西約40mの小径で、ツグミ類12羽が採食(マミチャジナイ8羽・アカハラ3羽・シロハラ1羽)
ハナヌカススキ花
ノイバラ開花
チガヤ開花
カキツバタ開花
ツツジ類満開
イボタノキ開花
トウバナ開花
シロダモの新葉も毛が取れ始め、緑色に変化し始めていました。
カマツカ1分咲き
ヘビイチゴ花と実
キンギンボク散り盛ん(白花1割・黄花9割)

カナヘビ1匹(体長約10cm・まだ細くてかわいい)(初認)
シオカラトンボ?1頭(トンボ類初認)
アオスジアゲハ1頭(初認)
アオダイショウ1匹(ササゴイの池を横断していました)
アサギマダラ1羽(14時37分 三千坊跡の東)(初認)(情報より)

http://www.j-nature.jp/butterfly/zukan/madara01.htm
http://home.r07.itscom.net/miyazaki/zakki/asagimadara.html
「この蝶は秋になると本州から南西諸島へと、春とは逆の方向へ旅することが分ってきた。どうも春から秋にかけての暖かい季節には本州で暮らし、晩秋から冬にかけての寒い季節には暖かい南の島で暮らしているようなのである。
その点は渡り鳥とよく似ている。しかし渡り鳥と異なるのは、北上するグループと南下するグループとが違う世代に属することだ。アサギマダラは、春に本州で発生した世代は秋に成蝶になって南へと移動する。そしてそこで卵を産んだ後は南の島で一生を終える。秋に発生した子どもの世代は翌年の春に成蝶となって、北へと移動する。そしてそこで卵を産んで、次の世代が再び南へと向かうのを待つ。」
http://animal.hix05.com/10insect/insect01.asagi.html



2016.5.4(最高気温25.4℃・最低気温13.7℃・最大瞬間風速27.7m南西)
http://www.tenki.jp/past/2016/05/04/chart/

キンクロハジロ18羽・ホシハジロ♀1羽(犀川橋〜普正寺橋)
チュウサギ2羽(水田)
アマサギ1羽(水田)
ヒドリガモ♂1羽(犀川橋上流)
イソヒヨドリ♀1羽
ヒバリさえずり1羽
カモメ類1羽(セグロカモメ成鳥)(犀川河口)
キビタキ♂成鳥1羽・♀1羽
オオルリ♂1羽(♀の情報も)(18時55分のかなり暗い時刻にも水浴び)
カイツブリ繁殖羽1羽(大池)(久々)
ヤブサメ1羽(二天橋)
ウグイスさえずり4羽(二天橋で18時29分にもさえずっていました)
コルリさえずり2羽
エゾムシクイさえずり2羽
センダイムシクイさえずり2羽
アオジ♂1羽♀1羽
二天橋での大形ツグミ類のピークは、18時25分でした(マミチャジナイ・アカハラ・シロハラ)
ゴイサギ1羽(19時7分に声)
コサメビタキ(情報より)
ツツドリさえずり(情報より)
ヤマガラ1羽(小川)(情報より)
クロツグミさえずり(情報より)
トラツグミ1羽(18時19分 二天橋)(情報より)
サンコウチョウ♂2羽(情報より)
ジュウイチさえずり1羽(ササゴイの池)(情報より)
シロツメクサ満開
ニセアカシア開花
カマツカつぼみ



2016.5.3(最高気温28.2℃・最低気温14.6℃・最大瞬間風速15.7m南西)
(今日の野鳥は64種)
(今朝は、サンコウチョウ・ジュウイチ・アオバトのさえずりも聞けて、センダイムシクイも多く、楽しめました。)

キジさえずり1羽
カルガモ
コガモ
ホシハジロ
キンクロハジロ
キジバトさえずり1羽
アオバトさえずり1羽
(♀の写真も)
アマサギ
アオサギ
ダイサギ
チュウサギ2羽(森上空)
コサギ
オオバン
ジュウイチさえずり1羽

ツツドリさえずり1羽(情報より)
ウミネコ
カモメ成鳥1羽(久々)(森南の砂浜上)
セグロカモメ
ミサゴ1羽
トビ
コゲラ
サンショウクイ
サンコウチョウ♂さえずり1羽
(二天橋)(二天橋で2羽がさえずりあい。♀タイプ1羽。ササゴイの池の東でも♂が観察されています。エノキの小径で♂成鳥3羽を同時に観察の情報も。)
モズ(情報より)
オナガ1羽
ハシボソガラス
ハシブトガラス
シジュウカラさえずり4羽
ヒバリさえずり1羽
ツバメ
イワツバメ
ヒヨドリ(6時2〜50分に254羽が渡って行きました)
ウグイスさえずり4羽
ヤブサメ(情報より)
エナガ
エゾムシクイさえずり1羽
センダイムシクイさえずり5羽(さえずりは少ないのですが、個体数がかなり多い。♀が多くなっているのでは?)
メジロさえずり1羽
ムクドリ
コムクドリ♂2羽♀1羽
大形ツグミ類(クロツグミを除く)さえずり1羽
マミジロ♂1羽(二天橋)(情報より)
トラツグミ1羽(情報より)
クロツグミさえずり1羽(ササゴイの池の南)
マミチャジナイ2羽
シロハラ3羽(小川)
アカハラ1羽
ツグミ(情報より)
コマドリさえずり(情報より)
コルリさえずり3羽(♀1羽の情報も)
ルリビタキ♀タイプ1羽(情報より)
コサメビタキ
キビタキさえずり1羽
ムギマキ♂1羽(ササゴイの池の南)(情報より)
オオルリ
スズメ
ハクセキレイ
セグロセキレイ(情報より)
カワラヒワ(ズビー音3羽、ビィーン音3羽
シメ(情報より)
ホオジロさえずり2羽
シロハラホオジロ(情報より)
ノジコ(野鳥園跡地)(写真あり)(情報より)
アオジ
クロジ(情報より)

ハマエンドウ満開
ニセアカシアつぼみ
メマツヨイグサ開葉
コマツヨイグサ開花
ノイバラつぼみ
ツクバネウツギ満開
タブノキ3分咲き
オニタビラコ満開
ヘクソカズラ展葉
シラスゲ満開
スイバ満開
ヤマフジ満開
フジ満開(大池南の棚)
シロバナヤマフジ満開(大池南の棚)

アオダイショウ(体長約1.2m)ヘビ類初認


2016.5.2(最高気温25.4℃・最低気温12.0℃・最大瞬間風速8.8m西南西)
(今日も野鳥はかなり少なかったそうです。)
http://www.tenki.jp/guide/chart/forecast.html
https://www.windyty.com/?clouds,2016-05-03-21,36.227,137.593,5

ヨシガモ♂1羽♀2羽(久々)(犀川下流 中州付近)(写真あり)(情報より)
キビタキ♂1羽♀1羽(二天橋)(写真あり)(情報より)
ヤブサメ1羽(二天橋)(写真あり)(情報より)
アカハラやマミチャジナイ多い(写真あり)(情報より)
シロハラホオジロ♂成鳥1羽(喉や頬も真っ黒)(二天橋で水浴び 13時15分)(写真あり)(情報より)


2016.5.1(最高気温21.0℃・最低気温12.4℃・最大瞬間風速19.5m西南西)
コルリさえずり1羽(早朝には多くさえずっていたとの情報もあります)
オオルリ♂1羽(♀の情報も)
サンショウクイ1羽
アオジさえずり1羽
大形ツグミ類(クロツグミを除く)さえずり1羽(アカハラ?)
クロツグミさえずり1羽(♂♀複数の情報も)
センダイムシクイさえずり2羽
ツグミ1羽
カモメ類1羽(犀川河口)
キビタキ(情報より)
コマドリさえずり(情報より)
シロハラホオジロ1羽(二天橋 14時ごろ水浴びあり)(情報より)
コゲラ♂1羽(二天橋)(写真あり)(情報より)
キショウブ6分咲き
ヤマフジ満開
チマキザサ満開
カモガヤ穂(花粉も飛んでいる様です)

シュレーゲルアオガエル?1匹(大声で、甲高く弾むような声)(大池)
http://uns.music.coocan.jp/kaeruSWF/schlegelAo-Kaeru.html
http://uns.music.coocan.jp/kaeruSWF/moriAo-Kaeru.html


2016.4.30
ジュウイチさえずり2羽(ササゴイの池周辺 8時20分頃)(情報より)
マミジロ♂1羽(初認)(情報より)


2016.4.29
キンクロハジロ47羽・ホシハジロ♂3羽(犀川橋〜普正寺橋)
キビタキ♂1羽(二天橋)
オオルリ♂成鳥1羽(二天橋)
クロツグミさえずり1羽(小川)
大形ツグミ類(クロツグミを除く)さえずり2羽(アカハラ?シロハラ?)
ハシボソガラス枯れ枝約30cmをくわえて巣材運搬
イワツバメ5羽(普正寺橋)
カモメ類8羽(犀川河口)
アオジ(プールの北東で4羽・小川に東で6羽)
コマドリさえずり1羽(小川)(情報より)
シメ1羽(情報より)
メジロ(写真あり)(情報より)
コムクドリ数羽(写真あり)(情報より)
コルリ♂(初認)(情報より)
ヤブサメ1羽(二天橋)(写真あり)(情報より)
ノゴマ♂1羽(二天橋 水場に出る前と去った後の2回さえずりがありました)(写真あり)(情報より)
マミジロ1羽(二天橋)(情報より)
アカハラ3羽(二天橋)(情報より)
カワセミ♀1羽(二天橋)(写真あり)(情報より)
カラアカハラ1羽(小川)(写真あり)(情報より)
チマキザサつぼみ
ヤマグワ満開
コマユミ5分咲き
カラタチ2分咲き
ヤマコウバシ満開
ムラサキケマン満開
カキドオシ満開
ネズミモチつぼみ
オニグルミ雄花序の落下多く、雌花序は満開
ヒメオドリコソウ満開
シャク花と実
シャガ花
ヤエムグラ満開
キンギンボク満開(白花7割・黄花3割)
アキグミ満開
コメツブツメクサ満開
タチイヌノフグリつぼみ
ソメイヨシノやオオシマザクラの実が少し赤くなりました
ヤブニンジン実と花
ヤマフジ8分咲き
ウワミズザクラ満開
イヌツゲ新葉
サンショウ満開
エゾタンポポ満開
ハゼノキつぼみ
タブノキ混芽が展開


2016.4.27
ダイサギ(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
アカハラ幼鳥(小川)(写真あり)(情報より)
キビタキ幼鳥(写真あり)(情報より)
オオタカ幼鳥1羽(二天橋で水浴び)(写真あり)(情報より)
キビタキ♀1羽(二天橋)(写真あり)(情報より)


2016.4.26
ヤブサメ1羽(二天橋)(写真あり)(情報より)
クロツグミ♂・♀1羽(二天橋)(写真あり)(情報より)
ノゴマ♂1羽(初認)(二天橋)(写真あり)(情報より)
オオルリ♂成鳥(写真あり)(情報より)
キビタキ♂(写真あり)(情報より)
メジロ(写真あり)(情報より)


2016.4.25
オオルリ♂成鳥(写真あり)(情報より)
キビタキ♂(写真あり)(情報より)


2016.4.24
コマドリさえずり2羽
ウグイスさえずり6羽
メジロさえずり1羽
ヒバリさえずり1羽
大形ツグミ類(クロツグミを除く)さえずり1羽(アカハラ?)
センダイムシクイさえずり1羽
ツグミ3羽
オオバン4羽(犀川下流)
キンクロハジロ30羽・ホシハジロ♂2羽♀1羽(犀川橋〜普正寺橋)
イワツバメ(普正寺橋6羽・プール上空4羽・水田12羽(水田の泥をついばみ、次々と普正寺橋の方向へ飛んで行きます))
カモメ類1羽(犀川河口)
ヤブサメ1羽(二天橋)
オオルリ♂1羽♀1羽(二天橋)
チュウサギ10羽(水田)
コサギ5羽(水田)
アオサギのコロニーには、巣が8個(他に1/4完成の巣もあります)。抱卵姿勢3羽。(普正寺の森の南。佐奇森町ル)
シロハラホオジロ♀1羽
(二天橋)(情報より)
カラアカハラ1羽(小川)(初認)(写真あり)(情報より)
カタバミ花
コバンソウ6分咲き
ヌルデ新葉
コナラ満開
コマユミ開花
イボタノキつぼみ
サンショウ満開



2016.4.23
コマドリさえずり4羽(150m以内は、鳴き合い等がなければ同一個体としました)
ウグイスさえずり6羽
エゾムシクイさえずり1羽
センダイムシクイさえずり2羽
ヤブサメさえずり2羽
大形ツグミ類(クロツグミを除く)さえずり2羽(アカハラ?1羽・シロハラ?1羽)
クロツグミさえずり1羽(小川の東)
ツグミ1羽
ミサゴ1羽
ジョウビタキ♂1羽
アカハラ1羽
クロツグミさえずり1羽
ゴイサギ成鳥1羽(初認)(小川)
メジロさえずり1羽
オオルリ♀1羽(♂の情報も)
アオジ♂5羽♀1羽
ルリビタキ♀タイプ2羽
キンクロハジロ24羽・ホシハジロ♂3羽♀1羽(犀川橋〜普正寺橋)
オオバン2羽(犀川下流)
バン2羽(犀川下流:中州の西)
カモメ類21羽(犀川河口)
アオサギの巣で、抱卵?姿勢1羽
チュウサギ9羽(飾り羽あり・嘴黒色)(水田)
コサギ7羽(換羽あり)(1羽は目先ピンク色の婚姻色になっていました)(水田)
ダイサギ1羽(嘴黄色)(水田)
キビタキ♂1羽(写真あり)(情報より)
エナガ(写真あり)(情報より)
カシラダカ♀1羽(写真あり)(情報より)
クマノミズキ開葉
クロマツ開花(花粉が多く飛んでいました)
ヤエザクラ満開
ウワミズザクラ開花
ナワシログミ新葉
ヤブニンジン花と実
ヤマフジ開花
キショウブ開花
アオキ散り盛ん
オニタビラコ開花
シャク満開
カラスノエンドウ開花
アケビ満開
キンギンボク1分咲き(白花10割・黄花0割)
アキグミ4分咲き



2016.4.22(6-18時:雨のち曇り・18-6時:薄曇り一時晴れ)
シロハラホオジロ♀1羽
(喉の黒味は少なく、頬に褐色味があります)(小川)(写真あり)(情報より)
マミチャジナイ(情報より)


※以下は、情報による21日または22日の記録です。
ゴイサギ
コサギ
バン
ケリ
アメリカヒドリ
コチドリ
タシギ
イソシギ
ユリカモメ
カモメ
オオセグロカモメ
コアジサシ
ミサゴ)(写真あり)
チュウヒ(約1.5km北の金石海原で飛翔。参考記録)
オオタカ
ヤツガシラ1羽(ササゴイの池の南を、犀川左岸から右岸へ飛翔)
カワセミ
ヤマガラ
エゾムシクイ
ノビタキ
イソヒヨドリ
ビンズイ
イカル


2016.4.21(6-18時:曇りのち雨・18-6時:雨一時曇り)
ウグイスさえずり4羽
ヒバリさえずり1羽
コマドリさえずり2羽

センダイムシクイさえずり1羽
エゾムシクイさえずり1羽(初認)(犀川下流左岸)
カモメ類14羽(犀川河口)
キセキレイ♀タイプ1羽(小川)
クロツグミさえずり1羽
オオルリ♂成鳥1羽(犀川下流左岸)
シメ1羽
クロジ♀1羽(エノキの小径)
ヤブサメ1羽(エノキの小径)
アカハラ2羽(エノキの小径)
ササゴイの池のカモ類→カルガモ♂1羽
オオバン5羽(犀川下流)
キンクロハジロ31羽・ホシハジロ♂9羽♀1羽(犀川橋〜普正寺橋)
イワツバメ8羽(普正寺橋)
チュウサギ4羽(初認)(水田)
サンショウクイ2羽
シロハラホオジロ♂1羽
(二天橋)(情報より)
キビタキ♂(写真あり)(情報より)
ハイタカ(写真あり)(情報より)
カキドオシ満開
コバンソウ開花
ハマダイコン3分咲き
ウンラン開葉
ニガナ開花
エノキ満開
フジつぼみ
シロバナヤマフジ開花
ヤマフジつぼみ
ムラサキケマン開花
キンギンボク開花
シャガ花
イチゴツナギ穂
シロバナタンポポ花と実
ツルニチニチソウ8分咲き

クマバチ13頭


2016.4.20(6-18時:晴れのち薄曇り・18-6時:曇り一時晴れ)
シロハラホオジロ♀1羽
(喉の黒味は少なく、頬に褐色味があります)(小川)(写真あり)(情報より)
ルリビタキ♀タイプ(写真あり)(情報より)
コムクドリ♂(初認)(写真あり)(情報より)


2016.4.19
シロハラホオジロ♂1羽・♀1羽
(二天橋)(初認)(写真あり)(情報より)
アトリ♀1羽(二天橋)(写真あり)(情報より)
カシラダカ♂(換羽中)(写真あり)(情報より)


2016.4.18
オオルリ♂(写真あり)(情報より)
キビタキ♂(小川で水浴び)(写真あり)(情報より)
コマドリ(二天橋)(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)


2016.4.17 最大瞬間風速37.5m/s(11時41分 金沢)
オシドリ♂1羽(大池)
メジロは少なりました(桜の多くの花が散ったためでしょうか)
カワセミ♀1羽(ササゴイの池)
ツバメ2羽
キンクロハジロ39羽・ホシハジロ♂6羽(犀川橋〜普正寺橋)
オオバン2羽(犀川下流)
ササゴイの池のカモ類→カルガモ♂1羽
オオルリ♂(情報より)
キビタキ♂(情報より)
クロジ♂(情報より)
ヤマガラ(情報より)
キリ散り盛ん
エノキ満開
カキドオシ開花
キンギンボクつぼみ膨らむ
ソヨゴ新葉
ダイオウグミ8分咲き
ヒメスイバ満開
クロマツ(新枝が伸びて来ました)
キヅタ実黒色
ヤブニンジン満開
ソメイヨシノ(花が若干残っていました)
カマツカつぼみ
ヤマコウバシ(昨年の枯れ葉はほとんど落葉しました)
オオジシバリ開花
コナラ雄花序
コブシ花(コゲラの小径)

クマバチ51頭(6ヶ所で追いかけ合い。争いの様です。)


2016.4.16
コマドリ(写真あり)(情報より)
クロツグミ♂(写真あり)(情報より)
ヤマガラ(写真あり)(情報より)
キビタキ♂成鳥1羽(眉が太い)(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)


2016.4.15
ジョウビタキ♀(写真あり)(情報より)
クロジ♂♀(二天橋)(写真あり)(情報より)
ササゴイの池のカモ類→カルガモ2羽(情報より)


2016.4.14
キセキレイ♂1羽(二天橋)
ルリビタキ♂成鳥1羽(二天橋)
コマドリさえずり1羽(二天橋)
アカハラ成鳥1羽
ツグミ(第4駐車場2羽)
ウ類(金石西防波堤1羽)
カモメ類19羽(犀川河口)
オオバン1羽(犀川下流)
ササゴイの池のカモ類→カルガモ2羽
キンクロハジロ0羽・ホシハジロ5羽(犀川橋〜普正寺橋)
カンムリカイツブリ非繁殖羽1羽(犀川下流)
イワツバメ10羽+(普正寺橋では巣を9個観察出来ました)
イソヒヨドリ♂さえずり1羽(普正寺橋右岸の電柱上)
ヒヨドリとメジロ多くにぎやかでした。
アオジ1〜2羽を所々で観察しました。
ウソ♀2羽+(写真あり)(情報より)
ヒガラ(写真あり)(情報より)
クロジ♂成鳥・♂幼鳥(二天橋 水浴び。コゲラの小径でも)(写真あり)(情報より)
ヤブサメ(情報より)
クロツグミ♂(情報より)
ヒメスイバ開花
カマツカ開葉
コブシ散り始め
ヤマコウバシつぼみ〜満開
アオキ満開・新葉
キンギンボクつぼみ
コスミレ散り始め
ヤブニンジン5分咲き
アケビつぼみ〜満開
ハルガヤ5分咲き
ソメイヨシノ(散り盛ん・新葉も多くなりました)
チューリップ満開
オニグルミ(雄花序が垂れ下がり始めました)
エノキ満開
セリが伸び始めていました。
キヅタ新葉
ヒゲナガスズメノチャヒキ穂
クスノキ(新葉の赤味が強くなりました)

クマバチ24頭
カメムシ類(ササゴイの池観察舎の窓ガラスで初認 )



2016.4.13
ウソ♀1羽(二天橋)
ミヤマホオジロ♀(写真あり)(情報より)
ルリビタキ♂成鳥・♀タイプ(小川)(写真あり)(情報より)


2016.4.12
オオルリ♂成鳥(写真あり)(情報より)


2016.4.11
ヤマガラ(写真あり)(情報より)
クロジ♂幼鳥(初認)(写真あり)(情報より)


2016.4.10
ヤマガラ1羽
エナガ1羽
オオルリ♂(写真あり)(情報より)
アカハラ(情報より)
ベニマシコ♂(情報より)
ミヤマホオジロ(情報より)
ヒレンジャク6羽(情報より)
コマドリ♂さえずり(写真あり)(情報より)
コサメビタキ(初認)(情報より)
ジョウビタキ多数(情報より)


2016.4.9
メジロ15羽+(さえずり1羽(初認))
カモメ類60羽+(犀川河口)
カシラダカ♂1羽♀1羽(小川)(5羽+の情報も)
カワセミ♀1羽(ササゴイの池)
エナガ1羽
イワツバメ1羽(普正寺橋)
オオバン1羽(犀川下流)
カンムリカイツブリ非繁殖羽1羽(犀川下流)
キンクロハジロ28羽・ホシハジロ8羽(犀川橋〜普正寺橋)
シメ(情報より)
ヒレンジャク6羽(情報より)
キクイタダキ5羽+(情報より)
ルリビタキ♂1羽・♀タイプ1羽(情報より)
オオルリ♂2羽(情報より)
ミヤマホオジロ3羽(情報より)
ヤマガラ1羽(情報より)
キビタキ♂成鳥(写真あり)(情報より)
アオジさえずり(情報より)
センダイムシクイ1羽(写真あり)(情報より)
アカハラ(二天橋)(情報より)
ハマダイコン満開(野鳥園跡地・犀川下流左岸)
ソメイヨシノ満開
ヤブニンジン開花
アケビ開花
フジおよびシロバナヤマフジ開葉
クスノキ新葉
エノキつぼみ
コウボウムギ穂
ハルガヤ開花
オオシマザクラ満開
オランダミミナグサ満開
ウンリュウヤナギ開花
ユキヤナギ散り始め
シャク満開
ノボロギク開花
タチヤナギ満開
コブシ満開(コゲラの小径)

アマガエル(初認)
クマバチ4頭(初認)



2016.4.8
カシラダカ♂(写真あり)(情報より)
ジョウビタキ♂(写真あり)(情報より)
センダイムシクイ(初認)(情報より)
ベニマシコ♂1羽♀1羽(情報より)


2016.4.5
エナガ2羽
メジロ1羽
カモメ類29羽(犀川河口)
シジュウカラ(♀1羽が、地上のコケをむしり取っていたのですが、別個体(♂でしょうか)が、ジ……と大声で鳴いた直後に、コケを落とし移動しました。)(エノキの小径)
カンムリカイツブリ繁殖羽2羽・非繁殖羽1羽(犀川下流)
イワツバメ3羽(普正寺橋)
オオジュリン♂1羽(犀川下流左岸)(写真あり)(情報より)
カワウ1羽(大池の中ノ島の岩の上で。大池での記録は久々)(写真あり)(情報より)
スノーフレーク満開
スズメノヤリ満開
ソメイヨシノ6分咲き
大山桜?8分咲き
シロダモ新葉
アオキ新葉
コブシ7分咲き
オニグルミ開葉
ダイオウグミ開花
ハンノキ開葉
エノキ開葉
ハマダイコン6分咲き(野鳥園跡地)



2016.4.3
ヒヨドリ9羽
カワラヒワ(巣材運搬:草の根をくわえて)
ウグイスさえずり6羽
ヒバリさえずり1羽
カモメ類19羽(犀川河口)
ウ類(金石西防波堤2羽)
キンクロハジロ46羽・ホシハジロ27羽(犀川橋〜普正寺橋)
カンムリカイツブリ繁殖羽2羽(犀川下流)
アオジさえずり1羽(犀川下流左岸)
オオバン1羽(犀川下流)
オナガ2羽(犀川下流左岸)
シメ1羽(情報より)
ヒガラ(写真あり)(情報より)
シメ(写真あり)(情報より)
メジロ(写真あり)(情報より)
ヤマガラ(写真あり)(情報より)
キセキレイ(小川)(写真あり)(情報より)
ノビタキ♀タイプ1羽(野鳥園跡地の東)(情報より)
ルリビタキ♂1羽(情報より)
ソメイヨシノ4分咲き
大山桜?8分咲き
シロダモ開葉
コブシ3分咲き(エノキの小径)
ダイオウグミつぼみ
スイバ穂
ヘビイチゴ開花
クスノキ芽ふくらみ始める
シャガ開花(写真あり)(情報より)
オオシマザクラ4分咲き〜満開
ユキヤナギ満開
リョウブ芽ふくらみ始める
チューリップ4分咲き
スズメノヤリ開花
コマユミ(ようやく芽ふくらみ始めました。マユミに比較すると遅い)
エノキ芽ふくらみ始める

アシナガバチ類1頭(初認)


2016.4.2
モンシロチョウ(白色小型のチョウ類初認)(写真あり)(情報より)


2016.4.1
ウ類(金石西防波堤1羽)
カモメ類16羽(犀川河口)
ツバメ1羽(初認)(プールの北)
イワツバメ1羽(初認)(普正寺橋)
メジロ9羽
オオバン3羽(犀川下流)
キンクロハジロ68羽・ホシハジロ18羽(犀川橋〜普正寺橋)
カンムリカイツブリ繁殖羽2羽
ハシビロガモ♂3羽(犀川下流)(1羽は犀川中州を利用)
ヒドリガモ♀1羽(犀川下流)
キクイタダキ5羽(情報より)
アカゲラ♂1羽♀1羽(情報より)
ノビタキ♀タイプ1羽(野鳥園跡地の東)(情報より)
コブシ一輪のみ花開く(写真あり)(情報より)
オオシマザクラ1分咲き〜満開
ソメイヨシノ1分咲き
大山桜?開花間近(小川)
シロバナタンポポ花と実
ハマダイコン3分咲き
キンギンボク展葉
コスミレ満開
ハマエンドウ展葉
チューリップ1分咲き
スノーフレーク満開
ユキヤナギ満開
ツルニチニチソウ2分咲き
オオイヌノフグリ満開

黄色小型のチョウ1頭(チョウ類初認)
タテハチョウ類1頭(初認)



2016.3.31
ヤマガラ(写真あり)(情報より)
カシラダカ♂(写真あり)(情報より)
キクイタダキ(写真あり)(情報より)


2016.3.30
ヒレンジャク6羽(二天橋 10時56分)(写真あり)(情報より)
ハシビロガモ♂3羽♀1羽(久々)(犀川下流)(写真あり)(情報より)
オシドリ♂1羽(大池)(写真あり)(情報より)
カルガモ(上嘴に標識個体1羽)(大池 13時12分)(写真あり)(情報より)(3月16日以来の記録です)
カシラダカ♂♀多数(写真あり)(情報より)


2016.3.29
オオタカ幼鳥1羽(小川にいたコガモ2羽を襲ったが捕らえられず。その後小川で水飲み。)(写真あり)(情報より)
ベニマシコ(情報より)


2016.3.28
ミヤマガラス?またはハシボソガラス?44羽(7時34分 野鳥園跡地の上空約40mを北東へ。個体間の距離が近い)
シメ1(嘴は鉛色)
カシラダカ11羽
アカゲラ♂1羽
ウ類(犀川中州2羽)
キンクロハジロ56羽・ホシハジロ8羽(犀川橋〜普正寺橋)
オオバン4羽(犀川下流)
カンムリカイツブリ繁殖羽1羽(犀川下流)
アオジさえずり初認1羽
ベニマシコ♂(写真あり)(情報より)
カワセミ♂(写真あり)(情報より)
ヒレンジャク2羽+(写真あり)(情報より)
ミコアイサ(情報より)
ハルガヤ穂
アキグミ開葉
スノーフレーク(別名スズランズイセン)4分咲き
オランダミミナグサ開花
レンギョ満開
ウンリュウヤナギ開葉
ユキヤナギ7分咲き
ソメイヨシノつぼみ膨らむ
アオキつぼみ〜満開
オニグルミ芽膨らみ始める
ネズミモチ開葉
クコ開葉



2016.3.26
ルリビタキ♀タイプ1羽(水車小屋)(写真あり)(情報より)
ベニマシコ♂♀(犀川下流左岸)(写真あり)(情報より)
ヒレンジャク4羽(犀川下流左岸の法面 13時37分)(写真あり)(情報より)
シメ3羽(犀川下流左岸)(嘴が鉛色。初認)(写真あり)(情報より)
ミコアイサ♀1羽(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
エナガ(写真あり)(情報より)
ジョウビタキ♂♀(写真あり)(情報より)
亜種ハチジョウツグミ(情報より)


2016.3.25
ミヤマホオジロ(写真あり)(情報より)
メジロ(写真あり)(情報より)


2016.3.23
カシラダカ♂(頭部換羽中)(写真あり)(情報より)
カワラヒワ♀(巣材運搬初認:ナイロンの紐?)(写真あり)(情報より)
アトリ2羽(写真あり)(情報より)


2016.3.21
ミヤマホオジロ♂3羽♀3羽
アカゲラ?1羽(声のみ)
アオサギの巣9ヶ所(ササゴイの池観察舎の南南西約300の松で)
アオサギ7羽が7時20分、編隊で北東へ
ミコアイサ♀1羽(ササゴイの池)
カンムリカイツブリ繁殖羽1羽(犀川下流)
オオバン11羽(犀川下流)(1羽は左岸に上がっていました)
シメ1羽
キンクロハジロ30羽・ホシハジロ37羽(犀川橋〜普正寺橋)
カモメ類1羽(犀川河口)
ウ類(犀川橋下流浅瀬1羽・金石西防波堤5羽)
ヒレンジャク2羽+(写真あり)(情報より)
ベニマシコ♂1羽♀1羽(林間広場の東)(情報より)
アオキつぼみ〜8分咲き
マサキ新葉
コバンソウ穂出る。オシベが出て咲いている花は、1株のみだったので開花記録は、もう少し延期です。



2016.3.20
カンムリカイツブリ繁殖羽2羽(犀川下流)
キンクロハジロ44羽・ホシハジロ20羽(犀川橋〜普正寺橋)
ミヤマホオジロ♂2羽♀1羽
シジュウカラ最大個体数2羽と、その周辺での小鳥(コゲラ1羽・メジロ2羽・エナガ2羽)
カモメ類54羽(犀川河口)
ウ類(金石西防波堤6羽)
ミコアイサ♀1羽(ササゴイの池)(盛んに水中へ潜っていました)
アリスイ1羽(林間広場 8時50分頃  旧名称アスレチック広場)(初認)(写真あり)(情報より)
犀川中州→オシドリ♂1羽(写真あり)(情報より)
ササゴイの池のカモ類→オシドリ♂1羽・ミコアイサ♀1羽(写真あり)(情報より)
アカゲラ?1羽(声のみ)(情報より)
シロダモ新葉
ヒメオドリコソウ満開
ヤマコウバシ(少し新芽が膨らみました。枯葉も落ち始めました。)
ヒメカンスゲ満開
オオシマザクラ開葉
コブシ新芽かなり膨らむ
アケビ開葉
ユキヤナギ2分咲き
ヤブツバキ散り始め

キツネ1匹(11時50分 犀川下流右岸を走りながら下流へ。普正寺橋上流約300mで、躊躇なく犀川へ大ジャンプで飛び込み。そして勢い良く犀川左岸に向かって泳ぐ。左岸の崖を斜めに登り森の中へ。)(写真あり)(情報より)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%AE%E3%83%84%E3%83%8D
http://www.biodic.go.jp/kiso/atlas/pdf/2.Characteristics.pdf
http://www.biodic.go.jp/kiso/atlas/pdf/3.mammals.pdf
【キツネの交尾期12〜3月・出産期2〜5月・妊娠期間51〜53日・産子数3〜5・哺乳期間6〜12箇月・寿命 〜14年→「日本の哺乳類 著者小宮輝之」】


2016.3.19
アカゲラ♀(写真あり)(情報より)
ミコアイサ♀1羽(ササゴイの池)(情報より)(普正寺の森では2014年3月11日以来)


2016.3.18
カシラダカ4羽
ツグミ(第4駐車場1羽)
シメ2羽
アカゲラ♂1羽♀1羽(約2mの近くで)
カモメ類31羽(犀川河口)
ウ類(犀川中州2羽・犀川橋下流浅瀬1羽・金石西防波堤1羽)
オオハムまたはシロエリオオハム1羽(約200m沖)
キンクロハジロ39羽・ホシハジロ30羽(犀川橋〜普正寺橋)
カンムリカイツブリ非繁殖羽1羽(日本海)・繁殖羽1羽(犀川下流)
オオバン4羽(犀川下流)
ハシボソガラス1羽(木の皮?をくわえて。近くには外装の完成している巣が松にありました。)
シジュウカラ(最大群れサイズ3羽)
犀川中州→ウグイスさえずり1羽
ササゴイの池のカモ類→カルガモ2羽
ミサゴ(写真あり)(情報より)
ミソサザイ(写真あり)(情報より)
コスミレ展葉


2016.3.17
シメ1羽
キンクロハジロ47羽・ホシハジロ52羽(犀川橋〜普正寺橋)
カンムリカイツブリ繁殖羽1羽・換羽中1羽(犀川下流)
アオサギ造巣中(写真あり)(情報より)
ミソサザイ1羽(二天橋)(写真あり)(情報より)
ヒレンジャク1羽(犀川下流左岸 11時50分)(写真あり)(情報より)
ベニマシコ♂1羽♀1羽(犀川下流左岸)(情報より)
ミサゴ(写真あり)(情報より)
ミシシッピアカミミガメ32匹(大池)


2016.3.16
カワラヒワ15羽
ミヤマホオジロ♂2羽♀1羽
ウグイスさえずり2羽
ツグミ(第4駐車場1羽)
ウ類(犀川中州0羽・金石西防波堤4羽・大池カワウ非繁殖羽1羽)
カモメ類7羽(犀川河口)
オオハムまたはシロエリオオハム32羽(約400〜700m沖)
ヒバリさえずり1羽
キジバトさえずり4羽
コゲラ(ドラミング2羽)
ヒヨドリ6羽(3月になっても個体数は増えていません)
ヒドリガモ14羽(犀川下流)
カンムリカイツブリ繁殖羽1羽・非繁殖羽1羽(犀川下流)
キンクロハジロ42羽・ホシハジロ31羽(犀川橋〜普正寺橋)
亜種ハチジョウツグミ(写真あり)(情報より)
イソヒヨドリ♀(写真あり)(情報より)
オオバン18羽+(犀川下流右岸(犀川橋下流約350m)で盛んに採食。これほど多くの個体が、河川岸を利用したのは初めてです。)(写真あり)(情報より)
ヒレンジャク2羽(写真あり)(情報より)
ベニマシコ♂1羽(ポンプ室の東)(情報より)
カルガモ(上嘴に標識個体1羽)(大池 10時16分)(写真あり)(情報より)
ハイタカ(写真あり)(情報より)
ノスリ(写真あり)(情報より)
オオミズナギドリ50羽±(情報より)(16日または17日)

タネツケバナ満開
オランダミミナグサ開花
オオイヌノフグリ8分咲き
シロバナタンポポ満開

ミシシッピアカミミガメ5匹(大池)


2016.3.15
ミヤマホオジロ♂3羽♀2羽
シメ4羽
ヒバリさえずり1羽
ツグミ(第4駐車場8羽)
シジュウカラ最大個体数2羽と、その周辺での小鳥(コゲラ2羽・エナガ2羽)
カモメ類70羽+(犀川河口)
ウ類(犀川中州1羽・犀川橋下流浅瀬1羽・金石西防波堤4羽)
ミサゴ1羽
オオバン1羽(犀川下流)
キンクロハジロ42羽・ホシハジロ31羽(犀川橋〜普正寺橋)
マガモ61(犀川下流)(久々に多い個体数でした。そして犀川中州にも18羽を記録しました。)
アカゲラ?1羽(声のみ)
エナガ2羽
ササゴイの池のカモ類→カルガモ♂1羽♀1羽
カンムリカイツブリ非繁殖羽1羽(犀川下流)
オカヨシガモ♂1羽♀1羽(犀川下流)
マガモ交尾(写真あり)(情報より)
ヒレンジャク1羽(初認)(情報より)
マユミ開葉
ツクシ初
ダイオウグミ開葉
ヤブニンジンの葉が広がり林床が明るい緑に変わって来ました。
ユキヤナギ開花
オオシマザクラつぼみ少し膨らむ



2016.3.14
オオジュリン10羽+(犀川下流右岸)(2羽には環境省標識調査用足環あり)(写真あり)(情報より)
カシラダカ(写真あり)(情報より)
イソヒヨドリ(写真あり)(情報より)


2016.3.13
シメ2羽
アカゲラ?1羽(声のみ)
ウ類(犀川中州1羽・犀川橋下流浅瀬10羽・金石西防波堤4羽)
ミサゴ1羽
オオバン4羽(犀川下流)
キンクロハジロ30羽・ホシハジロ25羽(犀川橋〜普正寺橋)
犀川中州→ホシハジロ7羽(これまでの5羽を上回り最大数)・ウグイスさえずり1羽
オオジュリン♂3羽(換羽中)・♀タイプ3羽(犀川下流右岸のヨシ)(8時54分右岸から飛び立ち金石埋立地の方向へ向かう)
カルガモ(上嘴に標識個体1羽)(大池)(近くに他のカルガモもいました)
コチョウゲンボウ♀タイプ1羽(安原海岸ふれあいの森)
アビ類多数(日本海)(情報より)
オオハム(情報より)
シロエリオオハム(情報より)
カンムリカイツブリ(情報より)
エナガ(情報より)
セグロセキレイ(情報より)
ヒレンジャク1羽(犀川下流左岸 野鳥園跡地辺り 12〜14時)(キヅタやジャノヒゲの実を採食)(写真あり)(情報より)
ツルニチニチソウ1分咲き
ハマダイコン開花(4株)



2016.3.12
ジョウビタキ♀1羽
シメ1羽
シジュウカラ最大個体数6羽と、その周辺での小鳥(コゲラ1羽・ミヤマホオジロ4羽)
ミサゴ1羽
キンクロハジロ47羽・ホシハジロ38羽(犀川橋〜普正寺橋)
マガモ13羽(犀川下流)
オオバン1羽(犀川下流)
ウ類(犀川中州0羽・金石西防波堤16羽)
カモメ類17羽(犀川河口)
オオハムまたはシロエリオオハム6羽(普正寺海岸:500〜700m沖)
カンムリカイツブリ(繁殖羽2羽・非繁殖羽2羽)(犀川下流)
カモ類(エノキの小径に、カモ類の羽が多く散乱していました。ノラ猫の仕業でしょうか?)
カルガモ(上嘴に標識個体1羽)(大池)(情報より)
オオジュリン10羽±(犀川下流右岸のヨシ)(写真あり)(情報より)
ミヤマホオジロ6羽(プールの東)(写真あり)(情報より)
ジョウビタキ(野鳥園跡地)(写真あり)(情報より)
ニワトコ開葉
白梅(コゲラの小径満開・犀川下流左岸散り始め〜散り盛ん)



2016.3.11
カルガモ(1羽の上嘴に緑色の標識があります。左右にAとMの印も。)(どこから渡って来たのか興味があります。カルガモの日本での越冬個体が、どこで繁殖しているかも、あまり解っていない様です。今後、この個体の動向が期待されます。)(大池)(情報より)
「鳥類アトラス」
http://www.biodic.go.jp/banding/pdf/atlas_low_1.pdf
そして、下記のサイトでは、動画で見られます。この動画の日付は2015年12月6日、場所は金沢市とありますが、犀川下流でしょうか?)(動画では、1度、他のカルガモに追われている様な仕草もありますが、多くのカルガモと行動を共にしている印象です。
→同ブログでは、2016年2月3日にも撮影されていました。同じく金沢市です。
http://blogs.yahoo.co.jp/tnb7777/70297527.html
http://blogs.yahoo.co.jp/tnb7777/folder/1188915.html?m=lc&p=3


2016.3.10
コサギ(犀川橋下流の浅瀬)(写真あり)(情報より)
亜種ハチジョウツグミ(写真あり)(情報より)
ミサゴ(写真あり)(情報より)


2016.3.9
アカゲラ♂(写真あり)(情報より)
シメ(写真あり)(情報より)


2016.3.8
オシドリ♂4羽♀1羽(犀川中州)(中州では最大数)(写真あり)(情報より)


2016.3.7
亜種ハチジョウツグミ(写真あり)(情報より)
ジョウビタキ♀(写真あり)(情報より)
メジロ(写真あり)(情報より)
安原海岸ふれあいの森で、ウグイスさえずり初認。ビンズイ初認。


2016.3.6
ヒレンジャク1羽(二天橋 10時21分)
オオハムまたはシロエリオオハム2羽(日本海:約500m沖)
ハシブトガラス巣材運搬1羽(約40cmの枯れ枝をくわえて)
ウグイス1羽
シメ3羽
トビ巣材運搬
エナガ1羽
シジュウカラ(最大群れサイズ3羽)
ウ類(犀川中州1羽・金石西防波堤7羽)
カンムリカイツブリ3羽(犀川下流)
オオバン2羽
キンクロハジロ63羽・ホシハジロ35羽(犀川橋〜普正寺橋)
カモメ類110羽+(犀川河口)
犀川中州→ベニマシコ♂1羽(ベニマシコは初記録。中州を利用した記録は49種にもなりました。)・アオサギ1羽
キクイタダキ1羽+(情報より)
ミソサザイ1羽(情報より)
ベニマシコ♂1羽(犀川下流左岸:ササゴイの池の北東)(写真あり)(情報より)
白梅(正門4分咲き・ポンプ小屋7分咲き・コゲラの小径満開・犀川下流左岸散り少々)
オオイヌノフグリ開花
シロバナタンポポ満開(季節外れに早く咲いた花の実はすでに飛びました)
タネツケバナ開花



2016.3.5
ミソサザイ1羽(二天橋13時30分 滝の水草にいる虫を採食)(初認)(写真あり)(情報より)
オオタカ幼鳥1羽(写真あり)(情報より)
アカゲラ♂(写真あり)(情報より)
ハクチョウ類10羽+(写真あり)(情報より)


2016.3.4
シジュウカラ(最大群れサイズ4羽)
ウ類(犀川中州1羽・犀川橋下流浅瀬1羽・金石西防波堤8羽)
シメ1羽
ツグミ(第4駐車場2羽)
ミヤマホオジロ♂2羽♀1羽:さえずり1羽
ウ類(犀川中州4羽・金石西防波堤15羽)
オオバン3羽
キンクロハジロ40羽・ホシハジロ39羽(犀川橋〜普正寺橋)
犀川中州→アオサギ5羽(確認できた4羽はすべて婚姻色)
アカゲラ?1羽(声のみ)
オオハムまたはシロエリオオハム2羽(日本海:約600m沖)(初認)
オナガ1羽
カモメ類12羽(犀川河口)
ウグイス1羽
ノスリ1羽
カンムリカイツブリ2羽(犀川下流)
オシドリ♂1羽♀1羽(大池13時35分)(写真あり)(情報より)(大池での記録は、2014年8月18日♀タイプ2羽以来久々でした。大池の最多記録は2000年10月9日18羽です。)
亜種ハチジョウツグミ(写真あり)(情報より)
ヒメオドリコソウ開花
キンギンボクつぼみ膨らむ
ヤブニンジン開葉
セランダイン開花



2016.3.3
シジュウカラ(最大群れサイズ4羽)
ウ類(犀川中州1羽・犀川橋下流浅瀬1羽・金石西防波堤8羽)
シメ1羽
オナガ1羽
カモメ類4羽(犀川河口)
キンクロハジロ35羽・ホシハジロ72羽(犀川橋〜普正寺橋:中州の西に多い)


2016.3.2
メジロ7羽
ミヤマホオジロ♂2羽♀5羽:さえずり1羽(今冬は良くさえずりが聞こえます)
ウ類(犀川中州3羽・犀川橋下流浅瀬1羽・金石西防波堤5羽)
カモメ類2羽(犀川河口)
シメ2羽
カンムリカイツブリ1羽(犀川下流)
ツグミ(第4駐車場1羽)
オオバン2羽(犀川下流)
キンクロハジロ30羽・ホシハジロ16羽(犀川橋〜普正寺橋)
ミサゴ1羽
アカゲラ1羽
オナガ3羽
シジュウカラ(最大群れサイズ3羽)
クロガネモチの実はなくなっていました


2016.2
2月にハイイロチュウヒ♂1羽と♀1羽が、プールの北の低木で観察された情報がありました。
これまでは飛翔の記録でしたが、樹木等を利用したのは初記録です。
また、1994年2月5日♂1羽・2010年2月15日♀タイプ1羽・2010年3月3日♂1羽の記録はありましたが、2羽同時も初でした。


2016.2.28
シメ2羽(嘴はまだ非繁殖の色)(6羽+の情報も)
ウ類(犀川中州4羽・犀川橋下流浅瀬1羽・金石西防波堤5羽)
カモメ類2羽(犀川河口)
ツグミ(第4駐車場1羽)
カシラダカ2羽
アオジ4羽
カンムリカイツブリ非繁殖羽2羽(犀川下流)
ミヤマホオジロ♂4羽♀2羽(1羽+が盛んにさえずっていました)
犀川中州→キジバト1羽・ホオジロ♂1羽
キンクロハジロ43羽・ホシハジロ9羽(犀川橋〜普正寺橋)
トビ交尾(8時6分)(巣材(枯れ枝約30cm)を持って森から出て、大野湊神社へ。神社近くでカラスに追われていました。)
ジョウビタキ♀2羽(激しく4回争っていました)(犀川下流左岸)
オオバン1羽(犀川下流)
ウソ♀1羽(二天橋。橋下の笹の中や小川で)(写真あり)(情報より)
ヒレンジャク1羽(犀川下流左岸。野鳥園跡地辺り)(写真あり)(情報より)
http://www.biodic.go.jp/kiso/atlas/pdf/5.birds_2.pdf
カキドオシ開葉
ヒメオドリコソウ開葉
オオイヌノフグリ開葉
ユキヤナギ開葉
アオキ花(通常、3月後半の開花が多い)
ツルニチニチソウ花2個(通常、4月に開花が多いのですが)



2016.2.27
ウ類(犀川中州2羽・犀川橋下流浅瀬6羽・金石西防波堤8羽)
カモメ類9羽(犀川河口)
ツグミ(第4駐車場3羽)
アカゲラ?1羽(声のみ)
メジロ9羽群れ(ササゴイの池)
カンムリカイツブリ(繁殖羽1羽・非繁殖羽1羽)(犀川下流)
オオバン2羽(犀川下流)
キンクロハジロ34羽・ホシハジロ22羽(犀川橋〜普正寺橋)
シメ1羽
シジュウカラ(最大群れサイズ2羽)
ウソ♀1羽(二天橋)(情報より)
白梅(犀川下流左岸9分咲き・正門1分咲き)
ノイバラ開葉



2016.2.25
ミヤマホオジロ(写真あり)(情報より)
オナガ(写真あり)(情報より)


2016.2.24
メジロ(写真あり)(情報より)
ジョウビタキ♀(写真あり)(情報より)


2016.2.23
アカゲラ♂♀(写真あり)(情報より)
ミヤマホオジロ(写真あり)(情報より)


2016.2.22
亜種ハチジョウツグミ(写真あり)(情報より)
キジ♀(写真あり)(情報より)
ノスリ(写真あり)(情報より)


2016.2.21
ミサゴ1羽
シメ1羽
シジュウカラ最大個体数5羽と、その周辺での小鳥(コゲラ1羽・メジロ2羽・ミヤマホオジロ♂2羽)
ハンノキ雄花序開き始めました
カモメ類(セグロカモメ)1羽(犀川河口)
アカゲラ?1羽(声のみ)
ウ類(犀川中州7羽)
ジョウビタキ♀1羽
キンクロハジロ29羽・ホシハジロ10羽(犀川橋〜普正寺橋)
オオバン2羽(犀川下流)
カンムリカイツブリ1羽(犀川下流)
オオタカ♂1羽(森上空から飛び出し、犀川中州上空へ。カモ類が一斉に鳴きだしました。)
オナガ5羽
ダイサギ1羽(犀川下流)
エナガ(情報より)
ヤマガラ1羽(情報より)
ウグイス(写真あり)(情報より)
シメ(写真あり)(情報より)
白梅8分咲き(犀川下流左岸)


2016.2.20
ジョウビタキ♀(写真あり)(情報より)
亜種ハチジョウツグミ(写真あり)(情報より)


2016.2.19
オオバン4羽(金石港船溜り)
シメ4羽
オナガ7羽
ウ類(犀川中州6羽・犀川橋下流浅瀬2羽)
アカゲラ♀1羽
シジュウカラ最大個体数5羽と、その周辺での小鳥(コゲラ1羽・エナガ2羽)
ミヤマホオジロ♂1羽♀1羽
ツグミ(第4駐車場1羽)
ジョウビタキ♀1羽
カンムリカイツブリ非繁殖羽1羽(金石港船溜り)


2016.2.18
ホオアカ1羽(頬の赤味や、胸の2本の横帯はかなり濃かった)(犀川下流右岸。犀川橋の下流約250mの桜に)(1990年以降のホオアカの記録は、2008年11月29日1羽と2010年11月 7日1羽です。)(写真あり)
ベニマシコ♀1羽(犀川下流左岸。ササゴイの池の東)
オナガ6羽
シロハラ6羽
アカゲラ♀1羽
オオバン1羽(犀川下流)
ヒヨドリ25羽が渡りと思われる動き(大池の西を)
ツグミ4羽
ウ類(犀川中州2羽・金石西防波堤16羽)
カモメ類11羽(犀川河口)
ハマシギ25羽+(日本海。海岸線から沖約150m)(久々)
モズ♂1羽(早贄を行っていました)
メジロ3羽
シジュウカラ最大個体数2羽と、その周辺での小鳥(コゲラ1羽・エナガ2羽・メジロ1羽)
シメ1羽
キンクロハジロ36羽・ホシハジロ21羽(犀川橋〜普正寺橋)
カンムリカイツブリ(換羽中1羽・非繁殖羽4羽)(犀川下流)
ウグイス(写真あり)(情報より)
キジ♀2羽(写真あり)(情報より)
白梅6〜7分咲き


2016.2.13
ミヤマホオジロ(プールの北7羽+ポンプ小屋♂1羽)
ツグミ(第4駐車場4羽)
ウ類(犀川中州3羽・犀川橋下流浅瀬8羽・金石西防波堤10羽)
アカゲラ1羽
カモメ類8羽(犀川河口)
アオジ♂1羽
シメ1羽
シジュウカラ(最大群れサイズ2羽)
メジロ3羽
ササゴイの池のカモ類→カルガモ4羽(久々)
オオバン2羽(犀川下流)
カンムリカイツブリ(換羽中3羽・非繁殖羽2羽)(犀川下流)
キンクロハジロ50羽・ホシハジロ24羽(犀川橋〜普正寺橋)
エナガ(写真あり)(情報より)
ユキヤナギ蕾膨らみ始める
シロバナタンポポ花と実


2016.2.12
亜種ハチジョウツグミ(写真あり)(情報より)
アトリ数羽(写真あり)(情報より)
アカゲラ♀(写真あり)(情報より)


2016.2.11
亜種ハチジョウツグミ(写真あり)(情報より)
ルリビタキ♀タイプ1羽(情報より)


2016.2.10
亜種ハチジョウツグミ(写真あり)(情報より)


2016.2.8
メジロ(写真あり)(情報より)


2016.2.7
亜種ハチジョウツグミ(写真あり)(情報より)
オナガ(写真あり)(情報より)


2016.2.6
エナガ(写真あり)(情報より)

2016.2.5
オオタカ幼鳥(写真あり)(情報より)


2016.2.4
キンクロハジロ44羽・ホシハジロ41羽(犀川橋〜普正寺橋)
ウ類(犀川中州1羽・犀川橋下流浅瀬6羽・金石西防波堤17羽)
カモメ類13羽(犀川河口)
ヒヨドリ(最近少なくなりました。積雪に関係なく、2月初旬ごろから個体数は減少する印象です。)
オオバン2羽(犀川下流)
ノスリ1羽
ヨシガモ♂1羽♀1羽(犀川下流)
ツグミ(第4駐車場4羽)
エナガ(写真あり)(情報より)


2016.2.3
ヒヨドリ7羽
シロハラ9羽
ウ類(犀川中州1羽・犀川橋下流浅瀬9羽・金石西防波堤15羽)
カモメ類1羽(犀川河口)
キジ♀2羽
ヨシガモ♂1羽(犀川下流)
キンクロハジロ39羽・ホシハジロ58羽(犀川橋〜普正寺橋)
オナガ3羽
ツグミ6羽(他に、第4駐車場には5羽)
オオバン1羽(犀川下流)
ミヤマホオジロ♂1羽
カンムリカイツブリ2羽(犀川下流)
アカゲラ♀1羽
ジョウビタキ♀(写真あり)(情報より)
ハクセキレイ(写真あり)(情報より)
白梅2〜4分咲き(犀川下流左岸)


2016.2.2
セグロセキレイ(写真あり)(情報より)
ミヤマホオジロ♂♀(写真あり)(情報より)
カシラダカ(写真あり)(情報より)
ルリビタキ♀タイプ(写真あり)(情報より)


2016.2.1
シメ30羽+(エノキの小径)
イカル1羽(エノキの小径)
キジ♀5羽(写真あり)(情報より)


2016.1.31
オオバン7羽(犀川下流)
キンクロハジロ37羽・ホシハジロ36羽(犀川橋〜普正寺橋)
カンムリカイツブリ3羽(犀川下流)
オナガ1羽(4羽の情報も)
ヨシガモ♂1羽♀1羽(犀川下流)
亜種ハチジョウツグミ1羽(ササゴイの池)
イカルさえずり1羽(エノキの小径)(普正寺の森から約0.8km離れた、大野湊神社の眞砂橋の西でもイカル2羽(11時17分)を観察しました)
シメ(写真あり)(情報より)
オナガ(写真あり)(情報より)
ヤマガラ(写真あり)(情報より)
アカゲラ♀(写真あり)(情報より)


2016.1.30
ウ類(犀川中州5羽・犀川橋下流浅瀬6羽)
カワウ繁殖羽2羽(初認)
ウミウ1羽(普正寺海岸)
ツグミ(第4駐車場32羽+林内6羽)(亜種ハチジョウツグミ?が2羽)
ハヤブサ1羽(犀川側から林内へ低く入りました)
キンクロハジロ31羽・ホシハジロ45羽(犀川橋〜普正寺橋)
カンムリカイツブリ8羽(犀川中州の西側)
ヨシガモ♂3羽・♀5羽(犀川下流)
オナガ6羽
シメ5羽
ミヤマホオジロ♂4羽(プールの東)
ジョウビタキ♀1羽
アオジ♂1羽♀2羽
アカゲラ?1羽(声のみ)
ミサゴ1羽
シジュウカラ最大個体数2羽と、その周辺での小鳥(コゲラ1羽)
トラツグミ1羽(野鳥園跡地)(情報より)
ホオジロ♂1羽(写真あり)(情報より)
イカル(写真あり)(情報より)
トモエガモ♂1羽(大池)(大池では2014年10月26日♂1羽以来)(写真あり)(情報より)


2016.1.28
ベニマシコ♀タイプ(写真あり)(情報より)
アトリ群れ(写真あり)(情報より)


2016.1.27
ベニマシコ5羽+(♂1羽+、♀タイプ2羽+)(写真あり)(情報より)
トラツグミ1羽(情報より)


2016.1.26
ベニマシコ♀タイプ(写真あり)(情報より)


2016.1.24
カルガモ(大池236羽)
コガモ(大池197羽)
オナガ2羽
エナガ9羽(犀川下流左岸)
キンクロハジロ2羽・ホシハジロ18羽(犀川橋〜普正寺橋)
ウ類(犀川中州0羽)強風のためと思われます
シロハラ3羽
ツグミ4羽
ノスリ1羽
オオバン3羽(犀川下流)
シメ6羽
ミヤマホオジロ♂1羽


2016.1.21
ヤマガラ(写真あり)(情報より)
ミサゴ(写真あり)(情報より)
ミヤマホオジロ(写真あり)(情報より)
アカゲラ♀(写真あり)(情報より)
ヤマガラ(情報より)
エナガ(情報より)

2016.1.17
シジュウカラ最大個体数4羽と、その周辺での小鳥(コゲラ2羽・エナガ2羽・メジロ4羽・キクイタダキ1羽・ミヤマホオジロ♂1羽)
シメ2羽(3羽の情報も)
カンムリカイツブリ5羽(犀川下流で4m以内に、5羽が群れていました)
キンクロハジロ46羽・ホシハジロ35羽(犀川橋〜普正寺橋)
ウ類(犀川中州5羽・金石西防波堤15羽)
カモメ類1羽(オオセグロカモメ)(犀川河口)
シロハラ1羽(情報より)
キクイタダキ2羽(情報より)
エナガ5羽(情報より)
ヨシガモ(情報より)
ノスリ(情報より)
ウメ開花(花2個)(犀川下流左岸)


2016.1.16
ヒヨドリ18羽(徐々に少なくなっていました)
キンクロハジロ35羽・ホシハジロ16羽(犀川橋〜普正寺橋)
ウ類(犀川中州6羽・金石西防波堤0羽)
カンムリカイツブリ4羽(犀川下流)
アオジ♂1羽
カルガモ(大池157羽)
コガモ(大池135羽)
マガモ(大池♂2羽・♀1羽)
シメ2羽
アカゲラ?1羽(声のみ)
シジュウカラ最大個体数4羽と、その周辺での小鳥(コゲラ1羽・メジロ2羽・キクイタダキ1羽)
オオバン5羽(犀川下流)
ノスリ1羽


2016.1.15
ノスリ幼鳥(カラスに追われ逃げ回っていました)(写真あり)(情報より)
メジロ(写真あり)(情報より)


2016.1.11
カンムリカイツブリ4羽(犀川下流)
キンクロハジロ30羽・ホシハジロ11羽(犀川橋〜普正寺橋)
ウ類(犀川中州6羽・金石西防波堤0羽)
コガモ(犀川下流+大池)♂19+63=82羽、♀12+47=59羽
カルガモ(大池131羽)
マガモ(大池♂2羽、♀1羽)
キセキレイ(小川)(写真あり)(情報より)


2016.1.10
ノスリ1羽
カイツブリ(情報より)
アカゲラ(情報より)
キクイタダキ(情報より)
メジロ(情報より)
シメ(情報より)
ジョウビタキ(情報より)
ミヤマホオジロ(情報より)


2016.1.6
カンムリカイツブリ(金石港船溜り1羽・犀川下流5羽)
オオバン5羽
ホシハジロ♂2羽(犀川下流)
ウ類(犀川中州3羽・犀川橋下流浅瀬3羽・金石西防波堤4羽)
シジュウカラ(最大群れサイズ12羽)
ミヤマホオジロ♂2羽
アカゲラ?1羽(声のみ)(♂の情報もあります)
エナガ2羽
マヒワ?大の小鳥約20羽の群れ(かないわ病院の西)
オオタカ1羽
ツグミ(第4駐車場39羽)(シメ14羽と地上で採食)


2016.1.4
キクイタダキ(写真あり)(情報より)


2016.1.3
カンムリカイツブリ3羽(犀川下流)
キンクロハジロ0羽・ホシハジロ4羽(犀川橋〜普正寺橋)(金石港船溜りには、キンクロハジロ♂1羽、ホシハジロ♂2羽)
オオバン1羽(犀川下流)
カモメ類13羽+(犀川河口)
ウ類(犀川中州3羽・金石西防波堤9羽)
オナガ6羽(大池の東)
シジュウカラ(最大群れサイズ6羽)


2016.1.2
シメ39羽(野鳥園跡地)
カンムリカイツブリ3羽(犀川下流)
ノスリ1羽
ウ類(犀川中州2羽)
オオバン1羽(犀川下流)
カモメ類(ウミネコ)1羽(犀川河口)
シジュウカラ最大個体数3羽と、その周辺での小鳥(コゲラ1羽・ヤマガラ1羽・エナガ8羽・メジロ1羽・キクイタダキ1羽)(大池の東)
ツグミ(第4駐車場7羽)
オオタカ1羽(小川上空)
ホシハジロ♀1羽(金石港船溜り)


2016.1.1
オオバン6羽(犀川下流)
カンムリカイツブリ2羽(犀川下流)
ヒヨドリ26羽
ウグイス2羽
シロハラ1羽(他に声のみですが4羽も)
ツグミ(第4駐車場22羽)(久々に第4駐車場の地上で多く見掛けました)
ウ類(犀川中州4羽・金石西防波堤8羽)
シジュウカラ(最大群れサイズ6羽)
カシラダカ1羽
シメ9羽
アオジ♂2羽♀2羽
カモメ類11羽(犀川河口)
オナガ3羽
ミヤマホオジロ♂4羽
アカゲラ?1羽(声のみ)
カルガモ(大池95羽)
コガモ(大池♂69羽・♀46羽)
マガモ(大池♂4羽・♀5羽)
アオキ実赤


2015.12.31
ノスリ1羽(情報より)


2015.12.30
ノスリ1羽(情報より)


2015.12.27
ノスリ1羽(情報より)


2015.12.26
ノスリ(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)


2015.12.25
シメ群れ(写真あり)(情報より)
オナガ(写真あり)(情報より)


2015.12.24
ハイタカ(小川)(写真あり)(情報より)
エナガ(写真あり)(情報より)
アカゲラ♂♀(写真あり)(情報より)


2015.12.22
オナガ(写真あり)(情報より)
カンムリカイツブリ2羽+(写真あり)(情報より)
ハシビロガモ♂1羽(写真あり)(情報より)
キクイタダキ(写真あり)(情報より)


2015.12.21
カンムリカイツブリ2羽+(写真あり)(情報より)
シメ(写真あり)(情報より)
メジロ(写真あり)(情報より)


2015.12.20
ヒヨドリ27羽の群れを、野鳥園跡地の樹上で見かけました。20年程と比較すると12月でも多くの個体を観察する事が出来ます。
ノスリ成鳥1羽(ササゴイの池)
カンムリカイツブリ2羽(犀川下流)
カイツブリ1羽(犀川下流)
キンクロハジロ8羽・ホシハジロ♂2羽♀1羽(犀川橋〜普正寺橋)
ウ類(犀川中州4羽・犀川橋下流浅瀬2羽・金石西防波堤4羽)
オオバン1羽(犀川下流)
シジュウカラ最大個体数2羽と、その周辺での小鳥(エナガ6羽・メジロ2羽)(二天橋)
ミヤマホオジロ(ポンプ小屋5羽+・プールの北6羽+)(情報より)
カワセミ(情報より)


2015.12.19
ヒヨドリ48羽(犀川下流左岸・エノキの小径・三千坊跡が特に多くにぎやかでした。)
カンムリカイツブリ1羽(犀川下流)
ウ類(犀川中州11羽・金石西防波堤15羽)
キンクロハジロ1羽・ホシハジロ♂2羽(犀川橋〜普正寺橋)
シロハラ1羽(他に声を3ヶ所で)
ミヤマホオジロ2羽(コゲラの小径)
シメ12羽
ミサゴ1羽
カモメ類5羽+(犀川河口)
ツグミ1羽
ミヤマホオジロ♂2羽・♀1羽・性別不明1羽
大池(カルガモ117羽・コガモ127羽 最近、大池ではカルガモよりコガモを、多く見掛けることも多くなりました)
シジュウカラ最大個体数6羽と、その周辺での小鳥(コゲラ1羽・ミヤマホオジロ8羽)
アカゲラ?1羽(声のみ)
オオバン3羽(犀川下流)
キジ♂2羽(1羽は犀川中洲へ)(♀の情報もありました)
アメリカヒドリ♂1羽(金石港船溜り 13時5分)(ヒドリガモ約30羽の群れの中に)(2006年1月12日以来久々の記録でした。嘴基部には黒色部あり、眼から後方に緑色光沢の斑があり、眼の周りは黒いなどから、交雑個体ではないと考えました。)(写真あり)(情報より)


2015.12.18
オオバン(犀川下流6羽、金石港船溜り2羽)
カンムリカイツブリ2羽(犀川下流)
ツグミ11羽が犀川中州の樹上に止まりました。
オオバン1羽も犀川中州の低木に止まり長く眠っていました。
シジュウカラ最大個体数5羽と、その周辺での小鳥(コゲラ1羽・メジロ1羽・ヤマガラ1羽・ミヤマホオジロ♂ばかり6羽・キクイタダキ1羽・アオジ♂1羽)(エノキの小径)
シロハラ幼鳥1羽(4羽の情報も)
ツグミ所々で声や姿が見られました。第4駐車場では1羽。
シメ15羽
キジバト(プールの東で8羽がアスファルト道上で盛んに採食)


2015.12.15
ミヤマホオジロ(写真あり)(情報より)
カンムリカイツブリ(写真あり)(情報より)
メジロ(写真あり)(情報より)
ヤマガラ(写真あり)(情報より)
ミサゴ(魚を持って)(写真あり)(情報より)
キセキレイ(写真あり)(情報より)
ハシビロガモ♂(大池)(写真あり)(情報より)
メジロ(写真あり)(情報より)


2015.12.14
エナガ(写真あり)(情報より)
キクイタダキ(写真あり)(情報より)


2015.12.13
オオバン(金石港船溜り1羽・犀川下流5羽)
シメ4羽
キンクロハジロ30羽・ホシハジロ5羽(犀川橋〜普正寺橋)
カンムリカイツブリ3羽(犀川下流)
ウ類(犀川中州0羽・犀川橋下流浅瀬1羽・金石西防波堤17羽)
カモメ類7羽+(犀川河口)
シロハラ?1羽(声のみ)
ツグミ3羽
ミヤマホオジロ20羽+(アカモズの小径で盛んに採食)
ノスリ1羽
ウグイス1羽
イソヒヨドリ♂幼鳥1羽(プールの東)
シジュウカラ最大個体数2羽と、その周辺での小鳥(コゲラ1羽)
ヤマガラ(情報より)
カシラダカ(写真あり)(情報より)
アオジ♂(写真あり)(情報より)
クロサギ(情報より)
ミサゴ(情報より)
キクイタダキ(情報より)
イソヒヨドリ(情報より)
キセキレイ(情報より)
イヌツゲ実黒色
黄色小型のチョウ1頭(久々)


2015.12.12
ノスリ(写真あり)(情報より)
カワセミ♀(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
メジロ(写真あり)(情報より)
ミソサザイ(二天橋)(写真あり)(情報より)


2015.12.10
キクイタダキ(写真あり)(情報より)
シロハラ(写真あり)(情報より)


2015.12.9
アオジ(写真あり)(情報より)
カシラダカ(写真あり)(情報より)
メジロ(写真あり)(情報より)
キクイタダキ(写真あり)(情報より)
ノスリ(写真あり)(情報より)


2015.12.8
シメ(写真あり)(情報より)
アオジ(写真あり)(情報より)
ノスリ成鳥(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)


2015.12.7
キンクロハジロ15羽・ホシハジロ2羽(犀川橋〜普正寺橋)
カンムリカイツブリ1羽(犀川下流)
オオバン5羽(犀川下流)
ウ類(犀川中州10羽・金石西防波堤15羽)
ウグイス2羽
アオジ♂1羽♀1羽
ミヤマホオジロ♂1羽
シメ7羽
アカゲラ1羽(♂の情報も)
シジュウカラ(最大群れサイズ3羽)
ジョウビタキ(写真あり)(情報より)
亜種ハチジョウツグミ(初認)(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)
オナガ(情報より)
サザンカ2分咲き


2015.12.6
キンクロハジロ12羽(犀川橋〜普正寺橋)
コゲラ(ドラミング1羽)
ウ類(犀川中州21羽・金石西防波堤8羽)
シジュウカラ最大個体数4羽と、その周辺での小鳥(コゲラ2羽・メジロ2羽)
メジロ2羽
カモメ類17羽(犀川河口)
ホシハジロ(大池1羽)
ジョウビタキ♀1羽

小鳥が小声でさえずっている声が、犀川下流左岸(普正寺橋から上流約450m 9時18分)から聞こえてきました。
小声なのですが約100m先からも、かすかに聞こえ、約2分程鳴いていました。
「チーチーチュクジュクチュクチュクジュー」などと聞こえます。
モズがぐぜっている声でもなく、ヒヨドリ・シジュウカラ・ミヤマホオジロなどの声とは全く違います。
「チーチー」と前奏に2音付けるのが特徴で、ホオアカ?とも思ったのですが自信ありません。
なお、1990年以降では、ホオアカは普正寺の森では、2008年11月29日1羽と2010年11月 7日1羽の記録があります。
http://www.bird-research.jp/1_shiryo/nakigoe.html

カワセミ(情報より)
ノスリ(情報より)
キセキレイ(情報より)
エナガ1羽(情報より)
キクイタダキ1羽(情報より)
ミヤマホオジロ(情報より)
オナガ(情報より)
カンムリカイツブリ1羽(写真あり)(情報より)
カイツブリ(犀川下流)(写真あり)(情報より)
シャリンバイ実黒色


2015.12.2
ヤマガラ(写真あり)(情報より)
エナガ(写真あり)(情報より)
シメ(写真あり)(情報より)
キクイタダキ(写真あり)(情報より)


2015.12.1
メジロ(写真あり)(情報より)
ルリビタキ♀タイプ(写真あり)(情報より)
カワセミ(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
ミヤマホオジロ(写真あり)(情報より)


2015.11.30
カワセミ(情報より)
オナガ(情報より)
ノスリ(情報より)
アカゲラ(情報より)
キセキレイ(情報より)


2015.11.29
オナガ5羽
キンクロハジロ5羽(犀川橋〜普正寺橋)
オオバン(金石港船溜り1羽・犀川下流10羽)
ウ類(犀川中州27羽・金石西防波堤15羽)
ウミウ幼鳥1羽(犀川中州)
カワセミ♀幼鳥1羽(ササゴイの池)
アカゲラ1羽
シジュウカラ(最大群れサイズ4羽)
シメ5羽
カモメ類8羽+(犀川河口)
ジョウビタキ♀1羽
メジロ2羽
コゲラ(1羽が頻繁にドラミングを。二天橋の西)
ルリビタキ♀タイプ1羽(情報より)
ミヤマホオジロ7羽(情報より)
キクイタダキ3羽(情報より)
エナガ(情報より)
キセキレイ(情報より)
赤とんぼ1頭


2015.11.23
オオバン(金石港船溜り7羽・犀川下流)
キクイタダキ3羽(6羽の情報も)
ハシビロガモ♂1羽(犀川下流)
キンクロハジロ2羽(犀川橋〜普正寺橋)
アカゲラ♀1羽
ウ類(犀川中州4羽・犀川橋下流浅瀬12羽・金石西防波堤0羽)
シジュウカラ(最大群れサイズ4羽)
ミヤマホオジロ♂3羽・♀1羽
ダイサギ3羽(10時8分 大池の北西、黒松の梢に次々と止まりました)
ミサゴ1羽
カンムリカイツブリ1羽(犀川下流)
シメ1羽(多数の情報も)
エナガ20羽+(情報より)
シロハラ2羽(情報より)
ノスリ2羽(1羽の虹彩は暗色でした)(写真あり)(情報より)
ヒガラ(写真あり)(情報より)
ヤブコウジ実赤
赤とんぼ9頭を所々で観察しました
タテハ類1頭(アカモズの小径)



2015.11.22
マガン31羽(かないわ病院から船見団地上空。そして東へ。)
カワセミ1羽(下嘴に赤味あり、胸はこげ茶色あり。嘴の1.2倍程の大きな餌を食べていました)(ササゴイの池)
ミサゴ2羽(野鳥園跡地の北で、地上約20mから5mに2羽が急降下。声はなかったのですが、争っている印象でした。)
オオバン9羽(1羽は犀川下流左岸にあがりました)
キンクロハジロ9羽(犀川橋〜普正寺橋)
カンムリカイツブリ1羽(犀川下流)
ハシビロガモ♂2羽(犀川下流)
ダイサギ1羽(犀川橋の下)
ウ類(犀川中州15羽)
ミヤマホオジロ♂1羽(ササゴイの池の南)
シメ3羽
シジュウカラ最大個体数3羽と、その周辺での小鳥(コゲラ1羽・メジロ3・エナガ5羽)
ウグイス1羽
ルリビタキ♀タイプ1羽(二天橋)
ツグミ8羽群れ(アカモズの小径)
カモメ類(ウミネコ)1羽+(犀川河口)
アカゲラ♂1羽(情報より)
アオジ1羽(二天橋)(情報より)
トラツグミ(写真あり)(情報より)
キセキレイ(写真あり)(情報より)
ノスリ(写真あり)(情報より)
アオキ実赤
コマユミとマユミの実が見頃
ウンラン実薄茶色
トベラ(多くの実が裂開し、赤橙色の種子が見られるようになってきました)



2015.11.21
カワセミ(情報より)
キセキレイ(情報より)
イソヒヨドリ♂♀(写真あり)(情報より)
ダイサギ(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
オジロビタキ1羽
(情報より)
ウソ1羽(情報より)
アカゲラ(情報より)
オオタカ(情報より)


2015.11.20
キンクロハジロ7羽(犀川橋〜普正寺橋)
カンムリカイツブリ1羽(犀川下流)
ウ類(犀川中州41羽)ウ類(犀川橋下流では水嵩が高く、浅瀬は見られませんでした)
オカヨシガモ♂1羽(犀川下流)
オオバン(金石港船溜り2羽・犀川下流2羽)
オナガ2羽
シメ1羽
オジロビタキ1羽(三千坊跡南)(地鳴きが多いのですが、さえずりの情報(下嘴の黒味が多い個体)もありました。)
イソヒヨドリ♂(テトラポッド)
アカゲラ♀1羽
オナガ5羽
シジュウカラ(最大群れサイズ3羽)
アオバト♀タイプ1羽(小川)(写真あり)(情報より)
アカゲラ♀(写真あり)(情報より)
ミヤマホオジロ(写真あり)(情報より)
ルリビタキ(情報より)
キセキレイ(情報より)
カワセミ(情報より)
オオタカ幼鳥1羽(写真あり)(情報より)
メジロ2羽
ハゼノキ紅葉
ツワブキ花
ハマベノギク実と花

赤とんぼ1頭(プールの北東)


2015.11.19  普正寺の森ではカモ類は増えましたが、小鳥の渡りのピークは過ぎた様です。そして、今秋は小鳥の大きなピークはなかった印象です。
大池のカモ類→カルガモ153羽・コガモ80羽・オカヨシガモ♂6羽♀1羽・ヒドリガモ♀タイプ1羽・マガモ♂6羽♀タイプ7羽・ハシビロガモ♀1羽
(大池でのオカヨシガモは、1990年3月からの記録では、1994年11月19日の4羽が最多でした。今日の7羽は、最大個体数になりました。)

ルリビタキ♀タイプ1羽(三千坊跡南)
トビ7羽(6時17分 雲り空でまだ薄暗い時刻に、森上空から北東や東方向へ旋回しながら移動。普正寺橋を塒にしている印象です。)
ウ類(犀川中州27羽)
シメ2羽
シジュウカラ最大個体数6羽と、その周辺での小鳥(コゲラ2羽)
アカゲラ?1羽(声のみ)
カモメ類1羽(犀川河口)
キンクロハジロ8羽(犀川橋〜普正寺橋)
キセキレイ(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
ダイサギ(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
カワセミ(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
ヤマガラ(写真あり)(情報より)
メジロ(写真あり)(情報より)
エナガ(写真あり)(情報より)
サルトリイバラ真っ赤な実


2015.11.18
ルリビタキ♀タイプ(写真あり)(情報より)
オジロビタキ♀タイプ(写真あり)(情報より)(三千坊跡南で同時に、4羽+の姿や声を観察された、複数の方より情報もありました。)(亜種ニシオジロビタキと思われます。)             


2015.11.17
オジロビタキ♀タイプ(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)
キセキレイ(情報より)


2015.11.16
オジロビタキ♀タイプ(下嘴は淡い色)(写真あり)(情報より)
シメ(写真あり)(情報より)
ミヤマホオジロ(写真あり)(情報より)
ダイサギ(写真あり)(情報より)
キセキレイ(情報より)
カワセミ(情報より)


2015.11.15
ルリビタキ♀タイプ1羽(三千坊跡南)
ハシビロガモ♂1羽(大池)
ツグミ1羽
ノスリ成鳥1羽(小川中流で水浴び 11時6分)
エナガ1羽
カンムリカイツブリ1羽(金石港船溜り)
カモメ類1羽(犀川河口)
オオバン11羽(犀川下流)
ウ類(犀川中州17羽・犀川橋下流浅瀬0羽・金石西防波堤0羽)
キンクロハジロ0羽(犀川橋〜普正寺橋)
シジュウカラ(最大群れサイズ3羽)
キセキレイ1羽(小川下流)
シメ多数(情報より)
アオジ(情報より)
オジロビタキ♀タイプ2羽(下嘴がはっきり広く淡色の個体(良く姿が見られた)と、すべて黒色と思われる個体です。)(三千坊跡南)(写真あり)(情報より)
赤とんぼ(エノキの小径1頭)
アカテガニ(三千坊跡1匹)



2015.11.14
カンムリカイツブリ(写真あり)(情報より)
ルリビタキ♀タイプ(写真あり)(情報より)
オナガガモ♂エクリプス(大池)(写真あり)(情報より)
キセキレイ(小川)(写真あり)(情報より)
オジロビタキ♀タイプ2羽(写真あり)(情報より)
オオタカ(情報より)


2015.11.13
ハシビロガモ♂1羽(大池)
マガモ♂5羽(大池)(♀は見当たりませんでした)
キンクロハジロ2羽(普正寺橋〜犀川橋)
ウ類(犀川中州2羽・犀川橋下流浅瀬37羽・金石西防波堤羽)(浅瀬周辺に今朝は釣り人がいませんでした。)
シロハラ1羽
オジロビタキ♀タイプ(下嘴は黒色に見え、淡色はないようですが、はっきりしません。GC斑は11日の個体より太いようです。11日とは別個体のような印象です。)(写真あり)(情報より)
ホシハジロ♂1羽(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)
キセキレイ(情報より)
ハマベノギク実と花
センニンソウ(実(痩果)の白く長い毛が開いています。群生していると、この毛が仙人の鬚のように見えます。)

カナヘビ1匹
赤とんぼ(犀川下流左岸4頭・コゲラの小径2頭)



2015.11.12
オジロビタキ♀タイプ1羽(7時59分 水車小屋から北東約100m)
コチョウゲンボウ♀タイプ1羽(7時54分 西から二天橋上空(高さ約25m)へ一直線で飛翔。ハシボソガラス2羽が接近したため、翼や尾羽などをいっぱいに広げ急旋回して、北へ向かいました。
カシラダカ3羽
キジ1羽(ヒーヒーヒーと連続で大声)
アカゲラ?1羽(声のみ)
ノスリ1羽(大池南の樹上にいたのですが、ハシボソガラスにモビングされ飛び立つ)
オナガ3羽
オオバン9羽(犀川下流)
シメ9羽
ウ類(犀川中州12羽)
キンクロハジロ6羽(犀川下流)
アキグミ実真っ赤
シロダモ実赤と花



2015.11.11  12時の気温15.3℃ 東風2.2mで、日差しがあり思いより暖かく、北寄りの風でなく、風も弱い。
秋のピーク時には、早朝より海岸線沿いに(プール上空など)、南西へ次々と渡って行きます。大きさはカシラダカ大〜オオジュリン大の小鳥の渡りです。しかし、今朝は短時間の観察ですが、渡りの様な移動はなく、40羽+(高さ約30m)の、上空での小鳥の旋回が一度観察されただけでした。

今秋の渡りのピークは、もっと後なのかも?次の低気圧の通過は、11月14〜15日の予報ですが、その後の16〜17日は最高気温20℃の予報です。あまり気温は下がらないようです。
秋に、大陸を南下する総数と、日本を南下する総数の比率は、年によりかなり増減するのでしょうか?(ツグミサイズ以下の、小鳥の種毎について)
http://www.tenki.jp/forecast/4/20/5610/17201.html

コチョウゲンボウ1羽(10時45分 プールの上空高さ約40mを、一直線に南西へ。尾羽がチョウゲンボウに比較して短い。)
ウソ1羽(声のみ)(犀川下流左岸)
ミヤマホオジロさえずり1羽(♂2羽+・♀2羽+)
カモメ類2羽(セグロカモメ)(犀川河口)
ウ類(犀川中州15羽・金石西防波堤30羽)
オオバン2羽(犀川下流)
シメ7羽
ミヤマホオジロとカシラダカの群れ30羽+
ツグミ1羽
ミサゴ2羽(トビ2羽と森上空を高く旋回)
ヤマガラ1羽
オナガ8羽+(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)
オジロビタキ♀タイプ(下嘴基部の淡色が、撮影されていました。そして、「胸はバフ色味が強く、淡色の喉とのコントラストはオジロビタキほどではない」の図鑑の解説とも、矛盾はありませんでした。亜種ニシオジロビタキと思われます。)(写真あり)(情報より)


2015.11.10
オジロビタキ♀タイプ2羽+(水車小屋から北東100m辺り。水車小屋から三千坊跡辺り)(写真あり)(情報より)
カワセミ(写真あり)(情報より)


2015.11.9
ミヤマホオジロさえずり1羽(エノキの小径 6時41分)(長く早口でさえずっていました。秋のさえずりの記録は貴重。)他所でも♂1羽
ツグミ1羽
オナガ1羽+
犀川中州→ウ類3羽
オオバン2羽(犀川下流)
アカゲラ?1羽(声のみ)
シメ7羽
エナガ2羽
アオジ♀タイプ1羽
アカテガニ1匹
アマガエル1匹
虫の音3箇所で



2015.11.8
ミサゴ(情報より)
オオタカ(情報より)
アカゲラ(情報より)
ハヤブサ(情報より)
キクイタダキ(情報より)
マミチャジナイ(情報より)
ジョウビタキ(情報より)
イソヒヨドリ(情報より)
キセキレイ(情報より)
セグロセキレイ(情報より)
オジロビタキ♀タイプ1羽(写真あり)(情報より)


2015.11.7  ピークには程遠い、静かな森でした。ピークはかなり遅い印象です。
オオバン8羽(金石港船溜り)
イソヒヨドリ♂1羽
メジロ20羽程の群れ
エナガ8羽(小川の西)
オナガ2羽
アカゲラ♀1羽
シメ3羽+
シロハラ1羽
ミサゴ1羽(魚を持って)
犀川中州→ウ類16羽(カワウ2羽は犀川左岸の樹上でも。左岸は久々)
ツグミ1羽
ハクチョウ類8羽(11時59分 北東へ)
アオジ(写真あり)(情報より)
ハマゴウ実
ハマベノギク実と花
コマツヨイグサ花
ハゼノキ紅葉が真っ赤で見頃
ヤツデ5分咲き
アオギリ落葉が始めりました
センニンソウ(実(痩果)の白く長い毛が開き始めました)
エノキとオニグルミの落ち葉は、非常に多くありました。

虫の音2ヶ所で(7〜8時台)


2015.11.6
ヤマガラ(写真あり)(情報より)
ルリビタキ♀タイプ(写真あり)(情報より)
キセキレイ(写真あり)(情報より)
キクイタダキ(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)
オナガ(情報より)


2015.11.5  天気予報では、11月5〜7日には晴と曇のマークで、最高気温は19〜22度。11月8〜10日は曇り一時雨。11〜12日は曇りと晴で最高気温も15〜16度と低く、この頃にピークがありそうです。ただ、大きな低気圧の通過はない様で、今秋は大きなピークはなく、少しづつ渡って来る印象です。
http://www.tenki.jp/forecast/4/20/5610/17201.html

カシラダカ36羽(アカモズの小径の地上で群れになり、盛んに採食していました。ミヤマホオジロ2羽も)
ミヤマホオジロ♂1羽♀1羽(アカモズの小径)
アカゲラ♀1羽
カルガモ(ディスプレー初認)(犀川下流)
オオバン10羽(犀川下流)
犀川中州→ウ類9羽
オナガ3羽+
カワセミ幼鳥1羽(ササゴイの池)
ミサゴ1羽(樹上や魚を持っている個体も)
カモメ類7羽+(犀川河口)
メジロ群れ所々で
ルリビタキ♀タイプ(写真あり)(情報より)
ムギマキ♂成鳥(写真あり)(情報より)
ヤツデ花
ヤマコウバシ黄葉見頃(コゲラの小径)



2015.11.4
カシラダカ(初認)(写真あり)(情報より)
マミチャジナイ(写真あり)(情報より)
ルリビタキ♂成鳥(きれいな個体です)(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)
クロツグミ♀(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)


2015.11.3
ハジロカイツブリ非繁殖羽1羽(初認)(犀川下流)
オナガ6羽
クロサギ1羽(テトラポッド)
ミソサザイ1羽(二天橋)
ウグイス(二天橋)
カラス類の巣(小川の滝と、プールとの中間点辺りの樹上に巣はありました。冬期の強風で、毎年この辺りの巣はすべて落ちてしまいます。今年の巣も、先日の強風で枝は少し落ちて、小さくなっていました。近年は、この辺りで繁殖期にハシブトガラスを良く見掛けます。この巣も、今年新たに造られたハシブトガラスの巣なのでしょう。)

11月1日に多かったヒヨドリが、今日はかなり少なくなっていました。2日か3日の朝に、多くのヒヨドリは渡った印象です。
イソヒヨドリ♂1羽(テトラポッド)(♀の情報も)
ハシビロガモ♀1羽(大池)(写真あり)(情報より)
カイツブリ非繁殖羽1羽(犀川下流)(写真あり)(情報より)
キクイタダキ群れ(写真あり)(情報より)

メボソムシクイ上種1羽(オオムシクイ?)(写真あり)(情報より)
(普正寺の森の春のさえずりでは、ほとんどがメボソムシクイではなく、多くがオオムシクイです。メボソムシクイのさえずりは、数年に1羽の割合です。)
(秋には稀にしかさえずらないので、2種の識別は非常に難しいのですが、春の傾向から普正寺の森では、多くがオオムシクイだと思っています。なお、秋にさえずりの記録のあるのは、すべてオオムシクイで、メボソムシクイの記録はありません。)

●メボソムシクイ Phylloscopus borealis( Blasius)の分類の再検討:3 つの独立種を含むメボソムシクイ上種について
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjo/61/1/61_1_46/_pdf
http://www.biodic.go.jp/moni1000/findings/newsflash/pdf/terrestrial_bird_NL_Vol.4_No.2_.pdf#search='%E4%B8%80%E5%A4%AB%E4%B8%80%E5%A6%BB+++%E3%83%A4%E3%83%96%E3%82%B5%E3%83%A1'
http://www.bird-research.jp/1_shiryo/nakigoe.html
http://phylloscopus.web.fc2.com/warbler/Warbler.html
http://phylloscopus.web.fc2.com/warbler/warbler-table.html
http://yacho.org/cbird/pages/4_kazakiri/hatano/course2_04.htm

●センダイムシクイの下嘴の色について
http://homepage1.nifty.com/magpie/bird/monograph/mushikui.html
http://seesaawiki.jp/w/mjueta/d/%a5%bb%a5%f3%a5%c0%a5%a4%a5%e0%a5%b7%a5%af%a5%a4
http://yacho.org/cbird/pages/4_kazakiri/hatano/course2_04.htm

カマツカ実赤く見頃
普正寺海岸から能登半島が、薄っすらと見えました。志賀町辺りでしょうか?こんもりとした森が見えるのは、増穂が浦の西にある、少し突き出ている半島辺りでしょうか?


2015.11.1 種類数・個体数もあまり多くないのですが、早朝は快晴、そして爽やかな風で、気持ちよく鳥見が出来ました。
(以下は、最近の秋のピークです。2014年は11月5・16日、2012年は11月4・11・16日、2010年は11月6・14日、2009年は11月7日。2011年と2013年の秋には、大きなピーク日は不明でした。)
(予報では、明日は雨マークもあり、最高気温は15.6度で、肌寒い日になりそうです。ただ、その後11月10日までは最高気温18〜23度で、あまり下がらない様です。また、北向きの強い風に変わるような、長時間の雨の日もない予報です。今秋のピークは、11日以降の雨天の翌日ではないかと思っているのですが?)
http://www.tenki.jp/forecast/4/20/5610/17201.html

マミチャジナイ幼鳥1羽(GC斑がはっきり多くありました)(小川下流)
カンムリカイツブリ非繁殖羽1羽(初認)(犀川下流)
マヒワ9羽
チョウゲンボウ♀タイプ1羽
ダイサギ8羽(7時21分 金石港船溜り上空を北東へ、きれいな編隊で)
エナガ2羽
ルリビタキ♀タイプ1羽(♂成鳥の情報も)
アカゲラ♀1羽
ミヤマホオジロ♂1羽・♀1羽
キクイタダキ3羽(10羽+の情報も。今朝は所々で観察出来たようです。)
トビ幼鳥2羽
ジョウビタキ♂(♀の情報も)
オオバン4羽(金石港船溜り)
犀川中州→ウ類10羽
オオタカ成鳥1羽・幼鳥1羽(森上空)(情報より)
シメ多い(情報より)
アオジ(写真あり)(情報より)
コマドリ♀タイプ1羽(犀川下流)(写真あり)(情報より)
オシドリ♂1羽(犀川中州)(写真あり)(情報より)
ムギマキ♀タイプ(情報より)
ヤマガラ(写真あり)(情報より)
クロツグミ♂(情報より)
マミチャジナイ(情報より)
キクイタダキ(写真あり)(情報より)
ミサゴ(情報より)
シメ(情報より)
ルリビタキ(情報より)
ミゾソバ満開
シロダモ花と実
イタチハギ実こげ茶色
キョウチクトウ少し花が残っています
ヤブコウジ実は赤みを増しています

ジョロウグモ(かなり少なくなりました)


2015.10.31
ミヤマホオジロ5羽+(写真あり)(情報より)
ルリビタキ(情報より)


2015.10.29
カワセミ(写真あり)(情報より)


2015.10.28
ツグミ1羽(写真あり)(情報より)
アカゲラ♀(写真あり)(情報より)
キクイタダキ(写真あり)(情報より)
エナガ(情報より)


2015.10.27
カイツブリ(情報より)
カワウ(情報より)
カルガモ(情報より)
オオバン(情報より)
セグロカモメ(情報より)
ウミネコ(情報より)
ハマシギ5羽(今年初記録)(写真あり)(情報より)
トビ(情報より)
キジバト(情報より)
カワセミ(情報より)
アカゲラ(情報より)
コゲラ(情報より)
キセキレイ(小川)(写真あり)(情報より)
ハクセキレイ幼鳥(情報より)
ヒヨドリ(情報より)
モズ(情報より)
ミソサザイ(小川 初認)(写真あり)(情報より)
コマドリ♂1羽(小川)(情報より)
ジョウビタキ(情報より)
マミチャジナイ(小川)(写真あり)(情報より)
クロツグミ♂♀(小川)(写真あり)(情報より)
シロハラ(情報より)
ツグミ(情報より)
ウグイス(情報より)
キクイタダキ(情報より)
メボソムシクイ上種(情報より)
ムギマキ♀タイプ(小川)(写真あり)(情報より)
シジュウカラ(情報より)
エナガ(情報より)
メジロ(情報より)
ホオジロ(情報より)
ミヤマホオジロ♂3羽・♀1羽(小川)(写真あり)(情報より)
カワラヒワ(情報より)
マヒワ(情報より)
シメ(写真あり)(情報より)
スズメ(情報より)
ハシボソガラス(情報より)


2015.10.26(今日の野鳥は50種)  今朝は個体数、種類数共に少ないので、私は早めに観察を切り上げました。
でも私と同じく、少ないと感じておられる方の、写真や記録を頂くと50種にもなっていました。それもお一人の記録です。
少ないながらも、普正寺の森(健民海浜公園)は、凄いと改めて思いました。)

カイツブリ(犀川下流)(写真あり)(情報より)
カワウ(情報より)  (ウ類11羽が7時3分に、編隊で北東から「かないわ病院」上空へ)
マガモ♂1羽(犀川下流)(写真あり)(情報より)
カルガモ(犀川下流など)
コガモ2羽(大池)(写真あり)(情報より)
オシドリ♂2羽・♀1羽(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
ヒドリガモ11羽(犀川河口約100m)
ホシハジロ♂2羽(犀川下流)(写真あり)(情報より)
キンクロハジロ(犀川下流)(情報より)
セグロカモメ(情報より)
ウミネコ
ユリカモメ幼鳥1羽(久々の記録です)(写真あり)(情報より)
ダイサギ8羽(犀川下流)(写真あり)(情報より)
クロサギ1羽(普正寺海岸 久々)(写真あり)(情報より)
アオサギ
オオバン3羽(犀川下流)
ミサゴ(写真あり)(情報より)
トビ
オオタカ幼鳥1羽(ササゴイの池 6時44〜48分)(写真あり)(情報より)
キジバト
カワセミ(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
アカゲラ(情報より)
コゲラ1羽
キセキレイ(情報より)
ハクセキレイ(写真あり)(情報より)
ヒヨドリ
モズ3羽(7羽+の情報も)
コマドリ♂1羽(写真あり)(情報より)
ジョウビタキ♂(写真あり)(情報より)
イソヒヨドリ♂2羽♀1羽(普正寺浜)(写真あり)(情報より)
マミチャジナイ(情報より)
クロツグミ♀(写真あり)(情報より)
シロハラ(情報より)
ツグミ1羽
キクイタダキ10羽±(写真あり)(情報より)
ウグイス
ムギマキ♀タイプ1羽(小川)(写真あり)(情報より)
シジュウカラ
ヤマガラ1羽(情報より)
エナガ(写真あり)(情報より)
メジロ群れ(写真あり)(情報より)
ホオジロ
アオジ(初認)(写真あり)(情報より)
カワラヒワ
マヒワ(情報より)
アトリ数羽(写真あり)(情報より)
シメ6羽+(写真あり)(情報より)
スズメ
オナガ10羽±(写真あり)(情報より)
ハシボソガラス


2015.10.25 少しは期待していたのですが、個体数・種類数も少なくガッカリの森でした。ただ、キマユムシクイやムギマキを撮影された方がおられ救いでした。
オナガ1羽(正門)
メジロ(声のみの記録なのですが、かなり賑やかで多数でした。50〜100羽程では)
イソヒヨドリ♀タイプ1羽
カイツブリ非繁殖1羽(犀川下流)
カモメ類3羽+(犀川河口)
ウグイスの声所々で
カルガモの交尾前のポンプ行動(初認)♂1羽♀1羽(犀川下流)
キマユムシクイ1羽(大池の東 黒松の梢 10月20日に撮影された場所とほぼ同じ地点です。)(写真あり)(情報より)
オオタカ幼鳥1羽(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
キクイタダキ10羽+(情報より)
ミヤマホオジロ♂1羽♀1羽(ササゴイの池の東)(写真あり)(情報より)
アトリ1羽(コゲラの小径)(写真あり)(情報より)
ツグミ1羽(写真あり)(情報より)
カワセミ幼鳥1羽(胸はこげ茶。嘴に若干赤味ありました。)(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
ムギマキ♀タイプ3羽(写真あり)(情報より)
キクイタダキ5羽+(写真あり)(情報より)
アケビ実
トベラ実黄色
マユミ仮種皮が割れ始めました



2015.10.24
ウ類1羽(犀川下流上空)
アカゲラ?1羽(声のみ)
カモメ類3羽+(犀川河口)
マヒワ大の小鳥が砂丘沿いに、強い向かい風ですが、南西へ12羽向かっていました。
ハヤブサ成鳥1羽(カラーリングあり)(写真あり)(情報より)
シメ3羽(小川)(写真あり)(情報より)
ヤマガラ(写真あり)(情報より)
エナガ10羽+(写真あり)(情報より)
シロハラ(写真あり)(情報より)
マミチャジナイ(写真あり)(情報より)
クロツグミ♂♀(写真あり)(情報より)
メジロ群れ(写真あり)(情報より)
キジ♀・幼鳥(幼鳥が小川で水飲み)(写真あり)(情報より)
ムギマキ2羽(情報より)
オオタカ成鳥1羽(二天橋)(情報より)
キクイタダキ1羽(情報より)
マヒワ♂2羽♀1羽(情報より)
クロガネモチ実見頃
セイタカアワダチソウ散り始め
イボタノキ実黒色
カラタチ実黄色
ナワシログミ花
キンギンボク花2株(季節を間違えたようです)

10月14日以降、まとまった雨が降らず、渡りに適した風も吹かず、寂しい森でした。
しかし、ようやく今日の16時から雨が降り始めました。
そして天気予報では、南西から北東の風に25日には変わり、最高気温も17度以下と下がります。

25日または26日には、秋の小さなピークがあるのではないかと期待しています。
ただ、大きなピークは、平年通り11月前半ではないかと思っています。

http://www.tenki.jp/forecast/4/20/5610/17201.html


2015.10.23
カワセミ(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
クロツグミ♀2羽(写真あり)(情報より)
アカゲラ♀(写真あり)(情報より)
ムギマキ♀タイプ(写真あり)(情報より)
シロハラ(写真あり)(情報より)
シメ(小川)(写真あり)(情報より)
ミヤマホオジロ♂(写真あり)(情報より)
モズがカマキリを持って(写真あり)(情報より)
ジョウビタキ(情報より)
ヤマガラ(情報より)
メジロ(情報より)
アトリ(情報より)


2015.10.22
ムギマキ♀タイプ1羽(小川下流)
アカゲラ?1羽(声のみ)
オオバン6羽(犀川下流)(久々)(写真あり)(情報より)
シメ(写真あり)(情報より)
クロツグミ♀(GC斑は見られず、成鳥と思われます。)(ササゴイの池でも水浴び)(写真あり)(情報より)
カワセミ1羽(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
シロハラ(ササゴイの池で水浴び)(写真あり)(情報より)
マユミやコマユミ実見頃
シロダモ満開
ツワブキ満開
ヤツデつぼみ
ウンラン花
アキグミ実赤

アマガエル1匹
アカテガニ(非常に少なくなりました。そろそろ冬眠でしょうか?)(犀川下流左岸1匹・小川の西1匹・三千坊跡2匹)
カナヘビ1匹



2015.10.21
ムギマキ♀タイプ(写真あり)(情報より)
シメ(写真あり)(情報より)
エナガ(写真あり)(情報より)
ヤマカガシ1匹(胴体がオレンジ色帯びていて、市松模様に似た斑がありました。体長約60cm。1.5cm程の小さな黒っぽい餌をくわえていました)(11時14分 小径上をゆっくり移動) (前回の観察は、10年以上前でしょうか。久々です。)
カナヘビ1匹



2015.10.20
ジョウビタキ♂♀(写真あり)(情報より)
シロハラ幼鳥(写真あり)(情報より)
カシラダカ♂(初認)(写真あり)(情報より)
シロハラ8羽+(写真あり)(情報より)
シメ(嘴に鉛色が残っている個体も)(写真あり)(情報より)
カワセミ(写真あり)(情報より)
キマユムシクイ1羽(大池の東 黒松の梢)(後頭部の写真ではボンヤリとした頭央線がありました。眉斑は若干黄味あり、翼帯は白っぽいが、光の関係とも思われます。腰は見えません。下嘴基部の色ははっきりせず、三列風切の外縁も不明ですが、翼帯は太くはっきり2本あります。)(写真あり)(情報より)


2015.10.19
ヒレンジャク幼鳥1羽(二天橋 13時34分)(胸に褐色の縦斑が太く、そしてこれ程多くある個体は初めてです。冠羽は高く立てて、凛々しい。)(初認)(写真あり)(情報より)
キクイタダキ1羽(二天橋 14時)(写真あり)(情報より)
オオタカ幼鳥1羽(二天橋下流 13時38分 ドップリ小川に浸かっていました)(写真あり)(情報より)
クロツグミ♂1羽「(二天橋)(情報より)
メボソムシクイ上種(二天橋)(情報より)
ヤマガラ(所々で)(情報より)
シジュウカラ10羽+の群れ(情報より)
ジョウビタキ♂♀(写真あり)(情報より)
シロハラ3羽+(小川)(情報より)
ムギマキ♂成鳥・♀タイプ(写真あり)(情報より)
ミヤマホオジロ(写真あり)(情報より)


2015.10.18
ムギマキ♀タイプ1羽(尾羽基部の白斑は不明でした。ただ、春に見かける♀より、体上面は若干黒味が強く、また、腮から腹にかけても赤味が若干強いので、♂幼鳥だと思われます。来春には、♂の特徴の白い眉斑が見られるのではないでしょうか。)(♂成鳥1羽や、ササゴイの池でもほぼ同時刻に♀タイプ1羽の情報もありました。)

モズ7羽(所々で大声で鳴いていました)(鳴き合い等がなければ、200m以内は同一個体としました。)
ウグイス13羽
ヒヨドリ増えて来ました
シメ10羽+
ヤマガラ1羽
カモメ類40羽+(犀川河口)
キビタキ♂成鳥1羽・♂幼鳥・♀タイプ(写真あり)(情報より)
コマドリ♂(水車小屋 14時15分頃)(初認)(写真あり)(情報より)
クロツグミ♂♀(情報より)
クロジ♀(初認)(写真あり)(情報より)
シマセンニュウ1羽(二天橋 14時10分頃)(今年初記録)(写真あり)(情報より)(尾羽先端の白斑が若干見られます。背に不明瞭な縦斑が少しあります。三列風切や雨覆には淡バフ色の羽縁がはっきり見られます。この3点からエゾセンニュウではないと考えました。)
ノコンギク満開
セイタカアワダチソウ満開
ミゾソバ満開
ノイバラ実赤色
シロダモ満開・実も真っ赤
キヅタ花と実
ツタ紅葉始まり
ツユクサ実
カマツカ実赤色
ハマヒサカキ実茶色〜黒色
ツワブキ満開
アキグミ実赤色
ハマベノギク花と実
ハマゴウ実
コマツヨイグサ花
コマユミ仮種皮が割れ種子も真っ赤になりました

虫の音(少なくなっていますが、いい音色が所々でまだ聞けます)
ジョロウグモかなり少なくなりました



2015.10.17
カワセミ1羽(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
ムギマキ♂成鳥・♀多数(水車小屋・二天橋)(写真あり)(情報より)
キビタキ♂成鳥・♂幼鳥(写真あり)(情報より)
シメ多数(写真あり)(情報より)
ミサゴ(情報より)
オオタカ成鳥・幼鳥(森上空)(情報より)
クロツグミ♂♀(情報より)
シロハラ(情報より)
アカゲラ♀(情報より)
メジロ20羽+(情報より)
エナガ(情報より)
ミヤマホオジロ♂♀(写真あり)(情報より)
ハイタカ(二天橋)(情報より)
ミサゴ(情報より)


2015.10.16
ムギマキ♂成鳥1羽(♂は初認)・♀タイプ3羽+(写真あり)(情報より)
メボソムシクイ上種(写真あり)(情報より)
メジロ(写真あり)(情報より)
オオタカ1羽(情報より)
カワセミ2羽(情報より)


2015.10.15
カワセミ1羽(犀川下流)(ササゴイの池でも撮影されています)
ミサゴ1羽(魚を持って)(犀川下流)
犀川中州→カワウ1羽・アオサギ1羽
ジョウビタキ♀(初認)(写真あり)(情報より)
シメ(写真あり)(情報より)
クロツグミ♂(写真あり)(情報より)
ムギマキ♀タイプ5羽+(初認)(写真あり)(情報より)


2015.10.14
ムギマキ♀タイプ(初認)(写真あり)(情報より)
シロハラ(小川下流)(初認)(写真あり)(情報より)
アトリ(写真あり)(情報より)
シメ(写真あり)(情報より)
エナガ(写真あり)(情報より)
白山初冠雪(平年より3日早い)


2015.10.13
シメ(写真あり)(情報より)
ササゴイの池のカモ類→オシドリ♂繁殖羽4羽+・♀タイプ3羽+、コガモ6羽+(写真あり)(情報より)
白山初積雪


2015.10.12
カッコウ類(写真あり)(情報より)
ミヤマホオジロ1羽(初認)(コゲラの小径)(情報より)
立山初冠雪


2015.10.11
シメ数羽(写真あり)(情報より)
セグロセキレイ(情報より)


2015.10.10
キセキレイ2羽(写真あり)(情報より)
カワセミ(写真あり)(情報より)
メジロ(写真あり)(情報より)
ヤマガラ(写真あり)(情報より)


2015.10.7
オオルリ♀(写真あり)(情報より)
シメ(写真あり)(情報より)
クロツグミ♂(写真あり)(情報より)


2015.10.6
オオルリ♀1羽
メジロ5羽+
キセキレイ1羽(アスレチック広場)(2羽の情報も)
メボソムシクイ上種(所々で見かけました)
ショウドウツバメ5羽+(プールの北)
カモメ類44羽(犀川河口)
ハヤブサ1羽(情報より)
ウ類1羽(犀川上空)
セグロセキレイ(写真あり)(情報より)
シメ群れ(嘴は鉛色でなく、褐色)(写真あり)(情報より)
サクラタデ満開
セイタカアワダチソウ5分咲き〜満開
ヌルデ実緑色



2015.10.5
カワセミ(情報より)
アオダイショウ(写真あり)(情報より)


2015.10.4
チゴハヤブサ幼鳥1羽(ポンプ室の東 高さ約15mの黒松の枯れた梢に約30秒止まりました。7時53分)(チョウゲンボウと違い、頬ひげがはっきり。)
アトリ1羽(初認)(合流した約6羽もアトリだと思いました)
オオタカ幼鳥(小川で水浴び。1990年以降では以前に1度、小川での水浴びの記録はありますが、非常に珍しいと思います。)(情報より)
キセキレイ1羽(小川)
犀川中州→アオサギ2羽
オオバン2羽(犀川橋下流。久々)
ショウドウツバメ4羽
エナガ(写真あり)(情報より)
ノビタキ♀タイプ3羽(犀川右岸)(写真あり)(情報より)
トキワサンザシ実が赤くなり始めました
セイタカアワダチソウ5分咲き
アケビ食べ頃
ナワシログミ8分咲き
サンショウ実赤い
コマユミやハゼノキは紅葉が増え始めています
ネズミノオ穂

オオカマキリ1頭
アカテガニ(プールの北の砂丘では最も高い所で、♂1匹。甲長1.2cm程で、まだ小さく幼体と思いますが、甲羅の模様などアカテガニで間違いありませんでした。砂丘でアカテガニを見掛けたのは初めてでは。)



2015.10.3
シメ1羽(初認)
オシドリ♀(写真あり)(情報より)(♂2羽♀2羽の情報も)
メジロ(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)


2015.10.2
ハジロクロハラアジサシまたはクロハラアジサシ 2羽(嘴黒色、尾羽はすべて白色、コアジサシなどの様に外側尾羽は長くありませんでした。)(犀川橋下流約100mから下流へ。水面高さ約0.5〜6mを飛びながら。10時29分)
≪ハジロクロハラアジサシ≫
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%B8%E3%83%AD%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%8F%E3%83%A9%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%B5%E3%82%B7
http://www.avibirds.com/euhtml/White-winged_Tern.html
http://www.wbsj-okhotsk.org/zukan/hajirokuroharaajisasi.htm
http://birds.mints.ne.jp/hajirokuroharaajisashi.html
http://harada5550.exblog.jp/tags/ハジロクロハラアジサシ/

≪クロハラアジサシ≫
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%8F%E3%83%A9%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%B5%E3%82%B7
http://birds.mints.ne.jp/kuroharaajisashi.html
http://birdszukan.web.fc2.com/birdsphoto7th/316-181-kuroharaajisashi/index-kamome-kuroharaajisashi.html
http://www.yonago-mizutori.com/blog/cat14/cat100/


Wikipediaには、以下の様に記載されています。

「ハジロクロハラアジサシChlidonias leucopterusは、ヨーロッパ南東部から中央アジアにかけてと中国東北部で繁殖し、冬季はアフリカ、東南アジア、ニューギニア、オーストラリアなどに渡りをおこない越冬する。
日本には旅鳥として全国で記録されているが、飛来数は多くない。8-10月にかけての秋の渡りの時期によく観察されている。春にはアジサシの群れの中で夏羽の個体が観察されたことがある。」

「クロハラアジサシChlidonias hybridusは、ヨーロッパ南部から中央アジア、アフリカ、南アジア、中国東北部、オーストラリアで繁殖するが、繁殖地域は点在している。北方で繁殖した個体は、冬季アフリカ、インド、オーストラリアに南下し越冬する。日本では旅鳥として5月から10月にかけて各地で観察されるが、数は少ない。南西諸島ではよく見られる。」

2種共に、中国北東部でも繁殖しており、前日の強風で本来のコースから外れ、石川県へ飛来した可能性もあると思っています。

オオタカ幼鳥1羽(森から出て水田上空のドバトを狙うが失敗し森に帰りました。9時14分)
スズガモ♀1羽(犀川下流)(キンクロハジロより小さく、冠羽なし)
エナガ2羽
オオムシクイさえずり2羽(エノキの小径)
中形キツツキ声(アカゲラ?)1羽
カワウ1羽(犀川下流)
オナガ6羽
ムクドリ46羽
カモメ類28羽(犀川河口)
ヒドリガモ♀タイプ8羽(犀川下流)
ホシハジロ♂1羽(犀川下流)
キンクロハジロ♂1羽♀タイプ1羽(犀川下流)
コガモ15羽(犀川下流)
キセキレイ(写真あり)(情報より)
ツグミ1羽(初認)(写真あり)(情報より)


2015.10.1(最大瞬間風速27.2m)
ショウドウツバメ30羽+(プールの北)
オナガ2羽
オオルリ♂成鳥2羽・♀1羽
アオバトさえずり1羽
アカゲラ1羽(飛翔)
オオムシクイさえずり1羽
コサメビタキ1羽
大形ツグミ類1羽
マガモ1羽(小川中流より飛びたちました)
ムクドリ30羽+
キセキレイ2羽(小川下流)
ハクセキレイ成鳥1羽・幼鳥2羽
コガモ(大勢)(写真あり)(情報より)
キンクロハジロ♀タイプ(初認)(写真あり)(情報より)
スズガモ♀1羽(嘴の付け根の白斑がかなり大きい。非常に短い冠羽の様に見える羽根がありますが、潜水後の羽の乱れと判断しました。)(今年初記録)(写真あり)(情報より)
ハヤブサ1羽(足環あり。右脚は環境省標識調査用足環で間違いないと思います。左脚はカラーリングで、黒色・銀色・黒色。または、濃い緑・銀色・濃い緑ではないかと思われます。そして、金沢市内で放鳥された個体と思われます。)(写真あり)(情報より)
http://www.mitene.or.jp/~ara-him3/hokurikutaikai/hayabusa.html

クロガネモチ実橙色
ミズヒキ満開
セイタカアワダチソウ開花
コマユミ仮種皮は真っ赤
マユミの仮種皮は赤くなり始めました
カラタチ実黄色
ブタナ花
ノコンギク開花
ハマゴウ実と花
ウンラン満開
ケカモノハシ花
ハマベノギク満開
アキグミ実が赤くなり始めました
オギ満開(特に、犀川右岸は群生していて綺麗)
http://w2222.nsk.ne.jp/~mizuaoi/36susukitoogi.htm
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AE

虫の音多い
ユスリカ(砂丘にはまだ多く、蚊柱を作っていました)
クロベンケイガ二とアカテガニ(犀川下流左岸のアスファルト道上では、9月上旬には非常に多かったが、最近は10匹以下に激減しました。)


2015.9.30
オシドリ♂繁殖羽1羽・♂エクリプス3羽・♀2羽(犀川下流)(写真あり)(情報より)
ササゴイの池のカモ類→オシドリ♀1羽(写真あり)(情報より)
メジロ(写真あり)(情報より)
クロツグミ♂(写真あり)(情報より)


2015.9.29
オシドリ♂繁殖羽3羽・♀タイプ4羽(犀川下流)(写真あり)(情報より)
カワセミ(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
オオルリ♂成鳥・♂幼鳥(写真あり)(情報より)
キセキレイ(情報より)


2015.9.28
エゾビタキ(写真あり)(情報より)
オオルリ♂成鳥・♂幼鳥(写真あり)(情報より)
アオバト(初認)(情報より)
カワセミ(情報より)


2015.9.27
ミサゴ(写真あり)(情報より)
オナガ(写真あり)(情報より)
オオルリ♂成鳥・♂幼鳥(写真あり)(情報より)
コホオアカ1羽(赤味の少ないタイプ 小川の西)(2013年以来の記録です)(写真あり)(情報より)


2015.9.26
ヤブサメ1羽(二天橋の西)
キビタキ♀タイプ1羽(大池の東)(10時52分 小砂利の小径に腹を付け、少し体が斜めになっていました。かなり弱っているのかなと思ったのですが、元気に飛び立って行きました。日の当たっている小砂利を腹部に当て、温かくて気持ちよかったのかな?)
コサメビタキ10羽+
エゾビタキ1羽
ヤマガラ1羽
オオムシクイさえずり1羽(エノキの小径)(メボソムシクイ上種7羽+)
カモメ類17羽(犀川河口)
犀川中州→カワウ非繁殖羽1羽・アオサギ3羽
中形キツツキ声(アカゲラ?)1羽
サンコウチョウ♀タイプ1羽(エノキの小径)(写真あり)(情報より)
エナガ5羽+(写真あり)(情報より)
オオルリ♂成鳥・♂幼鳥・♀(写真あり)(情報より)
サメビタキ(情報より)
ミサゴ1羽(魚を持って)(写真あり)(情報より)
シメ1羽(初認)(情報より)
アレチウリ散り始め
サクラタデ8分咲き
チカラシバ満開
ヒガンバナ散り始め
ナワシログミ開花
キヅタ実緑色
シロダモ実赤くなり始めました
クマノミズキ(果柄が赤くなり始め)

ハラビロカマキリ1頭(初認)
ギンヤンマ2頭(ササゴイの池)



2015.9.24
オナガ(写真あり)(情報より)
キビタキ♀タイプ(写真あり)(情報より)


2015.9.23
ウ類2羽(野鳥園跡地上空)
ショウドウツバメ1羽(野鳥園跡地上空)
カワセミ幼鳥1羽(ササゴイの池)
オナガ2羽+(野鳥園跡地)
オオルリ♂成鳥1羽・♀1羽
ツバメ2羽(森上空)
キビタキ♀タイプ1羽(小川)(キビタキ♂成鳥の情報も)
カモメ類3羽(犀川河口)
オオムシクイさえずり1羽(エノキの小径)
ヤマガラ1羽(情報より)
クロツグミ♂1羽(小川)(写真あり)(情報より)
メジロ類の情報はなく残念でした
カヤツリグサ小穂
アキノノゲシ満開
ヨウシュヤマゴボウ実見頃
キンミズヒキ開花

ギンヤンマ3頭(ササゴイの池)
クロアゲハ?カラスアゲハ?1頭(ササゴイの池)
オオカマキリ1頭(初認)



2015.9.22
サメビタキ属(コサメビタキ・サメビタキ・エゾビタキ)15羽(野鳥園跡地9羽・コゲラの小径2羽・エノキの小径1羽・プール周辺3羽)(非常に多い。特に野鳥園跡地では高木から中木でも、所々で頻繁に採食のために飛び立っていました。)
ミサゴ1羽
イソヒヨドリ♂2羽(プールの北で追い掛けをしていました。1羽は短時間のさえずりもありました)
カモメ類22羽(犀川河口)
オオルリ♂幼鳥1羽(♂成鳥の情報も)
ハヤブサ♀幼鳥1羽(野鳥園跡地で、高さ約7mと低空で飛翔)
オオムシクイさえずり1羽(ジジロ・ジジロと囀っていました)(エノキの小径)
キビタキ♀タイプ1羽(エノキの小径)
ヤマガラ1羽(エノキの小径)
ムクドリ最大群れサイズ20羽
キセキレイ1羽(情報より)
アオバズク1羽(小川中流の樹上 16時半頃)(2011年10月24日以来、久々の記録でした。)(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)
カワラヨモギ開花
ハマベノギク開花
ハマゴウ実と花
ウンラン満開
イヌタデ開花
アメリカセンダングサ開花
ブタナ花
ヒガンバナ満開
チヂミザサ開花
コマユミ実赤くなり始めました(コブシ・ヌルデも)



2015.9.21
カワセミ1羽(写真あり)(情報より)
キセキレイ(写真あり)(情報より)
ミサゴ1羽(情報より)
オオルリ♂成鳥3羽+・♂幼鳥2羽+・♀2羽+(情報より)
マミチャジナイ♂♀(情報より)
マミジロ♀(情報より)
クロツグミ♂1羽♀1羽(初認)(写真あり)(情報より)
サンコウチョウ♀タイプ(眼瞼は細い)(写真あり)(情報より)


2015.9.20
メジロ類(5時47分に3羽の声が、エノキの小径で聞こえましたが、姿は確認出来ず、チョウセンメジロも不明でした。)
オオタカ♀1羽(ササゴイの池の西の松)
ショウドウツバメ(プール上1羽・エノキの小径3羽)(初認)
セグロセキレイ成鳥1羽
ムクドリ最大群れサイズ40羽+
カワラヒワ7羽
オオルリ♂幼鳥2羽+・♀(写真あり)(情報より)
エナガ(写真あり)(情報より)
ヤマガラ(情報より)
マミチャジナイ(水車小屋)(情報より)
キビタキ♀タイプ2羽(情報より)
コサメビタキ(写真あり)(情報より)
オナガ(情報より)
カワセミ(情報より)
ツツドリ(情報より)
オニユリ(ムカゴ大きくなりました)
マルバハギ満開
ヤマハギ花と実
ツユクサ満開
オオアワダチソウつぼみ
ヒガンバナ8分咲き
ワルナスビ花
サクラタデ開花
マユミやノイバラの実が色付き始めました
ススキ満開
センニンソウ花と実
カゼクサ満開
ヨモギ満開
ヌカキビ穂
ヤブガラシ花

ジョロウグモ多い
虫の音非常に多い



2015.9.19
チョウセンメジロ1羽(エノキの小径や三千坊跡で数羽のメジロと群れ。その群れにカワラヒワも同流することもあり。 11時1分)(9月18日と同じで、脇の斑の色は、赤褐色)(写真あり)(情報より)

オオルリ♂幼鳥(写真あり)(情報より)
カッコウ類(ツツドリ?)(写真あり)(情報より)
ミサゴ(写真あり)(情報より)


2015.9.18
チョウセンメジロ1羽(エノキの小径でメジロ5〜6羽の群れに。10時49分)(脇に顕著な赤褐色斑があります。濃い色なので♂だと思われます。下嘴はメジロと違い黒色ではなく、肉色でチョウセンメジロの特徴を示しています。)(普正寺の森では、2014年5月8日の初記録以来2例目です。同一個体の可能性もあり、来春も来てくれるのではないかと期待しています。)(写真あり)(情報より)(エノキの小径は、大池の東側約100mの、非常に幅の狭い遊歩道です。)

サンコウチョウ♀タイプ(写真あり)(情報より)
マミチャジナイ(初認)(写真あり)(情報より)
アサギマダラ(写真あり)(情報より)



2015.9.17
サンコウチョウ♀タイプ(情報より)
マミジロ♂(初認)(情報より)
キビタキ♀タイプ(情報より)
オオルリ♂成鳥・♂幼鳥・♀(情報より)
ヤブサメ(初認)(情報より)
コサメビタキ多い(情報より)
エゾビタキ(写真あり)(情報より)
クロアゲハ(写真あり)(情報より)
アサギマダラ(写真あり)(情報より)



2015.9.16
オオルリ♂成鳥(写真あり)(情報より)


2015.9.15
サンコウチョウ♀タイプ(初認)(写真あり)(情報より)
ヤマガラ(初認)(写真あり)(情報より)
アサギマダラ(写真あり)(情報より)


2015.9.14
オシドリ♂エクリプス3羽(犀川下流)(初認)(写真あり)(情報より)
オオルリ♂幼鳥(初認)(写真あり)(情報より)
キビタキ♀タイプ2羽(小川)(初認)(写真あり)(情報より)


2015.9.13
エナガ(写真あり)(情報より)
キセキレイ(写真あり)(情報より)
セグロセキレイ(情報より)


2015.9.12
アオアシシギ1羽+(プールの西から澄んだ声でピヨピヨピヨと2回聞こえてきました。10時15分)(今年初記録)
ツバメ(水田1羽、プール周辺2羽)
アマサギ7羽(水田)(稲刈り中)
チュウサギ11羽(水田)
コサメビタキ1羽
カモメ類21羽(犀川河口)
マガモ♂エクリプス2羽(犀川下流)(初認)
ウ類2羽(犀川下流上空)
カワセミ1羽(ササゴイの池)(情報より)
サメビタキ(写真あり)(情報より)
ヨモギつぼみ
ブタナ花
キカラスウリ実緑色
ツユクサ満開
センニンソウ満開
キンエノコロ穂
アキノノゲシ開花
オオバコ満開
ススキ穂が出てきました
ムクゲ花
マルバハギ満開
ヤマハギ満開
ウンラン満開
メリケンカルカヤ穂
ヨモギ開花

ツクツクボウシ(ササゴイの池1頭、エノキの小径1頭、プール周辺1頭)
コシアキトンボ(犀川下流左岸1頭)
ギンヤンマ(ササゴイの池3頭)
ショウリョウバッタ♀1頭(体長約8cm)
イボバッタ増えてきました
スズメバチ類(小型)5頭(犀川下流左岸)
クマバチ(プールの北の砂丘1頭)



2015.9.8
エゾビタキ(写真あり)(情報より)


2015.9.6
コサメビタキ2羽(コゲラの小径)
エゾビタキ1羽(コゲラの小径)
コサギ1羽(犀川下流上空)
ミサゴ1羽
ホオジロ♂(換羽激しい)
カモメ類6羽(ウミネコ)(犀川河口)
ヒカゲイノコズチ花
サルスベリ満開
イヌキクイモ満開
メマツヨイグサ満開
アレチウリ5分咲き
ヘクソカズラ花
ヤブラン開花
ヌルデ満開
カラムシ満開
センニンソウ満開

虫の音非常に多くなりました
スズメバチ類(小型)4頭



2015.9.4
ダイサギ1羽(犀川下流右岸)
カルガモ少し増えてきました(犀川下流で20羽+。)
ミンミンゼミ(エノキの小径2頭、ササゴイの池1頭)
ツクツクボウシ(ササゴイの池1頭、コゲラの小径2頭、エノキの小径1頭、小川1頭、大池1頭)
ギンヤンマ(ササゴイの池)1頭、大池の南西1頭)



2015.9.3
カモメ類4羽(犀川河口)
ヌルデ花
ミンミンゼミ(二天橋1頭、野鳥園跡地1頭)
ツクツクボウシ(犀川下流左岸1頭、コゲラの小径1頭、野鳥園跡地1頭、大池2頭)
ミンミンゼミ(二天橋1頭、野鳥園跡地1頭)
ギンヤンマ(ササゴイの池1頭)
スズメバチ類(小型)(大池1頭、犀川下流左岸2頭)



2015.9.2
ムクドリ最大群れサイズ1羽
エゾムシクイ1羽(初認)
ヨウシュヤマゴボウ花
コマツヨイグサ花
キンミズヒキ満開
アメリカネナシカズラつぼみ
ハッカ満開
ニセアカシアとオニグルミの落ち葉多い
ヒナタイノコズチ穂

アマガエル1匹
スズメバチ類(小型)3頭



2015.8.29
カモメ類31羽(ウミネコ)(犀川河口)
キセキレイ1羽(ササゴイの池)
クサシギ幼鳥1羽(ササゴイの池)(水浴びや羽繕いで、尾羽の縞模様もはっきり見せてくれました。)
ムクドリ最大群れサイズ3羽
カワセミ2羽(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
カッコウ類1羽(情報より)
センダイムシクイ(初認)(写真あり)(情報より)
ミサゴ2羽(情報より)
オオタカ幼鳥(写真あり)(情報より)
センニンソウ3分咲き〜満開
マルバハギ5分咲き
ヤマハギ満開
メドハギ満開
ミソハギ満開
ミズヒキ開花
ブタクサ開花
ハッカ開花
アレチウリ花
メマツヨイグサ満開
イヌキクイモ満開

アブラゼミ多い
ミンミンゼミ(三千坊跡2頭)
ツクツクボウシ(ササゴイの池1頭、三千坊跡1頭、小川1頭、大池1頭、野鳥園跡地1頭、プール周辺1頭、)
ギンヤンマ2頭(ササゴイの池)
コシアキトンボ(大池1頭)
カニ類(犀川下流左岸のアスファルト道に非常に多い。ウジャウジャ。)



2015.8.28
キジ♀成鳥と雛(写真あり)(情報より)


2015.8.27
クサシギ1羽(今年初記録)(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
カワセミ(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)


2015.8.25
チュウサギ1羽
コサギ1羽
カッコウ類幼鳥(写真あり)(情報より)


2015.8.24
コサメビタキ(初認)(写真あり)(情報より)


2015.8.23
ゴイサギ幼鳥2羽(犀川中州)
アオサギ1羽(犀川中州)
エナガ2羽(写真あり)(情報より)
カッコウ成鳥1羽(虹彩黄色)(写真あり)(情報より)
ムクドリ最大群れサイズ16羽(轟橋周辺)
コマツナギ花
ヒカゲイノコズチ実(1990年代に比較すると、非常に少なくなりました)
トベラ実緑色
ウンラン満開

カニ類(犀川下流左岸のアスファルト道に非常に多い)
ミンミンゼミ(犀川下流左岸2頭)
ツクツクボウシ(犀川下流左岸1頭)
虫の音が非常に多くなりました



2015.8.20
ゴイサギ幼鳥(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
カワセミ(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
オオタカ成鳥(松の樹上)(久々)(写真あり)(情報より)
カワラヒワ6羽+(写真あり)(情報より)


2015.8.19
カッコウ類(ツツドリ?)幼鳥1羽(大池の中ノ島の樹上に止まりました)(初認)
カモメ類40羽+(犀川河口)
ハクセキレイ♀成鳥1羽・幼鳥3羽
キンミズヒキ開花
カキノキ実緑色
センニンソウ開花

ツクツクボウシ(犀川下流左岸2頭、エノキの小径1頭、小川5頭、野鳥園跡地2頭)
ハグロトンボ(小川1頭)
ミンミンゼミ(コゲラの小径1頭)(初認)
アブラゼミ非常に多い
オオカマキリ1頭(体長8cmとまだ小さい)



2015.8.16
カワセミ幼鳥1羽(ササゴイの池)
ムクドリ0羽
スズメ最大群れサイズ2羽
カモメ類8羽(犀川河口)
ダイサギ1羽(ササゴイの池)
犀川中州→チュウサギ1羽・コサギ1羽
ツバメ6羽(野鳥園跡地上空)
オヒシバ花
ネムノキ花
ミゾハギ満開
ブタクサつぼみ
ハマゴウ実と花
イヌキクイモ満開
メマツヨイグサ満開
オオアレチノギク開花

ハグロトンボ(三千坊跡1頭)
コシアキトンボ(大池2頭、プール周辺1頭)
ツクツクボウシ(犀川下流左岸6頭、コゲラの小径2頭、大池1頭、野鳥園跡地4頭、プール周辺1頭)
ウチワヤンマ1頭(大池)
ゴマダラチョウ1頭
カナヘビ1匹(小さい)
ジョロウグモ1匹(初認)



2015.8.15
ムクドリ33羽群れ(轟橋周辺の電線上)
ツバメ12羽群れ(轟橋周辺の電線上)
カワセミ(情報より)


2015.8.9
カワウ(情報より)
ゴイサギ(情報より)
エナガ(情報より)



2015.8.5
ムクドリ最大群れサイズ4羽
スズメ0羽
ヘクソカズラ満開
ハマゴウ花と実
ニワウルシ実に赤味が増し始めました
クズ満開

クマバチ3頭(2頭はヘクソカズラの花に止まっていました)
ウチワヤンマ1頭(大池)
コシアキトンボ(大池5頭)
ハグロトンボ(ササゴイの池1頭、エノキの小径2頭、三千坊跡5頭、小川2頭)
ギンヤンマ(大池1頭、ササゴイの池4頭)
ゴマダラチョウ1頭(初認)(犀川下流左岸)
ツクツクボウシ(犀川下流左岸4頭、エノキの小径1頭、三千坊跡頭、小川3頭、大池1頭)
カナヘビ1匹(久々)



2015.8.3
スズメ最大群れサイズ3羽
ムクドリ最大群れサイズ5羽
ハクセキレイ幼鳥1羽
ダイサギ?1羽(犀川河口)
ミサゴ1羽(犀川河口から南東へ。約20cmの魚を持って)
カワセミ幼鳥2羽(ササゴイの池)
イワツバメ2羽(普正寺橋)
ツクツクボウシ(犀川下流左岸2頭、エノキの小径1頭、小川2頭、大池2頭)
コシアキトンボ(大池6頭)
ハグロトンボ(野鳥園跡地1頭、犀川下流左岸1頭、ササゴイの池1頭、エノキの小径2頭、三千坊跡2頭、小川1頭)
クマバチ1頭(プールの北)
カラスアゲハ1頭(プールの北)(初認)
大形のスズメバチ1頭(犀川下流左岸)



2015.8.2
ムクドリ最大群れサイズ2羽
クロバナエンジュ実緑色
ミソハギ開花

コシアキトンボ(大池7頭)
ツクツクボウシ(犀川下流左岸3頭、小川2頭)
ハグロトンボ(ササゴイの池2頭、三千坊跡4頭、小川8頭)
ギンヤンマ3頭(ササゴイの池)


2015.8.1
カモメ類14羽(犀川河口)
ケリ2羽(犀川橋上流)
ツユクサ3分咲き
アオツヅラフジ満開
オニユリ散り始め
ワルナスビ花
イヌキクイモ開花
メマツヨイグサ満開

アオダイショウ体長約1.5m
ウチワヤンマ1頭(大池)
クマバチ0頭
ハグロトンボ(ササゴイの池7頭、エノキの小径1頭、三千坊跡7頭)
コシアキトンボ(野鳥園跡地1頭、大池5頭)
ツクツクボウシ(初認)(犀川下流左岸4頭、三千坊跡1頭、大池2頭)



2015.7.26
キンクロハジロ♂2羽(犀川橋下流)(今後、エクリプスへの換羽など興味深い)
カモメ類50羽+(犀川河口)
スズメ最大群れサイズ1羽
ムクドリ0羽
ミツバ開花
オニユリ満開
マルバハギ開花

クマバチ1頭
ハグロトンボ(野鳥園跡地1頭、犀川下流左岸1頭、ササゴイの池7頭、コゲラの小径頭、エノキの小径6頭、三千坊跡3頭、小川2頭)
コシアキトンボ(大池10頭)
ウチワヤンマ1頭(大池)
ギンヤンマ1頭(大池)



2015.7.22
コムクドリ♀タイプ3羽
キジ♀1羽・雛2羽(体長は成鳥の半分程だが充分飛べる)
カモメ類7羽(ウミネコ成鳥2羽・幼鳥5羽)(犀川河口)
スズメ最大群れサイズ3羽
ムクドリ最大群れサイズ6羽
イワツバメ28羽(普正寺橋)
メヒシバ満開
アオツヅラフジ開花
オニユリ3〜8分咲き
モントブレチア(姫檜扇水仙)満開

ハグロトンボ(犀川下流左岸6頭、ササゴイの池4頭、エノキの小径6頭、三千坊跡9頭、小川8頭、大池2頭)
赤とんぼ150頭+(普正寺浜や砂丘上。プールの北)6時23分)
クロベンケイガニ(卵を抱いている個体1匹がいました。初認)(犀川下流左岸)


2015.7.21
スズメ最大群れサイズ18羽
ムクドリ0羽
カモメ類6羽(犀川河口)
コマツナギ満開
ヤブコウジ満開

ハグロトンボ(犀川下流左岸3頭、ササゴイの池8頭、コゲラの小径1頭、エノキの小径6頭、三千坊跡3頭、小川1頭、大池1頭)
コシアキトンボ(野鳥園跡地3頭、犀川下流左岸1頭、ササゴイの池4頭、大池15頭)
ウチワヤンマ1頭(大池)
ニイニイゼミ死骸1頭(初認)
アオスジアゲハ(ヤブガラシに4頭。今年もヤブガラシに群がる姿が目立ちます。)
オニヤンマ1頭(初認)



2015.7.20
イワツバメ54羽(普正寺橋)
スズメ最大群れサイズ15羽
ムクドリ最大群れサイズ3羽
カルガモ1羽(犀川下流)
ハマゴウ5分咲き
オニユリ5分咲き
メヒシバ開花
タマガヤツリ花
エゾノギシギシ実と花
ニセアカシア花(1房のみ。季節外れ)
アジサイ花(装飾花の萼は今もきれい)

コシアキトンボ(犀川下流左岸1頭、ササゴイの池3頭、三千坊跡1頭、大池10頭)
ハグロトンボ(野鳥園跡地2頭、犀川下流左岸3頭、コゲラの小径7頭、エノキの小径7頭、三千坊跡8頭、小川2頭)
赤とんぼ(初認)
ウチヤマセンニュウ2頭(大池)
ギンヤンマ3頭(初認)
クマバチ0頭



2015.7.19
ムクドリ最大群れサイズ29羽
スズメ最大群れサイズ14羽
ハクセキレイ幼鳥2羽(第4駐車場)
カワセミ♂成鳥1羽(ササゴイの池)
コムクドリ♂成鳥3羽・♀タイプ1羽・性別不明2羽(コゲラの小径)
モズ♂成鳥1羽・幼鳥1羽(アスレチック広場)
キンクロハジロ♂1羽(犀川下流)
カルガモ1羽(犀川下流)
ゲンノショウコ花
クズ7分咲き
アキノエノコログサ花
ケカモノハシ開花
ハマニガナ開花
ハマゴウ3分咲き
ハッカ開花
ヒメスイバ花
エビズル実緑色と花
チチコグサ冠毛多い
オオアワダチソウ8分咲き
http://www.geocities.jp/hakobesuki/tosyosya/kiku/ooawadatisou/ooawadatisou-hikaku.html

ニイニイゼミ多い
アブラゼミの抜け殻1個(初認)
ハグロトンボ32頭(次々と現われました)
モグラの死骸1匹(エノキの小径)



2015.7.18
カワセミ(情報より)


2015.7.14
ムクゲ開花
メマツヨイグサ開花


2015.7.12
イワツバメ19羽(普正寺橋)
ミサゴ(情報より)
コムクドリ(情報より)
セグロセキレイ(情報より)


2015.7.8
カモメ類53羽(犀川河口)
スズメ最大群れサイズ5羽
ツバメ(ササゴイの池の上空を8羽が低空で乱舞)
ノゲシ花
クマバチ1頭
コシアキトンボ8頭(大池)
ハグロトンボ2頭



2015.7.7
スズメ最大群れサイズ8羽
ムクドリ最大群れサイズ4羽
コムクドリ4羽
カモメ類12羽(すべてウミネコ)(犀川河口)
オナガ1羽
犀川中州→アオサギ3羽
イワツバメ27羽(普正寺橋)
ツバメ幼鳥2羽
ネムノキ満開
オニユリつぼみ

キリギリス1頭(初認)
ハグロトンボ2頭


2015.7.5
キンクロハジロ♂1羽(犀川下流)
アオジさえずり1羽(プールの東)(繁殖を期待しています)
イワツバメ29羽(普正寺橋上の電線)
ムクドリ最大群れサイズ3羽
スズメ最大群れサイズ9羽
メマツヨイグサ開花
ハマゴウ開花
ナワシロイチゴ実真っ赤
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%AF%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%81%E3%82%B4
クマノミズキ実緑色

カミキリムシ類(初認)
コシアキトンボ19頭(犀川下流左岸5頭、ササゴイの池3頭、大池11頭)
クマバチ0頭
シオヤアブ1頭(初認)
ウチワヤンマ1頭(大池)
ハグロトンボ6頭
カニ類(大きな個体が多くなりました)(犀川下流左岸)



2015.7.4
カワセミ♂成鳥2羽(大きな声で鳴きながら、追い掛けていました。)(ササゴイの池 10時37分)
ゴイサギ第1回目夏羽1羽(ササゴイの池)
スズメ最大群れサイズ3羽(餌をくわえている成鳥は、3箇所で見かけました)
ムクドリ見掛けませんでした
チュウサギ1羽(水田)

モントブレチア開花(別名ヒメヒオウギズイセン:姫檜扇水仙)(犀川下流左岸などの所々で見られます)
http://www.yasashi.info/mo_00004.htm
http://www.weblio.jp/content/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%81%E3%82%A2
https://minhana.net/wiki/%E3%83%92%E3%83%A1%E3%83%92%E3%82%AA%E3%82%A6%E3%82%AE%E3%82%BA%E3%82%A4%E3%82%BB%E3%83%B3(%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%81%E3%82%A2)
ワルナスビ花
クズ開花
エゾノギシギシ花
キカラスウリ開花
ネムノキ8分咲き
ヤブガラシ花
キョウチクトウ花
ヒメジョオン花
ネジバナ花
ブタナ花
ノブドウ花
コマツヨイグサ花
ヨウシュヤマゴボウ花と実
マサキ散り始め
ヒメヤブラン花
ヒメスイバ花
ヘラオオバコ花
カタバミ花
ツユクサ開花
ニワウルシ実薄茶色
ヤマクワ実赤くなり始めました
アカメガシワ8分咲き〜満開
コマツナギ開花
シロツメクサ花
ニワゼキショウ花
カモジグサ花
セイヨウタンポポ花
オカトラノオ花
ノゲシ花
ガクアジサイ(装飾花の萼片だけでなく、両生花も)
ヤマハギ開花

ハグロトンボ5頭
ニイニイゼミ1頭(初認)
コシアキトンボ14頭(大池のみで見られました)
ウチワヤンマ1頭(大池)(初認)
モグラ類死骸1匹(エノキの小径)



2015.7.3
カワセミ3羽(ササゴイの池)(情報より)


2015.6.30
カワセミ(情報より)


2015.6.25
シジュウカラ幼鳥(巣立ち雛のような印象です)(写真あり)(情報より)
ハクセキレイ幼鳥(写真あり)(情報より)
コムクドリ♂・♀タイプ(写真あり)(情報より)


2015.6.24
ムクドリ最大群れサイズ8羽
スズメ最大群れサイズ5羽
ツバメ9羽(森上空)
カワラヒワ幼鳥2羽
ネムノキつぼみ〜6分咲き
キンギンボク実見頃
マサキ満開
カタバミ花

ハグロトンボ2頭(初認)


2015.6.23
ジュウイチさえずり1羽(久々)(二天橋の東)
アオバトさえずり1羽
イワツバメ27羽(普正寺橋)
ムクドリ最大群れサイズ18羽
スズメ最大群れサイズ3羽
ツバメ11羽(プール周辺)
ヤブガラシ開花
オカトラノオ開花
イボタノキ花



2015.6.22
アオバトさえずり1羽
ムクドリ最大群れサイズ25羽
スズメ最大群れサイズ4羽
コムクドリ♀タイプ3羽
キンクロハジロ♂1羽(犀川下流)
ツバメ21羽(犀川中州上空)
イワツバメ5羽(野鳥園跡地)
ヒメジョオン満開
キョウチクトウ開花
マサキ開花
ノブドウ開花
ワルナスビ開花
キカラスウリ開花
トウオオバコ花
ムラサキシキブ3分咲き

虫の音、増えてきました


2015.6.20
トビ巣材運搬1羽(9時32分 成鳥1羽が長さ約60cmの長い枯れ枝を持って、野鳥園跡地上空から犀川下流右岸へ。そこで成鳥1羽と旋回を1回。そして、1羽で東へ(大野湊神社の方向)。その後は、建物の陰になり不明。約30分後に、野鳥園跡地から1q程離れた大野湊神社の、南の電柱上で、幼鳥1羽(初認)を観察。)
(なぜ、年に1度しか繁殖しないトビが、6月下旬に巣材運搬(それも外装材)をしているのか?6月下旬は、多くの巣では、すでに巣立っているはず。)
(なぜ、巣材を持ったまま、他の成鳥と旋回したのか?巣作り中では、水田上で旋回する必要がないのでは?求愛のために枯れ枝を持っていたのか?)
(巣の補強のためか?巣立つ頃にも外装材で補強するのでしょうか?最近は強風など、巣に悪影響の天候ではありませんでした。)
http://www.bird-research.jp/1_newsletter/dl/BRNewsVol8No10.pdf#search='%E3%83%88%E3%83%93+%E5%BC%95%E7%94%A8%E6%96%87%E7%8C%AE'
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjo1915/30/2-3/30_2-3_75/_pdf

スズメ最大群れサイズ50羽(プール北東の草地)
ムクドリ最大群れサイズ15羽
ハクセキレイ幼鳥2羽(第4駐車場)
コムクドリ♀タイプ4羽・性不明1羽
イワツバメ0羽
アカメガシワ開花
ネムノキつぼみ〜5分咲き
マサキ開花
コマユミ8割の実は赤い

クマバチ0頭
コシアキトンボ0頭



2015.6.14
コムクドリ4羽(写真あり)(情報より)
キンクロハジロ(情報より)
アオバト(情報より)
ミサゴ(情報より)
イワツバメ(情報より)
エナガ(情報より)
オオヨシキリ(情報より)


2015.6.13
アオバト(写真あり)(情報より)


2015.6.11
トビ成鳥2羽(1羽は、特に尾羽が擦り切れ短い)(近くに巣立ち雛がいると思うのですが、1羽が襲ってきます。危険です。)(立ち止まっていたり、ゆっくり歩いていると、木陰にいても、横からも襲ってくるので)(犀川下流左岸:三差路の北。)
サンコウチョウさえずり1羽(二天橋の東で3回さえずりました。月日星ホイ……の、「ホイ」の数は、0回・2回・7回でした。)
アオバトさえずり1羽
カワラヒワ巣立ち雛1羽
オオムシクイさえずり4羽
ウグイスさえずり1羽(プールの東)
ムクドリ最大群れサイズ24羽
スズメ最大群れサイズ14羽
イワツバメ12羽(普正寺橋)
キンクロハジロ♂1羽(犀川下流)
コムクドリ♂(餌をくわえて)(写真あり)(情報より)
イタドリ満開
スイカズラ花

ウシガエル1匹(ササゴイの池)


2015.6.10
カワセミ♂成鳥(写真あり)(情報より)


2015.6.9
オオムシクイさえずり3羽
ウグイスさえずり1羽(プールの東)
ヒバリ1羽
ハシボソガラス幼鳥1羽
カモメ類3羽(ウミネコ)(犀川河口)
ムクドリ最大群れサイズ16羽
キンクロハジロ♂1羽(犀川下流)
イワツバメ9羽(普正寺橋)
シロダモ実緑色
クマノミズキつぼみ
アカメガシワつぼみ
イタドリ開花

クマバチ0頭
コシアキトンボ0頭



2015.6.8
ツツドリさえずり1羽
ヒバリ1羽
ツバメ(電線上の幼鳥2羽)
トビ1羽(松の梢に止まり、ピュッピッ・ピュッピッと鋭く大きく発声。カラスと争っている時などに発声する声なので、威嚇のためだと思います。)
カワラヒワ幼鳥1羽
ムクドリ最大群れサイズ14羽
ハシボソガラス巣立ち雛2羽(野鳥園跡地の南東)
オオムシクイさえずり8羽
アオバトさえずり(写真あり)(情報より)
ハマボウフウ満開
ガクアジサイ(装飾花の萼片が開き始めました)
チガヤ(果期の花序が、白い綿毛のように見え、そして群生が風になびききれい)



2015.6.7
サンコウチョウ♀タイプ(さえずりもあり)(写真あり)(情報より)


2015.6.6
コウライウグイス1羽(7時24分 正門の東で大声での、さえずりや地鳴きが聞こえました。)
ムクドリ最大群れサイズ39羽(個体数はかなり増えているのですが、大きな群れにはなっていませんでした。)(ダイオウグミの実にも群がっていました)
カワラヒワ幼鳥1羽
キンクロハジロ♂1羽(犀川下流)
カルガモ♂3羽(大池)(胸などに赤味あり。特に2羽は非常に濃い)
ミサゴ1羽(25cm程の魚を持って)
ツバメ巣立ち雛2羽(初認)(犀川下流右岸のアスファルト道)(樹上で2羽の情報も)
オオムシクイさえずり11羽
アオバトさえずり(情報より)
カッコウさえずり(情報より)
エゾビタキ(情報より)
スイカズラ散り始め(白花3割・黄花7割)
トウオオバコ花
ネズミモチつぼみ
ダイオウグミ赤い実が多くなりました
イボタノキつぼみ〜満開
タブノキ新葉が赤味を増してきました
キンギンボク赤い実も増え始めました



2015.6.5
チュウサギ11羽(水田)
アマサギ1羽(水田)


2015.6.1
コサメビタキ(写真あり)(情報より)


2015.5.31
オオムシクイさえずり20羽
(5月29日と同様で、エノキの小径1羽、コゲラの小径0羽と、両小径では非常に少ない。しかし、さえずり個体数が20年前と場所は違いますが、数がほぼ同じなのが興味深い。)(今日のさえずり個体数は、これまで最も多かった1995年5月30日の19羽を上回りました。)(さえずり個体数の調査範囲は27.6ha。鳴き合い等がなけれが150m以内は同一個体の条件です。)

(普正寺の森は70.6ha。環境を考慮すると森全体の♂の個体は、さえずり個体数の5割り増し。さえずるのは♂のみでしょう。そして♀は、まだ渡りのピークではないでしょうから、♂の2割程。これらにより20羽×1.5×1.2=36羽   森全体では、オオムシクイは少なくとも36羽が、訪れていたのではないでしょうか。)

キビタキさえずり1羽(三千坊跡で、大声でさえずっていました)
コムクドリ♂1羽♀1羽(プールの東)
ムクドリ最大群れサイズ23羽(餌運搬もあり)
カラス類(餌運搬1羽)
マミチャジナイ(写真あり)(情報より)
ニワトコ実真っ赤
スイカズラ満開(白花3割・黄花7割)



2015.5.30
ブッポウソウ1羽(二天橋)(写真あり)(情報より)
ツツドリ(情報より)
カッコウ(情報より)
アオバト(情報より)
キビタキさえずり(三千坊跡)(情報より)
スズメ(餌運搬)(情報より)
ホオジロ(餌運搬)(情報より)


2015.5.29
カッコウさえずり1羽
ササゴイの池のカモ類→カルガモ♂2羽
カルガモ(小川の西の小径で♂1羽♀1羽)(あまり人を怖がらない。胸は若干、色付き始めました。)
ムクドリ最大群れサイズ5羽
アオバトさえずり1羽
オオムシクイさえずり16羽(さえずり個体多い。だが、以前は多かったエノキの小径では、まったくさえずりは聞けませんでした。コゲラの小径も1羽のみ。)
カワラヒワ巣立ち雛(写真あり)(情報より)
センダン満開
トベラ満開
ウツギ満開
スイカズラ満開(白花4割・黄花6割)

小さなアリの行列(アスファルト道で初認)(2011年は5月18日に初認。2012年と2013年は、5月27日に初認。2014年は5月30日初認)


2015.5.28
チュウサギ4羽(水田)
カワセミ♀1羽(ササゴイの池)
ササゴイの池のカモ類→カルガモ♀1羽
オオムシクイさえずり(写真あり)(情報より)
メジロ数羽(写真あり)(情報より)
コムクドリ♀タイプ(写真あり)(情報より)
スズメ巣立ち雛(初認)(写真あり)(情報より)
センダン満開
カモガヤの花粉の飛散は終わったようです
シラゲガヤ満開

ウシガエル1匹(ササゴイの池)


2015.5.27
チュウサギ5羽(水田)
コムクドリ♂(写真あり)(情報より)


2015.5.26
ホオジロ♀成鳥(巣材運搬)(写真あり)(情報より)
コサメビタキ(写真あり)(情報より)
イソヒヨドリ♀(餌をくわえて)(写真あり)(情報より)


2015.5.25
コサメビタキ2羽+(写真あり)(情報より)
マミチャジナイ(写真あり)(情報より)


2015.5.24
オオムシクイさえずり2羽
スズメ(餌運搬:約0・5cm球1個と、ガ類の成虫体長約1.5cm1頭をくわえて、正門から南へ)
ヒヨドリ40羽が南西へ(23日には30羽+が北東に移動したり、21日には40羽+が南西に移動。ヒヨドリの巣立ち雛は、ホオジロやシジュウカラより遅く観察されます。まだ、繁殖は始めないのか?もっと北へ渡り個体なのか?)
ムクドリ最大群れサイズ11羽
ヒバリさえずり1羽(プールの南西)
ホトトギスさえずり1羽
カワラヒワ幼鳥(胸に縦斑多い)1羽・巣立ち雛1羽+
マミジロ幼鳥1羽(風切り羽に幼羽多い)(さえずりの情報もありました)
カラス類の巣(野鳥園跡地の南)に雛はいませんでした。(近くで巣立ち雛の情報もあり、無事巣だったのでしょう)
キンクロハジロ♂1羽(犀川下流)
イソヒヨドリ♂1羽(サクランボウと、約2cmの動物質の餌をくわえて大池の西へ)(情報より)
マミチャジナイ1羽(情報より)
ギンムクドリ1羽(大池のボート小屋の南で、ムクドリ3羽と群れになっているのを、一人の方が観察されています。)(情報より)
カッコウさえずり2羽(情報より)
サメビタキ(写真あり)(情報より)
エゾビタキ(情報より)
コムクドリ(情報より)
メジロ(二天橋)(情報より)
マミジロキビタキ♂またはキビタキ♂1羽(眉斑は不明ですが、胸などは赤味が少なく、黄色味が強い個体であったとの情報がありました)
カワセミ3羽(1羽は♀で、2羽は飛び去ったとの情報です。♀を取り合って、2羽の♂が争っていたのでは?)(ササゴイの池)(情報より)
ヒメジョオン開花
ソメイヨシノ赤と黒の実半々
クマノミズキつぼみ
エゴノキ満開

コシアキトンボ9頭(小川中流で7頭が群れていました)
クマバチ14頭
安原海岸ふれあいの森ですが、アサギマダラ1頭(初認)


2015.5.23(今日で普正寺の森の、今年の記録は132種になりました。)
ギンムクドリ♀1羽(嘴真っ赤。飛び立った時には、初列風切などの白斑も.、はっきり観察出来ました。)(9時46分 大池の東の高さ約4m樹木上。撮影もされています。)(2014年5月25日にも普正寺の森初記録で、1羽が撮影されています。今回は2例目でした。)
http://contents.birdworld.jp/illustrated/sequence/ki/ginmukudori/index.htm
http://www.miyakomainichi.com/2011/05/18777/ギンムクドリ/

コムクドリ♂♀(7羽+)(水車小屋)
クロツグミさえずり1羽(小川)
イワツバメ(プールの北9羽、普正寺橋10羽)
ホトトギスさえずり1羽
カッコウさえずり1羽
ツツドリさえずり1羽
ジュウイチさえずり1羽(1日でカッコウ類4種のさえずりは久々)
チュウサギ4羽(犀川下流上空)
シロハラ♂成鳥1羽
オナガ2羽
ササゴイ成鳥1羽(大池と小川)
コヨシキリさえずり1羽(アスレチック広場の南)(この辺りでのさえずりは初めてです。長く大声でさえずってくれました。)
犀川中州→ハシボソガラス1羽

センダイムシクイ(写真あり)(情報より)
コウライウグイス1羽(9時20分 コゲラの小径でミャーオ・ミャーオと5回鳴きました。同じ辺りで地鳴きが連続であったとの情報もあります。)
エナガ4羽(1羽+は、まぶたが赤く幼鳥。尾羽はすでに長い。)(野鳥園跡地)(写真あり)(情報より)
http://cache.yahoofs.jp/search/cache?c=OyswAZJxSrwJ&p=%E3%82%A8%E3%83%8A%E3%82%AC++%E8%B5%A4++%E3%81%BE%E3%81%B6%E3%81%9F&u=komorebi-yureru.cocolog-nifty.com%2Fblog%2F2008%2F05%2Fpost_dfac.html

トベラ5分咲き
トサシモツケ満開
ハコネウツギ満開
マユミ散り始め
アレチギシギシ満開
スイカズラ開花
オニグルミ実緑色
ダイオウグミ実赤くなり始めました
イボタノキ3分咲き
ノイバラ満開
ウツギ8分咲き
ヤマザクラ実赤色
ノビルのムカゴが顔を出し始めました
ノガイモ開葉
ヨモギ展葉
ヘビイチゴ実

コシアキトンボ1頭(初認)



2015.5.22
カッコウ(写真あり)(情報より)
ツツドリ(写真あり)(情報より)
ジュウイチ(写真あり)(情報より)


2015.5.21
オオムシクイさえずり2羽
メジロさえずり1羽
オナガ1羽
エゾビタキ1羽(犀川下流左岸)
イワツバメ(普正寺橋4羽)
カラス類の巣(巣内雛3羽+)(親鳥と同大になり巣の縁で大きく羽ばたいていました)
ムクドリ最大群れサイズ6羽
コムクドリ♂♀(情報より)
ジュウイチさえずり(情報より)
アオバトさえずり(情報より)
キビタキ♀1羽(情報より)
カッコウさえずり(情報より)
サンコウチョウさえずり1羽
(野鳥園跡地)(情報より)
カワセミ1羽(ササゴイの池)(情報より)
マミチャジナイ(情報より)
コウライウグイス1羽(初認)(二天橋でさえずり。エノキの小径の東辺りで撮影され複数の方に確認されているそうです。)(情報より)
ハマアサガオ開花
カモジグサ満開
http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/monocotyledoneae/gramineae/kamojigusa/kamojigusa.htm
ヒメスイバ満開
ゲンノショウコ満開
イタチハギ(別名クロバナエンジュ)開花
http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/choripetalae/leguminosae/itachihagi/itachihagi.htm
ノイバラ3分咲き

クマバチ16頭


2015.5.20
マミチャジナイ(情報より)
キビタキ♂(情報より)
カッコウ(情報より)
ホトトギス(情報より)
コムクドリ(情報より)


2015.5.18
エゾムシクイ(情報より)
センダイムシクイ(情報より)
メジロ(情報より)
コサメビタキ(情報より)
オオルリ(情報より)
キビタキ(情報より)
ウグイス(情報より)
ジュウイチ(情報より)
ホトトギス(情報より)
コルリ(情報より)
カワセミ(情報より)


2015.5.17
メジロさえずり2羽
コルリさえずり1羽
アオジさえずり1羽
ヒバリさえずり1羽
オオムシクイ(初認)さえずり1羽(二天橋)
http://www.bird-research.jp/1_shiryo/nakigoe.html
センダイムシクイさえずり1羽
アオバトさえずり1羽
マミジロさえずり1羽
ノスリ1羽(野鳥園跡地を北へ)(久々)
ミサゴ1羽(普正寺浜上空)
アオサギ幼鳥2羽(ササゴイの池)
カルガモ♂1羽♀1羽(小川下流)
キセキレイ♂1羽(二天橋)
ノゴマ♂1羽(二天橋)
スズメ(二天橋下流で1羽が青虫?をくわえて)
オオルリ♀1羽(二天橋)
カワラヒワ抱卵?1羽
サンショウクイ(情報より)
コムクドリ♂(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)
ニセアカシア(林内:満開、犀川下流左岸や野鳥園跡地:散り盛ん)
イボタノキ開花
ノイバラ3分咲き
トベラ開花



2015.5.15
ノゴマ♂(夕方に二天橋。16時30分頃にも)(写真あり)(情報より)
サメビタキ(写真あり)(情報より)
コサメビタキ(ササゴイの池の西)(情報より)
ジュウイチ(情報より)
ホトトギス(情報より)
マミチャジナイ(情報より)
キビタキ♂♀(情報より)
オオルリ♀(情報より)
コムクドリ♂♀(情報より)
エゾムシクイ(情報より)
センダイムシクイ(情報より)
エナガ(情報より)
メジロ(情報より)
サンショウクイ(情報より)


2015.5.14
ジュウイチさえずり(情報より)
ホトトギスさえずり(情報より)
キビタキ♂(写真あり)(情報より)
センダイムシクイ(写真あり)(情報より)
コサメビタキ(写真あり)(情報より)
コムクドリ♂(写真あり)(情報より)


2015.5.13
エゾムシクイさえずり1羽
コルリさえずり1羽
センダイムシクイさえずり5羽
ウグイスさえずり1羽
メジロさえずり2羽(長いさえずり)
キビタキさえずり1羽
ムギマキさえずり1羽
アオジさえずり1羽
ツバメ14羽+とイワツバメ2羽+が低空で乱舞(犀川下流左岸)
チュウサギ2羽(水田)
マミチャジナイ3羽(アスレチック広場)
カルガモ♂1羽♀1羽(小川中流)
オナガ1羽
ハシボソガラス(1羽が4〜5mの高さからオニグルミの実?を嘴にくわえて、海岸線沿いの歩道上に1分以内に3回落としていました。ただ、あまりにも低い高さなので実は割れていないようです。6時58分。周辺に他のカラス類はいません。)
コムクドリ♂(写真あり)(情報より)
アオジ♂(小川で水浴び)(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)
カワラヒワ(♂成鳥から♀成鳥への給餌)(写真あり)(情報より)
(日本鳥学会誌20の「カワラヒワの生活史に関する研究」の53ページには、「雄から雌が給餌を受ける際,雌は「チチチ… 」と激しく鳴き,ちょうど巣立ち雛が親から給餌を受ける時のように翼をふるわせながら雄が素嚢にたくわえて運んで来た餌をはきもどしによって,多い時では3040回の口うつしによって給餌を受ける。……従って,このように自立ちやすい行動を巣外でしかも巣から離れたテリトリーの周辺で多く行なうということには,巣を天敵に発見されないようにするという意義があると考えられる。」とあります。)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjo1915/20/88/20_88_41/_pdf

ニセアカシア満開(野鳥園跡地・犀川左岸)
キンギンボク散り盛ん(白花1割・黄花9割)(緑色の実大きくなり始めました)
イチゴツナギ8分咲き
マユミ5分咲き
モチノキ実緑色
チガヤ開花
キショウブ散り始め
エノキ緑色の実が多く落ちていました。台風のためでしょう。



2015.5.12
コサメビタキ(写真あり)(情報より)
オオルリ♂成鳥(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)

2015.5.11
アオジさえずり(写真あり)(情報より)
コムクドリ♂♀(写真あり)
ヤマガラ(写真あり)(情報より)
メジロ(写真あり)(情報より)
クイナ(7時39分 タヌキに襲われ逃げる)(ササゴイの池の黒板より)


2015.5.10(今春の野鳥のピークは過ぎた印象です)
ツツドリさえずり1羽
センダイムシクイさえずり3羽
エゾムシクイさえずり2羽
ウグイスさえずり1羽
コルリさえずり2羽
メジロさえずり1羽
アオジさえずり1羽
クロツグミ♀1羽(二天橋で水浴び)
オオルリ♂成鳥1羽
チュウサギ6羽(水田)
キジバト(第4駐車場に11羽が採食)
マガモ♂1羽♀1羽(犀川下流)(久々の記録です)
犀川中州→ハシボソガラス3羽
ササゴイの池のカモ類→カルガモ1羽
ハシボソガラス(巣内雛2羽。1羽は、まだ短い羽で羽ばたいていました。)(野鳥園跡地の南)
スズメ(成鳥1羽が、二天橋の西で小さな青虫を1分以上もくわえていました。そして小径上で他にも餌がないか探しているようでした。13時11分。普正寺の森(民家などを含む)で繁殖しているのでしょう。)

カワセミ1羽(情報より)
ササゴイ成鳥(初認)(ササゴイの池)(情報より)
ビンズイ(小川で水浴び)(写真あり)(情報より)
ハヤブサ1羽(大池とエノキの小径間の松の樹上)(情報より)
マミジロ♂1羽(小川下流)(情報より)
コルリ♂1羽(小川下流)(情報より)
クイナ(8時20〜25分 ササゴイの池の黒板より)
クロサギ(情報より)
バン(情報より)
シロチドリ(情報より)
キアシシギ(情報より)
サンショウクイ(情報より)
サンコウチョウ(情報より)
コサメビタキ(情報より)
イソヒヨドリ(情報より)
ツクバネウツギ満開
サンショウ花
ニセアカシア満開(野鳥園跡地)
シロツメクサ満開
コツブツメクサ満開
ゲンノショウコ開花
クロマツ(雌花も開花直前)
ツクバネウツギ満開
カマツカ満開

アワブキムシ類(初認)



2015.5.9
ヤマガラさえずり1羽
エゾムシクイさえずり2羽
センダイムシクイさえずり1羽
ウグイスさえずり1羽
コルリさえずり2羽
オオルリ♂成鳥1羽(♀の情報も)
大形ツグミ類(クロツグミを除く)さえずり1羽(マミジロ?)
オオヨシキリさえずり1羽
ジュウイチさえずり1羽
イカルさえずり1羽(エノキの小径)
アオバトさえずり1羽
ムギマキ♂
(写真あり)(情報より)
サンコウチョウ♂
(尾羽長い)(写真あり)(情報より)
キンギンボク散り盛ん(白花1割・黄花9割)
ニセアカシア8分咲き(野鳥園跡地)
カマツカ9分咲き
コウゾリナ開花
キショウブ満開
シラスゲ穂
フジ散り盛ん(大池の南)
シロバナヤマフジ散り盛ん(大池の南)

蚊に刺される(情報より)



2015.5.8
クイナ(10時15分 ササゴイの池の黒板より)
カワセミ1羽(情報より)


2015.5.7
ムギマキ♂(写真あり)(情報より)
キビタキ♂(写真あり)(情報より)
コムクドリ♂(写真あり)(情報より)


2015.5.6(今日の野鳥は62種)(今日は、充分楽しめました)
http://www.tenki.jp/past/2015/05/06/chart/
http://www.data.jma.go.jp/fcd/yoho/data/hibiten/2015/201505.pdf

ミゾゴイ1羽(西から来て、大池の松の梢に止まる)(写真あり)(情報より)
ゴイサギ1羽(森上空)
チュウサギ6羽(水田)
コサギ1羽(水田)
アオサギ
カルガモ(17時27分 小川の中流で2羽が採食)
コガモ
ヒドリガモ♂1羽♀1羽(犀川下流)
ホシハジロ
キンクロハジロ
トビ
キジ
クイナ1羽(今朝は良く見られたそうです)(ササゴイの池)
オオバン
キアシシギ1羽(夕方にテトラポッドで)(早朝にも良く鳴いていました)(テトラポッドで3羽の情報も)
http://www.bird-research.jp/1_shiryo/nakigoe.html
タシギ1羽(佐奇森橋上流40m 16時35分)
ウミネコ2羽
カラスバト1羽(小川下流で水飲み 17時頃)(頸と胸の緑色の金属光沢や、脚の紅色も綺麗に撮られていました。)(写真あり)(情報より)
キジバト
アオバトさえずり1羽
ツツドリ(情報より)
カワセミ♂1羽(ササゴイの池)(ササゴイの池の黒板には、カワセミ交尾、午前9時55分・午前10時10分とありました。→そのビデオもあり。交尾前に♀は頻繁に鳴いていました。そして、時々小刻みの羽ばたきもあり。)
コゲラ
ツバメ
イワツバメ17羽+とツバメ1羽+が、プールの南で低空を乱舞
ハクセキレイ1羽(普正寺浜)
サンショウクイ(情報より)
ヒヨドリ(渡りの個体数1652羽)(普正寺の森と専光寺の森の境で調査 5時35分〜7時33分)(ヒヨドリの渡りのピークは過ぎている印象です)
キレンジャク2羽(エノキの小径)(情報より)
ヒレンジャク1羽(エノキの小径)(情報より)
コルリさえずり2羽・♀
マミジロさえずり1羽(♂幼鳥1羽の写真も)
クロツグミさえずり1羽(18時34分まで小川でさえずっていました)
アカハラ
シロハラ(情報より)
マミチャジナイ
ツグミ(情報より)
ヤブサメ(情報より)
ウグイスさえずり1羽
エゾムシクイ
センダイムシクイ
キビタキ♂幼鳥
ムギマキ♂幼鳥1羽(エノキの小径 さえずりもあり)(写真あり)(情報より)
オオルリ♂♀(犀川下流左岸や小川などで良く見掛けました)
コサメビタキ
サンコウチョウ♂1羽(17時31分 小川下流)(尾羽長い。さえずりもあり。早朝と昼過ぎに、三千坊跡やエノキの小径でも撮影された情報があります)
エナガ(尾羽のない成鳥が、巣立ち雛に給餌していたとの情報を頂きました)
ヤマガラ(情報より)
シジュウカラ
メジロさえずり1羽
ホオジロ
アオジさえずり1羽
クロジ♀1羽(情報より)
カワラヒワ(巣内に親鳥。抱卵のようです)(情報より)(別個体で、♂成鳥から♀成鳥へ給餌)
イカルさえずり(水車小屋)(情報より)
スズメ
コムクドリ(写真あり)(情報より)
ムクドリ
オナガ1羽
ハシボソガラス
ハシブトガラス

(小川下流で、18時00〜45分に観察された種(曇り無風)→キビタキ♂幼鳥1羽18時26分まで。シジュウカラ18時5分まで。ヒヨドリ18時8分まで。オオルリ♂2羽♀1羽18時34分まで。アカハラ1羽18時20分まで。センダイムシクイ18時22分まで。コルリ♂幼鳥1羽18時34分まで。マミチャジナイ1羽18時36分まで)
ニワウルシ(別名シンジュ)(葉が伸びてきました)
キショウブ8分咲き
キンギンボク散り盛ん(白花2割・黄花8割)
フジ満開(大池の南)
ハナヌカススキ満開
コウゾリナ展葉
エゾタンポポ満開
ハマハタザオ満開
スナビキソウ満開
ハマエンドウ満開
ウツギつぼみ
キンミズヒキ展葉
イチゴツナギ開花

コウモリ類1匹(小型)(野鳥園跡地 19時3分)



2015.5.5(今朝は、ガッカリの森でした。昨日は気圧の谷も通過して期待していたのですが。今日の6時の気温は12.2℃で、昨日6時の気温の19.9℃に比較すると、かなり寒い朝でした。また、早朝は雲り空で夜間星は出ていなかったようです。)
(昨日、5月4日の21時の天気図では、前線が本州に多く残っています。小鳥の渡りを始める時刻が、日の入り後1時間頃とすると、その頃に渡りに適した風が、吹いていなかったのかもしれません。)

(下記のサイトの「2星コンパス」には、「こうした渡り鳥の反応は渡りの衝動と星座への定位による方向の決定との関連性を示していると考えられる。」とあります。星が見えていな事は、渡りの衝動に対して、どの程度の影響を及ぼしているのでしょう?)
http://kawasemi1971.web.fc2.com/wataridori_kouza7.htm
http://www.birdfan.net/b-kids/kids-consultation/kids-faq/faq011/
http://akaitori3.web.fc2.com/watari.html
http://www.natureasia.com/ja-jp/ndigest/v11/n7/%E6%B8%A1%E3%82%8A%E9%B3%A5%E3%82%92%E6%83%91%E3%82%8F%E3%81%99%E9%9B%BB%E7%A3%81%E3%83%8E%E3%82%A4%E3%82%BA/54085
http://www.tenki.jp/past/2015/05/05/chart/
http://www.data.jma.go.jp/fcd/yoho/data/hibiten/2015/201505.pdf

アカハラ7羽(野鳥園跡地)
エナガ巣立ち雛1羽(野鳥園跡地南)(巣立ち雛2羽や、尾羽がまったくない成鳥(1羽)の情報も)
チュウサギ4羽(水田)
コサギ1羽(水田)
ミサゴ1羽
カワウ非繁殖羽1羽(犀川中州)
犀川中州→ハシボソガラス1羽
オオルリ♂成鳥1羽(野鳥園跡地)(♀1羽の情報も)
バン1羽(犀川下流)
ジョウビタキ♀1羽(アスレチック広場)
アオジさえずり1羽
コルリさえずり3羽
ツツドリさえずり1羽
メジロさえずり1羽
ツバメ10羽+とイワツバメ2羽+が、水車小屋周辺で低空を乱舞(12時52分)
イカルさえずり1羽
マミチャジナイ(眉斑がかなり細い個体もいました)
マミジロさえずり1羽
クロツグミ♂♀
(夕方は二天橋で18時49分まで観察しました。コルリ♂幼鳥は18時15分まで。コマドリは18時16分まで。アカハラは18時35分まで長く1羽がさえずっていました。クロツグミは18時40分まで、それぞれ観察出来ました。)

ビンズイ2羽(情報より)
アオバト(情報より)
カワセミ1羽(ササゴイの池)(情報より)
ノゴマ♀1羽(大池南)(写真あり)(情報より)
キビタキ♀(情報より)
ムギマキ♂1羽(情報より)
チゴハヤブサ♂1羽♀1羽(野鳥園跡地の上空約30mを、2羽が旋回しながら高く上がる)(写真あり)(情報より)

トウバナ満開
ニセアカシア5分咲き(野鳥園跡地)
カマツカ開花
ヤエムグラ満開
シラスゲ開花
コバンソウ満開
ノハナショウブ開花
ヤブニンジン実
キンギンボク散り始め(白花3割・黄花7割)
ツクバネウツギ開花
カモガヤ穂

アオスジアゲハ1頭(初認)


2015.5.4
http://www.tenki.jp/past/2015/05/04/chart/
http://www.data.jma.go.jp/fcd/yoho/data/hibiten/2015/201505.pdf
オオルリ♂成鳥1羽(二天橋)
ツツドリさえずり1羽

ミゾゴイ1羽(6時45分頃水車小屋、7時45分頃二天橋の下流、8時21分二天橋の滝上を西から東へ、8時30分頃二天橋の北東約100mの小径、11時頃には水車小屋で、観察や撮影されています。)(小径ではカラスに追われたそうです)(写真あり)(情報より)
(ミゾゴイは1990年以降では、26年間に5年記録がありました。2011年5月4日以来の記録です。)
クイナ1羽(ササゴイの池 6時25分)(情報より)
キアシシギ1羽(テトラポッド)(情報より)
コアジサシ1羽(情報より)
マミジロ♂さえずり(情報より)
アオジさえずり(ササゴイの池の南)(情報より)
アオバトさえずり1羽(情報より)
マミチャジナイ(情報より)
コルリ(情報より)
サンショウクイ(情報より)
バン(情報より)
キビタキ(情報より)
コマドリ(二天橋で姿)(情報より)
ヤブサメ(情報より)
オオヨシキリ(情報より)
エゾムシクイ(情報より)
オオバン(情報より)
クロツグミ♀(情報より)
カワセミ♂♀(ササゴイの池で求愛給餌)(情報より)
クロジ♀(情報より)
オナガ(情報より)
ニセアカシア開花


2015.5.3(今日の野鳥は50種)(夕方の二天橋では、マミジロ・シロハラ・アカハラなどの大形ツグミ類などが多く楽しめたそうです)
(天気図では、5月4日に気圧の谷が通過します。5月5日に今春最初のピークが来そうです。)
http://www.tenki.jp/guide/chart/forecast.html?data_type=forecast_48
http://www.tenki.jp/forecast/4/20/5610/17201.html

チュウサギ1羽(水田)
コサギ2羽(水田)
アオサギ
カルガモ
コガモ
ヒドリガモ♂1羽(犀川下流)
ホシハジロ
キンクロハジロ(早朝:犀川河口右岸31羽+)(12時過ぎ:犀川河口右岸9羽、犀川河口〜犀川橋34羽)
ミサゴ2羽(上空)
トビ2羽森上空
ハヤブサ1羽(4時54分 犀川下流上空。5時31分 大池上空を北へ)
キジ
クイナ1羽(6時44分 ササゴイの池)(嘴を水の中に入れて、採食しているようでした)
バン2羽(犀川下流)
オオバン1羽(犀川下流)
キジバトさえずり1羽
アオバトさえずり1羽

コゲラ
ヒバリさえずり1羽
ツバメ
イワツバメ(普正寺橋 15羽(内、7羽は電線上))
ハクセキレイ1羽
ヒヨドリ
ノゴマ♀1羽(二天橋)(写真あり)(情報より)
コルリさえずり4羽
ジョウビタキ♀1羽(アスレチック広場)
マミジロ♂(写真あり)(情報より)
クロツグミ♀(写真あり)(情報より)
アカハラさえずり1羽
シロハラ(情報より)
マミチャジナイ♂1羽(二天橋)(写真あり)(情報より)(幼鳥の情報も)
ツグミ1羽(アスレチック広場)
ヤブサメ(水車小屋)(情報より)
ウグイスさえずり1羽
オオヨシキリさえずり1羽(初認)(プールの北や第4駐車場の南でも、さえずり)
エゾムシクイさえずり3羽
センダイムシクイさえずり11羽(150m以内は鳴き合い等がなければ同一個体としていますので、森のいたる所でさえずっているようで、非常に多く感じました。)
キビタキ♂幼鳥1羽(小川ではさえずり1羽)
オオルリ♂成鳥1羽♀1羽
シジュウカラさえずり5羽
メジロさえずり1羽
ホオジロさえずり1羽・巣材運搬(草の根)♀1羽
アオジ
カワラヒワ
イカルさえずり1羽
スズメ
コムクドリ♂♀(情報より)
ムクドリ
ハシボソガラス
ハシブトガラス

ヤマフジ満開
コマツヨイグサ開花
アキグミ満開
イヌツゲ新葉
サンショウ満開
キショウブ5分咲き
シロバナタンポポ実
キンギンボク満開(白花5割・黄花5割)
ニセアカシアつぼみ
コナスビ開花
コナラ展葉
マユミ開花
ニガナ開花
http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/sympetalae/compositae/nigana/nigana.htm
ヤマグワ満開

アカテガニ1匹(水車小屋南の小径)(初認)
クロベンケイガニ1匹(犀川下流左岸アスファルト道上)(初認)
ウシガエル1匹(大池)(初認)



2015.5.2
カッコウ1羽(初認)(カッコウ類で虹彩が黄色い個体が撮影されました。BIRDER1998年6月号25ページには、ツツドリで虹彩に黄色味のある個体が掲載れています。しかし、そのツツドリの虹彩よりも黄色が強く、カッコウの虹彩と同じ色でした。喉の色や胸の横斑の幅は、微妙です。発声はなかったそうですが、カッコウで間違いないと思っています。なお、1990年以降でこれまで最も早いカッコウのさえずり初認は、1994年5月4日でした。)

クロツグミ♂♀(二天橋)(写真あり)(情報より)
コルリ♂(二天橋)(写真あり)(情報より)
サンショウクイ2羽(二天橋)(写真あり)(情報より)
コムクドリ♂♀(二天橋)(写真あり)(情報より)
マミチャジナイ(初認)(二天橋)(写真あり)(情報より)
オオルリ♂♀(二天橋)(写真あり)(情報より)
アカハラさえずり(写真あり)(情報より)
センダイムシクイ(写真あり)(情報より)
キビタキ♂(写真あり)(情報より)
コマドリ(二天橋 夕方)(情報より)

ヤマセミ1羽(早朝に大池のかなり高い上空を「キャラッ」と鳴きながら飛翔)(大きな冠羽と長い嘴、白黒の細かな斑の翼を羽ばたいている連続写真があります。)(写真あり)(情報より)(1990年以降では3度目の記録です。私も2011年4月3日に、ヤマセミが普正寺の森の駐車場で飛んでいる姿を見た時には驚きました。)


2015.5.1(ピークには程遠いのですが、ササゴイの池周辺ではキビタキ・ムギマキ・センダイムシクイ・アオジ・ウグイス・ホオジロがさえずり、楽しめました。)
(金沢の10日間天気予報では、5月3日までは晴れ、5月4日曇りのち雨、5月5日曇り一時雨、5月6日は曇り時々晴れ。)(5月4〜5日は信頼度Cランクで微妙ですが、気圧の谷が通過する予報です。その後の、5月6日にはかなり期待しています。)
http://www.tenki.jp/forecast/4/20/5610/17201.html

ツツドリさえずり1羽(初認)
ムギマキさえずり1羽(さえずりは初認)(コゲラの小径)
http://www.bird-research.jp/1_shiryo/nakigoe.html
オオルリ♂成鳥1羽・♀1羽(5羽+の情報も)
キビタキさえずり1羽
ウグイスさえずり2羽
ヒバリさえずり1羽
センダイムシクイさえずり4羽
コルリさえずり2羽(三千坊跡)
アオジさえずり1羽
メジロさえずり1羽
大形ツグミ類(クロツグミを除く)さえずり1羽(アカハラ?)
アトリ2羽(三千坊跡)
キンクロハジロ49羽+(犀川河口右岸 7時22分)
オオバン2羽(犀川下流)
バン1羽(犀川下流)
ササゴイの池のカモ類→カルガモ1羽
エナガ巣立ち雛3羽+(口角に黄色みがあり可愛い。巣立ち雛初認)(写真あり)(情報より)
サンショウクイ1羽(情報より)
コマドリ1羽(二天橋で姿も)(情報より)
チョウゲンボウ1羽(情報より)
カラスバト1羽(三千坊跡から南へ飛翔。二天橋下流の樹上で撮影もされたそうです。そしてその画像を複数の方が確認されています)(写真あり)(情報より)
ヤエムグラ開花
コマユミ満開
ブタナ開花
アキグミ8分咲き
サルトリイバラ開花
キンギンボク8分咲き(白花9割・黄花1割)
シャガ満開
キショウブ1分咲き
オニグルミ展葉
カモガヤ?(花粉が飛び始めたようです)
ヤマフジ5分咲き

カナヘビ1匹(体長約20cm)(初認)
スズメバチ類(初認)(情報より)



2015.4.30
クイナ1羽(ササゴイの池 13時28分)(写真あり)(情報より)


2015.4.29
ムギマキ♂1羽(初認)(三千坊跡の東)
キビタキさえずり1羽
クロジ幼鳥1羽(三千坊跡の南西)(コゲラの小径でも情報がありました)
クロツグミ♂成鳥1羽・♀1羽
大形ツグミ類(クロツグミを除く)さえずり5羽+
アトリ8羽
センダイムシクイさえずり2羽
オオバン1羽
チュウサギ2羽(水田)
ウグイス7羽(内、さえずり1羽)
ミヤマホオジロ♀1羽
オナガ2羽
ルリビタキ♀タイプ1羽
コマドリさえずり1羽(コゲラの小径)(二天橋でも情報が)
コルリ♂(二天橋)(写真あり)(情報より)
クイナ1羽(11時15分に羽繕いの後、西の森内へ。15時15分には一瞬、嘴の朱色が観察されたとの情報もあります。)(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
ハマエンドウ3分咲き
スノーフレーク(別名スズランズイセン)散り始め
ハナカイドウ散り始め
コマユミ3〜8分咲き
キンギンボク2分咲き(白花10割)
トベラ新葉
ヤブニンジン実と花
ヤマフジ開花
ヤツデ新葉
キリ満開
イチゴツナギ穂
スイバ満開
エノキ散り盛ん
タチイヌノフグリ満開
アケビ満開
コバンソウ満開



2015.4.28
マミジロ成鳥(GC斑なし)1羽(初認)(二天橋)(写真あり)(情報より)
オオルリ♂成鳥・♀(写真あり)(情報より)
センダイムシクイさえずり(写真あり)(情報より)
キビタキ♂成鳥(写真あり)(情報より)


2015.4.27
クロツグミさえずり1羽(犀川下流左岸やポンプ室の東で、長く大声で囀っていました)
アトリ♂1羽♀2羽
ヒバリさえずり1羽
オオバン1羽(犀川下流)
バン1羽(犀川下流)
オオバン1羽(犀川下流)
トラツグミさえずり1羽
オオルリ♂幼鳥1羽
犀川中州→トビ1羽
ササゴイの池のカモ類→カルガモ3羽・コガモ♂2羽♀2羽
カワラヒワ巣材運搬(小さな羽根)
ヒバリ2羽(プールの北)
カモメ類28羽(犀川河口)
マヒワ(小川)(写真あり)(情報より)
アカハラ(写真あり)(情報より)
コマユミ5分咲き
エノキ花散り盛ん
シロバナタンポポ実と花
キショウブ開花
八重桜満開(大池)

クマバチ42頭(森全体で多く見掛けました)



2015.4.26
イカルさえずり1羽(コゲラの小径)(長く、ゆっくり大らかな声でさえずっていました)
クロツグミさえずり1羽(さえずりは30秒程で、すぐに終わってしまいました)
大形ツグミ類(クロツグミを除く)さえずり1羽(シロハラまたはアカハラ?)
トラツグミさえずり1羽
ウグイスさえずり1羽(さえずり個体数が減り、地鳴きの個体数が多くなって来ました。♀が多くなっているのでしょう。)
サンショウクイ1羽(二天橋)
アトリ3羽(三千坊跡)(エノキの枝先で、何かを盛んに啄んでいました。エノキの花?)
マヒワ♀1羽(三千坊跡)
オオルリ♂成鳥1羽(二天橋 滝で水飲み)(♂4羽・♀2羽の情報も)
アビ類1羽(シロエリオオハムまたはオオハム)(海岸線から約500m沖合い)
エナガ3羽(内、1羽の尾羽は少し右に曲がっていました。尾羽の曲がっているのが抱卵姿勢のためなら、嬉しいのですが。そしてその個体は尾羽の枚数も少なかった。)
ササゴイの池のカモ類→カルガモ2羽、コガモ♂4羽♀6羽
オオバン1羽(犀川下流)
ゴイサギ成鳥2羽・幼鳥1羽(大池上空)
シジュウカラ巣材運搬1羽(4回、枯れ茎を運ぶのを見せてくれました。エノキの幹の割れ目(高さ約5m)に運んでいました。)
ウソ♂1羽(二天橋)(情報より)
コルリ♂(初認)(二天橋)(情報より)
コマドリさえずり(ササゴイの池やエノキの小径)(情報より)
クロジ(情報より)
アオバトさえずり(初認)(情報より)
ヤブサメ(情報より)
カワセミ(情報より)
ノゴマ♂1羽(二天橋)(夕方に)(写真あり)(情報より)
クイナ1羽(ササゴイの池で、夕方に撮影されていました。観察舎の近くで。)(倒木に乗り、水面に浮かんでいる草を啄んでいる連続写真もありました)(写真あり)(情報より)

ヤマグワ開葉
オニグルミの雄花序が落ち始めました
ヒゲナガスズメノチャヒキ穂
ハマダイコン満開(犀川下流左岸)

クマバチ2頭


2015.4.25(マヒワの水浴びで楽しめましたが、これまでの4月に比較すると、個体数も種類数も非常に少なく寂しい森でした。やはり今春もピークは5月になってからだと思います。それも5月1〜4日より、5月5〜10日にピークがあるのではと思っているのですが。)
(金沢の10日間天気予報では、5月4日まで雨マークはありません。その点からも5月1〜4日には大きなピークはないと思っています。)(4月22日から雨が降っていないので、5月4日まで13日間以上も雨が降らない予報です。その間は、東西に長い長い高圧帯に金沢も入るのでしょうが、高圧帯の切れ目の日に、少しづつ南から渡ってくるのでは?)
http://www.tenki.jp/forecast/4/20/5610/17201.html
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/daily_s1.php?prec_no=56&block_no=47605&year=2015&month=4&day=&view=p1

クロツグミさえずり1羽(さえずり初認。ようやく、さえずってくれました。)(三千坊跡の東)
大形ツグミ類(クロツグミを除く)さえずり1羽(シロハラまたはアカハラだと思いました)
ウグイスさえずり2羽
ヒバリさえずり1羽
クロジ♀1羽
ルリビタキ♀タイプ1羽
マヒワ♂2羽・♀3羽(二天橋下流で水浴び)(10羽の情報も)
アトリ5羽
ミサゴ1羽
オナガ2羽
カワラヒワ巣材運搬1羽
カラス類抱卵姿勢1羽
エナガ1羽
チュウサギ5羽(水田)
アトリ5羽
アオジ9羽とアトリ2羽が犀川下流左岸のアスファルト道で採食。また、ササゴイの池の南ではアオジ1羽がさえずっていました。
ヒヨドリ(普正寺の森から南西約2kmの安原海岸ふれあいの森では、観察時間4時36分〜6時50分に約300羽。普正寺の森では8時3分〜10時41分に約160羽渡っていました)

オオルリ♂・♀1羽(情報より)
キビタキ♂♀(情報より)
カワセミ♂♀(ササゴイの池)(情報より)
メジロ10羽(情報より)
エゾムシクイ(写真あり)(情報より)
ビンズイ(写真あり)(情報より)
オナガ7羽+(情報より)
ヤブサメ1羽(情報より)
クイナ1羽(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)(2010年10月24日以来久々の記録です)

ハナカイドウ満開
シロバナヤマフジ開葉
フジ開葉
アキグミつぼみ
ウンラン開葉
コバンソウ開花
アカメガシワ開葉
スイバ開花
オニタビラコ開花
タチイヌノフグリつぼみ
シャガ開花
ヤマコウバシ満開そして開葉
ヤブニンジン満開
コマユミ開花
ハルガヤ8分咲き
ヒメスイバ満開
ダイオウグミ満開
クロマツ花粉

クマバチ1頭(初認)


2015.4.24
コサメビタキ(初認)(写真あり)(情報より)
マヒワ10羽(二天橋)(写真あり)(情報より)
ヒガラ(初認)(写真あり)(情報より)
ヤマガラ(写真あり)(情報より)
ムシクイ類(写真あり)(情報より)
コマドリ(情報より)
ジョウビタキ(情報より)
クロツグミ(情報より)
カワセミ(情報より)
メジロ(写真あり)(情報より)


2015.4.23
ルリビタキ多い(情報より)
コマドリさえずり(情報より)
クロツグミ♂(写真あり)(情報より)
アカゲラ♂(写真あり)(情報より)
キビタキ♂(写真あり)(情報より)
ミヤマホオジロ♂(写真あり)(情報より)
カワセミ(4月23日頃に♂が♀の上に乗る。しかし、交尾はなかったとの情報がありました。)(情報より)


2015.4.22
コムクドリ♂♀(初認)(写真あり)(情報より)
ヤブサメ(写真あり)(情報より)
ルリビタキ♀タイプ(写真あり)(情報より)
キビタキ♂(写真あり)(情報より)


2015.4.21(金沢の10日間天気予報では、4月30日までは大きな気圧の谷の通過はないようです。その後の気圧の谷の通過後に、今春の最初のピークがあると思っていますが……。)
http://www.tenki.jp/forecast/4/20/5610/17201.html

オオルリ♂成鳥(写真あり)(情報より)
キビタキ♂幼鳥(写真あり)(情報より)
カワセミ♀(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)


2015.4.20
コマドリさえずり(情報より)
サンショウクイ(写真あり)(情報より)
アカゲラ♂(写真あり)(情報より)
オオルリ♂(写真あり)(情報より)


2015.4.19
カシラダカ2羽
オオルリ♂成鳥1羽
エナガ2羽
カワセミ♂1羽♀1羽(ササゴイの池)
ウ類(犀川中州繁殖羽1羽、非繁殖羽1羽)
コマドリさえずり1羽(二天橋の西)
オオバン3羽(犀川下流)
バン1羽(犀川下流)
サンショウクイ1羽(情報より)
イタドリ開葉
ムラサキケマン開花
ヤマコウバシ開花
カキドオシ満開
モチノキ満開
エノキ開葉
クスノキ新葉
オオシマザクラ満開〜散り盛ん
ヤマザクラ満開〜散り盛ん



2015.4.18
コマドリさえずり(情報より)
キビタキ♂成鳥(写真あり)(情報より)
ルリビタキ♀タイプ(写真あり)(情報より)
カワセミ♂1羽♀1羽(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)(求愛給餌も撮影されています)
ノビタキ♂繁殖羽・♀繁殖羽(犀川下流左岸)(写真あり)(情報より)
オオルリ♂1羽(三千坊跡)(写真あり)(情報より


2015.4.17
サンショウクイ1羽(三千坊跡)(初認)
アカゲラ♂1羽
コマドリさえずり1羽(三千坊跡)
オオルリ♂成鳥1羽
カモメ類90羽+(犀川河口)
ウ類(犀川中州繁殖羽1羽・金石西防波堤1羽)
カイツブリ繁殖羽1羽(犀川下流)
オオバン1羽(犀川下流)
カラス類(抱卵姿勢2ヶ所で)
アトリ(写真あり)(情報より)
シメ(写真あり)(情報より)
バン1羽(アスレチック広場から大池の中ノ島へ)(写真あり)(情報より)
コスミレ花わずかになりました
キンギンボクつぼみ
カマツカ開葉

アマガエル1匹(初認)
イタチ1匹(小川下流 12時5分)(写真あり)(情報より)



2015.4.16
エゾムシクイさえずり1羽(初認)(1994年以降では、2003年と同様で、もっとも早いさえずり日でした)
クロツグミ♂2羽(さえずってくれないのが残念です)(大池の東)
イワツバメ5羽(普正寺橋)
ウグイスさえずり5羽
ルリビタキ♀タイプ1羽
アカゲラ♀1羽
コマドリさえずり1羽(エノキの小径)
ササゴイの池のカモ類→カルガモ2羽、コガモ♀1羽
アカハラ1羽
シメ1羽
メジロ11羽
オオバン1羽(犀川下流)
カイツブリ繁殖羽1羽(犀川下流)
ミサゴ1羽
ヤブニンジン開花
ユキヤナギ散り始め
ノボロギク満開
オオシマザクラ満開〜散り盛ん
ヤマザクラ満開〜散り
チューリップ満開
スノーフレーク(別名スズランズイセン)満開



2015.4.15
クロツグミ♀1羽(専光寺の森との境)(初認が♂より♀が早かったのは、1991年の観察以来初めて)(なお、写真はないのですが、4月11日(ポンプ小屋の南)にもクロツグミ♀の情報があります。)
イワツバメ9羽(普正寺橋)


2015.4.14
ノビタキ♀非繁殖羽1羽(アスレチック広場)(写真あり)(情報より)
オオルリ♂成鳥(写真あり)(情報より)
ルリビタキ♂成鳥・♀タイプ(写真あり)(情報より)
エナガ(尾羽は曲がっていません)(写真あり)(情報より)


2015.4.13
アカゲラ?1羽(声のみ)
コマドリさえずり1羽
カモメ類50羽+(犀川河口)
ツバメ1羽
カシラダカ♂繁殖羽1羽・♀1羽
カンムリカイツブリ1羽(犀川下流)
ササゴイの池のカモ類→カルガモ2羽、コガモ♂3羽♀3羽
ルリビタキ♀タイプ(写真あり)(情報より)
オオルリ♂(情報より)
クロジ♂成鳥(写真あり)(情報より)
アカハラ(初認)(写真あり)(情報より)
コスミレ満開
サルトリイバラ開葉
ハルガヤ開花
シャク開花
オランダミミナグサつぼみ



2015.4.12
ウグイスさえずり6羽+
メジロ(さえずり初認1羽)
アオサギ18羽(森上を北東へ 7時8分)
シジュウカラさえずり7羽
ヤマシギ1羽(ポンプ室の東 5時56分)
アカゲラ?1羽(声のみ)
ユリカモメ18羽(波打ち際沖約300mを北東へ 6時27分)
アオサギ8羽(波打ち際を北東へ 6時28分)
ハシボソガラス?38羽(波打ち際を北東へ 6時29分)
ダイサギ2羽(波打ち際を北東へ 6時29分)
カモメ類28羽(犀川河口)
ウ類(犀川中州0羽・金石西防波堤1羽)
ササゴイの池のカモ類→カルガモ2羽、コガモ♂2羽♀3羽
イワツバメ6羽(普正寺橋)
カンムリカイツブリ(日本海4羽、犀川下流1羽)
オオバン2羽(犀川下流)
クロジ♂成鳥1羽(初認)(写真あり)(情報より)
ヤマガラ(写真あり)(情報より)
キビタキ♂成鳥(写真あり)(情報より)、他に二天橋上流で♂2羽の情報も。
ルリビタキ♀タイプ1羽(二天橋上流)
ベニマシコ♂1羽♀1羽(犀川下流左岸)(情報より)
カワセミ♂1羽・♀1羽(ササゴイの池の杭上で、♂から♀へ求愛給餌)(写真あり)(情報より)(近くで営巣可能な場所があると良いのですが)
ヨシガモ(情報より)
カイツブリ(情報より)
ミサゴ(情報より)
ハイタカ(情報より)
オオタカ(情報より)
ヤマガラ(情報より)
レンジャク類(情報より)

カワラヒワ(いかにも♀と思われる薄い個体が、小さな白い羽根をくわえている写真があります。そして、濃い個体も、小さな白い羽根をくわえています。しかし、以下の論文などでは、カワラヒワは♀のみが巣材運搬をするとあります。光の関係で濃く映っているだけで、濃く映っていた個体も♀だったのか?♂も巣材運搬するのか?餌をついばんでいる時に、偶然羽根もくわえたのか?)(翼の黄色分の濃さなどは不明でした。)(写真あり)(情報より)
(カワラヒワの生活史に関する研究:「巣造りは巣材の採集,運搬,巣造り行動等すべて雌によって行なわれる。」)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjo1915/20/88/20_88_41/_pdf

コブシ花


2015.4.11
ハヤブサ1羽(漁港建屋の横、高さ約10mと低く羽ばたきながら南東へ)
アカゲラ♂1羽(頬は真っ白。肩羽先端の白斑の大きさは不明。)
カンムリカイツブリ3羽(犀川下流)
ウ類(犀川中州繁殖羽1羽、非繁殖羽2羽)
ヨシガモ♂1羽♀1羽(犀川下流)
ヒバリさえずり1羽(犀川下流右岸)
ササゴイの池のカモ類→コガモ♂2羽♀3羽
カワセミ♂1羽(ササゴイの池)
キビタキ♂成鳥・♀(小川)(初認)(写真あり)(情報より)
オオルリ♂成鳥(写真あり)(情報より)
エナガ(情報より)
アビ2羽(初認)(日本海)(情報より)
シマアジ♂(犀川下流)(2012年以来の記録です。また、1990年以来26年間で、4年と少ない記録です。)(情報より)
チューリップ満開
コスミレ満開
リョウブ開葉
カキドオシ満開
オオシマザクラ満開〜散り始め
ヤマザクラ満開〜散り始め
オオヤマザクラ?散り盛ん
ソメイヨシノ満開〜散り始め



2015.4.10
キセキレイ1羽(二天橋下流)
ハイタカ1羽(二天橋下流)
ゴイサギ成鳥1羽(初認)(犀川下流)
カワセミ1羽(ササゴイの池)
ルリビタキ♀タイプ1羽(二天橋の西)


2015.4.9
ヨシガモ♂7羽♀12羽(犀川橋下流)
オオバン7羽(内1羽は犀川下流左岸の樹上)
カンムリカイツブリ(日本海:繁殖羽5羽、非繁殖羽に近い1羽・犀川下流:繁殖羽5羽)(12時23分、犀川下流の中州の上流で、2羽が向き合い顔を左右に早く3回振り、1羽は首を後ろへ大きくそらした。約15秒。その1分後にも約5秒間顔を左右に。)
アカゲラ?1羽(声のみ)
ウ類(犀川中州3羽)(1羽は中洲の玉石の上で。)
カシラダカ非繁殖羽1羽
エナガ2羽
メジロ3羽
イワツバメ(普正寺橋2羽、轟橋5羽)
コサギ1羽(犀川下流)
オナガ3羽(1羽はガラガラ……と大声で)
シメ1羽
ササゴイの池のカモ類→カルガモ1羽・コガモ♂1羽♀1羽
コマドリさえずり1羽(初認)
ウグイスさえずり4羽
大形ツグミ類(クロツグミを除く)さえずり1羽(シロハラ?)
オオジュリン1羽(犀川下流左岸。普正寺橋上流約100m)(写真あり)(情報より)
ウソ♂3羽(1羽は腹部もかなり赤味強い)・♀2羽(写真あり)(情報より)
エノキ葉芽膨らむ
コブシ満開
ヤマコウバシ(枯れ葉が多く残っています)
ヘビイチゴ開花
コスミレ満開
ヒメオドリコソウ満開
アケビ開花(雄花、雌花共)
シロダモ新葉
スイバつぼみ
カキドオシ開花
ヨモギ開花
ダイオウグミつぼみ
スズメノヤリ穂
ユキヤナギ満開
スノーフレーク(別名スズランズイセン)満開
ハマエンドウ開葉
コウボウムギ穂
オオヤマザクラ?散り始め
オオシマザクラ1分咲き〜満開
ソメイヨシノ満開



2015.4.7
オオルリ♂成鳥(写真あり)(情報より)
ウソ♀(写真あり)(情報より)


2015.4.4
オオルリ♂成鳥1羽・性別不明1羽+(三千坊跡〜二天橋)(初認)(写真あり)(情報より)(初認について、2014年は4月16日、2013年は4月8日、2012年は4月10日、2011年は4月18日でした。)
バン1羽(犀川中州)


2015.4.3
カワセミ♀1羽(ササゴイの池)
オナガ15羽(野鳥園跡地)
ウ類(犀川中州非繁殖羽1羽・犀川橋下流浅瀬0羽・金石西防波堤0羽)
カモメ類150羽+(犀川河口)
ササゴイの池のカモ類→コガモ♂1羽♀1羽
オオバン2羽(犀川下流)
イワツバメ4羽(普正寺橋)
ツバメ1羽
カンムリカイツブリ繁殖羽1羽(金石港船溜り)
レンジャク類10羽±(写真あり)(情報より)
コスミレ満開
マユミ開葉
コバンソウ穂
アキグミ開葉
キンギンボク展葉
チューリップ6分咲き
ユキヤナギ8分咲き
アオキ満開
コマユミ開葉
アケビ展葉
コブシ3分咲き
オニグルミ開葉
ハコベ満開
ソメイヨシノ1分咲き
オオシマザクラつぼみ〜8分咲き
オオヤマザクラ?8分咲き(小川中流右岸に1本)(花は淡紅色。花序に柄がない。萼片は全縁。)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%82%B6%E3%82%AF%E3%83%A9
http://minhana.net/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%82%B6%E3%82%AF%E3%83%A9
http://akane-gumo.sakura.ne.jp/ooyama.html
http://www.jugemusha.com/jumoku-zz-ooyamazakura.htm
http://elm3.web.fc2.com/top/ha-no-kaisetu/ooyamazakura.html
アシナガバチ類2頭(初認)



2015.4.2
ルリビタキ♂成鳥1羽(小川中流)(写真あり)(情報より)
オシドリ♂2羽♀2羽(犀川中州を利用)(写真あり)(情報より)
ウソ♂1羽♀1羽(三千坊跡)(写真あり)(情報より)
エナガ数羽(写真あり)(情報より)
ヒレンジャク1羽(二天橋で水浴び)(情報より)
カワセミ(情報より)
コブシ開花(写真あり)(情報より)


2015.3.31
レンジャク類10羽±(ヒレンジャク・キレンジャク)(写真あり)(情報より)


2015.3.30
ヒレンジャク10数羽(写真あり)(情報より)
ミヤマホオジロ♀2羽
アカゲラ?1羽(声のみ)
ツバメ2羽
ウ類(犀川中州非繁殖羽1羽・犀川橋下流浅瀬0羽・金石西防波堤0羽)
カモメ類30羽+(犀川河口)
ヨシガモ♂2羽♀2羽
カンムリカイツブリ5羽(犀川下流)
オオバン2羽(犀川下流)
カイツブリ1羽(犀川下流)
カラス類の巣3箇所
コスミレ開花
シロバナタンポポ満開
ツルニチニチソウ開花
白梅(犀川下流左岸散り盛ん)
シャク開花

カタツムリ1匹(初認)(殻径約1cmと小さい。犀川下流左岸のアスファルト道)


2015.3.28
レンジャク類11羽+(内、ヒレンジャク9羽)(二天橋や大池周辺で。大池では1羽が土留め用の石の上に止まっていました)(レンジャク類30羽+の情報も)
ツグミ(第4駐車場1羽)
アカゲラ♀1羽
オナガ1羽(5羽+の情報も)
カシラダカ1羽
アトリ1羽+
ヒバリさえずり1羽
イソヒヨドリ♀1羽(テトラポッド)
ミヤマホオジロ♀1羽
オオバン3羽(犀川下流)
カンムリカイツブリ5羽(繁殖羽4羽・非繁殖羽1羽)(犀川下流)
カイツブリ1羽(犀川下流)
ヨシガモ♂2羽♀2羽(犀川橋下流)
ウ類(犀川中州非繁殖羽1羽・犀川橋下流浅瀬0羽・金石西防波堤0羽)
カモメ類80羽+(犀川河口)
オオチドリ1羽(普正寺の森初記録)(7時30分頃、猛禽類(チョウゲンボウ?)に追われた時に、1羽(冬羽タイプ)が犀川河口辺りまで飛んだとの情報がありました。そのために、普正寺の森の記録としました。)(3月21日に普正寺の森から約1km離れた金石海原の簡易グランド周辺で、6羽撮影されていました。)(オオチドリは石川県内では、1998年3月27日1羽:舳倉島、2008年4月6〜7日1羽:珠洲市清水海岸で記録。「石川野鳥年鑑」より。)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%83%81%E3%83%89%E3%83%AA
http://www.birdfan.net/pg/kind/ord09/fam0903/spe090306/
http://ozok.blog.fc2.com/blog-category-49.html

白梅(正門7分咲き・コゲラの小径満開)
紅梅(正門6分咲き)
ハマエンドウ開葉
ハマダイコン開花(犀川下流左岸)
ヒメカンスゲ開花
ユキヤナギ1分咲き



2015.3.27
コガモ(小川で♂1羽♀2羽)(写真あり)(情報より)
カイツブリ2羽(犀川下流)(写真あり)(情報より)


2015.3.26
ハイタカ(二天橋)(写真あり)(情報より)
メジロ(小川で水浴び)(写真あり)(情報より)
ヤマガラ(小川で水浴び)(写真あり)(情報より)
ヒレンジャク(小川で水飲み)(写真あり)(情報より)
カシラダカ(小川で水浴び)(写真あり)(情報より)


2015.3.25
ウソ♂5羽♀2羽(♂1羽の写真は、大雨覆の先端や外側尾羽の外弁は白くないが、下面は広い範囲で朱色。→亜種アカウソ)(犀川下流左岸 ササゴイの池より約200m北)(写真あり)(情報より)


2015.3.24
アカゲラ♀(写真あり)(情報より)
ベニマシコ♀(写真あり)(情報より)
ジョウビタキ♂♀(写真あり)(情報より)


2015.3.23
オシドリ♂3羽+・♀1羽+(写真あり)(情報より)
ベニマシコ♀1羽(写真あり)(情報より)
ミサゴ(樹上で魚を食事)(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
オシドリ♂6羽♀3羽(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)


2015.3.22
亜種ハチジョウツグミ1羽(第3駐車場)
アカゲラ1羽(♂の情報も)
ヒレンジャク1羽(アカモズの小径)(レンジャク類50羽+の情報も)
カワセミ1羽(ササゴイの池)
オナガ2羽
カモメ類40羽(犀川河口)
ウ類(犀川中州5羽・犀川橋下流浅瀬0羽・金石西防波堤1羽)
カンムリカイツブリ繁殖羽4羽(犀川下流)
ヨシガモ♂2羽♀2羽(犀川下流)
ササゴイの池のカモ類→カルガモ1羽
ヤマガラ1羽
ミヤマホオジロ♀2羽(1羽は二天橋で水浴び)
ハシボソガラス(1羽が、アスファルト道でクルミの実をつつく。旧の松任宇ノ気線で)
ツバメ3羽
ウソ♂(写真あり)(情報より)
オオジュリン1羽(犀川下流左岸)(写真あり)(情報より)
ウグイスさえずり(写真あり)(情報より)
トビ(綿?をくわえて)(水車小屋の東)(写真あり)(情報より)
ハイタカ成鳥1羽(小川で水浴び)(上面は青灰色。虹彩は黄色。胸に横斑)(写真あり)(情報より)
ベニマシコ♂1羽♀2羽(犀川下流左岸)(情報より)
オオイヌノフグリ満開
ヒメオドリコソウ満開

タテハ類2頭(初認)
ミシシッピアカミミガメ類42匹(大池の中ノ島)



2015.3.21
レンジャク類12羽+(内、ヒレンジャク7羽)(二天橋の東)(レンジャク類30羽+で、多くはヒレンジャクですが、キレンジャクも数羽の情報も)
ウソ♀1羽(野鳥園跡地)(近くに猫がいてヒヤリとしました)(♂1羽の情報も)
ハジロカイツブリ1羽(犀川下流)
ハシボソガラス?またはミヤマガラス?60羽+(9時8分 南西から来てアスレチック広場上空で、3回旋回して北東へ。密集した群れ。高度約40〜50m)
ヒバリさえずり1羽(第4駐車場の西)
カモメ類2羽(犀川河口)
ウ類(犀川中州2羽・犀川橋下流浅瀬0羽・金石西防波堤2羽)
カンムリカイツブリ2羽(犀川下流)
イワツバメ1羽(普正寺橋上空)
ヤマガラ1羽
アカゲラ♂1羽
ハシボソガラスの巣は完成している印象です
ヨシガモ♂2羽♀2羽(犀川下流)
亜種ハチジョウツグミ3羽(第3駐車場)(情報より)
キンギンボク展葉
オオシマザクラ開葉

チョウ類初認(ルリシジミ類1頭)


2015.3.20
大形ツグミ類さえずり初認1羽(シロハラ?)
アカゲラ♂1羽♀1羽
レンジャク類9羽(内、ヒレンジャク4羽)(プールの東や、大池の西)(フライングキャッチを多くしていました)
ハシビロガモ♂1羽♀1羽(大池)
オナガ2羽
カシラダカ2羽(エノキの小径)
オオバン8羽
ウ類(犀川中州2羽・犀川橋下流浅瀬0羽・金石西防波堤10羽)
カンムリカイツブリ繁殖羽1羽(犀川下流)
カイツブリ繁殖羽1羽(犀川下流)
カルガモ(1羽が犀川中州の樹上3mに)
カモメ類35羽+(犀川河口)
ミヤマホオジロ♂2羽♀1羽(さえずりも1羽)
アカエリカイツブリ非繁殖羽3羽(テトラポッドの沖約50m)(目の上が白くない)
亜種ハチジョウツグミ2羽(第1駐車場)(写真あり)(情報より)
ツグミ類(サッカー場や第1駐車場に多い)
ヨシガモ♂5羽+・♀5羽+(写真あり)(情報より)
ハシビロガモ♂1羽(写真あり)(情報より)
ユキヤナギ開花
シロバナタンポポつぼみ
白梅(犀川下流左岸:満開、ポンプ小屋6分、正門4分)
マサキ新葉
ツクシ(初認)(15cm程に伸びていました)(犀川下流左岸)
ニワトコ開葉
アケビ開葉



2015.3.18
レンジャク類19羽+(内、ヒレンジャク8羽)(三千坊跡の東)(レンジャク類40羽+の情報もあります)
カイツブリ3羽(犀川下流)
オナガ3羽(野鳥園跡地)
ハシブトガラス(1羽が犬の毛をくわえて。アスレチック広場の南)
エナガ2羽
マガモ♂4羽♀4羽(大池)
ハシボソガラス?54羽が波打ち際辺りの上空約40mの高度で次々と北東へ(7時35分)
アカゲラ♂1羽
オナガ3羽
ウグイス1羽
カンムリカイツブリ繁殖羽1羽(犀川下流)
ウ類(犀川中州5羽・犀川橋下流浅瀬2羽・金石西防波堤10羽)
メジロ4羽
カモメ類25羽+(犀川河口)
カイツブリ繁殖羽2羽・非繁殖羽1羽(犀川下流中州の西)
オオバン3羽
ダイサギ1羽(嘴は黄色ですが、脚は橙色を帯びていました。)(犀川橋下流)
コスミレ展葉


オオタカ成鳥1羽(ササゴイの池 13時5分)(写真あり)(情報より)
オシドリ♂1羽♀1羽(ササゴイの池 13時15分)(写真あり)(情報より)
カワセミ♂1羽(ササゴイの池 13時15分 オオタカ・オシドリ・ダイサギと同時に)(写真あり)(情報より)
ダイサギ1羽(ササゴイの池)(情報より)


2015.3.17
レンジャク類16羽+(内、ヒレンジャク10羽)(アカモズの小径の北)
ハジロカイツブリ1羽(犀川下流)
ヒバリ1羽(さえずり初認)
アカゲラ♀1羽・性別不明1羽
ハシボソガラス巣材運搬1羽
ホオジロさえずり7羽
ツバメ1羽(初認)
ウ類(犀川中州10羽・犀川橋下流浅瀬0羽・金石西防波堤8羽)
カモメ類11羽(犀川河口)
カシラダカ2羽
ツグミ1羽
オナガ3羽
犀川中州→キジバト2羽
カンムリカイツブリ繁殖羽2羽(犀川下流)
ヒヨドリ3羽
アオジ1羽
ウグイスさえずり1羽
エナガ1羽
セグロセキレイ1羽(犀川橋下流の浅瀬)
ヨシガモ♂2羽♀2羽(犀川下流)
ダイサギ1羽(犀川上空)(ササゴイの池での情報もあります。2009年と2013年は、1羽も森を利用した記録はなかったので、うれしい情報でした)
カイツブリ(犀川下流)(写真あり)(情報より)
ベニマシコ(写真あり)(情報より)
カワセミ♂(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
イワツバメ1羽(初認)(情報より)
ヤツガシラの情報はありませんでした。
ミシシッピアカミミガメ類33匹(大池の中ノ島)


2015.3.16
レンジャク類13羽+(内、ヒレンジャク3羽。フライングキャッチを3羽が行っていました。動物質の餌も増えているのでしょう。水車小屋の東)(今日もレンジャク類30羽±の情報もあり(プールの西))。3月6日以降、増減はあまりないようです。)
ハジロカイツブリ1羽(犀川下流)
アオゲラ?声1羽(ケラ、ケララララ……など、単調でなく大声で)
アカゲラ♂1羽♀1羽(野鳥園跡地の西)
ウグイス地鳴き1羽
ウ類(犀川中州6羽・犀川橋下流浅瀬7羽・金石西防波堤2羽)
カモメ類7羽(犀川河口)
オオバン5羽(犀川下流)
カンムリカイツブリ2羽(犀川下流)
ササゴイの池のカモ類→カルガモ2羽
コサギ1羽(水田)
ヤツガシラ1羽(第3駐車場から南へ)(情報より)
キレンジャク1羽(プールの西)(写真あり)(情報より)
ハヤブサ1羽(左脚に、「黒青黒」のカラーリングがあり、2014年に金沢市昭和町の17階建てのビル「ヴィサージュ」で雛の時に放鳥された個体の様です)
梅園の白梅開花(正門)
コバンソウの葉は約10cmに伸びてきました
スイバ展葉
アオキ雄花開花



2015.3.15
ヒレンジャク(写真あり)(情報より)
ヤツガシラ1羽(写真あり)(情報より)
オナガ(写真あり)(情報より)
アカゲラ(情報より)
エナガ(巣材運搬:大きな真っ白な羽根。アヒル?)(野鳥園跡地)(情報より)
ウソ(情報より)
カワアイサ♂1羽(犀川下流)(写真あり)(情報より)


2015.3.14
レンジャク類8羽(内、ヒレンジャク4羽)(プールの北東)(ヒレンジャク30羽±の情報もあります。)
シジュウカラ18羽の群れ
ウ類(犀川中州1羽・犀川橋下流浅瀬5羽・金石西防波堤7羽)
アオゲラ♀1羽・種不明1羽(同時に野鳥園跡地で)
カモメ類約220羽(犀川河口)
アカゲラ♀1羽(野鳥園跡地)
オオバン3羽(犀川下流)
カンムリカイツブリ3羽(犀川下流)
ミサゴ1羽+(魚を持っている個体が、ササゴイの池上空でトビ2羽に追われていました。その直後、魚を持っていない個体も現れました。同一個体の可能性もありますが、2羽いる印象でした)
キジ♀2羽
ハシボソガラス巣材運搬
ウグイスさえずり1羽(さえずり初認)
ウソ♀1羽(二天橋)(情報より)
ミヤマホオジロ♂1羽♀1羽(二天橋)(情報より)
ヤツガシラ1羽(第3駐車場)(情報より)
キレンジャク(情報より)
アオゲラ(情報より)
タネツケバナ満開
梅園の白梅つぼみ大きく膨らむ(正門)



2015.3.13
カシラダカ(写真あり)(情報より)


2015.3.12
ヤツガシラ(プールの南)(情報より)


2015.3.9
ヤツガシラ1羽(写真あり)(情報より)


2015.3.8
ヤツガシラ1羽(第1駐車場の地上で盛んに採食 7時28分)
オナガ1羽
オオバン3羽(犀川下流)
カンムリカイツブリ5羽(繁殖羽または繁殖羽に近い4羽、非繁殖羽に近い1羽)(犀川下流)
ウ類(犀川中州2羽・犀川橋下流浅瀬4羽・金石西防波堤27羽)
シロエリオオハムまたはオオハム13羽(普正寺海岸)
ハヤブサ1羽(ササゴイの池の北辺りの上空から、犀川を横断し南東へ)
ササゴイの池のカモ類→カルガモ2羽
犀川中州の樹上にキジバト2羽(犀川中州ではキジバトは初記録で、犀川中州の樹上などを利用した種は47種になりました)
カモメ類3羽(犀川河口)
アオジ2羽
ヒレンジャク30羽±(アスレチック広場・大池の西・プールの東・二天橋で観察されたそうです)(情報より)
キレンジャク2羽(情報より)
アカゲラ♂(写真あり)(情報より)
カイツブリ(情報より)
ハジロカイツブリ(情報より)
ミサゴ(情報より)
ヒバリ(情報より)
エナガ(情報より)
イソヒヨドリ(情報より)
シメ(情報より)
セランダイン満開  http://mizuaoi.photo-web.cc/127serandain.html



2015.3.7
ヒレンジャク(写真あり)(情報より)
カシラダカ換羽中(写真あり)(情報より)
アカゲラ♂(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)
キセキレイ(情報より)
オナガ(情報より)
ジョウビタキ(情報より)
コクマルガラス5羽+(ミヤマガラス10羽+と群れで。声も観察。年齢は逆光で不明。)(森上空)(情報より)(2004年1月25日水田で、ミヤマガラスの群れと飛翔していた1羽以来、2例目の記録です)
ミヤマガラス10羽+(森上空。第3と第4駐車場間を北東へ)(情報より)


2015.3.6
レンジャク類21羽(内、ヒレンジャク16羽)(アカモズの小径の北。ニセアカシアの樹上 8時18分)
ツグミ(第4駐車場1羽)
ミヤマホオジロ♀2羽
ホオジロさえずり4羽
ウ類(犀川中州3羽・犀川橋下流浅瀬0羽・金石西防波堤20羽)
カモメ類3羽(犀川河口)
アカゲラ1羽
メジロ1羽
カンムリカイツブリ7羽(犀川下流)
オカヨシガモ♂1羽♀1羽(犀川下流)
ハシビロガモ♂2羽♀1羽(大池)
オナガ1羽
ヤツガシラ1羽(転々と移動していたと伺いました。プール南 → 大池、ボート乗り場付近 → アスレチック広場→第1駐車場→サッカー場→第1駐車場→北日本観光バス駐車場)(写真あり)(情報より)
キショウブの葉が水面から多く現れてきました(ササゴイの池)
ヤブニンジン開葉


2015.3.5
ヤツガシラ1羽(プールの南)
ヒレンジャク30羽±(12時20分 大池の北の小径。地上や樹上で)(写真あり)(情報より)
アカゲラ(写真あり)(情報より)
アオゲラ♀(写真あり)(情報より)


2015.3.4
カンムリカイツブリ5羽(犀川下流)(すべて換羽中ですが、非繁殖羽に近い2羽、繁殖羽に近い3羽)
トビ1羽(三千坊跡の南の樹上)
キジ♂1羽
カモメ類40羽+(犀川河口)
ウ類(犀川中州2羽・犀川橋下流浅瀬0羽・金石西防波堤19羽)
アカゲラ?1羽(声のみ)
エナガ1羽
ヒレンジャク5羽(10時10分)(写真あり)(情報より)
イボタノキ開葉
ハマダイコン開葉



2015.3.3
オナガ2羽
ウ類(犀川中州2羽・犀川橋下流浅瀬3羽・金石西防波堤26羽)
カモメ類1羽(セグロカモメ)(犀川河口)
カシラダカ3羽+
オオバン2羽(犀川下流)
カンムリカイツブリ5羽(犀川下流)
オオタカ♀成鳥1羽(ササゴイの池の西の枯れ松の樹上 9時1分)(大きく、虹彩黄色)
アカゲラ♂1羽
ノスリ1羽(ササゴイの池の北)
エナガ2羽
オオイヌノフグリ開花
ヒメオドリコソウ開花



2015.3.2
オナガガモ♂(大池)(写真あり)(情報より)
カンムリカイツブリ(繁殖羽)(写真あり)(情報より)


2015.3.1
ヒレンジャク(情報より)
キレンジャク(情報より)
キセキレイ(情報より)
アオゲラ(情報より)
ノスリ(情報より)


2015.2.28
オナガ2羽
キジ♂1羽(肉冠は大きく赤くなっていました)
アカゲラ?1羽(声のみ)
カモメ1羽(種カモメでした。2013年3月16日の1羽以来久々です。)(犀川河口)(種カモメは、2014年は1羽も記録がありませんでした。)
ミヤマホオジロ♂2羽♀1羽
アオジ6羽
ウ類(犀川中州9羽・犀川橋下流浅瀬0羽・金石西防波堤0羽)(日本海の波高い)
ササゴイの池のカモ類→カルガモ2羽(久々にササゴイの池で、カモ類を見掛けました。)
カンムリカイツブリ2羽(犀川下流)
ハジロカイツブリ1羽(犀川下流)
オオバン4羽(犀川下流)
ヨシガモ♂1羽(珍しく、犀川中州より下流でした。)
ヤブツバキ花
サザンカ花



2015.2.26
アカゲラ♂2羽・♀1羽(♂は枝上の約50cmの至近距離で)(写真あり)(情報より)


2015.2.25
エナガ数羽(写真あり)(情報より)
アカゲラ♀(写真あり)(情報より)
ウソ数羽(写真あり)(情報より)


2015.2.24
ベニマシコ♂1羽(犀川下流左岸)(写真あり)(情報より)
ジョウビタキ♀(写真あり)(情報より)


2015.2.23
ヒレンジャク(情報より)(初認)
アカゲラ♂(写真あり)(情報より)
カイツブリ(写真あり)(情報より)
ヨシガモ♂2羽♀2羽(犀川下流)(写真あり)(情報より)
ヤマガラ(写真あり)(情報より)


2015.2.22
ウソ♂1羽♀1羽(三千坊跡の北)
アオゲラ1羽
トビ(巣材運搬初認。大きな枝を運搬1羽)
カラス類と思われる巣(外装は完成していた)
カモメ類3羽(犀川河口)
ウ類(犀川中州1羽・犀川橋下流浅瀬1羽・金石西防波堤19羽)
オオバン6羽
カンムリカイツブリ3羽(犀川下流)(少し換羽が始まっています)
キジバト(犀川中州で1羽)
ハジロカイツブリ(犀川中州の西)(写真あり)(情報より)
アオサギ(婚姻色1羽(初認))


2015.2.21
エナガ(写真あり)(情報より)
メジロ(写真あり)(情報より)
ヤマガラ(アカゲラが開けたと思われる穴に、ヤマガラ1羽が頭をスッポリ入れて覗いています)(写真あり)(情報より)


2015.2.20
オナガ11羽(野鳥園跡地)
ツグミ16羽(内、亜種ハチジョウツグミ1羽)(第4駐車場)
ヤマガラ1羽
アオジ3羽
ミヤマホオジロ4羽
ウ類(犀川中州3羽・犀川橋下流浅瀬0羽・金石西防波堤18羽)
カモメ類22羽(犀川河口)
シロエリオオハムまたはオオハム1羽(普正寺海岸)
メジロ3羽
アカゲラ?1羽(声のみ)
カンムリカイツブリ5羽(犀川下流)
オオバン5羽(犀川下流)
ハジロカイツブリ1羽(犀川下流)
ノスリ1羽(情報より)
ジョウビタキ♀(写真あり)(情報より)


2015.2.17
シメ1羽
アカゲラ♂1羽
ウ類(犀川中州0羽・犀川橋下流浅瀬5羽・金石西防波堤22羽)
カモメ類5羽(犀川河口)
アビ類1羽(シロエリオオハムまたはオオハム)(海岸線から約500m沖合い)(アビ類初認)
ノスリ1羽(ササゴイの池の北の樹上梢)
ハジロカイツブリ1羽(犀川中州の西)
カンムリカイツブリ3羽(犀川下流)
オオバン1羽(犀川下流)
エナガ(写真あり)(情報より)
ハンノキ(雄花序開く)
ノイバラ開葉



2015.2.16
ウ類(犀川中州1羽・犀川橋下流浅瀬5羽・金石西防波堤18羽)
ウソ♂1羽♀2羽(三千坊跡の東)
エナガ1羽
ハクチョウ類52羽(8時29分 ササゴイの池上空を、綺麗な編隊で北東へ)(犀川橋下流の水面でも1羽観察の情報があります。珍しい記録です。)
ツグミ2羽
ノスリ1羽(ササゴイの池の東の枯れた黒松梢)
カンムリカイツブリ1羽(犀川下流)
オオバン1羽(犀川下流)
バン1羽(犀川下流)
ミヤマホオジロ(小川)(写真あり)(情報より)
アカゲラ♂(写真あり)(情報より)


2015.2.15
アオゲラ1羽
ミサゴ1羽
カワセミ1羽(情報より)


2015.2.14
亜種アメリカコガモ♂1羽(犀川中州 11時35分)(写真あり)(情報より)
トラツグミ1羽(野鳥園跡地)(写真あり)(情報より)
ヤマガラ(アスレチック広場)(写真あり)(情報より)
メジロ群れ(写真あり)(情報より)


2015.2.12
メジロ群れ(情報より)
ジョウビタキ♂(写真あり)(情報より)
アカゲラ♂(写真あり)(情報より)
ミヤマホオジロ群れ(写真あり)(情報より)


2015.2.11
ヤマシギ1羽(小川)(写真あり)(情報より)
トラツグミ(写真あり)(情報より)


2015.2.8
マガン19羽(7時22分 北東へ)
カイツブリ1羽(犀川橋下流)
ウソ♂2羽+・♀1羽+(写真あり)(情報より)
カワアイサ(情報より)
ミサゴ(情報より)
カワセミ(情報より)
アカゲラ(情報より)
エナガ(情報より)
イソヒヨドリ(情報より)
セグロセキレイ(情報より)
シメ(情報より)


2015.2.7
ミソサザイ(初認)(写真あり)(情報より)
トラツグミ(写真あり)(情報より)
ウソ♂♀(写真あり)(情報より)
亜種アメリカコガモ♂1羽(犀川下流の中州の西の水面上 13時50分頃)(写真あり)(情報より)(普正寺の森周辺では2014年10月7日以来の記録です)
(肩から縦に白線。そして目の周りから後頸にかけてが緑色の、上下にある白線も非常に細く、アメリカコガモの特徴を示していました。)(種として扱われている図鑑もありますが、日本鳥類目録改訂第7版により亜種とします。)


2015.2.6
ジョウビタキ(情報より)
ウソ(情報より)
ノスリ(写真あり)(情報より)


2015.2.4
バン1羽(犀川下流)
オオバン2羽(犀川下流)
ウグイス1羽(犀川下流左岸)
ウ類(犀川中州0羽・犀川橋下流浅瀬0羽・金石西防波堤33羽)
カモメ類1羽(犀川河口)
シメ1羽
アカゲラ♂1羽
ハジロカイツブリ1羽(金石港船溜り)
ウソ(情報より)
ジョウビタキ♀(写真あり)(情報より)
ヤマガラ(写真あり)(情報より)
カワセミ♂(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)


2015.2.3
カイツブリ1羽(犀川下流)(8cm程大のエビを何度も(15回程)嘴でくわえなおした後に、飲み込みました)
バン1羽(犀川下流左岸の水面から高さ約50cmの樹上に乗って)
オオバン2羽(犀川下流)
カンムリカイツブリ3羽(犀川下流)
ウ類(犀川中州1羽・犀川橋下流浅瀬5羽・金石西防波堤16羽)
オナガ1羽
アカゲラ?1羽(声のみ)
カモメ類3羽(犀川河口)
シメ1羽
ウソ10羽(♂♀)(小川)(写真あり)(情報より)
ミヤマホオジロ(情報より)


2015.2.2
アオゲラ1羽(久々)
アカゲラ♂1羽
ウ類(犀川中州2羽・犀川橋下流浅瀬0羽・金石西防波堤13羽)
カモメ類4羽(犀川河口)
エナガ1羽
カンムリカイツブリ3羽(犀川下流)
オオバン2羽(犀川下流)
バン1羽(犀川下流)
トラツグミ1羽(野鳥園跡地)(情報より)
コイ40匹+(内、錦鯉3匹)(大池の小川が流れ込む所)


2015.2.1
ウ類(犀川中州5羽・犀川橋下流浅瀬3羽・金石西防波堤1羽)
カンムリカイツブリ1羽(犀川下流)
バン1羽(犀川下流)
カンムリカイツブリ1羽(犀川下流)
トラツグミ1羽(野鳥園跡地)


2015.1.29
キジ♂(肉冠は、まだあまり大きくありませんでした)(写真あり)(情報より)
トラツグミ(写真あり)(情報より)
ミヤマホオジロ(情報より)
ジョウビタキ(情報より)
オナガ(情報より)
エナガ(情報より)


2015.1.28
オナガ群れ(写真あり)(情報より)
シメ(写真あり)(情報より)
メジロ(写真あり)(情報より)


2015.1.26
ノスリ(写真あり)(情報より)
アカゲラ♂♀(写真あり)(情報より)
ヤマガラ(写真あり)(情報より)
シメ(写真あり)(情報より)
ウグイス(写真あり)(情報より)
ウソ♂1羽+・♀2羽+(写真あり)(情報より)


2015.1.25
オオバン4羽(犀川下流)
ウ類(犀川中州7羽・犀川橋下流浅瀬0羽・金石西防波堤36羽(今日は防波堤に多かった))
ヨシガモ♂2羽♀1羽(犀川橋下流)
カモメ類6羽(犀川河口)
ミサゴ1羽
シロハラ1羽
ハシボソガラス(犀川中州に1羽。なぜかカラス類は中洲の樹木にほとんど止まりません。これまでの最大数も3羽です。)


2015.1.24
シメ(写真あり)(情報より)
アカゲラ♂♀(♀の頬はかなり茶色が強いので、1月23日とは別個体でした)(写真あり)(情報より)


2015.1.23
シロハラ4羽
アオジ1羽
ミヤマホオジロ♀2羽
カモメ類0羽(犀川河口)
ウ類(犀川中州6羽・犀川橋下流浅瀬6羽・金石西防波堤2羽)
セグロセキレイ1羽
ヨシガモ♂1羽♀1羽(犀川下流)
ツグミ2羽
カンムリカイツブリ3羽(犀川下流)
アカゲラ♀1羽(頬などかなり白が強い)
オオバン1羽(犀川下流)
オナガ1羽
ノスリ(情報より)
ミサゴ(樹上)(写真あり)(情報より)


2015.1.21
ノスリ(写真あり)(情報より)
トラツグミ(写真あり)(情報より)
ハイタカ1羽(写真あり)(情報より)


2015.1.20
ハヤブサ♀?1羽(かないわ病院上空から、金石港船溜りの北の鉄塔に止まりました。)
シロハラ3羽
カモメ類2羽(犀川河口)
ウ類(犀川中州4羽・犀川橋下流浅瀬10羽・金石西防波堤5羽)
シメ1羽
ツグミ(第4駐車場8羽)
カンムリカイツブリ5羽(犀川下流)
コガモ(犀川中州に38羽。これまでの最大数)
オオバン(犀川下流1羽。金石港船溜り1羽)
亜種ハチジョウツグミ(写真あり)(情報より)
ジョウビタキ♀(写真あり)(情報より)
クロガネモチの実の多くはなくなっていました


2015.1.19
トラツグミ(写真あり)(情報より)
セグロセキレイ(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)


2015.1.18
オオバン2羽(犀川下流)
ウ類(犀川中州12羽・金石西防波堤15羽)
エナガ5羽(ササゴイの池)
ノスリ成鳥1羽(虹彩暗色)(ササゴイの池)
カモメ類7羽(犀川河口)
メジロ2羽
チョウゲンボウ♀タイプ1羽(中央尾羽など尾羽の3枚が抜けていました)(第4駐車場上空を旋回)
アオジ1羽
ツグミ2羽
シロハラには逢えませんでした。
カワセミ(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
アカゲラ♂(写真あり)(情報より)
ウソ♀(写真あり)(情報より)
ハイタカ♂成鳥(胸から腹は橙褐色で横斑もあります。虹彩は黄色。最外初列風切の分離は6枚。)(写真あり)(情報より)


2015.1.16
トラツグミ(写真あり)(情報より)


2015.1.14
メジロ3羽
ノスリ1羽(犀川下流左岸の樹上)
ミサゴ1羽(犀川下流左岸の樹上)
オオバン6羽(犀川下流)(1羽は追い掛けも)
チョウゲンボウ♀タイプ1羽
カワアイサ♀1羽(犀川中州の西)
ウ類(犀川中州7羽・犀川橋下流浅瀬0羽)
バン1羽(犀川下流)
オナガ2羽
シメ1羽
ウソ数羽(♂には腹の広い範囲で赤味のある個体も)(写真あり)(情報より)
アカゲラ♂1羽(情報より)
ジョウビタキ(情報より)


2015.1.13
トラツグミ(写真あり)(情報より)
ノスリ(情報より)
アカゲラ(情報より)
シメ(情報より)
エナガ(情報より)


2015.1.11
アカゲラ♂1羽
バン1羽(犀川下流)
カンムリカイツブリ6羽(犀川下流)
セグロセキレイ1羽
ハイタカ1羽(9時)(犀川下流左岸上空を。小鳥たちが騒ぐ)
オオバン2羽(犀川下流)
ウ類(犀川中州8羽)
シロハラ1羽
カイツブリ(情報より)
オオタカ(情報より)
セグロセキレイ(情報より)


2015.1.7
アオゲラ♀(写真あり)(情報より)
ノスリ(写真あり)(情報より)
ヨシガモ(情報より)
ミサゴ(情報より)
ウソ数羽(写真あり)(情報より)
アカゲラ(情報より)
イソヒヨドリ(情報より)
ミサゴ(樹上)(写真あり)(情報より)


2015.1.6 積雪2cm
オナガ5羽(野鳥園跡地)
オオバン2羽(犀川下流)
ウ類(犀川中州11羽・犀川橋下流浅瀬0羽・金石西防波堤0羽)
カモメ類4羽(犀川河口)
アオジ3羽
カシラダカ1羽


2015.1.5 積雪8cm
ヒメウ1羽(普正寺橋下流 8時36分)
オオバン1羽(犀川下流)
ウ類(犀川中州13羽・犀川橋下流浅瀬1羽・金石西防波堤15羽)
メジロ2羽
カモメ類8羽(犀川河口)
シメ4羽
ツグミ(第4駐車場20羽)
アオジ♂1羽
ヒヨドリ45羽+の群れ(大池の西を南西へ)
オナガ2羽
ベニマシコ♂(写真あり)(情報より)


2015.1.3
ベニヒワ♀タイプ(野鳥園跡地の南)(情報より)


2015.1.2 積雪13cm
コゲラ2羽
シロハラ2羽
ツグミ9羽
ハシブトガラス2羽
キジバト2羽
ウ類(犀川中州18羽・金石西防波堤1羽)
カモメ類2羽(犀川河口)
シメ3羽
シジュウカラ3羽
メジロ7羽
アオジ2羽(一面、銀世界ですが、藪の下に表れている地面で採食していました。)
ムクドリ29羽
オオバン4羽
カイツブリ1羽(犀川下流)
カンムリカイツブリ5羽(犀川下流)


普正寺の森自然情報
  
2015年以降の記録 (石川県金沢市普正寺町 普正寺の森 ふしょうじのもり)
.