.
●普正寺の森の野鳥……295種(カササギ・シロガシラ・ソウシチョウ・コウノトリなどの外来種と思われる種は含まれていません。)
【一日の最大種類数……75種(2013年5月12日)】
(70種以上のその他の記録……2009年5月5日70種・2011年5月4日70種)
(秋期の最大種類数……2017年11月3日68種)

【一年間の最大種類数……173種(2011年)】

【普正寺の森を利用した野鳥……236種】
(利用した野鳥とは、石川県金沢市の普正寺の森70.6haの地上・樹木・建物・電線等にとまった野鳥です。)
(普正寺浜・池等を含み、河川・海・防波堤等は除きました。)

●普正寺の森の種子植物……423種
(植樹や園芸品種のみの種は除きました。木本97種+草本326種=423種)
(植樹のみの32種を含めると木本は129種。園芸品種のみの17種を含めると草本は343種です。
木本129種+草本342種=472種)

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

《普正寺の森の楽しみ》→各月の珍鳥・観察例・春のピークは5月1〜10日・秋のピークは11
月1〜15日に多いなど、
月別の森の情報
を記載しています。


2020年1月1日〜6月30日までに、普正寺の森の野鳥は139種記録されました。
昨年の上半期より4種少ない記録でした。

マガン・ハジロカイツブリ・オオミズナギドリ・ササゴイ・クロサギ・ユリカモメ・アオゲラ・エナガ
・オジロビタキ・ビンズイ・ベニヒワ・ウソなど、今年は未記録です。

観察されていましたら、ご連絡をお願い致します。



2020.6.28(日)
イワツバメ44羽(普正寺橋周辺)(普正寺橋右岸の電線上に41羽。ずらっと並んでいました)
ヒバリ1羽
ツバメ電線上の幼鳥3羽
オオヨシキリさえずり1羽(久々)
ヒメジョン満開
キョウチクトウ1分咲き〜満開

コシアキトンボ38頭
ギンヤンマ1頭
ハグロトンボ8頭
ウシガエル(ササゴイの池1匹)
大池→ミシシッピアカミミガメ4匹、種不明1匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明102匹、アカテガニ108匹


2020.6.27(土)
トビ成鳥(初列風切や外側尾羽が左右対称で換羽が始まっています)(写真あり)(情報より)
ホタルは観察されませんでした(20時頃 二天橋・犀川下流左岸→普正寺橋から上流約500m)


2020.6.20(土)
ウグイスさえずり1羽
カモメ類23羽(犀川河口)
クマノミズキ満開
キョウチクトウ開花

モンキアゲハ1頭(初認)


2020.6.19(金)
イカルさえずり1羽(プールの東)
ウグイスさえずり1羽
コムクドリ♂1羽♀1羽
イワツバメ14羽(普正寺橋)
イワツバメ50羽+(普正寺橋)
ハシボソガラス1羽(クルミ落とし:プールの北)
コマツナギ開花
ジャノメチョウ類1頭(初認)
コシアキトンボ11頭
ハグロトンボ1頭
シオカラトンボ♀タイプ1頭
http://odonata.jp/03imago/Libellulidae/Orthetrum/albistylum_speciosum/index.html
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明39匹、アカテガニ114匹


2020.6.18(木)
ウグイスさえずり1羽
ヒバリ1羽(プールの北)
カモメ類7羽(犀川河口)
イワツバメ5羽(普正寺橋)

サンゴジュつぼみ
アカメガシワ3分咲き
エゾノギシギシ満開
ヤブジラミ満開

コシアキトンボ6頭
シオカラトンボ♂1頭
ハグロトンボ3頭
ギンヤンマ1頭(初認)(大池)
大池→ミシシッピアカミミガメ12匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明29匹、アカテガニ107匹

2020.6.17(水)
カワセミ♂成鳥(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)


2020.6.16(火)
イワツバメ17羽(普正寺橋)
カモメ類19羽(犀川河口)
ヒバリ2羽(プールの北)
コムクドリ♂1羽
カワラヒワ巣立ち雛(写真あり)(情報より)
ニワトコ実赤
エビヅル8分咲き
ウシガエル(ササゴイの池1匹)
ハグロトンボ1頭(初認)(犀川下流左岸)


2020.6.15(月)
イワツバメ10羽+とツバメ10羽+が乱舞(轟橋の西約100m)


2020.6.12(金)
イワツバメ(普正寺橋16羽・正門1羽)
ムクドリ150羽(林間広場周辺)
カモメ類1羽(ウミネコ成鳥)(犀川河口)
キンギンボク実赤
マユミ実緑
ヤマコウバシ実緑
スイカズラ花
ネズミモチ花

ヒロオビトンボエダシャクまた
はトンボエダシャク1頭(初認)
https://www.insects.jp/kon-gahiroobito.htm
http://www.jpmoth.org/Geometridae/Ennominae/Cystidia_stratonice_stratonice.html



2020.6.11(木)
アオバトさえずり1羽



2020.6.10(水)
イワツバメ3羽(普正寺橋)
オオムシクイさえずり1羽
ウグイスさえずり1羽
アオバトさえずり1羽

オオルリ♂成鳥1羽(二天橋)(情報より)
アレチギシギシ実
ネムノキつぼみ

クマバチ1頭
シオカラトンボ♂1頭
コシアキトンボ31頭
カナヘビ1匹
大池→ミシシッピアカミミガメ17匹、クサガメ5匹、種不明3匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明37匹、アカテガニ216匹


※現場事務所建設 (普正寺の森の北側入り口(普正寺橋左岸))
(二級河川 犀川 広域河川改修工事(普正寺河道掘削3工区))


2020.6.9(火)
サンコウチョウ♂1羽・♀1羽(二天橋)(情報より)


2020.6.7(日)
ツバメ電線上の幼鳥2羽
メジロさえずり1羽
オオムシクイさえずり1羽
ヒバリさえずり1羽
サンコウチョウ♀1羽(二天橋)
トビ巣立ち雛1羽(エノキの小径またはコゲラの小径 7時頃)(写真あり)(情報より)
コシアキトンボ17頭
シオカラトンボ♀1頭
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明29匹、アカテガニ20匹



2020.6.6(土)
ツバメ電線上の幼鳥1羽
オオムシクイさえずり2羽
イワツバメ1羽(普正寺橋)
ホオジロ♂1羽餌運搬(写真あり)(情報より)
カワセミ♀成鳥1羽(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
キンギンボク実赤くなり始めました
ダイオウグミ実赤
センダン満開
ヤブヘビイチゴ実

コシアキトンボ3頭
クマバチ1頭
コミスジ1頭(初認)https://www.insects.jp/kon-tyokomisuji.htm
シオカラトンボ♂1頭(初認)
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明30匹、アカテガニ85匹


2020.6.5(金)
イワツバメ(普正寺橋4羽・正門12羽)
オオムシクイさえずり1羽
コヨシキリさえずり1羽

カモメ類2羽(ウミネコ)(犀川河口)
ツバメ電線上の♂成鳥1羽・幼鳥1羽
ホトトギスさえずり1羽
サンコウチョウさえずり1羽(他に♀タイプも)(情報より)
カワセミ♀成鳥1羽(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
チガヤ(白い絹毛が密生していてきれい)https://matsue-hana.com/hana/tigaya.html
クマバチ4頭
アオダイショウ体長約1m
コシアキトンボ11頭
大池→ミシシッピアカミミガメ16匹、クサガメ8匹、種不明7匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明24匹、アカテガニ112匹


2020.6.4(木)
イワツバメ4羽(普正寺橋)
ツバメ電線上(幼鳥9羽)
メジロ1羽
サンコウチョウさえずり1羽
(三千坊跡北)
キレンジャク1羽(ポンプ室)
ヒバリさえずり1羽
カモメ類7羽(犀川河口)
コムクドリ1羽
オオムシクイさえずり4羽
ウグイスさえずり1羽
ハクセキレイ♂成鳥1羽(餌を長くくわえていたようで、雛への餌を集めていたのでは?)(写真あり)(情報より)


2020.6.3(水)
イワツバメ8羽(普正寺橋)
オオムシクイさえずり4羽
ハクセキレイ1羽
ツバメ電線上(成鳥1羽・幼鳥5羽)
シジュウカラ幼鳥1羽(初認)
アトリ1羽(二天橋)(情報より)
ゴゲラ水浴び2羽(写真あり)(情報より)
エゴノキ散り盛ん
オオシマザクラ黒い実が多くなり、地上にも多く落ちていました
ヒメジョン満開
ニガナ満開
イタチハギ(別名クロバナエンジュ)8分咲き
ハマヒルガオ満開

クマバチ3頭
コシアキトンボ4頭(初認)
大池→ミシシッピアカミミガメ8匹、クサガメ6匹、イシガメ1羽、種不明3匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明52匹、アカテガニ52匹


2020.6.2(火)
アトリ♀タイプ(写真あり)(情報より)
コムクドリ♂(写真あり)(情報より)


2020.5.31(日)
エゾセンニュウさえずり1羽(エノキの小径 近くで何度もさえずってくれました)
オオムシクイさえずり10羽
メジロさえずり1羽
ウグイスさえずり1羽
コムクドリ♀タイプ1羽
イワツバメ7羽(普正寺橋)(プール北でも2羽)
ツバメ電線上(♂成鳥1羽・幼鳥2羽)
センダン満開
オニグルミ実緑色(実が落ち始めました)

普正寺浜に釣り人17人。普正寺海岸にボート釣り船12隻。キス釣り?


2020.5.30(土)
イワツバメ6羽(普正寺橋)
カッコウさえずり1羽
アオバトさえずり1羽
カルガモ2羽が、砂丘上に
オオムシクイさえずり13羽
キジバトさえずり4羽
コヨシキリさえずり1羽

ヒバリさえずり1羽
ウグイスさえずり1羽
カワセミ(ササゴイの池観察舎黒板の情報より)
スイカズラ5分咲き(いい香り)
イボタノキ満開
カマツカ開花
紫蘭満開

カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明1匹、アカテガニ1匹


2020.5.29(金)
イワツバメ23羽(普正寺橋)(内、7羽は電線上)(プール北でも2羽)
ホトトギスさえずり1羽
カッコウさえずり1羽
オオムシクイさえずり9羽
ウグイスさえずり1羽
サンコウチョウさえずり1羽(エノキの小径東)(ササゴイの池の南でも)
キビタキさえずり1羽
メジロさえずり1羽
シャリンバイ満開
クスノキ満開
カモジグサ満開
ノイバラ満開
ノビル満開
エビヅルつぼみ
ハマヒルガオ8分咲き
センダン満開
ヒメジョンつぼみ


2020.5.28(木)
イワツバメ17羽(普正寺橋)(プール北でも2羽)
ムクドリ1羽(餌をくわえて金石町の方向へ)
コヨシキリさえずり1羽(犀川下流右岸)(プール北でもさえずり)
アオバトさえずり1羽

オオムシクイさえずり19羽
ウグイスさえずり2羽
キビタキさえずり1羽
コヨシキリさえずり2羽(犀川下流右岸とプール北)
ブッポウソウ1羽(写真あり)(情報より)
ハコネウツギ満開
トサシモツケ散り盛ん
ノイバラ満開

アオスジアゲハ(初認)(写真あり)(情報より)


2020.5.27(水)
イワツバメ19羽(普正寺橋)(最近多く見掛けます)
ホトトギスさえずり1羽
オオムシクイさえずり27羽(これまでの最大個体数でした。森全体でさえずっている印象です)
ヒバリさえずり1羽
ウグイスさえずり2羽
キビタキさえずり1羽
コヨシキリさえずり1羽
コウノトリ1羽(野鳥園跡地の上空を北東へ)(野鳥ではありませんが、普正寺の森初記録)(情報より)
(北國新聞2020年6月4日朝刊「七尾市赤浦町の水田に3日までに、国特別天然記念物のコウノトリ2羽が飛来し、
近くに住む……がコウノトリが餌を探している様子をカメラに収めた。……5月31日に……見慣れない鳥が目に入り……」)
https://www.pref.fukui.lg.jp/doc/shizen/kounotori/gpsinfo.html

ニセアカシア散り盛ん
マユミやコマユミも散り盛ん
マメグンバイナズナ花と実

ウシガエル1匹(ササゴイの池)


2020.5.26(火)
ムクドリ群れ15羽
カッコウさえずり1羽
アオバトさえずり1羽

イワツバメ10羽
オオムシクイさえずり12羽
ウグイスさえずり1羽
メジロさえずり1羽
コヨシキリさえずり1羽
チガヤ満開


2020.5.25(月)
イワツバメ36羽(普正寺橋上空で乱舞)(急に多くなりました。成鳥に餌をねだっているような飛び方?と思える行動もありました)
ホトトギスさえずり1羽
マミジロ♂1羽(二天橋)
アオバトさえずり2羽(コゲラの小径)
コムクドリ♂1羽
ツツドリさえずり1羽
オオムシクイさえずり8羽
センダイムシクイさえずり1羽
コヨシキリ2羽(1羽はさえずり)(犀川下流左岸:野鳥園跡地側)
マミチャジナイ(写真あり)(情報より)
アカハラ(写真あり)(情報より)
エゾセンニュウ1羽(二天橋)(写真あり)(情報より)
ナメクジ1匹(小径で初認)
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明68匹、アカテガニ19匹



2020.5.24(日)
カッコウさえずり1羽
アオバトさえずり1羽
ホトトギスさえずり1羽
マミチャジナイ1羽
ヒバリさえずり1羽
ヒレンジャク1羽(林間広場)
ウグイスさえずり2羽
センダイムシクイさえずり2羽
オオムシクイさえずり2羽
キビタキさえずり1羽
マミジロ♂(写真あり)(情報より)
コヨシキリさえずり1羽(アカモズの小径)(情報より)
ヤブジラミ実と花
キンミズヒキ展葉
イチゴツナギ満開
マユミ満開

ツチガエル鳴き声1匹(大池の東側)
http://uns.music.coocan.jp/kaeruSWF/tuti-kaeru.html
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明4匹、アカテガニ4匹



2020.5.23(土)
ホトトギスさえずり1羽
シメ2羽(嘴の鉛色は一段と黒光りしていました。頭部の色も濃くなった印象)(3羽の情報も)
ジョウビタキ♀1羽(GC斑もなく成鳥のよう)(二天橋)
ムギマキ♀タイプ1羽(二天橋)
(胸の橙色も非常に薄く、外側尾羽の基部の有無も不明のですが、眉斑が極薄くあったので♂幼鳥かも?と思いました。)

エゾムシクイ1羽(さえずりの情報も)
コムクドリ♂1羽♀1羽(二天橋)
コサメビタキ1羽(二天橋)
メジロ2羽(二天橋)
コヨシキリさえずり1羽
センダイムシクイさえずり2羽
オオムシクイさえずり2羽
ウグイスさえずり1羽
エゾムシクイさえずり1羽
コヨシキリ1羽(初認)(第4駐車場)(情報より)
アオバトさえずり(情報より)
コルリ♀(情報より)
エゾセンニュウさえずり1羽(情報より)
キビタキ♂1羽(情報より)
イカルさえずり1羽(情報より)
コアジサシ1羽(普正寺海岸)(情報より)
カワセミ(ササゴイの池観察舎黒板の情報より)
ハコネウツギ満開
カモガヤ満開
トサシモツケ満開
ヘラオオバコ満開
トウバナつぼみ
サンショウ実緑色
ニセアカシア散り始め
ノイバラ5分咲き

クマバチ29頭
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明9匹、アカテガニ1匹
大池→ミシシッピアカミミガメ41匹、クサガメ6匹、種不明5匹



2020.5.22(金)
ホトトギスさえずり1羽(情報より)
ツツドリの赤色型1羽(キジバト大)(写真あり)(情報より)
エゾビタキ(写真あり)(情報より)
ジョウビタキ♀(写真あり)(情報より)
カワラヒワ幼鳥(写真あり)(情報より)
ムギマキ♀タイプ(情報より)
サンショウクイ(情報より)
シロハラホオジロ♀1羽・性別不明1羽(エノキの小径)(情報より)


2020.5.21(木)
ホオジロ♂1羽(小川で水浴び)(写真あり)(情報より)
マミジロ♂(小川で水浴び)(写真あり)(情報より)
コムクドリ♂♀(小川で水浴び)(写真あり)(情報より)
ジョウビタキ♀(写真あり)(情報より)


2020.5.20(水)
ホトトギスさえずり1羽
メジロさえずり1羽
ウグイスさえずり1羽
センダイムシクイさえずり1羽
コサメビタキ(写真あり)(情報より)
ムクドリ(餌運搬 初認)(写真あり)(情報より)
コムクドリ♂♀(写真あり)(情報より)
アカハラ(写真あり)(情報より)
アオバトさえずり1羽(情報より)
コルリさえずり(情報より)
カモガヤ?の花粉の飛散かなり少なくなってきました
シャリンバイ開花(アカモズの小径)
センダンつぼみ
ブタナ満開

カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明10匹、アカテガニ11匹


2020.5.19(火)
ホトトギス(情報より)
ツツドリ(情報より)
カッコウ(情報より)
コサメビタキ(情報より)
サメビタキ(情報より)
エゾビタキ(情報より)
キビタキ♂(情報より)
アカハラ(情報より)
ムギマキ♀タイプ(情報より)
エゾセンニュウさえずり1羽(初認)(水車小屋)(情報より)
オオルリ♀1羽(頭部・顔・首の羽が抜けています。病気では?)


2020.5.18(月)
ウグイスさえずり2羽
シマゴマさえずり1羽(野鳥園跡地)(大声でさえずっていました)
コヨシキリさえずり1羽

サンコウチョウさえずり1羽(水車小屋)
ヒバリさえずり1羽
イワツバメ3羽(普正寺橋)
ホトトギスさえずり1羽
マミチャジナイ1羽
カモメ類7羽(犀川河口)
アカハラ1羽
コムクドリ♀(写真あり)(情報より)
オオルリ♀(写真あり)(情報より)
ブッポウソウ1羽(写真あり)(情報より)(3年連続で記録されました)
カッコウ(写真あり)(情報より)
コサメビタキ(情報より)
サメビタキ(情報より)
エゾビタキ(情報より)
イボタノキ3分咲き
ノビルつぼみ
ハコネウツギ7分咲き
タブノキ新葉開葉

ツマグロヒョウモン♂(写真あり)(情報より)
http://www.lapisnight.com/butterfly/hyomoncho/tsumagurohyomon.html



2020.5.17(日)
ホトトギスさえずり1羽
イワツバメ6羽(普正寺橋)
シマゴマさえずり1羽(エノキの小径の西)
ツツドリさえずり1羽
ウグイスさえずり3羽
メジロさえずり1羽
センダイムシクイさえずり2羽
オオルリ♀1羽(二天橋)
カッコウさえずり1羽(情報より)
チョウゲンボウ1羽(水田)
ニセアカシア満開
イチゴツナギ満開
コマユミ満開
カマツカつぼみ〜満開
イボタノキ開花
マンテマ満開
トベラつぼみ〜5分咲き
トサシモツケ満開
ハマエンドウ満開
マユミ3分咲き〜満開
ツクバネウツギ散り始め

アメンボウ6頭(二天橋)(初認)
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明31匹、アカテガニ9匹



2020.5.16(土)
アオバズクさえずり1羽(コゲラの小径)(情報より)


2020.5.15(金)
サンコウチョウ♂2羽♀1羽(写真あり)(情報より)
アオバト(情報より)
オオルリ♂(写真あり)(情報より)・♀(情報より)
コルリ♂(情報より)
エゾビタキ(情報より)
マミチャジナイ(情報より)
センダイムシクイ(情報より)
シメ(情報より)
ウグイス(情報より)
ムギマキ♀タイプ(写真あり)(情報より)
シマゴマ(情報より)
サンショウクイ(情報より)
コムクドリ(情報より)
カワセミ(情報より)


2020.5.14(木)
サンコウチョウさえずり1羽(野鳥園跡地南 7時9分 一声、大きくさえずりましたが、その一声のみでした)
キジバトさえずり3羽
ウグイスさえずり3羽
コルリさえずり1羽
センダイムシクイさえずり1羽
メジロさえずり1羽
コムクドリ1羽
アオジ♀1羽
マミチャジナイ1羽(コゲラの小径)(他ツグミ類3羽)
イワツバメ1羽(普正寺橋)
アカハラ(情報より)
ムギマキ♂幼鳥(二天橋)(写真あり)(情報より)
チゴモズ♂1羽(初認)(野鳥園跡地 二天橋の滝では水浴びも)(写真あり)(情報より)(1991年以降では最も早い初認日でした。)
チガヤ満開
コマユミ満開
イチゴツナギ開花



2020.5.13(水)
アオジ♀1羽
サンショウクイ1羽
コムクドリ♂1羽♀2羽
オオルリ♀1羽(二天橋)
イワツバメ9羽(普正寺橋)
メジロさえずり2羽
ウグイスさえずり1羽
センダイムシクイさえずり2羽
ムギマキ♂2羽・♀1羽(情報より)
シロハラホオジロ♂1羽(情報より)
キマユムシクイ1羽(二天橋)(情報より)
マミチャジナイ多い(情報より)
マミジロ♂1羽(情報より)
エゾビタキ1羽(写真あり)(情報より)
コサメビタキ(写真あり)(情報より)
サンコウチョウさえずり1羽(野鳥園跡地南)(初認)(情報より)
ニセアカシア5〜8分咲き
フジ満開
シロバナヤマフジ散り盛ん

クマゼミ66頭
アマガエル2匹
大池→ミシシッピアカミミガメ30匹、クサガメ2匹・ササゴイの池→ミシシッピアカミミガメ2匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明13匹


2020.5.12(火)
センダイムシクイさえずり6羽
コルリさえずり1羽
ウグイスさえずり1羽
ヒバリさえずり1羽
メジロさえずり2羽
エゾムシクイさえずり1羽
イカルさえずり1羽
アオジ♂3羽
メボソムシクイさえずり1羽(情報より)
コサメビタキ(写真あり)(情報より)
ムギマキ♂成鳥1羽・♀タイプ1羽(写真あり)(情報より)
マミジロ♂(写真あり)(情報より)
オオルリ♂(写真あり)(情報より)
ハマハタザオ満開
ブタナ8分咲き
フラサバソウ花

クマバチ51頭
大池→ミシシッピアカミミガメ58匹、クサガメ9匹、イシガメ1匹、種不明4匹



2020.5.11(月)(今日の野鳥は60種)
(今春は5月1〜10日の種類数があまり多くなく、11日の60種が、今春の最大種類数になりました。)

キジさえずり1羽
オカヨシガモ♂1羽(犀川橋上流)
ヒドリガモ♂♀(犀川橋上流)
カルガモ(プールの北東のアスファルト道上に2羽)
ハシビロガモ♂2羽
シマアジ♂1羽♀1羽(犀川橋上流)
コガモ
キンクロハジロ♂6羽♀5羽(犀川橋上流)
カンムリカイツブリ繁殖羽1羽(犀川橋上流)
キジバトさえずり2羽
ウ類1羽(普正寺海岸 テトラポッドより浜側)
アマサギ1羽(水田)
アオサギ
チュウサギ12羽(水田)
ツツドリさえずり1羽
ケリ4羽(水田)
コチドリ1羽(犀川橋上流)
セイタカシギ4羽(水田 11時30分)(背は4羽とも黒っぽい。頭部は濃い2羽・灰白色1羽・濃い部分少ない1羽)
キアシシギ4羽(テトラポッド)
ウミネコ9羽
コアジサシ1羽(犀川橋上流)(水面上10〜15mを飛翔し、魚を狙っている様)
ミサゴ1羽()風切羽根に換羽多い
トビ
コゲラ(二天橋の西 巣立ち雛1羽が地上で)
モズ1羽
ハシボソガラス
ハシブトガラス
シジュウカラさえずり5羽
ヒバリ
ツバメ
イワツバメ12羽(普正寺橋)
ヒヨドリ
ウグイスさえずり4羽
ヤブサメさえずり1羽(エノキの小径 14時23分 2回さえずってくれました)
メボソムシクイさえずり1羽(2018年以来)(情報より)
エゾムシクイさえずり2羽
センダイムシクイさえずり2羽
メジロさえずり1羽
オオヨシキリさえずり1羽
ムクドリ
コムクドリ3羽
マミジロさえずり1羽
トラツグミ1羽
クロツグミ♀2羽
マミチャジナイ(情報より)
シロハラ
アカハラ1羽
コマドリさえずり1羽(大声で早口でピッチの狭いさえずりがありました)(第3駐車場の東)・♀1羽(二天橋)
コルリさえずり4羽・♀1羽
キビタキ♂幼鳥1羽・♀1羽
ムギマキさえずり1羽(♂1羽・♀1羽 二天橋)
オオルリ♂1羽♀1羽(二天橋)
スズメ
ハクセキレイ♂成鳥1羽
カワラヒワ
シメ1羽(二天橋 小川で水浴び)
イカルさえずり1羽
ホオジロさえずり3羽
アオジ♂2羽・性不明1羽
クロジ♀1羽

※夕方の二天橋など
18時35分 アカハラ水浴び(以下、二天橋で観察)
18時36分 トラツグミ水浴び
18時38分 クロツグミ♀2羽水浴び
18時40分 アカハラ3羽同時水浴び
18時42分 トラツグミ水浴び
18時45分 コマドリ♀1羽・オオルリ♂1羽
18時47分 アカハラ3羽(1羽は水浴び)
18時52分 オオルリ?♀1羽
19時05分 二天橋観察終了
19時10分 普正寺浜→ハシボソガラス1羽
19時24分 犀川下流左岸→コガモ、カルガモ
19時30分 野鳥園跡地→コウモリ類1匹
19時35分 普正寺森東の水田→カエルの大合唱


スイカズラつぼみ
キリ散り始め
ニセアカシア1〜3分咲き
クスノキつぼみ
サンショウ満開
カマツカ開花

黒いアゲハチョウ1頭(初認)(カラスアゲハ?)
ルリシジミ?1羽(初認)
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明匹8匹、アカテガニ1匹(二天橋)
大池→ミシシッピアカミミガメ9匹


2020.5.10(日)
イワツバメ6羽(普正寺橋)
キビタキ♂成鳥1羽(犀川下流左岸の地上)
アオジ♂2羽♀4羽性不明1羽
オオルリ♂1羽
ツツドリさえずり1羽
キアシシギ1羽(テトラポッド)
オオヨシキリさえずり1羽
センダイムシクイさえずり2羽
メジロさえずり2羽
コルリさえずり2羽
ムギマキさえずり1羽(初認)
ウグイスさえずり5羽
ヒバリさえずり1羽
ヒレンジャク(情報より)
エゾビタキ(初認)(情報より)
ムギマキ♂2羽♀1羽(情報より)
ニセアカシア開花
エノキ実緑色
リョウブ展葉
ツクバネウツギ満開
アキグミ満開
フジ満開
シロバナヤマフジ満開
カキツバタ満開
キショウブ満開

カニ情報→クロベンケイガニ2匹(犀川下流左岸)


2020.5.8(金)
キジ
ヒドリガモ
カルガモ
ハシビロガモ♂2羽(犀川橋上流)
オナガガモ♂1羽(犀川橋上流)
シマアジ♂1羽♀1羽(犀川橋上流)
コガモ
キンクロハジロ(犀川橋上流)
キジバト
アオサギ
チュウサギ3羽
セイタカシギ4羽(水田)
ウミネコ(カモメ類18羽(犀川河口))
トビ
コゲラ
モズ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒバリさえずり1羽
ツバメ
イワツバメ3羽(普正寺橋)
ヒヨドリ
ウグイスさえずり4羽
エゾムシクイさえずり1羽
センダイムシクイさえずり2羽
メジロ
レンジャク類6羽(情報より)
ムクドリ5羽
コムクドリ♂2羽
クロツグミ
マミチャジナイ1羽(写真あり)(情報より)
シロハラ
アカハラ
コルリさえずり2羽
ジョウビタキ♀1羽
コサメビタキ1羽
オオルリ♂さえずり1羽・♀1羽
スズメ
アトリ1羽
カワラヒワ
シメ1羽(嘴鉛色)
ホオジロ
アオジ♂6羽・♀3羽・性別不明2羽
ヤブニンジン実
ノゲシ開花
スイバ実
フジ満開
ブタナ満開



2020.5.7(木)(今日の野鳥は50種)
キジ
ヒドリガモ(犀川橋上流)
カルガモ
コガモ
ホシハジロ♂1羽(犀川橋上流)
キンクロハジロ(犀川橋上流)
カンムリカイツブリ繁殖羽1羽(犀川橋上流)
キジバト
アマサギ5羽(水田)
アオサギ
チュウサギ6羽(水田)
オオバン1羽(犀川橋上流)
ケリ1羽(水田)
セイタカシギ4羽(普正寺の森から東へ約250mの水田 7時41分 2羽ずつ分かれて)
(頭部濃い黒2羽・褐色み1羽・灰白色1羽)(背は4羽共濃い)
http://bird-muromi.sakura.ne.jp/zukan/chidori/seitakashigi/seitakashigi.html
http://stints.a.la9.jp/ploveretc/stilt.html

ミユビシギ(換羽前や、頭部や背に繁殖羽への換羽中の個体も)
http://stints.a.la9.jp/calidris/sanderling.html

ハマシギ(テトラポッドに、26羽と450羽+の、二つの群れで、ミユビシギは約2割 6時37分)
(腹部にすべて黒斑あり 頭部や背はすべて換羽中)
http://stints.a.la9.jp/calidris/dunlin.html

ウミネコ
カモメ成鳥1羽
トビ(2か所で巣内育雛)
コゲラ
ハヤブサ1羽(野鳥園跡地を低空で飛翔)
モズ1羽
オナガ2羽(野鳥園跡地)
ハシボソガラス
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒバリさえずり1羽
ツバメ
イワツバメ11羽(普正寺橋)
ヒヨドリ
ウグイスさえずり3羽
センダイムシクイさえずり1羽
メジロさえずり1羽
レンジャク類5羽+(情報より)
ムクドリ
コムクドリ(情報より)
マミジロ♀1羽
クロツグミ♂さえずり1羽
マミチャジナイ1羽(写真あり)(情報より)
アカハラ1羽
コルリさえずり1羽
イソヒヨドリ♂1羽(犀川河口左岸)
キビタキ♀1羽
オオルリ♂第1回夏羽1羽(♂成鳥の情報も)
スズメ
ハクセキレイ1羽
カワラヒワ
ホオジロさえずり3羽
アオジ♂2羽♀2羽

カキツバタ開花
https://matsue-hana.com/hana/kakitubata.html
https://matsue-hana.com/hana/nohanasyoubu.html

ヘラオオバコ満開
キンギンボク満開
シャガ満開
ネズミモチつぼみ
ノイバラつぼみ


2020.5.6(水)(振替休日)
レンジャク類13羽(キレンジャク4羽+)(20羽±の情報も)
ミサゴ1羽
ウグイスさえずり1羽
コルリさえずり1羽
メジロ3羽(さえずり1羽)
センダイムシクイさえずり1羽
エゾムシクイ地鳴き1羽
シメ2羽
アトリ2羽
アオジ♂2羽♀2羽
ヨシガモ♀1羽(犀川下流)
オオヨシキリさえずり1羽(アカモズの小径の北)
コムクドリ♂2羽(♀1羽の情報も)
オオバン1羽(犀川下流)
オオルリ♂成鳥1羽(♀の情報も)
クロツグミさえずり1羽
ノゴマさえずり1羽(二天橋)(写真あり)(情報より)
キビタキ♂幼鳥1羽(情報より)
アカハラ(情報より)
サンショウクイ(情報より)
コサメビタキ(情報より)
コマドリさえずり(情報より)
ヤブサメさえずり(情報より)
ニガナ満開


2020.5.5(火)(こどもの日)
アオジ♂3羽・♀2羽・性別不明2羽
アカハラ2羽
シロハラ1羽
クロツグミさえずり2羽
オオルリ♀1羽
オオヨシキリ1羽(初認 さえずりはなし)(普正寺橋上流)
ウグイスさえずり3羽
バン(犀川下流)(情報より)
マミチャジナイ(情報より)
マミジロ♀幼鳥1羽(水車小屋の西)(写真あり)(情報より)
キクイタダキ(写真あり)(情報より)
アトリ2羽+(写真あり)(情報より)
ヤマフジ満開
コマユミ満開
キショウブ8分咲き



2020.5.4(月)(みどりの日)
シマアジ♂2羽♀1羽(犀川橋上流)
オオバン1羽(犀川下流)
バン成鳥1羽(犀川橋上流)
オオルリ♂幼鳥・♀(写真あり)(情報より)
マミジロ♂(二天橋)(写真あり)(情報より)
キレンジャク(大池)(写真あり)(情報より)
シロバナヤマフジ8分咲き
フジ8分咲き


2020.5.3(日)(憲法記念日)
ヒヨドリ渡り個体多い
アオジ♂1羽♀1羽
イワツバメ4羽(普正寺橋)
キセキレイ♀1羽(二天橋)
キビタキ♂成鳥1羽(二天橋)
コムクドリ♂1羽
コルリさえずり3羽
センダイムシクイさえずり2羽
コマドリさえずり1羽

エゾムシクイさえずり1羽
ジュウイチさえずり1羽
オオルリ♂2羽♀1羽(情報より)
アカハラ(情報より)
サンショウクイ3羽(情報より)
アトリ(写真あり)(情報より)
コツブツメクサ満開
ゲンノショウコ開花
シロバナタンポポ実と花
ハコベ満開
ヤマフジ満開

カニ情報→クロベンケイガニ12匹
クマバチ23頭
大池→ミシシッピアカミミガメ30匹、クサガメ6匹、種不明1匹・ササゴイの池→ミシシッピアカミミガメ2匹
アマガエル2匹



2020.5.2(土)
ヒヨドリの渡り個体非常に多い(今春、最大個体数)
カモメ類60羽+(犀川河口)
イワツバメ3羽(普正寺橋)
アカハラ1羽
アオジ♂3羽♀1羽
メジロ2羽
ツツドリさえずり1羽(情報より)
マミジロ♂1羽(情報より)
オオルリ♂1羽(情報より)
レンジャク類2羽(情報より)
キビタキ♂1羽(情報より)
サンショウクイ(情報より)
アキグミ満開
コマユミ開花
コバンソウ開花
ヤマフジ8分咲き
ブタナつぼみ

大池→ミシシッピアカミミガメ63匹、クサガメ6匹、種不明7匹・ササゴイの池→ミシシッピアカミミガメ4匹
クマバチ23頭



2020.5.1(金)
コマドリさえずり1羽(小川中流)
イワツバメ4羽(普正寺橋)
ルリビタキ♀タイプ1羽
アオジ♂2羽♀1羽
カモメ類3羽(犀川河口)
ハマシギとミユミシギの群れ500羽+(2種の比率は概ね半々)(写真あり)(情報より)
チュウシャクシギ1羽(普正寺浜の南)
エゾムシクイさえずり(情報より)
マミチャジナイ1羽(初認)(写真あり)(情報より)
キビタキ♂成鳥1羽・♂幼鳥1羽(写真あり)(情報より)
クロツグミ♂成鳥1羽(写真あり)(情報より)
オオルリ♂成鳥(情報より)
シロハラホオジロ♂1羽(三千坊跡東)(情報より)
コナラ満開
クヌギ開葉
マツバウンラン満開
イボタノキつぼみ
ウワミズザクラ満開
ヤマグワ満開
ハマエンドウ満開
カラスノエンドウ満開
ハマダイコン満開
キショウブ4分咲き
シャガ満開
カキドオシ茎伸び始めました
クマバチ3頭(初認)
カニ情報→クロベンケイガニ2匹



2020.4.30(木)
ヒヨドリ渡り個体多い
キビタキ♂(写真あり)(情報より)
エゾムシクイ(写真あり)(情報より)
クロジ♂幼鳥(写真あり)(情報より)
アカハラ(写真あり)(情報より)
クロツグミ(情報より)
オオルリ♂6羽・♀4羽(犀川下流左岸)(情報より)
キビタキ♂3羽(情報より)
エゾムシクイさえずり(初認)(情報より)
シロハラホオジロ♂1羽(情報より)
コルリさえずり(初認)(情報より)
コマドリさえずり(情報より)
ジュウイチさえずり1羽(初認)(情報より)


2020.4.29(水)(昭和の日)
カワラヒワ巣材運搬(鳥の羽根)(写真あり)(情報より)
クロツグミ♂(情報より)
ルリビタキ♀タイプ(情報より)


2020.4.28(火)
コムクドリ♂(写真あり)(情報より)
キビタキ♂成鳥(写真あり)(情報より)
キレンジャク(写真あり)(情報より)
ハシビロガモ♂2羽+(大池)(写真あり)(情報より)
ノゴマ♂1羽(情報より)
クサシギ(写真あり)(情報より)
(頭部の斑が明瞭で、背面のスポットも大きいので、成鳥繁殖羽と思われます)
http://stints.a.la9.jp/tringa/green-asA.html
http://stints.a.la9.jp/tringa/green.html


2020.4.27(月)
トラツグミさえずり1羽(コゲラの小径)
クロツグミ♂成鳥さえずり1羽(正門東)
イワツバメ2羽(普正寺橋)
ヨシガモ♂1羽♀1羽(犀川下流)
ルリビタキ♀タイプ2羽(二天橋)(二天橋では、同時に♀タイプ6羽の情報も)
アオジ♀1羽性別不明1羽
キレンジャク1羽(大池西)
ヒレンジャク1羽(情報より)
エゾムシクイ(情報より)
センダイムシクイ(情報より)
オオルリ♂成鳥1羽(情報より)
アカハラ1羽(情報より)
サンショウクイ(情報より)
コマドリ3羽(情報より)
キビタキ♂成鳥1羽(ササゴイの池)(情報より)
クロジ幼鳥1羽(写真あり)(情報より)
クスノキつぼみ
キンギンボク開花
オオジシバリ開花

大池→ミシシッピアカミミガメ55匹、クサガメ1匹、種不明5匹・ササゴイの池→ミシシッピアカミミガメ3匹


2020.4.26(日)
カラフトムシクイ2羽(メジロと思うくらい小さい。頭央線あり。翼帯2本。さえずりもあり)(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
(2012年以来久々)

シロハラホオジロ♂1羽(二天橋の西)(写真あり)(情報より)
(普正寺の森では1993年に初記録ですが、最近5年間では毎年記録があります)

レンジャク類(情報より)
トラツグミ(写真あり)(情報より)


2020.4.25(土)
トラツグミさえずり1羽
ヨシガモ♂2羽♀1羽(犀川下流)
メジロ1羽
ルリビタキ♀タイプ3羽(二天橋で♀タイプ5羽の情報も)
イワツバメ3羽(普正寺橋)
アカゲラ1羽
カモメ類90羽+(犀川河口)
アオジ♂1羽性別不明1羽
ミヤマホオジロ♀1羽
ツグミ1羽
ヒレンジャク3羽(レンジャク類は、大池の西のナワシログミの実が好みの様です)
キレンジャク3羽
クロツグミ♂成鳥1羽
コマドリさえずり1羽(ササゴイの池の南)(♀の情報も)
トビ(巣内雛1羽+ ふ化は数日以上前だと思われます)
キビタキ♂成鳥(写真あり)(情報より)(♀の情報も)
オオルリ♂(情報より)
センダイムシクイさえずり(初認)(情報より)
イチゴツナギ穂
ニガナ開花
ニワウルシ開葉

大池→ミシシッピアカミミガメ54匹、クサガメ2匹、種不明2匹
アオダイショウ(写真あり)(情報より)



2020.4.23(木)
ルリビタキ♂♀(写真あり)(情報より)


2020.4.22(水)
ルリビタキ♂成鳥1羽・♀タイプ7羽(ルリビタキを同時に8羽見掛けたのは初めてです。8時42分犀川下流左岸)
(犀川下流左岸では、ルリビタキと同時に、ジョウビタキ♀1羽・シロハラ1羽・アオジ♂1羽も、アスファルト道上にあらわれました。)
(ルリビタキ達は何を食べているか不明なのですが、アスファルト道上で、盛んに採食していました。
エノキが満開で、道上にも花が多く落ちていました。)
(普正寺の森の最大個体数は、1996年 4月22日の9羽(標識調査))

メジロ10羽+
アオジ♂7羽・♀4羽・性不明2羽
アカハラ2羽
カモメ類40羽(犀川河口)(すべてセグロカモメ?)
コマドリさえずり1羽(エノキの小径)
大形ツグミ類(クロツグミを除く)さえずり2羽(シロハラ?アカハラ?)
キビタキ♂成鳥1羽
ツグミ(第1駐車場22羽・サッカー場6羽)
シメ2羽
クロジ♂幼鳥1羽(大池東)
レンジャク類(ヒレンジャク10羽・キレンジャク4羽)(大池西)(ナワシログミにも群れていました)
ヨシガモ♂3羽♀2羽(犀川下流)
ヒゲナガスズメノチャヒキ穂
ハナカイドウ8分咲き
ヤマコウバシ満開
ウワミズザクラつぼみ
エノキ満開


2020.4.21(火)
イワツバメ2羽(普正寺橋)
メジロ12羽
アオジ♂7羽♀2羽
クロジ♂2羽(三千坊跡)
キビタキ♂成鳥1羽(三千坊跡)
コサメビタキ1羽
シメ1羽
ツグミ(第1駐車場15羽・サッカー場14羽)
レンジャク類24羽(ヒレンジャク9羽・キレンジャク9羽)
ルリビタキ♀タイプ2羽(プールの北東)
コマドリさえずり1羽(三千坊跡)
ウグイスさえずり5羽
大形ツグミ類(クロツグミを除く)さえずり3羽(シロハラ?アカハラ?)
クロツグミ♂1羽
ジョウビタキ♂1羽(♀の情報も)
カモメ類150羽+(犀川河口)
ウ類(金石西防波堤3羽)
ササゴイの池のカモ類→カルガモ3羽
八重桜満開
クロマツ花粉
ハマエンドウ開花
シャガ5分咲き
オニグルミ雄花序
ツルニチニチソウ5分咲き
カラスノエンドウ花
スイバ満開



2020.4.20(月)
ルリビタキ♀タイプ(写真あり)(情報より)
シメ(写真あり)(情報より)


2020.4.19(日)
ミヤマホオジロ♀1羽(♂1羽の情報も)
カモメ類250羽+(犀川河口)
イワツバメ1羽(普正寺橋)
ゴイサギ成鳥1羽(初認)(犀川中州)
ツグミ1羽
ノビタキ♂1羽♀1羽(第4駐車場)(情報より)
キクイタダキ(情報より)
キレンジャク6羽(写真あり)(情報より)(20羽±の情報も)
ヒレンジャク4羽(情報より)
クロジ♂幼鳥1羽(写真あり)(情報より)
ルリビタキ♀タイプ1羽(情報より)
アオジさえずり1羽(情報より)
オオルリ♂成鳥(写真あり)(情報より)
コムクドリ♂(写真あり)(情報より)
ヨシガモ2羽(写真あり)(情報より)
オオルリ♂(初認)(情報より)
イチゴツナギ穂
コブシ満開〜花終わり
コナラ雄花つぼみ


2020.4.18(土)
オオルリ♂成鳥1羽(写真あり)(情報より)
アカハラ♂成鳥1羽(情報より)
センダイムシクイ1羽(初認)(情報より)
キレンジャク6羽(情報より)
ヒレンジャク5羽(情報より)
コムクドリ♂♀(情報より)
サンショウクイ(初認)(情報より)


2020.4.17(金)
イワツバメ4羽(普正寺橋)
メジロ20羽+
オナガ1羽
アオジ♂2羽
カモメ類80羽+(犀川河口)
ツグミ1羽
ミサゴ1羽
カイツブリ繁殖羽1羽(犀川下流)
カンムリカイツブリ繁殖羽1羽(犀川下流)
オオバン(犀川下流3羽)
ヨシガモ♂8羽♀9羽(犀川下流)
オナガガモ♂1羽♀2羽(犀川橋上流)
ノビタキ1羽(初認)(犀川下流右岸)
シマアジ♂1羽♀1羽(犀川橋上流)
キンクロハジロ♂9羽♀10羽(犀川橋上流)
クロジ♂幼鳥1羽(情報より)
シメ3羽(情報より)
アカハラ1羽(情報より)
ヒレンジャク2羽+(写真あり)(情報より)
ハイタカ1羽(飛翔)(写真あり)(情報より)
キビタキ♂成鳥1羽・♀1羽(初認)(写真あり)(情報より)
ヤマガラ1羽(初認)(写真あり)(情報より)
キクイタダキ(情報より)
マヒワ6羽(情報より)
カモガヤ穂
ハルガヤ8分咲き
シャク穂
https://matsue-hana.com/hana/harugaya.html


2020.4.16(木)
レンジャク類8羽(内、ヒレンジャク4羽+)
ルリビタキ♀タイプ1羽(正門)
カモメ類80羽+(犀川河口)
オオバン(犀川下流1羽)
カイツブリ繁殖羽1羽(犀川下流)
イワツバメ0羽(普正寺橋)
キレンジャク3羽(情報より)
クロジ幼鳥♂(二天橋)(写真あり)(情報より)
コマドリさえずり1羽(情報より)
キビタキ♀1羽(アカモズの小径)(写真あり)(情報より)
オオタカ1羽ハイタカ1羽(♀?)が争い(野鳥園跡地)(写真あり)(情報より)
ヨモギ開葉
チューリップ満開
カモガヤ?の花粉飛散非常に多い
スノーフレーク満開

大池→ミシシッピアカミミガメ51匹、クサガメ6匹


2020.4.15(水)
ムクドリねぐら400羽+(ササゴイの池の北)
(5時14分から飛び始める。5時17分まで、すべて南の方向に飛び立つ。ササゴイの池の北の竹藪が、ねぐらだと思われます。)

オオバン(犀川下流1羽)
イワツバメ9羽(普正寺橋)
アオジ性不明1羽
メジロ5羽
ヒヨドリ渡り15羽(渡り初認)
マヒワ♂1羽(情報より)
ルリビタキ♂成鳥1羽・♂幼鳥1羽(情報より)
クロジ♂(二天橋)(写真あり)(情報より)
ソメイヨシノ散り盛ん
ダイオウグミ満開
メタセコイア開葉
カモガヤ?の花粉飛散非常に多い(今春は早い)
アケビ雌花・雄花共に満開

大池→ミシシッピアカミミガメ61匹・ササゴイの池→ミシシッピアカミミガメ3匹


2020.4.14(火)
ルリビタキ♂幼鳥1羽
メジロ20羽+
アオジ♂1羽
オオバン(犀川下流1羽)
カモメ類450羽+(犀川河口)
カイツブリ繁殖羽2羽(普正寺橋上流)
イワツバメ2羽(普正寺橋)
ハシビロガモ♂3羽♀1羽(大池)
マガモ♂とカルガモ♀との雑種?(大池)
シマアジ♂1羽♀1羽(犀川中州周辺)(情報より)
クロジ♂(初認)(情報より)
クロツグミ♂1羽(初認)(写真あり)(情報より)
レンジャク類19羽(情報より)
コマドリ1羽(二天橋)(情報より)
コスミレ満開
サルトリイバラ開花
http://www.jugemusha.com/jumoku-zz-sarutoriibara.htm
ハマダイコン満開
コバンソウ穂
ナワシロイチゴ実少々赤み


2020.4.12(日)
アカハラ1羽(初認)(頭部の黒味が強く♂?。また、GC斑(大雨覆羽縁の斑)が見えないので成鳥と思われます。)(写真あり)(情報より)
コマドリさえずり1羽(初認)(情報より)
ヤブサメ(情報より)


2020.4.11(土)
カワセミ2羽(ササゴイの池観察舎黒板の情報より)


2020.4.10(金)
イワツバメ2羽(普正寺橋)
オオバン(犀川下流1羽・大池1羽)
カワセミ♂1羽(ササゴイの池)
カモメ類500羽+(犀川河口)
メジロ1羽
マガモ♂とカルガモ♀との雑種?(大池)
ジョウビタキ♂3羽♀3羽
ミサゴ(写真あり)(情報より)
ルリビタキ(ササゴイの池観察舎黒板の情報より)
ヤマザクラ満開〜散り盛ん
オオシマザクラ満開〜散り始め
ソメイヨシノ散り始め(少々葉も開き始めました)
エノキ開葉
コブシ満開
ヤブニンジン5分咲き〜満開



2020.4.9(木)
キレンジャク1羽
(大池北)
メジロ20羽+
ヤマシギ1羽(サッカー場南)


2020.4.8(水)
アカゲラ♂(写真あり)(情報より)


2020.4.7(火)
ハシボソガラス(1羽がオニグルミの実を、普正寺浜の階段にいつもの様に、落下していました。)
キショウブ開花(写真あり)(情報より)
ヤマトスジグロシロチョウ春型♀1頭(写真あり)(情報より)
http://shouchan19.blog.fc2.com/blog-entry-15.html
http://sugisaka.sakura.ne.jp/nihon/nihon-siro.htm
http://sugisaka.sakura.ne.jp/nihon/sr-sujiguro.htm



2020.4.6(月)
イワツバメ14羽(普正寺橋)
ダイサギ2羽(正門上空)
ツグミ群れ11羽
オカヨシガモ♂4羽♀3羽(犀川下流)
ウ類(金石西防波堤7羽)
カモメ類25羽+(犀川河口)
オオバン(犀川下流2羽・大池1羽)
アオジ♂2羽(内、1羽はさえずり)
メジロ6羽
カイツブリ(写真あり)(情報より)
マガモ♂とカルガモ♀との雑種?(大池)


2020.4.5(日)
イワツバメ12羽(普正寺橋)
大形ツグミ類(クロツグミを除く)さえずり1羽(シロハラ?)
メジロ50羽+(桜に群がっていました)
ウ類(金石西防波堤8羽)
シメ5羽(第1駐車場)
オナガガモ♀2羽(犀川下流)
オオバン(犀川下流3羽・大池1羽)
オナガ6羽(野鳥園跡地)
アオジ♂3羽
カモメ類50羽+(犀川河口)
ツグミ16羽(サッカー場)
オカヨシガモ♂4羽♀3羽(犀川下流)
オシドリ♂6羽♀4羽(犀川下流)
マガモ♂とカルガモ♀との雑種?(大池)
ヤブニンジン3分咲き
コブシ3分咲き


2020.4.4(土)
アリスイ1羽(プールの北)
ヤマシギ2羽(大池の中之島 9時51分)(一見、いつも見掛けるコガモ♀と思ったのですが、嘴が長い。ゆっくり歩きながら藪の中へ)
(2羽同時の記録は1990年以降では、1992年3月20日2羽以来でした)

トモエガモ♀1羽(大池の中之島 10時10分)(ヤマシギを観察した同所で)
https://blog.goo.ne.jp/mushi_2010/e/9b7bcb40f90359eb56f088899d5165d2
イワツバメ9羽(普正寺橋)
メジロ4羽
オオバン(犀川下流2羽・大池2羽)
カンムリカイツブリ換羽中1羽(犀川下流)
カイツブリ非繁殖羽1羽(犀川下流)
マガモ♂とカルガモ♀との雑種?(カルガモ2羽とマガモ♀2羽の5羽の群れ)(犀川下流)
アオジ♂1羽
カモメ類10羽(犀川河口)
ウ類(金石西防波堤1羽)
カワセミ♂(ササゴイの池観察舎黒板の情報より)
コチドリ1羽(第4駐車場)(情報より)
イカル1羽(普正寺橋左岸)(初認)(情報より)
アカエリカイツブリ非繁殖羽1羽(普正寺海岸)(写真あり)(情報より)
スズガモ♂5羽♀3羽(普正寺海岸)(写真あり)(情報より)

ミミカイツブリ非繁殖羽1羽(普正寺海岸 2009年以来の記録です。1990年以降では4度目。)(海上で翼を広げた写真あり)(情報より)
(翼上面の後縁は、ハジロカイツブリと違い、初列風切の内側には白色部はなく、次列風切のみ白い)
https://blog.goo.ne.jp/torikichi14/e/a3de1114a425e35ea61cd8e967aad07b
http://sanpomichiyacho.web.fc2.com/hajirokaitsuburi.html

チューリップ満開
ソメイヨシノ8分咲き〜満開
コウボウムギ穂
ハマエンドウ開花
スノーフレーク満開
ムラサキケマン満開
シャガ1分咲き
ツルニチニチソウ3分咲き
カキドオシ満開
オオイヌノフグリ満開
コブシ開花(写真あり)(情報より)

アシナガバチ類1頭(初認)(ササゴイの池観察舎)
カメムシ類1頭(クサギカメムシ?)(ササゴイの池観察舎では初認)
大池→ミシシッピアカミミガメ61匹、クサガメ1匹、イシガメ2匹、種不明4匹
アオダイショウ1匹(初認)(犀川下流左岸)



2020.4.3(金)
カモメ類400羽+(多くはセグロカモメ成鳥)(犀川河口)
シメ1羽(嘴は鉛色)
ヒバリさえずり1羽
メジロ群れ9羽
アカエリカイツブリ非繁殖羽1羽(普正寺海岸)
カンムリカイツブリ(普正寺海岸1羽・犀川下流3羽)
トビ(抱卵姿勢 二つの巣共に)
マガモ♂とカルガモ♀との雑種?(大池)
ミサゴ(♂?)(写真あり)(情報より)
オシドリ♂1羽♀1羽(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
オオヤマザクラ8分咲き(小川の中流右岸に一本)(萼は無毛。花序に柄がない。萼片は全縁。葉の両面は無毛。葉柄は無毛。葉の基部はハート形。葉は単鋸歯と重鋸歯がまじる。芽鱗は粘る。花は葉の展開とほぼ同時に開花する。花は紅色〜淡紅色)
ヤマザクラ3分咲き〜満開(花序に柄がある。芽鱗はやや開く。花は淡紅色)
オオシマザクラ5分咲き〜満開(花序に柄はほとんどない)
ソメイヨシノ8分咲き

ハマダイコン満開
ダイオウグミ開花
シャガ開花(写真あり)(情報より)
コスミレ満開
オニグルミ開葉
シロバナタンポポ満開

大池→ミシシッピアカミミガメ59匹、クサガメ2匹、種不明2匹


2020.4.2(木)
オオバン(犀川下流10羽・大池1羽)
カンムリカイツブリ3羽(犀川下流)
ヨシガモ♂1羽♀1羽
オナガガモ♀2羽
オカヨシガモ♂1羽♀1羽(犀川下流)
アメリカヒドリ♂1羽(犀川橋上流)
カモメ類400羽+(多くはセグロカモメ成鳥)(犀川河口)
メジロ群れ5羽
オナガ1羽(野鳥園跡地)
アカゲラ♂(写真あり)(情報より)
キセキレイ(小川)(写真あり)(情報より)

ハイタカ(写真あり)(情報より)
(オオタカに比較して、風切羽の下面の斑がはっきりしている。尾羽が角ばっている。翼からの尾羽の突き出しが長い。
ただ、大きさが不明で、腹部の斑も縦か横かが不明。)
http://blog.livedoor.jp/saruna/archives/35450525.html
ヤエムグラ開葉
スイバ開花
ソメイヨシノ8分咲き



2020.3.31(火)
ミサゴ♀(写真あり)(情報より)
大形ツグミ類(クロツグミを除く)さえずり1羽(シロハラ?)
レンジャク類(情報より)
ルリビタキ♂成鳥1羽(写真あり)(情報より)
ヤマザクラ1分咲き〜満開
オオシマザクラつぼみ〜満開
ソメイヨシノ5分咲き
ユキヤナギ満開
オランダミミナグサ開花
シロダモ新葉
エノキ葉芽膨らみ始める
ダイオウグミ開葉
スズメヤリ開花
https://matsue-hana.com/hana/suzumenoyari.html

大池→ミシシッピアカミミガメ79匹(多い)、クサガメ6匹、イシガメ1匹、種不明5匹


2020.3.30(月)
アカエリカイツブリ非繁殖羽1羽(普正寺海岸)(写真あり)(情報より)


2020.3.29(日)
セグロカモメ550羽+(普正寺海岸 8時52〜58分)(海岸線沿いに南西から次々と、犀川河口に集まり、一部は堤防にも降りていました)
(1990年以降では、1998年3月4日の436羽を上回り、普正寺の森最多記録)
レンジャク類(情報より)


2020.3.28(土)
ツグミ群れ10羽(サッカー場)
メジロ群れ4羽
コチドリ1羽(第4駐車場から、時々鳴いて500m以上南西へ移動)(2017年以来の記録)
シメ群れ5羽
ツバメ1羽
ヒレンジャク(写真あり)(情報より)
アリスイ1羽(サッカー場)(情報より)
ヤブニンジン開花
チューリップ5分咲き
ソメイヨシノちらほら咲き
オオシマザクラ5〜8分咲き
ヤマザクラ3〜8分咲き
オオヤマザクラちらほら咲き(小川中流)



2020.3.26(木)
オオタカ♀1羽
カシラダカ1羽(アカモズの小径)
レンジャク類20羽+(内、キレンジャク1羽+)
ヒレンジャク(写真あり)(情報より)
アリスイ1羽(初認)(情報より)
オオシマザクラ8分咲き
ヤマザクラ1〜8分咲き
ハマダイコン満開(林内)
コバンソウ穂
ハコベ開花
アケビ5分咲き(雄花)
https://matsue-hana.com/hana/akebi.html


2020.3.25(水)
オナガ(写真あり)(情報より)


2020.3.24(火)
レンジャク類21羽+(ヒレンジャク11羽+・キレンジャク3羽+)(写真あり)(情報より)
ミサゴ(写真あり)(情報より)
オシドリ♂1羽♀1羽(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
クサシギ1羽(ササゴイの池(情報より)
トサシモツケ開葉
チューリップ開花
アケビつぼみ
レンジョまたはシナレンジョ満開
ソメイヨシノつぼみ膨らむ
オオシマザクラつぼみ〜開花
ヤマザクラつぼみ〜1分咲き
キンギンボクつぼみ
ハコベ開花

キクザキイチゲ(菊咲一華)(写真あり)(情報より)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%82%AF%E3%82%B6%E3%82%AD%E3%82%A4%E3%83%81%E3%82%B2
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/45/Anemone_pseudoaltaica_%28sepal_variations%29.jpg


2020.3.23(月)
ノスリ1羽(犀川下流上空)
オオバン(犀川下流6羽・大池2羽)
カンムリカイツブリ6羽
キンクロハジロ(大池♂14羽♀11羽)
オオタカ(写真あり)(情報より)
ジョウビタキ♂♀(写真あり)(情報より)
ミヤマホオジロ♂♀(写真あり)(情報より)
クサシギ(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
ヒレンジャク(写真あり)(情報より)
ハマダイコン満開(野鳥園跡地)
セランダイン満開
スイバ穂
センニンソウ開葉
シロダモ新葉
ムラサキケマン開花
ユキヤナギ満開

アマガエル1匹初鳴き
カニ情報→クロベンケイガニ1匹(初認)(大池の西)



2020.3.21(土)
ベニマシコ♀1羽・性別不明1羽(5時56分)
レンジャク類7羽(内、1羽はキレンジャク)
ツグミ群れ10羽
シメ1羽
オオバン(大池2羽)
メジロ3羽
シロハラ6羽
ウ類(犀川中州繁殖羽1羽・金石西防波堤3羽)
アカゲラ♀1羽
ミヤマホオジロ♂2羽♀3羽(エノキの小径)
アオジ♂2羽♀2羽
カモメ類24羽(犀川河口)
ウグイスさえずり4羽
ルリビタキさえずり1羽(初認)(5時34分 ササゴイの池の南)
ハルガヤ穂


2020.3.20(金)(春分の日)
ベニマシコ♂(写真あり)(情報より)
ジョウビタキ♂♀(写真あり)(情報より)
ヒレンジャク(写真あり)(情報より)
ミヤマホオジロ♂♀(写真あり)(情報より)


2020.3.19(木)
シメ3羽
カシラダカ群れ4羽
ヒレンジャク群れ26羽(三千坊跡の北)(第2駐車場では、アスファルト舗装の水溜りで2羽が水飲み)
カンムリカイツブリ繁殖羽1羽・非繁殖羽1羽(犀川下流)
大形ツグミ類(クロツグミを除く)さえずり1羽(シロハラ?)
ツグミ(第1駐車場7羽+第3駐車場16羽+多目的広場18羽=31羽)
シメ4羽(第3駐車場)
ムクドリ10羽(多目的広場)
アオジ♂1羽
ウ類(金石西防波堤7羽)
カモメ類4羽(犀川河口)
イワツバメ2羽(普正寺橋 初認)
メジロ4羽
アカゲラ?1羽(声のみ)
ジョウビタキ♂(写真あり)(情報より)
ベニマシコ♂(写真あり)(情報より)
ヒメオドリコソウ満開
ツルニチニチソウ1分咲き
アオキ雄花6分咲き
ヤマザクラ開葉


2020.3.18(水)
ツバメ1羽((プールの北 初認)(外側尾羽が長いので♂  「ツバメのひみつ」より)
https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784895314190

シロハラ5羽
アカゲラ♂1羽
オカヨシガモ♂2羽♀1羽(犀川下流)
アオジ♂3羽
ツグミ(第1駐車場34羽+第3駐車場34羽=64羽)
ムクドリ4羽(第1駐車場)
シメ5羽(第1駐車場)
オオバン(犀川下流0羽・大池2羽)
ヒレンジャク群れ23羽(大池西)
メジロ3羽
ミヤマホオジロ♂2羽♀1羽(♂1羽は、私の約4m先(地上高約0.6m)に現れて、喉を盛んに震わせ、さえずっていました。エノキの小径)
ウ類(金石西防波堤6羽)
カモメ類26羽(犀川河口)
カシラダカ3羽
カンムリカイツブリ1羽(犀川下流)
ユキヤナギ4分咲き


2020.3.17(火)
クロガモ♂1羽♀1羽(♂は嘴基部の黄色が目立っていました)
(普正寺海岸 7時20分 堤防の南約150m・沖合い約500m 時々海に潜っていました)
(1990年以降の普正寺の森では、1994年4月10日、2009年3月8日以来の3例目です。)

オオハムまたはシロエリオオハム1羽(普正寺海岸)(脇の後方に少し白斑が見えました)
レンジャク類25羽+(ヒレンジャク4羽+ キヅタに群れで来たのですが、近くでモズが鳴くとすぐに飛び去って行きました)
ツグミ群れ11羽
オオタカ♀幼鳥1羽(犀川中州の樹上)
カモメ類80羽+(犀川河口)
ミヤマホオジロ♂3羽♀1羽
オオバン(犀川下流8羽・大池2羽)
ウ類(犀川橋下流浅瀬1羽・金石西防波堤16羽)
カンムリカイツブリ繁殖羽2羽(犀川下流)
シメ3羽
ハマダイコン3分咲き(野鳥園跡地)


2020.3.15 (日)
シメ1羽(小川)
カイツブリ1羽(犀川橋下流)
アオジさえずり1羽(さえずり初認)(情報より)


2020.3.14(土)
レンジャク類20羽+(情報より)


2020.3.13(金)
今朝、オオマシコは観察されず、情報もありませんでした(9時24分〜11時5分)
ウ類(金石西防波堤3羽)
カンムリカイツブリ2羽(犀川下流)
カモメ類100羽+(犀川河口)
オカヨシガモ♂2羽♀2羽(犀川下流)
ヒレンジャク15羽(情報より)
カイツブリ非繁殖羽1羽(写真あり)(情報より)
オオマシコ♂成鳥1羽(林間広場)(写真あり)(情報より)
ハマダイコン1分咲き
アオキ雄花開花
コバンソウ葉かなり伸びてきました
オオシマザクラ葉芽大きく膨らむ
タブノキ葉芽膨らみ始め
ヤマコウバシまだ枯葉の多い状態
マサキ新葉

大池→ミシシッピアカミミガメ28匹、イシガメ1匹


2020.3.12(木)
キジ♂(肉冠はまだ大きくなっていません)(写真あり)(情報より)
オオマシコ♂成鳥1羽(林間広場)(写真あり)(情報より)


2020.3.11(水)
ハシボソガラス(枯枝運搬 長さ約50p)
カモメ類230羽+(犀川河口)
カンムリカイツブリ2羽(犀川下流)
アオジ♂1羽♀1羽
メジロ3羽
ウ類(犀川中州繁殖羽1羽・・金石西防波堤6羽)
ツグミ1羽
オオバン(犀川下流4羽・大池2羽)
レンジャク類21羽(確認できた17羽はヒレンジャクでした)(犀川下流左岸)
ヨシガモ♂2羽♀2羽(犀川下流)
オカヨシガモ♂1羽(犀川下流)
オオマシコ♂成鳥1羽(林間広場)(カメラマン10名)
コスミレ開花
ハンノキ雄花序が多くアスファルト道に落下していました
キンギンボク開葉

大池→ミシシッピアカミミガメ5匹



2020.3.9(月)
ハクチョウ類50羽+(7時48分 普正寺浜辺りを北東へ)(9時13分にも声あり)
ウ類(犀川橋下流浅瀬繁殖羽1羽・金石西防波堤10羽)
ヒレンジャク17羽(9時28分 水車小屋から南へ)
アカエリカイツブリ1羽(普正寺海岸)
オオハムまたはシロエリオオハム6羽(普正寺海岸)
カンムリカイツブリ2羽(普正寺海岸)・(犀川下流でも2羽)
カモメ類50羽+(犀川河口)
オオタカ♀幼鳥1羽(犀川中州)(ハイタカ♀を2回追いかけました)
ハイタカ♀幼鳥1羽(犀川中州 中州で樹木を利用したのは初記録です)(雨覆に白い部分多い)
ハシボソガラス枯枝運搬(長さ約50p)1羽
ムクドリ5羽(第1駐車場)
ツグミ7羽
アカゲラ1羽
ウグイス3羽(内、1羽はさえずり)
アオジ♂1羽♀1羽
シロハラ1羽
オオバン(犀川下流8羽・大池2羽)
シメ1羽
オカヨシガモ♂1羽(大池)
キンクロハジロ(大池♂6羽♀5羽)
オオマシコ♂成鳥1羽(林間広場)(写真あり)(情報より)
大池→ミシシッピアカミミガメ1匹


2020.3.8(日)
ウミアイサ♀(ササゴイの池観察舎黒板の情報より)
ヒレンジャク2羽+(写真あり)(情報より)
キレンジャク3羽+(写真あり)(情報より)
オオマシコ♂成鳥1羽(林間広場)(写真あり)(情報より)


2020.3.7(土)
オシドリ♂1羽(大池)
ハクチョウ類編隊69羽(8時45分 アオサギ2羽も編隊の最後尾に)
アオサギ15羽編隊で森上北東へ6時58分
カンムリカイツブリ7羽(犀川下流)
オオバン(大池2羽)
カモメ類100羽+(犀川河口)
オオハムまたはシロエリオオハム2羽(普正寺海岸)
キンクロハジロ(大池♂17羽♀19羽)
マガモ♂とカルガモ♀との雑種と思われる個体(大池)
ウ類(金石西防波堤9羽)
オオマシコ♂成鳥1羽(林間広場 9時24分)
ハイタカ1羽(写真あり)(情報より)
ニワトコ開葉
大池→ミシシッピアカミミガメ12匹


2020.3.6(金)
オオバン(犀川下流4羽・大池2羽)
ウグイス1羽
カモメ類1羽(犀川河口)
ヒレンジャク49羽(三千坊跡の東)
ツグミ1羽
シメ1羽(2羽の情報も)
ミヤマホオジロ♂2羽♀2羽
カンムリカイツブリ繁殖羽4羽・換羽中4羽(犀川下流)
カイツブリ1羽(犀川下流)
セグロセキレイ1羽(アカモズの小径上空)
シロハラ1羽
カワラヒワ求愛給餌(初認)
キンクロハジロ(大池♂羽♀13羽)
アカゲラ(ササゴイの池観察舎黒板の情報より)
オオマシコ♂成鳥1羽(林間広場)(写真あり)(情報より)
(1990年以降では、2009年1月30日のポンプ室から水車小屋周辺で記録された♀タイプ2羽以来です。
「石川の自然環境シリーズ 石川県の鳥類」
にも記録があります。)
(3月12日まで主に林間広場の地上で採食していました。あまり人を恐れない個体で、皆さん楽しまれたようです。)
(小さなクモ・小さな甲虫・松の実などを採食していたそうです。ミルワームなどの餌を与える方はおられませんでした。)
大池→ミシシッピアカミミガメ12匹


2020.3.5(木)
ウ類(犀川中州繁殖羽1羽)
ツグミ1羽
カモメ類15羽(セグロカモメ)(犀川河口)
アオジ♂1羽♀1羽
オカヨシガモ♂1羽♀2羽(犀川下流)
オナガ7羽(野鳥園跡地)
シメ群れ12羽
シロハラ4羽(内、♂成鳥1羽→水車小屋西の小径上で、盛んに採食。頭部黒味強く、GC斑なし)
カンムリカイツブリ8羽(犀川下流)
ヒレンジャク群れ(写真あり)(情報より)


2020.3.4(水)
ヒレンジャク群れ51羽(すべての個体で、「腹部に薄黄色あり」や、「初列雨覆の白斑なし」を観察しました)(8時4分 小川の西の高木)
https://toritoring.exblog.jp/5146613/
https://blog.goo.ne.jp/chobin_0129/e/97a501448fffcd1f3429c2aa35e6a436

オオハムまたはシロエリオオハム2羽(普正寺海岸)
カンムリカイツブリ(犀川下流繁殖羽1羽・普正寺海岸4羽)
オオバン(犀川下流10羽・大池1羽→水面から南に約6m離れた地上)
カシラダカ1羽
ミヤマホオジロ♂2羽
シメ2羽
ツグミ群れ14羽
シロハラ♂成鳥1羽・幼鳥1羽・年齢不明1羽
ウ類(金石西防波堤24羽)
ハシビロガモ♂1羽♀1羽(大池)
キンクロハジロ(大池♂18羽♀13羽)
キセキレイ1羽(小川)
カワラヒワ♀(巣材運搬 初認)(1990年以降では、2002年3月3日がもっとも早い巣材運搬で、それに続く早い記録です)(写真あり)(情報より)
ヤブニンジン多くの葉が広がってきました
アオキつぼみ



2020.3.3(火)
カワセミ♂1羽(ササゴイの池)
アメリカヒドリ♂1羽(犀川橋上流)
キンクロハジロ(大池♂13羽♀15羽)(大池)
ハシビロガモ♂1羽♀2羽(大池)
オオバン(犀川下流5羽)
アオサギ2羽(婚姻色)(犀川下流)
ツクシ(初認)(犀川下流左岸)
キレンジャク数羽(写真あり)(情報より)
ダイサギ(写真あり)(情報より)
キリ(薄茶色の花芽があらわれました)


2020.3.2(月)
レンジャク類50羽±(多くはヒレンジャク。キヒレンジャクも数羽)(写真あり)(情報より)
クサシギ1羽(ササゴイの池 杭の上)(写真あり)(情報より)
キセキレイ(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)


2020.3.1(日)
カモメ類38羽(犀川河口)
オカヨシガモ♂2羽♀2羽(犀川下流)
オオバン(犀川下流0羽・大池3羽)
ウ類(犀川中州0羽・犀川橋下流浅瀬1羽・金石西防波堤19羽)
カンムリカイツブリ繁殖羽1羽(犀川下流)
ミヤマホオジロ1羽(林間広場)(♂の情報も)
シロハラ2羽
アメリカヒドリ♂1羽(犀川橋上流)(写真あり)(情報より)
ノスリ幼鳥1羽(写真あり)(情報より)
レンジャク類群れ(情報より)(ヒレンジャクの写真情報も)
カワセミ♂(情報より)
ヒメオドリコソウ5分咲き
タネツケバナ花
ハマダイコン開花(写真あり)(情報より)

大池→ミシシッピアカミミガメ26匹・ササゴイの池→ミシシッピアカミミガメ1匹

普正寺海岸にサーファー6名


2020.2.29(土)
アカゲラ♀(写真あり)(情報より)
レンジャク類50羽±(確認できたのはすべてヒレンジャク)(コゲラの小径)(情報より)
モンシロチョウ1頭(初認)(写真あり)(情報より)
http://insects.life.coocan.jp/Specimens/Shirochou/Monshirochou.htm
http://www2.kobe-c.ed.jp/shizen/buttfly/buttfly/08028.html
http://www.museum.tokushima-ec.ed.jp/ogawa/blacklight/pieris.php


2020.2.28(金)
アカゲラ♂(写真あり)(情報より)
ヒレンジャク群れ(写真あり)(情報より)


2020.2.26(水)
レンジャク類8羽(ヒレンジャク2羽+・キレンジャク1羽+)(10時7分 プールの東から大池方面へ 盛んに鳴いていました)
シメ1羽
メジロ1羽
シロハラ?1羽
オオバン(犀川下流0羽・大池3羽)
犀川中州→スズメ19羽
カワラヒワ群れ13羽
ツグミ群れ19羽
ウ類(犀川中州繁殖羽2羽・金石西防波堤12羽)
カモメ類1羽(犀川河口)
カンムリカイツブリ7羽(犀川下流)
オカヨシガモ♂2羽♀2羽(犀川下流)
カワセミ♂(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
ミヤマホオジロ(アカモズの小径)(情報より)


2020.2.24(月)(天皇誕生日の振替休日)
ウ類(犀川橋下流浅瀬1羽・金石西防波堤18羽)
カワセミ♂1羽(嘴ほどの長さのエビを食べていました)(ササゴイの池)
カンムリカイツブリ8羽(犀川下流)
カモメ類60羽+(犀川河口)
ウグイス1羽(犀川下流左岸)
オカヨシガモ♂1羽♀2羽(犀川下流)
オオバン(犀川下流0羽・大池3羽)
大池のカモ類→カルガモ131羽・コガモ♂23羽♀24羽・ハシビロガモ♂1羽♀1羽・キンクロハジロ♂12羽♀10(♀12羽の情報も)
クサシギ(ササゴイの池観察舎黒板の情報より)
シロバナタンポポ満開
オオイヌノフグリ満開

大池→ミシシッピアカミミガメ8匹


2020.2.23(日)(天皇誕生日)
ツグミ群れ30羽+
カンムリカイツブリ8羽(犀川下流)
ウ類(犀川中州14羽(内、繁殖羽4羽))
ベニマシコ♂1羽♀1羽(犀川下流左岸)
ノスリ1羽
ダイサギ3羽(犀川橋下流)
シメ4羽
オオバン(犀川下流1羽・大池1羽)
オカヨシガモ♂3羽♀1羽(犀川下流)
ムクドリ35羽+(普正寺橋右岸)
アカゲラ?1羽(声のみ)


2020.2.21(金)
ミコアイサ♀1羽(犀川橋下流)
ツグミ群れ15羽
ミヤマホオジロ♀2羽
ウ類(犀川橋下流浅瀬3羽・金石西防波堤25羽)
アカゲラ♀1羽(ドラミング)
オオバン(犀川下流2羽・大池1羽)
オカヨシガモ♂1羽(犀川下流)
ハクチョウ類3羽+(9時4分 姿は見えなかったのですが、北東へ移動する声が聞こえてきました)
ハシボソガラス巣材運搬1羽
シメ3羽
カモメ類26羽(犀川河口)
カンムリカイツブリ10羽(犀川下流)
メジロ3羽(犀川下流左岸)
シロハラ?1羽
キンクロハジロ(大池♂9羽♀8羽)
ハシビロガモ(大池♂2羽♀1羽)
ベニマシコ♂1羽♀1羽(犀川下流左岸)(写真あり)(情報より)
キレンジャク2羽+(レンジャク類5羽+)(林間広場)(写真あり)(情報より)


2020.2.19(水)
ツグミ群れ23羽
シメ3羽
ウ類(犀川橋下流浅瀬1羽・金石西防波堤33羽)
クサシギ1羽(水田)
オオバン(犀川下流10羽・大池1羽)
シロハラ2羽
ミヤマホオジロ♂1羽性別不明2羽
カモメ類46羽(オオセグロカモメ1羽)(犀川河口)
ハシボソガラス群れ13羽
カンムリカイツブリ10羽(犀川下流)
カイツブリ1羽(犀川下流)
ウグイス1羽
ダイサギ1羽(犀川橋下流)
アオジ♂1羽
メジロ1羽
キンクロハジロ(大池♂6羽♀6羽)
ハシビロガモ(大池♂1羽♀1羽)
アメリカヒドリ♂1羽(犀川橋上流)
キセキレイ1羽(小川)(情報より)
白梅(ポンプ室・コゲラの小径:満開)
ヒメオドリコソウ開花


2020.2.18(火)
オナガ1羽(野鳥園跡地)
オオバン(犀川下流2羽・大池3羽→その後、3羽は水面から南に約1〜2m離れた地上)
ミヤマホオジロ♂2羽♀2羽(アカモズの小径)
ハシボソガラス群れ49羽(犀川下流左岸の樹上)
カモメ類17羽(犀川河口)
ツグミ群れ50羽+(プールの南)
カンムリカイツブリ6羽(犀川下流)
ウ類(犀川中州14羽)(内、繁殖羽3羽)


2020.2.17(月)
オオバン(犀川下流2羽)
カンムリカイツブリ2羽(犀川下流)
ベニマシコ♂1羽♀1羽(犀川下流左岸)
ミヤマホオジロ♂1羽♀1羽
ツグミ2羽
ウ類(犀川中州16羽)(内、繁殖羽3羽)
アオジ♂1羽
カモメ類5羽(犀川河口)
シロハラ1羽
白梅(犀川下流左岸散り始め)


2020.2.15(土)
シロハラ?2羽
ヒシクイ5羽(10時1分 南南西へ)(初認)
ウ類(犀川橋下流浅瀬2羽・金石西防波堤15羽)
カモメ類70羽+(犀川河口)
オナガガモ100羽+(10時20分 沖約900m、海上約3〜20mで北東へ)
ミヤマホオジロ♂1羽♀2羽(初さえずり)
アカゲラ?1羽(声のみ)
アオゲラと思えるケレケレケレと鋭い声もありました
オオバン(犀川下流1羽・大池2羽)
キンクロハジロ(大池♂6羽♀7羽)
オカヨシガモ♂2羽♀1羽(犀川下流)
ダイサギ1羽(犀川下流)
ツグミ群れ10羽
カンムリカイツブリ9羽(犀川中州の西)
キセキレイ1羽(小川)(情報より)
カワセミ1羽(ササゴイの池)(情報より)
白梅(正門3分咲き〜満開・犀川下流左岸満開)
紅梅(正門8分咲き)

大池→ミシシッピアカミミガメ6匹、クサガメ1匹


2020.2.14(金)
ベニマシコ♀1羽(犀川下流左岸)(写真あり)(情報より)


2020.2.13(木)
アカゲラ♂1羽
メジロ2羽
ウ類(犀川中州1羽・金石西防波堤2羽)
カモメ類90羽+(犀川河口)
シロハラ2羽
アオジ♂4羽
オナガ5羽(プールの南)
オオバン(犀川下流1羽・大池3羽)
キンクロハジロ(大池♂2羽♀1羽)
キセキレイ(写真あり)(情報より)
カイツブリ(写真あり)(情報より)


2020.2.12(水)
アビ1羽(14時36分 テトラポッド沖約80m)
アカエリカイツブリ1羽(テトラポッド沖約50m)
カンムリカイツブリ1羽(換羽中)(普正寺海岸)
オオハムまたはシロエリオオハム3羽(普正寺海岸)
オオセグロカモメ1羽
ハヤブサ1羽(海岸線沿いを南西へ)
ツグミ40羽+(16時38分)
キレンジャク10羽+(水車小屋)(写真あり)(情報より)(15羽+の情報も)
ヒレンジャク5羽(キレンジャク15羽+と群れ)(情報より)
シメ20羽+(水車小屋)(情報より)
ベニマシコ6羽(内、♂2羽+)(情報より)
ノイバラ開葉
セランダイン開花(写真あり)(情報より)



2020.2.11(火)(建国記念の日)
ツグミ(第4駐車場58羽)(内、1羽は亜種ハチジョウツグミ)
ウ類(犀川橋下流浅瀬2羽・金石西防波堤9羽)
シロハラ?1羽と幼鳥1羽(成鳥1羽の写真あり情報も)
アオジ♂1羽(♀1羽の写真あり情報も)
ウグイス1羽(三千坊跡)
ダイサギ1羽(犀川下流)
カモメ類7羽(犀川河口)
トビ巣材運搬(初認)(犀川下流左岸で枯枝約30pと、三千坊跡で枯枝約60pを運搬)
オオバン(犀川下流12羽・大池3羽共、水面からに約2m離れた地上)
オナガガモ♂5羽♀3羽(犀川下流)
オカヨシガモ♂5羽♀4羽(犀川下流)
ヒヨドリ群れ17羽(三千坊跡)
シメ(写真あり)(情報より)
ミコアイサ♂1羽♀1羽(犀川下流)(写真あり)(情報より)
ノスリ1羽(写真あり)(情報より)
ベニマシコ♂1羽(犀川下流左岸)(情報より)
ハンノキの雄花序が、少々赤みを帯びてきました


2020.2.10(月)
アカゲラ?1羽(声のみ)
ウ類(犀川中州1羽・犀川橋下流浅瀬1羽・金石西防波堤12羽)
ツグミ群れ25羽(正門の北)
カンムリカイツブリ8羽(犀川下流)
カモメ類53羽(犀川河口)
シロハラ?1羽
ノスリ1羽(正門の北東や二天橋)
メジロ(写真あり)(情報より)
ヒレンジャク10羽+(情報より)


2020.2.9(日)
スズメ50羽+(犀川と安原川との合流部)
ミコアイサ(情報より)
オオタカ(情報より)
アカゲラ(情報より)
メジロ(情報より)
シメ(情報より)
アオジ(情報より)


2020.2.8(土)
ツグミ群れ46羽(正門の北)
ウ類(犀川中州4羽・犀川橋下流浅瀬2羽・金石西防波堤6羽)
メジロ2羽
オナガガモ♂4羽♀2羽(犀川下流)
カンムリカイツブリ9羽(犀川下流)
オナガ1羽(野鳥園跡地)
シロハラ?2羽
カモメ類10羽(犀川河口)
オオバン(犀川下流1羽・大池1羽)
ダイサギ1羽(犀川下流)
オカヨシガモ♂3羽♀3羽(犀川下流)
シメ群れ13羽
白梅(正門つぼみ〜8分咲き・犀川下流左岸3分〜満開)


2020.2.7(金)
シメ群れ26羽(野鳥園跡地)
メジロ2羽
ツグミ群れ25羽(プールの北)
カシラダカ群れ4羽
ウ類(犀川中州1羽・犀川橋下流浅瀬2羽・金石西防波堤16羽)
カワウ1羽(大池の縁石の上。その後、大池で泳いでいました)
オオバン(犀川下流1羽・大池3羽)
オナガガモ♂4羽♀3羽(犀川下流)
シロハラ3羽
アオジ♂1羽♀1羽
カンムリカイツブリ7羽(犀川下流)
オカヨシガモ♂2羽(犀川下流)
ウグイス1羽(犀川下流左岸)


2020.2.6(木)
ハシボソガラス群れ32羽(内、31羽は普正寺浜に降りていました。9時43分。(10時の風速は7.8m/s北風で、非常に強い))
(なぜ、強風時に砂浜にいるのでしょう?強風も気にならない?遊んでいる?10時前には、すでに満腹で餌探しも不要?)

カモメ類1羽(オオセグロカモメ)(犀川河口)
ウ類(犀川中州5羽)
カンムリカイツブリ5羽(犀川下流)
ツグミ1羽
オオバン1羽(犀川下流)
白梅(犀川下流左岸8分咲き)


2020.2.5(水)
キセキレイ(写真あり)(情報より)


2020.2.4(火)
カワセミ♂1羽(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)


2020.2.3(月)
ミヤマホオジロ♂5羽♀6羽(アカモズの小径)
カモメ類2羽(犀川河口)(内、1羽は種カモメ成鳥)
ダイサギ1羽(犀川下流)
シロハラ1羽
カンムリカイツブリ2羽(犀川下流)
ツグミ群れ14羽(アカモズの小径)
オオバン(犀川下流3羽・大池2羽)
シメ群れ12羽
カモ類(オナガガモ?)150羽+(普正寺海岸)
白梅1〜7分咲き(犀川下流左岸)


2020.2.2(日)
アカエリカイツブリ1羽(普正寺海岸400m程沖)(初認)
オオハムまたはシロエリオオハム3羽(普正寺海岸300〜800m程沖)(初認)
アメリカヒドリ♂1羽(犀川橋上流)
ミコアイサ♂1羽(犀川橋下流)
ツグミ6羽
シロハラ1羽
オナガガモ1220羽+ (普正寺海岸沖遠くを、北東へ次々渡って行きました。10時6〜37分に300+300+200+20+150+250=1,220羽)
アカゲラ?1羽(声のみ)
カンムリカイツブリ8羽(犀川下流)
カイツブリ2羽(犀川下流)
オナガ4羽
ミヤマホオジロ♂7羽♀5羽(アカモズの小径)
ウ類(犀川中州2羽・金石西防波堤15羽)
カモメ類26羽(犀川河口)
オオバン(犀川下流9羽・大池2羽)
ヨシガモ♂6羽♀4羽(犀川下流)
オカヨシガモ♂3羽♀1羽(犀川下流)
オナガガモ♂7羽♀6羽(犀川橋上流)
メジロ(写真あり)(情報より)
オオイヌノフグリ3分咲き
クロガネモチの実すべてなくなりました(ヒヨドリなどが遠くへ種子散布してくれるのでしょう)

ユスリカ(個体数は少ないのですが、砂丘上で群れていました)(初認)(プールの北)



2020.2.1(土)
オオタカ♀1羽(野鳥園跡地東)
シメ5羽
シロハラ?2羽
アオジ♂1羽
ウ類(犀川中州14羽・金石西防波堤8羽)
オオバン(犀川下流1羽・大池2羽)
ノスリ1羽(ササゴイの池北)
オカヨシガモ♂3羽♀2羽(犀川下流)
ミコアイサ♂1羽(犀川中州西)
オナガ10羽(野鳥園跡地)
ツグミ群れ45羽+(アカモズの小径)
アカゲラ1羽
ミヤマホオジロ♂2羽
カモメ類1羽(犀川河口)
キンクロハジロ(大池♂4羽)
コガモ♂♀のペアがポンプ行動をしていましたが、交尾には至らず。
(コガモは普正寺の森でも個体数は多いのですが、なぜか普正寺の森での交尾の観察例はわずかです。越冬地での交尾は少ないのでしょうか?)
カンムリカイツブリ4羽(犀川下流)
カイツブリ(写真あり)(情報より)
カワアイサ♀1羽(犀川下流)(写真あり)(情報より)


2020.1.31(金)
シメ群れ26羽
オオバン(犀川下流3羽・大池1羽)
シロハラ2羽
カンムリカイツブリ5羽(犀川下流)
ツグミ群れ33羽(大池の西から東へ)
カモメ類6羽(犀川河口)
オオセグロカモメ成鳥1羽・幼鳥2羽
ウ類(犀川中州6羽(内、繁殖羽1羽))
オカヨシガモ♂1羽♀2羽(犀川下流)
オナガ(写真あり)(情報より)
クロガネモチにヒヨドリ5羽が群がっていました(はっきりと実の数が少なくなっています)
白梅つぼみ〜3分咲き(犀川下流左岸)


2020.1.29(水)
シメ群れ21羽(野鳥園跡地)
シロハラ?5羽
アオジ♂2羽♀1羽
ツグミ群れ6羽
アカゲラ?1羽
ミサゴ1羽(犀川下流上空)
ヒヨドリ群れ20羽+
ウ類(犀川中州3羽・金石西防波堤3羽)
カモメ類4羽(犀川河口)
オオバン(犀川下流1羽・大池3羽→1羽は水面から南に約5m離れた地上)
ヨシガモ♂6羽♀3羽(犀川橋下流)
カンムリカイツブリ3羽(犀川下流)


2020.1.28(火)
ツグミ5羽
ミヤマホオジロ♂1羽
アカゲラ1羽
シロハラ2羽(他に声のみ3羽)(シロハラの声も聞けない1月もあるのですが、今冬は多い)
オオバン(犀川下流6羽・大池2羽→1羽は水面から南に約1m離れた地上)
カンムリカイツブリ6羽(犀川下流)
アオジ♂1羽
メジロ1羽
オナガ1羽
ウ類(犀川中州2羽・犀川橋下流浅瀬1羽・金石西防波堤1羽)
カモメ類5羽(犀川河口)


2020.1.27(月)
イワツバメの巣(18個)→普正寺橋の下(両岸から数えましたが、見えない箇所も多くあります。巣はかなり多くあると思います。
ただ、近いうちに普正寺橋は撤去されます。残念です。)
ウグイス1羽
シメ3羽
オオバン(大池2羽→1羽は水面から南に約1m離れた地上)
シロハラ?2羽
カンムリカイツブリ5羽(犀川下流)
ダイサギ2羽(犀川下流)
オナガ14羽(犀川と安原川合流地点)
アカゲラ1羽
メジロ2羽
ツグミ4羽
ウ類(犀川橋下流浅瀬9羽)
ヨシガモ♂1羽♀1羽(犀川下流)
ムクドリ17羽(普正寺橋左岸電線上)
ミコアイサ♂1羽(犀川橋下流)
キセキレイ(水車小屋)(情報より)
(ドクターヘリが、小松空港方向から普正寺の森上空に来て、毎朝8時21〜24分に進路を変更し、
石川県立中央病院方向へ向かいます。時刻に正確です。稀に8時30分に普正寺の森を通過する事もあります。)



2020.1.26(日)
オオバン(犀川下流1羽・大池1羽)
ウ類(犀川中州1羽・犀川橋下流浅瀬1羽・金石西防波堤13羽)
カンムリカイツブリ9羽(犀川下流)
オカヨシガモ♂1羽(犀川下流)
ノスリ1羽(森上空)
ツグミ5羽
シメ1羽
ダイサギ3羽(犀川橋下流)
ヨシガモ♂1羽♀2羽(犀川下流)
キセキレイ1羽(小川)(情報より)
オオタカ幼鳥1羽(小川の倒木上)(情報より)
ミコアイサ♂1羽(犀川中州)(写真あり)(情報より)
白梅開花(正門)
オオイヌノフグリ開花
シロバナタンポポ開花(4株)

カタツムリ1匹(野鳥園跡地南のアスファルト道上)(初認)


2020.1.25(土)
シメ60羽+(野鳥園跡地)(普正寺の森では2008年1月3日に170羽+の記録もあります)
オオバン(犀川下流2羽・大池2羽)
シロハラ?3羽
カンムリカイツブリ1羽(犀川下流)
カモメ類1羽(セグロカモメ)(犀川河口)
ツグミ5羽
ダイサギ1羽(犀川下流)
ウ類(犀川橋下流浅瀬6羽)
キセキレイ(水車小屋)(情報より)
オオイヌノフグリつぼみ
ユキヤナギ葉芽膨らむ



2020.1.24(金)
ハイタカ成鳥1羽(ササゴイの池の北樹上)
オオバン(犀川下流2羽・大池2羽)
ツグミ10羽
ウ類(犀川中州2羽・犀川橋下流浅瀬3羽・金石西防波堤14羽・テトラポッド2羽)(19時42分には、中州の樹上にウ類が、45羽も止まっていました)
ウグイス2羽
犀川中州→アオサギ1羽
カンムリカイツブリ7羽(犀川下流)
アオジ♂3羽♀1羽
メジロ4羽
ダイサギ1羽
ヨシガモ♂7羽♀3羽(犀川橋下流)
ミソサザイ1羽(三千坊跡)(写真あり)(情報より)
クロガネモチの実まだ多く残っていますが、今朝は、メジロ1羽・ツグミ1羽・ヒヨドリ1羽が止まっていました


2020.1.22(水)
ハヤブサ1羽(犀川橋上流左岸)
ミコアイサ♂1羽(犀川橋下流)
カワアイサ♀2羽(犀川橋上流)
オオバン(犀川下流14羽・大池2羽→1羽は水面から西に約2m離れた地上)
ヨシガモ♂4羽♀2羽(犀川橋下流)
オカヨシガモ♂2羽♀1羽(犀川下流)
カンムリカイツブリ12羽(犀川下流)(普正寺の森最大個体数です)
ウグイス1羽
ウ類(犀川橋下流浅瀬4羽・金石西防波堤27羽)
ヒヨドリ(特に、エノキの小径周辺で賑やか)
健民海浜プール→キンクロハジロ♀1羽
キンクロハジロ♂5羽(大池)
シロハラ1羽
ダイサギ1羽(犀川下流)
カモメ類2羽(犀川河口)
アカゲラ♀1羽
アオジ♂1羽
ツグミ58羽(アカモズの小径の北から、次々と南へ)
カイツブリ1羽(写真あり)(情報より)
(犀川の二ッ寺橋上流でアメリカヒドリ♂1羽を見かけました。今後、普正寺の森でも再び観察出来そうです)
オランダミミナグサ開葉
(近くの水田ではオニノゲシが満開でした)


2020.1.21(火)
オオバン(犀川下流5羽・大池2羽→1羽は水面から西に約1m離れた地上)
カイツブリ1羽(犀川下流)
カンムリカイツブリ6羽(犀川下流:中州の東で群れ状態)
シメ3羽
ミサゴ1羽(犀川橋上空)
ノスリ1羽(犀川下流左岸上空)(少し白っぽい個体)
ウ類(犀川中州10羽)
ツグミ1羽
ヨシガモ♂3羽♀1羽(犀川橋下流)
シロハラ?2羽
ハヤブサ♂1羽(大池:上空低く(高さ約10m)を西から東へ。カモ類が騒めきました)
オオセグロカモメ成鳥2羽(普正寺浜)(久々)
カモメ類11羽(犀川河口)


2020.1.20(月)
シメ群れ27羽(野鳥園跡地の東)
ウ類(犀川中州5羽・犀川橋下流浅瀬3羽・金石西防波堤11羽)
オオバン(犀川下流3羽・大池3羽→2羽は水面から西に約8m離れた地上。その後、水面で泳ぎました。大池で3羽は最多です)
ミヤマホオジロ♂3羽♀4羽(アカモズの小径)
カシラダカ3羽(アカモズの小径)
ツグミ3羽
シロハラ?1羽
カンムリカイツブリ3羽(犀川下流)


2020.1.19(日)
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」で、籠の中のメジロが映し出されていました
そして、囲眼羽の幅が種メジロに比較すると、かなり広い。「こんなメジロもいるのだ」と驚きました。
種アフリカヤマメジロ Zosterops poliogastrus (エチオピア、ケニア、タンザニア)ではないかと思ったのですが?
そして、腹部などが白くないので、亜種Z. p. kikuyuensisでは?
http://www008.upp.so-net.ne.jp/mittairen/mejiro/mejirozufu.pdf#search=%27%E3%83%A1%E3%82%B8%E3%83%AD++%E4%B8%96%E7%95%8C%27
https://www.env.go.jp/nature/choju/effort/effort3/mejiro.pdf#search=%27%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%A1%E3%82%B8%E3%83%ADZosterops+japonicus+hainanus%27


2020.1.18(土)
カンムリカイツブリ5羽(犀川下流)
ツグミ5羽
ウ類(犀川橋下流浅瀬1羽・金石西防波堤12羽)
オオバン(犀川下流5羽・大池1羽→水面から南西に約4m離れた地上。弁足も近くで見せてくれました)
https://sdknz610.exblog.jp/10165510/

シメ1羽
ムクドリ群れ9羽(普正寺橋左岸の電線上)


2020.1.17(金)
キレンジャク2羽(情報より)
カワセミ(ササゴイの池観察舎黒板の情報より)


2020.1.16(木)
ツグミ群れ14羽
ウ類(犀川中州2羽・犀川橋下流浅瀬2羽・金石西防波堤14羽)
ジョウビタキ♂1羽
メジロ群れ5羽(第3駐車場)
オオバン(犀川下流17羽・大池東の地上1羽)
シロハラ2羽
カンムリカイツブリ7羽(犀川下流)
キジ♂1羽(肉冠は真っ赤ですが、まだ大きくはありません)
ミサゴ1羽
シメ群れ7羽(15羽±の情報も)
ヨシガモ♂2羽♀1羽(犀川下流)
カイツブリ1羽(普正寺橋上流)
シメ15羽±(ササゴイの池観察舎黒板の情報より)
アカゲラ(ササゴイの池観察舎黒板の情報より)


2020.1.15(水)
オオバン(犀川下流8羽・大池1羽)
ツグミ群れ8羽
ウ類(犀川中州4羽・金石西防波堤1羽)
シロハラ?3羽
オカヨシガモ♂3羽♀1羽(犀川下流)
メジロ1羽
カンムリカイツブリ5羽(犀川下流)
アオジ♂1羽
カモメ類1羽(犀川河口)
アカゲラ?1羽(声のみ)
ウグイス1羽
サザンカ散り始め


2020.1.14(火)
ツグミ4羽
シロハラ?1羽
アオジ♂1羽
ウ類(犀川中州6羽)
シメ7羽
ミヤマホオジロ♂2羽♀2羽(コゲラの小径)
カンムリカイツブリ4羽(犀川下流)
ムクドリ48羽(普正寺橋左岸の電線上)
メジロ(写真あり)(情報より)


2020.1.13(月:成人の日)
スズメ60羽+(犀川下流左岸)
オオバン(犀川下流19羽)
ツグミ1羽
カンムリカイツブリ6羽(犀川下流)
シメ5羽
ムクドリ5羽
ウ類(犀川中州2羽・犀川橋下流浅瀬1羽・金石西防波堤14羽)
カモメ類9羽(犀川河口)
ミヤマホオジロ♂5羽♀2羽(小川の西)
カワセミ♂(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)


2020.1.12(日)
ハシビロガモ♀タイプ1羽(大池)
キンクロハジロ♂2羽♀1羽(大池)
カンムリカイツブリ1羽(犀川下流)
シメ群れ16羽
アオジ♂1羽♀1羽
ミヤマホオジロ♂3羽♀4羽
カシラダカ2羽
シロハラ1羽(他に声のみ2羽)
ウ類(犀川中州2羽・犀川橋下流浅瀬1羽・金石西防波堤4羽)
ウグイス1羽
アカゲラ?1羽(声のみ)
ダイサギ1羽
オオバン(犀川下流9羽・大池のボート小屋南の小径上1羽)
ツグミ群れ9羽
シジュウカラ群れ8羽
カモメ類2羽(犀川河口)
メジロ群れ12羽
ノスリ1羽(森から犀川へ
ミコアイサ(ササゴイの池観察舎黒板の情報より)
カイツブリ(情報より)
ウミウ(情報より)
ミサゴ(情報より)
イソヒヨドリ(情報より)


2020.1.11(土)
ハシビロガモ♂3羽♀タイプ1羽(大池)
キンクロハジロ♂1羽♀2羽(大池)
カンムリカイツブリ4羽(犀川下流)
ツグミ群れ7羽
メジロ1羽
ウ類(犀川中州1羽・金石西防波堤21羽)
ミヤマホオジロ♀1羽
アカゲラ?1羽(声のみ)
オオバン(犀川下流9羽)
シメ2羽
アオジ♂1羽♀1羽
カモメ類2羽(犀川河口)
カワセミ♂1羽(ササゴイの池)
カイツブリ1羽(犀川下流)
ミコアイサ♂2羽(情報より)


2020.1.10(金)
ツグミ群れ10羽(ハゼノキの実を啄んでいました)
ウ類(金石西防波堤16羽)
メジロ3羽
シメ5羽
オオバン4羽(犀川下流)
カモメ類8羽(犀川河口)
シロハラ?1羽
カンムリカイツブリ5羽(犀川下流)
ヨシガモ♂2羽♀3羽(犀川下流)
キンクロハジロ(大池♂3羽♀4羽)
ミコアイサ♂(情報より)


2020.1.9(木)
アカゲラ♀(写真あり)(情報より)
ミソサザイ(写真あり)(情報より)


2020.1.8(水)
ノスリ1羽(ササゴイの池北の樹上)(写真あり)(情報より)


2020.1.7(火)
キンクロハジロ(大池♂5羽♀11羽)
ハシビロガモ(大池♂1羽♀1羽)
カンムリカイツブリ4羽(犀川中州の東)
ツグミ群れ6羽
カシラダカ♂1羽
シロハラ?3羽
メジロ群れ6羽
オオバン(犀川下流8羽・大池1羽)
ミヤマホオジロ♀1羽
カモメ類1羽(犀川河口)
シメ群れ26羽(犀川下流左岸)
ウ類(犀川中州1羽)
シロバナタンポポつぼみ1株


2020.1.6(月)
オオバン(犀川下流16羽・大池1羽)
オカヨシガモ♂1羽(犀川下流)
ヨシガモ♂6羽・♀10羽(犀川下流)
ハシビロガモ♀1羽(犀川下流)(大池には♂2羽)
カンムリカイツブリ5羽(犀川下流)
カイツブリ1羽(犀川下流)
キンクロハジロ(大池♂4羽♀3羽)
オナガ1羽(専光寺の森との境い)
ノスリ1羽(犀川橋上流左岸の桜の上)
ハイタカ1羽(犀川橋上流のノスリが止まっている樹木の上空を通り、上流へ)
ミコアイサ♂(犀川下流)(情報より)
カワセミ(ササゴイの池観察舎黒板の情報より)


2020.1.5(日)
カイツブリ2羽(普正寺橋上流)
ウグイス2羽
ツグミ群れ24羽(プールの東)
ヒヨドリ(ササゴイの池〜コゲラの小径周辺に特に多く、賑やかでした。きっと50羽以上いたのでしょう。冬期にも渡りをしている印象です。)
キセキサイ1羽(大池)
シメ群れ26羽(プールの東)
カンムリカイツブリ4羽(犀川下流)
ウ類(犀川中州5羽・金石西防波堤5羽)
シロハラ?1羽
カワラヒワ群れ5羽(アカモズの小径地上)
オオバン(犀川下流4羽・大池1羽)
カワセミ(ササゴイの池観察舎黒板の情報より)


2020.1.4(土)
メジロ2羽
シロハラ?1羽
カワセミ♂1羽(ササゴイの池)
ウ類(金石西防波堤21羽)
オオバン(犀川下流4羽・大池1羽)
カンムリカイツブリ4羽(犀川中州周辺)
カモメ類4羽(犀川河口)
ツグミ1羽
ミヤマホオジロ1羽(正門)(情報より)
アカゲラ(情報より)
シメ50羽±(情報より)
ベニマシコ♂1羽(林間広場の東)(写真あり)(情報より)
アオジ(情報より)


2020.1.3(金)
キンクロハジロ♂2羽・♀タイプ1羽(大池)
ハシビロガモ♀タイプ1羽(大池)
ツグミ1羽
オオバン(犀川下流3羽・大池1羽)
オオタカ♀成鳥1羽(ササゴイの池北の松上)
キセキレイ1羽(小川)
ミヤマホオジロ♂1羽♀1羽
カンムリカイツブリ2羽(犀川下流)
ウ類(犀川中州2羽・犀川橋下流浅瀬1羽・金石西防波堤8羽)
シロハラ2羽(エノキの小径)
シメ1羽
アカゲラ?1羽(声のみ)
カワセミ(ササゴイの池観察舎黒板の情報より)


2020.1.2(木)
カワセミ(ササゴイの池観察舎黒板の情報より)


2020.1.1(水)
ウ類(犀川中州1羽・金石西防波堤1羽)
オオバン(犀川下流6羽・大池1羽)
カモメ類3羽(犀川河口)
メジロ1羽
シメ1羽
ツグミ3羽
シロハラ?2羽
カンムリカイツブリ2羽(犀川下流)
ハヤブサ1羽(8時41分 森から犀川上空へ、そして普正寺橋から下流へ)
アカゲラ♀1羽
キンクロハジロ♂3・♀タイプ1羽(大池)
ハシビロガモ♂1羽(大池)

元旦、森を一回りしました。
曇り空ですが無風で積雪もなく、穏やかな朝でした。
そして、高速の大型トラックの騒音が非常に少なく、心地良い。
金石バイパス(森から近くでは200m横)の開通前、1990年頃の静かな森を思い出しました。
小鳥達の微かな囁きも聴き取れた、あの頃。








【2019年の普正寺の森の野鳥の記録は158種で、昨年より6種増えました。】

【2019年に期待していた種で記録のないのは、下記の通りです。
観察されていましたら、メール等でご連絡をお願い致します。

ヒシクイ・カワアイサ・ウミアイサ・カラスバト・アビ・クロサギ・アマツバメ・

コチドリ・メダイチドリ・イソシギ・コウライウグイス・キマユムシクイ・

キバシリ・シマゴマ・オジロビタキ・オオジュリン】

【普正寺の森(0.71ku)の年間野鳥種類数は、2006年以降、14年連続で150種以上を記録しました。
その内、160種以上が10年あり、2011年には173種、2012年には171種を記録しています。
また、1991年以降の29年間の平均は153.0種(標準偏差±12.5)です。】


【毎年、約150種以上の記録のある地域を教えてください。

また、野鳥の種類数が240種以上記録のある地域も、ご存知でしたらご連絡をお願い致します。
条件は、沖縄本島・対馬・舳倉島等の小さな島を除いた、北海道・本州・四国・九州の4島で、
調査範囲10ku以下の地域です。調査期間は問いません。

この条件で、多くの記録のある地域として、
蒲生干潟(仙台市)276種・大阪南港野鳥園(大阪市)247種・和白干潟(福岡市)240種の、情報を頂いています。】


【さらに、国内のすべての島を含めても、面積10ku以下で、290種以上の野鳥の記録のあるのは、
舳倉島(石川県輪島市 0.55ku)372種・見島(山口県萩市 7.73ku)350種±・普正寺の森(石川県金沢市 0.71ku)294種・
粟島(新潟県岩船郡 9.86ku)種類数不明・飛島(山形県酒田市 2.73ku)種類数不明、の5箇所と思われます。

この記録についても、情報がありましたら、よろしくお願い致します。】


・粟島は、下記のサイトに、1993〜2019年の「主に5月上旬」の記録として、
208種(64*3+16=208)の掲載があります。(航路のみと思われる7種も含みます)

「主に5月上旬」の27年間で、200種以上の記録があるので、
周年のこれまでの記録は、優に300種を超えていると思われます。
http://www.torizuki.com/guide/awashima/awashima_2.htm

・飛島は、Wikipediaに「野鳥の種類は約270種。
渡り鳥の中継地となっており季節により多くの鳥が見られる。」と掲載されています。調査期間等不明。

ただ、飛島も粟島と同様で、300種は超えていると思われます。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%9B%E5%B3%B6_(%E5%B1%B1%E5%BD%A2%E7%9C%8C)

・なお、下記の島は、面積が10kuを超えていますので除きました
宮古島158.87ku(宮古諸島330種)、トカラ列島(鹿児島県)の中之島は34.47ku(トカラ列島318種)、利尻島(北海道)182.11ku(317種)、八丈島69.11ku(304種) 







2019.12.31(火)(最大瞬間風速20.5m/s(西南西)5時37分)
コガモ(大池♂121羽・♀78羽)
ハシビロガモ♂1羽♀タイプ1羽(大池)
ハクセキレイ2羽
ウ類(犀川中州・犀川橋下流浅瀬・金石西防波堤の3ヶ所では見掛けませんでした。真冬に3ヶ所で記録がないのは初めてかも?)(犀川下流上空では1羽が飛翔していました。)
オオバン(犀川下流1羽)
ムクドリ43羽(普正寺橋左岸電線上)
ツグミ4羽
センダン実が多く小径に落ちていました


2019.12.29(日)
ハシビロガモ♂2羽(胸は、まだ真っ白にはなっていません)(大池)(写真あり)(情報より)
ヨシガモ♂2羽(犀川橋下流)(写真あり)(情報より)
ミコアイサ♂1羽(犀川下流 中州周辺)(写真あり)(情報より)
アカゲラ♀1羽(三千坊跡)(写真あり)(情報より)


2019.12.28(土)
ウ類(犀川中州1羽・金石西防波堤25羽)
オオバン(犀川下流2羽・大池1羽)
ムクドリ6羽(普正寺橋左岸)
キセキレイ?1羽(声のみ)
カンムリカイツブリ3羽(犀川下流)
カイツブリ(犀川下流)(写真あり)(情報より)
アカゲラ♀(写真あり)(情報より)
シメ(写真あり)(情報より)
シロダモ赤い実はまだ多く残っています


2019.12.27(金)(最大瞬間風速20.8m/s(西)5時6分)(9時風速→11.4m/s(北))
チュウヒ1羽(犀川下流中州の樹上 9時34分)(中州の樹上は初記録です。12月16日に、大池上空を旋回していた個体と同じで、褐色のタイプ。犀川下流中州を利用(止まった)した記録は、53種に増えました。中州樹上のチュウヒに逢えるとは。嬉しい記録になりました)
(水面から約3mの低い位置に。その上2mには、ウ類2羽もいましたが、争いもなく(仲良く?)樹上に止まっていました。その後、チュウヒが飛び立つと、チュウヒ近くのウ類も8羽が、一斉に飛び立ち。ウ類は、北寄りの強風を避けて中州に多くが止まっていたのですが、やはりチュウヒを恐がっていた印象です。)

ウ類(犀川中州22羽)
オオバン(犀川下流3羽・大池1羽)
メジロ群れ12羽(プールの南のマサキ上)
ミサゴ1羽(犀川下流上空)
ムクドリ群れ50羽+(野鳥園跡地)
ヒヨドリ群れ15羽+(犀川下流左岸で賑やかでした)
カンムリカイツブリ1羽(犀川下流)
シロハラ1羽(他に声のみ1羽も)
羽根の散乱が、小川中流の西側小径にありました。→コガモの、左側の次列風切8番(緑色の光沢あり・先端は若干白色)や、尾羽
http://takibi-club.a.la9.jp/hane/hane-kogamo.html


2019.12.26(木)
ムクドリ群れ70羽+(普正寺橋左岸)


2019.12.25(水)
亜種ハチジョウツグミ1羽(上面は無斑で灰褐色・外側尾羽上面は赤褐色・下面に赤褐色斑)(下面は♂の様に顕著な赤色ではないので、♀と思われます)
アカゲラ♀1羽
ミコアイサ♂1羽(生殖羽と違い、頭部・側頸・胸側などに、まだ少し灰色が残っています)(犀川橋下流 13時23分)(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)


2019.12.24(火)
ウ類(犀川中州2羽・犀川橋下流浅瀬1羽・金石西防波堤14羽)
オオバン(犀川下流1羽・大池1羽)
ヨシガモ♂2羽♀2羽(犀川下流)
カンムリカイツブリ1羽(犀川下流)
ムクドリ40羽+
セグロセキレイ2羽
ツグミ1羽
メジロ2羽


2019.12.23(月)
アカゲラ♀1羽
ウグイス1羽
シメ群れ18羽(野鳥園跡地)
オオバン(犀川下流4羽・大池1羽)
ツグミ2羽
シジュウカラ群れ10羽(アカモズの小径)
シロハラ?2羽
メジロ1羽
ウ類(犀川中州2羽・犀川橋下流浅瀬1羽)
虹(かないわ病院からプール北辺りに架かっていました。視点によりますが、森で完結する虹は珍しい。)


2019.12.22(日)
ベニマシコ♂1羽(写真あり)(情報より)
キセキレイ(小川で水浴び)(写真あり)(情報より)
カイツブリ(写真あり)(情報より)


2019.12.21(土)
シメ2羽
ツグミ3羽
オオタカ成鳥1羽(ササゴイの池上空)
メジロ1羽
オオバン(犀川下流1羽・大池1羽)
アカゲラ?1羽(声のみ)
ウグイス1羽
カンムリカイツブリ2羽(犀川下流)


2019.12.20(金)
シメ14羽
セグロセキレイ1羽
ウ類(犀川中州22羽)(内、1羽は繁殖羽。初認)
ウ類(大池で1羽が潜りました)
アカゲラ♀1羽
キセキレイ1羽(大池)
メジロ3羽
カンムリカイツブリ3羽(犀川下流)
ツグミ4羽
アオジ♂1羽♀1羽
ミヤマホオジロ♂1羽・♀2羽・性不明1羽
ノスリ1羽(小川下流ベンチ前の、コナラ高さ約7mに止まりました)
シロハラ?1羽
オオバン(犀川下流2羽・大池1羽)


2019.12.19(木)
オオバン(犀川下流7羽・大池1羽)
カンムリカイツブリ2羽(犀川下流)
ウ類(犀川中州1羽・犀川橋下流浅瀬1羽・金石西防波堤10羽)
メジロ3羽
セグロセキレイ2羽(プールの南)
アメリカヒドリ♂1羽(金石港船溜り 11時26分)(ヒドリガモ15羽と群れで)
ミソサザイ1羽(二天橋 12時13分)(写真あり)(情報より)
ミサゴ2羽(情報より)(2018年4月30日には、黒松高木に枯れ枝を置いた記録があります。今後、繁殖も期待しています。)
キセキレイ2羽(情報より)


2019.12.18(水)
ツグミ8羽
ウ類(犀川中州9羽・金石西防波堤9羽)
カワウ1羽(大池の水面 11時13分)
アカゲラ?1羽(声のみ)
シメ1羽


2019.12.17(火)
ウグイス1羽
ツグミ2羽
メジロ群れ8羽(コゲラの小径)
カンムリカイツブリ6羽(犀川下流)
ウ類(犀川中州1羽・金石西防波堤15羽)
シロハラ?1羽
オオバン(犀川下流5羽・大池1羽)
犀川中州→アオサギ1羽
ケリ18羽(水田)


2019.12.16(月)
チュウヒ1羽(褐色のタイプ。10時3分 大池上空(高さ約30m)で、6回も小さな円で旋回した後、北東へ)(今年初記録)
トモエガモ♂1羽(大池)
ミコアイサ♂1羽・♀1羽(目先濃い)(犀川橋下流)
ハクチョウ類3羽+(声のみ 7時58分)
カルガモ(胸などが白っぽい個体1羽)(大池)
アカゲラ1羽
ウ類(犀川中州3羽・金石西防波堤13羽)
オカヨシガモ♂1羽(犀川下流)
ウグイス1羽
カイツブリ(犀川下流1羽・大池2羽)
ツグミ2羽
カンムリカイツブリ(普正寺橋から中州間に10羽も)
メジロ5羽(犀川下流左岸のオギに群れていました)
オオバン(犀川下流10羽・大池1羽)
シメ数羽(写真あり)(情報より)
ベニマシコ♂1羽(二天橋 11時43分)(写真あり)(情報より)
ミソサザイ1羽(二天橋 12時3分)(写真あり)(情報より)
カワセミ1羽(情報より)
センダン実緑
大池→ミシシッピアカミミガメ1匹



2019.12.15(日)
カンムリカイツブリ1羽(犀川下流)
ウ類(犀川中州1羽・犀川橋下流浅瀬2羽・金石西防波堤19羽)
カワセミ♂1羽(ササゴイの池)
ウグイス1羽
オオバン3羽(犀川下流)
ミヤマホオジロ♂1羽♀1羽(アカモズの小径)
ヨシガモ♂5羽♀4羽(犀川中州西)
アカゲラ♀1羽(写真あり)(情報より)


2019.12.14(土)
ミコアイサ♂1羽(犀川橋下流)
オオバン2羽(犀川下流)
ウ類(犀川中州1羽・犀川橋下流浅瀬5羽・金石西防波堤10羽)
シメ1羽
シロハラ?1羽
カイツブリ1羽(犀川下流)
ツグミ2羽
カンムリカイツブリ2羽(犀川下流)
カモメ類1羽(犀川河口)
犀川中州→トビ1羽
アカゲラ♀1羽(写真あり)(情報より)
クロガネモチ実真っ赤で、まだ多い


2019.12.13(金)
オオタカ成鳥(写真あり)(情報より)
カワセミ♂(写真あり)(情報より)


2019.12.12(木)
キジ♂1羽
オオバン(犀川下流1羽・大池1羽)
ウ類(犀川中州13羽・犀川橋下流浅瀬1羽)
ツグミ1羽
カンムリカイツブリ2羽(犀川下流)
オナガガモ♂1羽(犀川下流)
シメ11羽
セグロカモメ1羽
ミコアイサ♂1羽(情報より)
カワセミ♂(情報より)


2019.12.11(水)
ミコアイサ♂1羽(犀川橋下流 6時28分)(♀2羽の情報も)
オオバン13羽(犀川下流)
ウ類(犀川中州3羽・犀川橋下流浅瀬2羽・金石西防波堤18羽)
ダイサギ7羽(6時29分(犀川橋上空南へ)(犀川下流左岸にも1羽)
コサギ7羽(6時29分(犀川橋上空南へ)
カイツブリ1羽
ツグミ3羽
ウグイス2羽
ハシビロガモ♀タイプ2羽(大池)
シメ10羽±(情報より)
カシラダカ3羽(写真あり)(情報より)
アカゲラ♀1羽(写真あり)(情報より)
キセキレイ(小川)(写真あり)(情報より)
コマツヨイグサ花


2019.12.10(火)(日の出時刻6時54分、日の入り時刻16時38分)
メジロ群れ5羽(コマユミの実を採食、ユキツバキの花にも顔を入れいていました)
ウ類(犀川中州0羽・犀川橋下流浅瀬4羽・金石西防波堤0羽)
オカヨシガモ♂1羽♀1羽(犀川下流)
カンムリカイツブリ2羽(犀川下流)
シロハラ?1羽
カイツブリ2羽(犀川下流)
オオバン5羽(犀川下流)
オナガガモ♂1羽(犀川下流)

カモ類(16時57分 犀川橋から犀川中州までに、カモ類314羽が水面にいました。
その後、17時20分(日の入り時刻42分後)より南方面へ飛去が始まり、21時頃にはすべて観察されませんでした。
夜間は、犀川下流から南方面に多い白山市などの水田へ、移動しているのでは?)

ダイサギ28羽(17時12分(日の入り時刻34分後) 20羽が犀川中州の樹上。20時29分には28羽がねぐらとして樹上に。犀川の右岸より観察。
コサギ11羽も、犀川中州をねぐらにしていました。これまでも、この2種は繁殖後には犀川中州をねぐらとして利用していたのでしょう。)
アカゲラ♀(写真あり)(情報より)
ヤツデ花


2019.12.9(月)
ウ類(犀川中州1羽・犀川橋下流浅瀬2羽・金石西防波堤0羽)
カンムリカイツブリ5羽(犀川下流)
メジロ1羽
オカヨシガモ(犀川下流♂1羽♀1羽・大池♂1羽)
オオバン(犀川下流4羽・大池1羽)
ツグミ群れ7羽
シメ群れ8羽(12羽の情報も)
ミヤマホオジロ♂1羽(エノキの小径)
アカゲラ1羽
シロハラ?1羽
アオジ♀1羽
ハシビロガモ♀タイプ1羽(大池)
亜種ハチジョウツグミ1羽(写真あり)(情報より)
カワセミ(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
カシラダカ3羽(写真あり)(情報より)


2019.12.8(日)
ホオジロガモ♀1羽(犀川橋上流 嘴先端黄橙色)(2016年11月8日1羽以来)
ミコアイサ♀タイプ1羽(犀川橋上流)
ヨシガモ♂1羽(犀川橋上流)
カイツブリ1羽(犀川橋上流)
オオバン(犀川下流17羽・大池1羽)
カンムリカイツブリ7羽
オカヨシガモ♂2羽♀3羽(犀川下流)
カルガモ(大池234羽)
シメ群れ7羽
ツグミ群れ10羽(30羽+の情報も)
ウ類(犀川中州10羽・金石西防波堤18羽)
シロハラ?1羽
タシギ1羽(水田)
キセキレイ(小川)(写真あり)(情報より)
ミヤマホオジロ♂(小川で水浴び)(写真あり)(情報より)
アカゲラ♀(写真あり)(情報より)
スズガモ(情報より)
ウミウ(情報より)
ミサゴ(情報より)
ハイタカ(情報より)
メジロ(情報より)
セグロセキレイ(情報より)
ハマヒサカキ満開


2019.12.7(土)
ヨシガモ♂♀(写真あり)(情報より)
アカゲラ♀1羽(写真あり)(情報より)
トモエガモ♂2羽(顔の巴模様はっきり。肩羽もカーブを描いて長く垂れています。(犀川中州下流)(写真あり)(情報より)
スズガモ♀1羽(嘴を囲む白色部は大きい。キンクロハジロと違い、スズガモ♀生殖羽の特徴である、体上面と脇は波状斑に覆われた灰色あり)(10時27分 普正寺橋上流 2017年以来)(写真あり)(情報より)(今年の普正寺の森の野鳥の記録は、昨年より4種多い156種になりました)
アメリカヒドリ♂1羽(金石港船溜り)(写真あり)(情報より)
亜種ハチジョウツグミ(写真あり)(情報より)


2019.12.6(金)(金沢で初雪。平年より7日遅く、昨シーズンより2日早い観測)


2019.12.5(木)
ミコアイサ♂1羽(脇は換羽中)(犀川中州の下流 8時2分)(初認)
アオジ♂2羽
オオバン(犀川下流1羽・大池1羽)
カイツブリ1羽(犀川下流)
ウ類(犀川中州15羽)
ハヤブサ♀幼鳥1羽(犀川中州周辺 水面上5mから30mへ急上昇)
ツグミ3羽
ウグイス1羽
カンムリカイツブリ2羽(犀川下流)
オナガガモ♂1羽(換羽中)(犀川下流)
カルガモ(胸などが白っぽい個体1羽)(大池)
カモメ類10羽(セグロカモメ)(犀川河口)


2019.12.4(水)
トモエガモ♂5羽・♀タイプ1羽(犀川中州の西)(♂はすべて換羽中ですが、顔の巴模様ははっきり見えます)
カルガモ(大池の1羽は、胸・前頸・頬などがかなり白い。眠りの姿勢でいると、カンムリカイツブリかと一瞬思うくらいに白い)
アカゲラ♀1羽
ツグミ5羽
オオバン(犀川下流3羽・大池1羽)
シロハラ1羽
カンムリカイツブリ1羽(犀川下流)
キジ♀1羽
ミヤマホオジロ♀1羽
シメ1羽
ウ類(犀川中州12羽)
ムクドリ50羽+


2019.12.3(火)
ハシビロガモ♀2羽(大池)
オオバン(犀川下流13羽・大池1羽)
カンムリカイツブリ3羽(犀川下流)
シロハラ4羽
ツグミ50羽+(三千坊跡上空を西から東へ)
ヒドリガモ(金石港船溜り16羽・普正寺橋上流25羽)(アメリカヒドリは観察出来ませんでした)
ウ類(犀川中州16羽・金石西防波堤9羽)(防波堤では強風のためと思われますが、堤防上で座っていました。)(最大瞬間風速18.3m西:10時46分 強風が真面に体に当たる堤防上より、普正寺の森の東の中州の樹上にいた方が、かなり風当たりは弱いのですが。なぜ?)

アカゲラ?1羽(声のみ)
シメ1羽
カイツブリ2羽(写真あり)(情報より)
キセキレイ(写真あり)(情報より)
ヤブツバキ開花


2019.12.1(日)
アカゲラ1羽
ウ類(犀川中州0羽・犀川橋下流浅瀬1羽・金石西防波堤3羽)
ヒドリガモ 犀川河口には12羽(アメリカヒドリは見当たりませんでした)
オナガ1羽(林間広場)
イソヒヨドリ♀タイプ1羽(犀川河口)
カワセミ1羽(ササゴイの池)(2羽の情報も)
オカヨシガモ♂1羽♀1羽(犀川下流)
オオバン(大池1羽・犀川下流1羽)
メジロ5羽
カンムリカイツブリ3羽(犀川下流)
ミサゴ1羽(金石西防波堤上)
シメ(情報より)
ミヤマホオジロ♀(写真あり)(情報より)
赤とんぼ4頭


2019.11.30(土)
シメ15羽+(林間広場)
ツグミ群れ9羽(プールの北東)
オカヨシガモ♂1羽♀1羽(犀川下流)
メジロ群れ7羽
ウ類(犀川中州6羽・犀川橋下流浅瀬4羽・金石西防波堤7羽)
カンムリカイツブリ1羽(犀川下流)
オオバン2羽(犀川下流)
アカゲラ♀(写真あり)(情報より)
セグロセキレイ2羽(写真あり)(情報より)
コマツヨイグサ花
ノコンギク花



2019.11.29(金)(金沢で初霜。平年より2日早く、昨年よりも3日早い)
アメリカヒドリ♂1羽
(10時17分 犀川河口(金石西防波堤) 他に、河口にはヒドリガモ62羽。
護岸に付いている藻?の採食行動や、頻繁に逆立ちになり水中で採食しているようでした)(逆立ち採食をしていたのは、本種とヒドリガモ1羽のみでした。)
アオジ♂1羽
ツグミ群れ7羽
ウ類(犀川中州1羽・金石西防波堤18羽)
メジロ群れ4羽
シメ2羽
オオバン(犀川下流11羽・大池1羽)
キツツキ類のドラミング1羽
カンムリカイツブリ2羽(犀川下流)
カワセミ1羽(情報より)
ハイタカ成鳥1羽(喉は橙褐色)(写真あり)(情報より)
アオギリ実少し残っていました
ジョロウグモ1匹
赤とんぼ2匹



2019.11.27(水)
亜種ハチジョウツグミ(写真あり)(情報より)
オオタカ幼鳥1羽(写真あり)(情報より)


2019.11.26(火)
アメリカヒドリ♂1羽(8時56分 犀川河口(金石西防波堤) 河口にはヒドリガモ35羽に、本種1羽と雑種1羽が水面に。
他のヒドリガモと同様で、まだ番いにはなっていないようです。時々、嘴を水中に入れ、小刻みに動かし、採食している印象。
また、護岸(コンクリート製)に付いている藻などを、食しているような行動も時々ありました。)

アメリカヒドリ♂とヒドリガモ♀との雑種1羽(8時56分 犀川河口(金石西防波堤) 眼の後ろ直径4p程に、緑色光沢はありますが、
嘴や脇はアメリカヒドリ♂とは違う色です。)

オナガ1羽(野鳥園跡地)
ツグミ群れ8羽(プールの東)
シジュウカラ群れ8羽(アカモズの小径)
メジロ群れ18羽(アカモズの小径)
ミサゴ2羽(野鳥園跡地上空を北東へ)
カンムリカイツブリ3羽(犀川下流)
健民海浜プール→カモ類種不明2羽
アオジ♀1羽
アカゲラ♂1羽(小径に、木屑(1cm程が多い(0.5-5p))のですが、直径5m程の範囲に散乱していました。
中形キツツキ類がねぐら用の穴を掘ったのでは?)(野鳥園跡地南の階段上の南)
http://cache.yahoofs.jp/search/cache?c=q2_JUvK2-70J&p=%E3%82%AD%E3%83%84%E3%83%84%E3%82%AD%E9%A1%9E%E3%81%8C%E5%AF%9D%E3%81%90%E3%82%89%E7%94%A8%E3%81%AE%E7%A9%B4&u=akaitori.tobiiro.jp%2FsimpleVC_20101030201549.html

ヒレンジャク3羽
(野鳥園跡地の東)(写真あり)(情報より)
シメ群れ(写真あり)(情報より)
ウソ♂1羽(写真あり)(情報より)
赤とんぼ2頭


2019.11.24(日)
オナガ3羽+(写真あり)(情報より)
ヒレンジャク群れ(写真あり)(情報より)
シメ群れ(写真あり)(情報より)
ミソサザイ1羽(二天橋)(写真あり)(情報より)


2019.11.23(土)
アメリカヒドリ♂1羽(9時23分 犀川河口(金石西防波堤)で、ヒドリガモ17羽と群れになっていました)
オオバン2羽(犀川下流)
ウ類(犀川中州4羽)
メジロ9羽
シロハラ?1羽
ツグミ5羽
ウグイス1羽
カンムリカイツブリ2羽(犀川下流)
カワセミ♂1羽(ササゴイの池)
アオジ性不明1羽(♂1羽♀1羽の情報も)
健民海浜プール→カルガモ2羽・キンクロハジロ♀タイプ2羽・ハシビロガモ♀2羽
アカゲラ♀1羽(写真あり)(情報より)
赤とんぼ3頭
大池→ミシシッピアカミミガメ4匹、クサガメ1匹、イシガメ1匹


2019.11.22(金)
アメリカヒドリ♂1羽(8時59分 犀川河口(金石西防波堤)で、ヒドリガモ15羽の群れと水面)
タシギ1羽(水田)(今年初記録)
ケリ11羽(水田)
カンムリカイツブリ3羽(犀川下流)
アカゲラ?1羽(声のみ)
ツグミ1羽
シロハラ?3羽
オオバン(大池2羽・犀川下流9羽)
メジロ6羽
マガモとカルガモとの雑種1羽(大池)
キセキレイ1羽(ササゴイの池)(情報より)
カワセミ♂1羽(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
センダン実緑色
ノイバラ実赤色

赤とんぼ14頭


2019.11.21(木)
ツグミ群れ50羽+(アカモズの小径周辺から飛び立って北東へ 7時59分)
シロハラ?1羽
ウグイス2羽
イソヒヨドリ♀タイプ1羽(プールの北)
マガン幼鳥1羽(盛んに鳴きながら、大池の西から北東へ。高度約30m)(10月26日にも幼鳥1羽で、海上を飛翔していました)
アメリカヒドリ♂1羽(12時13分 金石港船溜りで、ヒドリガモ27羽の群れに)(眼周囲から後頭に緑色光沢。嘴基部を取りまく黒色斑が、はっきりあります。背・肩羽・脇は赤褐色など、雑種とは違い、アメリカヒドリの特徴がありました)(今年は3月15日にも♂1羽が観察されています)

キレンジャク1羽(大池の西 8時42分)
オオタカ♂1羽(犀川下流左岸でハシボソガラス1羽を追う。ハシボソガラスはグェと一声鳴く 12時27分)
ウ類(犀川中州8羽・金石西防波堤23羽)
アオジ♀1羽
シメ6羽(20羽+の情報も)
オナガガモ♂1羽(換羽中)(大池)
カンムリカイツブリ2羽(犀川下流)
オオバン(犀川下流20羽・大池1羽)
アカゲラ♀1羽(写真あり)(情報より)
セイヨウタンポポ1株 花(犀川下流右岸)
ノコンギク花

赤とんぼ13頭


2019.11.19(火)
トモエガモ♀タイプ1羽(大池)
大池のカモ類→カルガモ195羽・マガモ♂10羽♀7羽・コガモ♂21羽♀32羽・ハシビロガモ♂1羽・オナガガモ♀タイプ1羽・トモエガモ♀タイプ1羽
健民海浜プール→ハシビロガモ♀タイプ1羽
ツグミ群れ14羽(アカモズの小径)
シロハラ?1羽
メジロ5羽
ウ類(犀川中州18羽)
オナガ11羽(野鳥園跡地)
オオバン4羽(犀川下流)
カンムリカイツブリ1羽(金石港船溜り)
キセキレイ(写真あり)(情報より)


2019.11.18(月)
(今年の普正寺の森では、ヒシクイ・カワアイサ・クロサギ・コチドリ・キマユムシクイ・キバシリ・オジロビタキ・オオジュリンなどが、まだ記録されていません。
観察されましたらメール等で、ご連絡お願い致します。)

ハジロカイツブリ非繁殖羽1羽(犀川中州の西 8時59分)(今年初記録)
ウグイス1羽
マガモ♂とカルガモ♀との雑種1羽(大池と犀川下流)(犀川下流では、マガモ♀の近くに長く2羽でいたので、自身はマガモ♂と思っているのでは?)
ツグミ1羽
大形ツグミ類3羽(ツグミ以外)
メジロ3羽
カワセミ♂1羽(ササゴイの池)
ウ類(犀川中州14羽)
カンムリカイツブリ2羽(犀川下流)
ベニマシコ1羽(ポンプ室)(情報より)
セグロセキレイ1羽(第4駐車場)
オカヨシガモ♂1羽(大池)
シメ1羽
オオバン8羽(犀川下流)
赤とんぼ12頭


2019.11.17(日)(今日の野鳥は39種 今日も種類数・個体数共に非常に少なく、今秋は大きなピークがなく終わりそうです。)
【年前半(1〜6月)+年後半(7〜12月)→年間記録】
2016年138種+29種→167種。2017年147種+19種→166種。2019年142種+10種→152種。
年前半は、今年も142種でまずまずでした。ただ、7月以降に10種しか伸びていないので、この数字も、珍鳥が今秋は少ない状態を示しています。

ヨシガモ♂1羽(犀川橋下流)(初認)
ヒドリガモ
マガモ
カルガモ
ハシビロガモ
健民海浜プール→ハシビロガモ♂エクリプス1羽・♀タイプ3羽
大池のカモ類→カルガモ130羽・コガモ53羽・マガモ♂4羽♀5羽・ハシビロガモ♂1羽♀タイプ7羽
コガモ
ホシハジロ
キンクロハジロ
カンムリカイツブリ2羽(犀川下流)
キジバト
カワウ
ウ類(犀川中州10羽・金石西防波堤8羽)
アオサギ1羽
オオバン(大池1羽・犀川下流7羽)
セグロカモメ1羽
ミサゴ2羽(換羽なしと、風切や尾羽に激しく換羽ありの個体)(写真あり)(情報より)
トビ
コゲラ
アカゲラ
ハヤブサ1羽(ポンプ室)(情報より)
モズ
オナガ10羽(野鳥園跡地)
ハシボソガラス
(14時4分 プールの北の管理用道路上空(高さ約8m)から、オニグルミ?の実を1個落としました)
ハシブトガラス
(カラス類群れ52羽:猛禽類に対している群れではない様でした)
シジュウカラ群れ13羽(プールの北東)
ヒヨドリ(二天橋で賑やかでした)
ウグイス2羽
メジロ3羽
シロハラ
ツグミ2羽
ジョウビタキ♂1羽(プールの東)
イソヒヨドリ♀タイプ1羽(普正寺橋右岸)
スズメ
キセキレイ(情報より)
ハクセキレイ1羽
カワラヒワ
ベニマシコ♂1羽・性不明1羽(野鳥園跡地)(写真あり)(情報より)
シメ11羽群れ(エノキの小径)
カシラダカ群れ5羽
ミヤマホオジロ♂1羽♀1羽
オオカマキリ1頭(犀川下流左岸)
赤とんぼ25頭
ルリシジミ類1頭


2019.11.15(金)(今朝の森は、ツグミ類が少し増えていましたが、静かな森が続いています。)
(明日は雨、明後日は曇りや晴の予報です。明後日(17日)に少し期待してますが、
17日に小鳥の渡りピークがなければ、今後、今秋の渡りのピークはなく終わりそうな印象です。)
シロハラ1羽
ツグミ20羽(12羽の群れも)
大形ツグミ類4羽(上記以外のツグミ類)
ヒヨドリ8羽
ウグイス2羽
ジョウビタキ♂1羽♀1羽
カシラダカ1羽(アカモズの小径)
ミヤマホオジロ♀2羽(アカモズの小径)
ウ類(犀川中州31羽・金石西防波堤7羽)
セグロセキレイ1羽(第4駐車場)
ハクセキレイ2羽
メジロ2羽
オオバン17羽(犀川下流)
カワラヒワ群れ15羽
アカゲラ?1羽(声のみ)
カモメ類8羽(セグロカモメ)(犀川河口)
アオジ♂1羽♀1羽
シメ1羽
モズ♂1羽
カワセミ♂1羽(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
アキグミ実真っ赤


2019.11.14(木)
カモメ類2羽(セグロカモメ)(犀川河口)
ツグミ5羽(コゲラの小径)
マミチャジナイ1羽(コゲラの小径)
大形ツグミ類3羽
オオバン7羽(犀川下流)
カイツブリ1羽(犀川下流)
ウ類(犀川中州16羽)
カンムリカイツブリ2羽(追い払い)(犀川下流)
メジロ2羽
健民海浜プール→キンクロハジロ1羽・ハシビロガモ♀タイプ1羽
エノキ黄葉・コマユミ紅葉見頃


2019.11.13(水)
アオジ♂2羽性不明2羽
セグロセキレイ2羽
メジロ群れ15羽
健民海浜プール→ハシビロガモ♂1羽♂エクリプス2羽♀タイプ5羽
カイツブリ1羽(犀川下流)
ウ類(犀川中州30羽)
カンムリカイツブリ1羽(犀川下流)
ベニマシコ♂1羽(野鳥園跡地の藪で盛んに鳴いていました。その後、高さ約12mの梢へ。胸の赤色が印象的でした。)
ウグイス7羽
シロハラ1羽
ツグミ2羽
キセキレイ1羽(二天橋)
オカヨシガモ♂2羽♀1羽(犀川下流)
オオバン1羽(犀川下流)
レンジャク類2羽(野鳥園跡地)(情報より)
コハクチョウ21羽(南西へ)(情報より)
オナガ5羽+(写真あり)(情報より)
アカゲラ♀(写真あり)(情報より)
カワセミ1羽(情報より)
イソヒヨドリ♀タイプ3羽(プールの南)(写真あり)(情報より)
ヤマコウバシ黄葉・ツタ紅葉見頃


2019.11.12(火)(今朝も寂しい森でした。いつ小鳥の今秋のピークが訪れるのでしょう?)
(9時の気温は16.3℃。まだ寒い状態ではありません。)
(6時16〜41分 防風壁上から森を見渡したのですが、渡りの個体と思われる小鳥は、まったく見当たりませんでした。)

ミサゴ2羽(専光寺浜)
シロハラ2羽
ツグミ1羽(第1駐車場)
アカゲラ♀1羽
セグロセキレイ♂成鳥1羽
ルリビタキ♀タイプ1羽
アオジ♂1羽性不明2羽
健民海浜プール→キンクロハジロ♀タイプ1羽
ウグイス2羽
ウ類(犀川中州31羽・金石西防波堤1羽)
アトリ1羽
カモメ類8羽(セグロカモメ)(犀川河口)
カイツブリ(写真あり)(情報より)
カワセミ♂(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)


2019.11.11(月)
アオジ性別不明3羽
ハヤブサ幼鳥1羽(プールの北の砂丘から、海上をほぼ一直線に沖合へ。金石西防波堤の約2倍(1.5km程)の距離の沖合い 7時10分)
(海上のカモ類を狙っているのでしょうか?)
カモメ類2羽(ウミネコ1羽・セグロカモメ1羽)(犀川河口)
アカゲラ?1羽(声のみ)
ツグミ1羽
シロハラ2羽(本種を含めても、大形ツグミ類は5羽と少ない)
ウ類(犀川中州12羽)
カンムリカイツブリ1羽(犀川下流)
ルリビタキ♀タイプ1羽(野鳥園跡地南)
オナガ15羽(プールの東)
セグロセキレイ1羽
シメ6羽
ウグイス8羽
ササゴイの池のカモ類→キンクロハジロ♂エクリプス1羽
大池のカモ類→カルガモ44羽・ハシビロガモ♂1羽♂エクリプス1羽♀1羽・コガモ8羽・マガモ♂1羽♀2羽
オオバン11羽(犀川下流)
ハクチョウ類6羽(大野湊神社周辺を南西へ 8時23分


2019.11.10(日)
ウグイス1羽(二天橋東)
シロハラ2羽
マミチャジナイ1羽(本種を含めても、大形ツグミ類は5羽のみと少ない)
ルリビタキ♀タイプ1羽
カンムリカイツブリ1羽(犀川下流)
オオバン5羽(犀川下流)
アオジ♂1羽♀1羽
セグロセキレイ1羽
健民海浜プール→ハシビロガモ♀タイプ1羽
ウ類(犀川中州20羽・金石西防波堤3羽)
アカゲラ?1羽(声のみ)
ハクチョウ類11羽(7時49分南西へ)
カモメ類2羽(犀川河口)
オナガ2羽+(写真あり)(情報より)
カワセミ1羽(情報より)
ミサゴ(情報より)
ノスリ(情報より)
アカゲラ(情報より)
ルリビタキ(情報より)
ジョウビタキ(情報より)
シメ(情報より)
ノコンギク花と実
コマツヨイグサ花
カワラアカザ実

ヤマカガシ(写真あり)(情報より)
(その後、人により殺されたとの情報も)


2019.11.9(土)(大きな気圧の谷の通過はなく、今朝も、種類数・個体数共に非常に少ない状態でした。10月から続いています。
大きな気圧の谷の通過は11日午後の予報で、12日(火)に少し期待しています。15日(金)にも。)
(今朝は快晴無風で、白山・立山・剣岳・宝達山・志賀町の高爪山(標高341m 69km先)までも、姿を見せてくれました)

アカゲラ♂1羽
ウグイス6羽
ジョウビタキ♀1羽
ウ類(犀川中州30羽・金石西防波堤2羽)
大形ツグミ類1羽
健民海浜プール→ハシビロガモ♀1羽・キンクロハジロ♀タイプ3羽
シメ3羽
アオジ♂1羽
オオバン5羽(犀川下流)
カンムリカイツブリ2羽(犀川下流)
カモメ類2羽+(犀川河口)
大池のカモ類→カルガモ73羽・コガモ8羽・ハシビロガモ♀2羽・ホシハジロ♂4羽♀2羽
セグロセキレイ1羽
キセキレイ(写真あり)(情報より)
マミチャジナイ・オナガ・ミヤマホオジロ(ササゴイの池観察舎黒板の情報より)


2019.11.8(金)
カンムリカイツブリ4羽(犀川橋上流)(犀川中州周辺でも1羽)
アカゲラ♀1羽
ウグイス7羽
ウ類(犀川中州37羽)
オナガ2羽(野鳥園跡地)
カモメ類1羽(セグロカモメ)(犀川河口)
健民海浜プール→キンクロハジロ♀タイプ2羽
ハシビロガモ(大池♂2羽♀4羽)(犀川橋上流♂3羽♀タイプ2羽)
オオバン(犀川橋上流11羽)(犀川中州周辺8羽)
大形ツグミ類2羽
メジロ群れ18羽
オカヨシガモ♂1羽(大池)
カルガモ(求愛行動2羽 初認)(犀川下流)
ハクセキレイ2羽
ヒレンジャク2羽(正門 12時)(写真あり)(情報より)
トモエガモ♂1羽(換羽中)(大池)(写真あり)(情報より)
トベラ(果実が熟し赤い粘液の付いた種子が見え始めました)


2019.11.7(木)
カンムリカイツブリ1羽(犀川下流)
オオバン14羽(犀川下流)(額板が小さい個体が4羽いました)
http://walkandsee.blog80.fc2.com/category3-1.html
ウ類(犀川中州38羽)
ミサゴ1羽(犀川下流上空で魚を持って)
メジロ5羽
ツグミ1羽
アカゲラ?1羽(声のみ)
ウグイス8羽
カモメ類1羽(犀川河口)
ルリビタキ♀タイプ(写真あり)(情報より)
キレンジャク(情報より)
ツワブキ花と実
赤とんぼ3頭
大池→ミシシッピアカミミガメ6匹、クサガメ0匹、イシガメ2匹、種不明1匹


2019.11.6(水)(今朝も野鳥は、非常に少ない状態が続いていました)
(北海道の旭川では、平年より14日遅い初雪。北海道札幌市の手稲山(標高1,023m)でも、平年より21日遅い初冠雪)
https://tenki.jp/forecaster/kazuya_mori/2019/11/06/6521.html
https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20191106/7000015047.html

ウグイス2羽
ウ類(犀川中州27羽・金石西防波堤3羽)
コハクチョウ9羽(ササゴイの池上空を南西へ 7時40分)
アオジ♂4羽♀1羽
シメ5羽
カモメ類7羽(犀川河口)
シロチドリ2羽(普正寺浜)
オナガ3羽+(大池)
キセキレイ1羽(小川)
クロツグミ♂1羽(ササゴイの池)
マミチャジナイ1羽(水車小屋)
ツグミ2羽
カワセミ1羽(情報より)
亜種ハチジョウツグミ1羽(胸部等がかなり赤みの強い個体でした)(初認)(写真あり)(情報より)
ベニマシコ1羽(大池)(情報より)
セグロセキレイ(写真あり)(情報より)
アカゲラ♂(写真あり)(情報より)
キレンジャク2羽(ポンプ室 13時)(写真あり)(情報より)
ヒレンジャク1羽(他に、種不明の1羽もいて、レンジャク類合計4羽の群れ)(ポンプ室 13時)(写真あり)(情報より)
カンムリカイツブリ2羽(内、1羽は幼鳥)(写真あり)(情報より)(普正寺の森で、頬に黒い斑紋が多い幼鳥を、見掛けたのは初では)
https://blog.goo.ne.jp/koumisuzume/e/24e0038eefd23462a09a1248a1950a6f
https://digitorink.exblog.jp/21451194/
クロガネモチ実真っ赤
ツタ紅葉
セイタカアワダチソウ花
ナワシログミ満開
http://www.jugemusha.com/jumoku-zz-nawasirogumi.htm
https://matsue-hana.com/hana/nawasirogumi.html



2019.11.5(火)
ベニマシコ♀1羽(犀川下流左岸)(初認)(情報より)
ヒレンジャク(情報より)
マミチャジナイ幼鳥(二天橋)(写真あり)(情報より)


2019.11.4(月:文化の日振替休日)
(今朝も野鳥は非常に少ない状態でした。
11月9日までは気圧の谷の通過はないようで、翌日の10日に期待しています。)

(野鳥の渡りシーズンの総個体数に、大きな違い(2倍以上の)は毎年ないと思います。
今秋は個体数がこれまで非常に少ないので、今後に大きなピークがあるのではないかと思い、大いに期待しています。

ただ、あまりにも渡りの時期が遅くなれば、普正寺の森にも寄らずに通過して、一気に南下して行くでしょう。
その時にも、次々と渡って行く姿を楽しみたいと思います。)

チョウゲンボウ1羽(第4駐車場の西)
カンムリカイツブリ12羽(普正寺海岸)(1990年以降では、1992年3月11日12羽と最大個体数タイ)
ウ類(犀川中州40羽・金石西防波堤10羽)
オオバン4羽(犀川下流)
ツグミ1羽
クロツグミ♂1羽♀1羽(ササゴイの池)
アカゲラ?1羽(声のみ)

ハシボソガラス75羽+(正門の南の上空)(1990年以降では、1992年10月16日39羽を超えて、最大個体数)
(11月3日にハシボソガラス70羽+の群れを、普正寺の森から約2.5km南東で見掛けました。犀川の雪吊り橋周辺の電線上で。)
(石川県西部緑地公園陸上競技場で、全国高等学校サッカー選手権大会石川県大会の決勝戦(鵬学園対星稜)の真っ最中でした。)
→(この群れが4日に、普正寺の森にも移動したのでは?)

ダイサギ1羽
ルリビタキ♀タイプ1羽(ササゴイの池)(♂成鳥の情報も)
メジロ8羽
ウグイス4羽
セグロカモメ1羽
カモメ類4羽+(犀川河口)
コマドリ♂(情報より)
マミチャジナイ(情報より)
クサシギ1羽(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
ヒレンジャク10羽±(林間広場)(情報より)
ルリビタキ♂成鳥(写真あり)(情報より)
アオギリ実薄茶色
センダン実緑色
ショウロ(食用)(松露)? ヒメカタショウロ(有毒)(姫硬松露)? (林間広場)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%83%AD
http://toolate.s7.coreserver.jp/kinoko/fungi/rhizopogon_roseolus/index.htm
https://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/070100/070109/gaiyou/006/gaiyou/006/news/kako_d/fil/syoro_manual.pdf#search=%27%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%84%E3%81%AE%E6%88%90%E9%95%B7%E3%82%92%E5%8A%A9%E9%95%B7%E3%81%99%E3%82%8B%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%83%AD%27
https://www.pref.ishikawa.lg.jp/ringyo/kinoko/data/syouro.html
http://naturalism-2003.com/kansatsu/fungi/himekatashoro/himekatashoro.html



2019.11.3(日:文化の日)(野鳥は、種類数・個体数共に、非常に少ない日が続いています。)
ハクチョウ類(7時11分 専光寺の森を南西へ2羽 高度約50m)(11時2分 大池上空を盛んに鳴きながら南へ1羽 高度約50m)
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ21羽・マガモ♂エクリプス1羽♀1羽・キンクロハジロ♀タイプ1羽
オオバン7羽(犀川下流)
カンムリカイツブリ1羽(犀川下流)(初認)(犀川橋上流には2羽)
ウ類(犀川中州31羽)
ミサゴ2羽(金石西防波堤上に2羽)
ウグイス6羽
メジロ3羽
ルリビタキ♂成鳥1羽(水車小屋の東)・♀タイプ1羽
アカゲラ♂1羽
キセキレイ2羽(二天橋)
クサシギ1羽(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
ハヤブサ幼鳥(情報より)
カワセミ1羽(ササゴイの池)(情報より)
マヒワ(写真あり)(情報より)
イスカ♀1羽(ポンプ室から東へ約70m 11時11分)(写真あり)(情報より)
カタバミ花


2019.11.2(土)
ウグイス6羽
マガモ♂2羽(犀川下流)
キセキレイ1羽+(ササゴイの池・小川)
ウ類(犀川中州6羽・金石西防波堤19羽)
メジロ群れ30羽+
アカゲラ?1羽(声のみ)
カワラヒワ11羽(水溜りで一斉に水飲みしていました)
ジョウビタキ♀1羽
キクイタダキ群れ約10羽(二天橋)(写真あり)(情報より)
コマドリ♀1羽(水車小屋)(情報より)
シロハラ1羽(情報より)
ヤマコウバシ黄葉が始まりました
ウンラン満開

赤とんぼ7頭
大池→ミシシッピアカミミガメ8匹



2019.11.1(金)(非常に静かな森でした。今日も気温が高く、10月28日以降、降水量の記録のない日が続いています。)
(大きな気圧の谷の通過は、11月9日の予報ですが、11月3日にも小さな気圧の谷の通過もありそうで、翌日の11月4日にも少し期待しています。)
クサシギ1羽(大池の中ノ島)(大池での観察は久々)
カワセミ♂1羽(ササゴイの池)(雨覆・三列風切に、小さな淡色斑が多くありました。胸の縦斑も薄い。)
ウグイス2羽
メジロ群れ11羽
ウ類(犀川中州27羽)
オオバン3羽(犀川下流)
アオジ♀タイプ1羽
キセキレイ1羽(小川)
ヒレンジャク1羽(写真あり)(情報より)
キクイタダキ群れ約5羽(二天橋)(情報より)
トベラ実黄色
アマガエル1匹
赤とんぼ17頭(普正寺の森から約700m離れた、大野湊緑地公園や大野湊神社では、今朝も200頭以上を記録しています。ただ、連結は1組もなく、10月28日の普正寺の森の南での多くの個体が、連結になっていたのとは違っています。)
大池→ミシシッピアカミミガメ30匹、クサガメ7匹、イシガメ1匹、種不明1匹


2019.10.31(木)
オナガ2羽
バン幼鳥1羽(犀川下流)
オオバン6羽(犀川下流)
シメ5羽
ウグイス8羽
キセキレイ1羽(大池)
ウ類(犀川中州21羽)
メジロ群れ9羽
キレンジャク1羽(コゲラの小径 9時35分)(今年初記録)
アリスイ1羽(多目的広場)(情報より)
ルリビタキ♀タイプ(写真あり)(情報より)
カシラダカ(情報より)
シロダモ雄株満開・雌株3分咲き、実赤〜黄緑
ハマベノギク実と花

赤とんぼ8頭
ギンヤンマ1頭(ササゴイの池)


2019.10.30(水)
アカゲラ(情報より)
キセキレイ(情報より)
ミヤマホオジロ(情報より)


2019.10.29(火)
ハシビロガモ♀2羽(大池)
コハクチョウ41羽(8時19分 大池上空を高度約30mで南へ)
ウグイス19羽(所々で地鳴き)
ウ類(犀川中州41羽)
メジロ群れ30羽+
健民海浜プール→カルガモ10羽・キンクロハジロ♂1羽・オオバン1羽
アカゲラ♀1羽(頬は濃い茶色)
ナガイモ黄葉
シロダモ開花と、実は緑色と赤色
コマユミ(刮ハが割れ、仮種皮に包まれた種子も見え始めました)
コマツヨイグサ花
ツワブキ満開
クロガネモチ実赤橙色

虫の音が1か所で聞こえてきました


2019.10.28(月)(白山初冠雪:平年より11日遅れ。昨年より4日早い)(8時気温12.8℃・東北東1.7m、9時15.7℃東北東2.5m、10時17.7℃東北東6.3m)
ヒヨドリ渡り個体数4,797羽(7時45分〜11時3分 防風壁にて)
(8時台2,186羽・9時台1,785羽・10時台791羽)

小鳥(全長25p以下)の渡り個体数8羽(8時55分)(調査時間等ヒヨドリと同じ)
(今朝の渡り個体では、ヒヨドリは非常に多かったのですが、小鳥は驚く程の少なさでした。ヒヨドリとその他の小鳥では、早朝の渡りの条件は、かなり違う印象です)

アカゲラ2羽(♂1羽・性別不明1羽)(♀の写真情報も)
ミサゴ1羽
ツバメ1羽(波打ち際を南西へ 8時20分)
ノスリ1羽(第4駐車場の南西上空)
カモメ類1羽(犀川河口)
トビ12羽(森上空 10時5分)
カラス類(すべてハシボソガラスと思われます)(森の東南 上空47羽 9時31分)(普正寺浜 上空45羽 9時45分)
ハヤブサ1羽(水田上空)
メジロ40羽+
ウ類54羽(7時54分 金石西防波堤の北側に止まる。)(10時30分頃まで40羽以上。10時56分には4羽)
カワセミ1羽(情報より)
キチョウ?1頭(10時53分 テトラポッドより海側をヒラヒラ飛び、南西へ)
赤とんぼ非常に多い 8,000頭+(7時45分〜11時3分 防風壁にて)(防風壁周辺は、赤とんぼが非常に多く、風に吹かれて次々と南寄りに流れて(移動)行きました)
(個体数をかなり少なく計算しても、移動して行った個体は、1分で50頭。10時頃からは幾分少なくなりましたので、1分で20頭と計算しました。)(ほとんどの個体は連結していました。これほど多くの個体が、どこから来て?どこへ移動するのでしょうか?)
https://tombomichifc.jimdo.com/%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%9C%E7%99%BE%E7%A7%91/
https://npo-noah.org/wp-content/uploads/pdf/report2019-akatonbo.pdf#search=%27%E3%82%A2%E3%82%AD%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%8D+%E9%80%A3%E7%B5%90+%E9%9B%86%E5%9B%A3%E7%A7%BB%E5%8B%95+%E5%BC%95%E7%94%A8%E6%96%87%E7%8C%AE%27


2019.10.26(土)(林内は野鳥の個体数が少なく、静かでした。)
(11月5日までの天気予報では、最高気温16〜22℃・最低気温9〜15℃で、気温はあまり下がらない予報です。また、10月27日午前以外に雨マークはありません。)(普正寺の森の、今秋の小鳥のピークも遅れて、11月10日以降になるのでは?)

コミミズク1羽(10時5分 第4駐車場の西 地上2〜5mの低くを飛翔し、北東へ移動)(2012年12月31日以来)
マガン幼鳥1羽(なぜか1羽だけで、海上を飛翔。海上1〜15mと低く南西へ。一声、鳴きました)
コハクチョウ12羽(内、幼鳥5羽)(7時56分 沖合い200m 海上1〜7mと低く南西へ)
シロチドリ7羽(普正寺浜)
ウミウ2羽(普正寺海岸 海上1〜3mと低く南西へ)
カモメ類1羽(犀川河口)
ミヤマホオジロ♂3羽(アカモズの小径)
カシラダカ7羽(アカモズの小径)
イソヒヨドリ♀1羽(テトラポッド)
アオサギ5羽(編隊で海上を南西へ移動)
ツバメ1羽(沖合い100mを南西へ)
クロツグミ♂1羽・♀1羽
アオジ♂4羽
オオバン3羽(犀川下流)
ウグイス6羽
ミサゴ1羽
ウ類(犀川中州19羽)
メジロ5羽
ルリビタキ♀タイプ1羽
アカゲラ1羽(2羽が争いの情報も)
ツグミ1羽
セグロセキレイ1羽(大池)
ジョウビタキ♂1羽♀3羽
ヒヨドリ渡り個体数 99羽(7時1分〜8時25分 防風壁にて)(多くを期待していたのですが、非常に少なく驚きです)
小鳥(全長25p以下)の渡り個体数 392羽(調査時間等ヒヨドリと同じ)(数千羽を期待していたのですが)
シメ(情報より)
キヅタ8分咲き
ツワブキ開花
ノコンギク満開

赤とんぼ7頭
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明17匹、アカテガニ44匹


2019.10.24(木)
マミチャジナイ1羽(小川中流)(写真あり)(情報より)
アリスイ1羽(正門周辺 モズより少し高い声で、盛んに鳴いていた)(初認)(写真あり)(情報より)
キビタキ♂(情報より)
オオタカ(情報より)


2019.10.23(水)
コハクチョウ11羽(幼鳥1羽を含む)(7時39分 普正寺海岸沖約200m上空を北東へ。ねぐら場所の鴨池?から、採食地の河北潟?への移動でしょうか)
ハクチョウ類成鳥12羽(7時57分 大池上空を南西へ)(この12羽は渡りの個体?)
ウミウ1羽(犀川下流中州の西の、水面上に1羽で)(いつものカワウより、「少し大きな個体がいるなー」と思い確認すると、ウミウの特徴である口角の黄色い部分は、尖っていました)(犀川でのウミウの記録は久々)
https://blog.goo.ne.jp/torikichi14/e/1a7229ab147801328ffea3426abb8775
ウ類(犀川中州18羽)
カモメ類3羽(犀川河口)
カシラダカ1羽
メジロ7羽
アオジ♂1羽・性別不明1羽
シメ1羽
ジョウビタキ♀1羽
ヒヨドリ渡り多い(数千羽渡っていたのでは?)
ムギマキ♂幼鳥(写真あり)(情報より)
メボソムシクイ上種(写真あり)(情報より)
クロツグミ♀(写真あり)(情報より)
クコ花


2019.10.22(火:即位礼正殿の儀)
オシドリ♂エクリプス1羽・♀タイプ7羽(ササゴイの池)
ショウドウツバメ2羽
クロツグミ♂1羽♀2羽
ミヤマホオジロ♂1羽
メジロ3羽
ウグイス8羽
アオサギ(犀川中州の樹上に1羽)
ウ類(犀川中州17羽)
アカゲラ1羽
メボソムシクイ上種2羽
キセキレイ1羽(小川)
コサメビタキ1羽
オオバン1羽(犀川下流)
ジョウビタキ♂1羽♀2羽
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ110羽・コガモ11羽・ヒドリガモ♂1羽♀タイプ1羽・マガモ♂エクリプス2羽
ヒドリガモ(犀川河口♂5羽・♀タイプ10羽、普正寺橋上流♂1羽・♀タイプ1羽)
カンムリカイツブリ2羽(頬が白い1羽と、頬に少々赤みのある1羽)を、犀川の二ッ寺橋下流に見掛けました。近いうちに、普正寺の森でも観察されそうです。
ルリビタキ♀タイプ1羽(情報より)
コマドリ♂1羽(二天橋)(情報より)
ムギマキ♀タイプ1羽(二天橋)(写真あり)(情報より)
ノスリ(飛翔)(初認)(写真あり)(情報より)
ノゴマ♂1羽(二天橋)(写真あり)(情報より)
マユミ実赤と緑
コマユミ実真っ赤(平年に比較すると実の数は少ない)
ハマベノギク実と花
キヅタ開花
キンミズヒキ実

スズメバチ1頭
ジョロウグモ少なくなりました
赤とんぼ2頭
アメンボウ(多かった二天橋上流でも、個体数は減少していますが、16頭が観察されました)
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明15匹、アカテガニ81匹(9時の気温19.2度 曇り)


2019.10.21(月)
オナガ10羽(正門)
メジロ群れ16羽
アカゲラ1羽
オオルリ♀1羽(二天橋)(写真あり)(情報より)
キクイタダキ2羽(二天橋)(初認)(写真あり)(情報より)
コサメビタキ2羽(二天橋)(写真あり)(情報より)
ムギマキ♂成鳥1羽・♀2羽(二天橋)(写真あり)(情報より)
キビタキ♀タイプ1羽(二天橋)(写真あり)(情報より)
オオタカ成鳥1羽(森上空を何度も旋回)(情報より)
シロダモ実黄緑と橙


2019.10.20(日)(今朝の野鳥は、種類数・個体数ともに少なく、寂しい森でした。
まだ、気温が高いためと思われます。今秋も平年通り、11月前半がピークでは?)

アカゲラ1羽(ドラミングの情報も)
キセキレイ1羽+(喉白い)(私の前を採食しながら、少しづつ移動して、犀川下流左岸(普正寺橋上流約240mからササゴイの池辺りへ)→コゲラの小径→エノキの小径→三千坊跡へと、約1.1km。 すべてが同一個体か不明ですが、楽しめました)

ツグミ1羽
ウグイス4羽
メジロ4羽
カモメ類9羽(犀川河口)
ヒドリガモ7羽(犀川下流)
キンクロハジロ5羽(犀川下流)
マガモ♂3羽(犀川下流)
ヒヨドリ渡り多い
ジョウビタキ♂1羽(林間広場)(プールの北でも情報あり)
ミサゴ1羽
ムギマキ♂幼鳥1羽(二天橋の西)(写真あり)(情報より)
ミヤマホオジロ10羽±(情報より)
シメ2羽(情報より)
キビタキ♂(情報より)
ルリビタキ♂1羽(二天橋)(写真あり)(情報より)
アオジ♂1羽(二天橋の東)(初認)(写真あり)(情報より)
コマドリ♀1羽(水車小屋)(初認)(写真あり)(情報より)
イスカ♂2羽・♀1羽(水車小屋周辺の黒松の梢)(情報より)(♀2羽の他の情報も)
(1990年以降の普正寺の森の記録では、2013年の300羽+が最大個体数です。
2013年は、10月26日に1羽を記録し、11月3日に300羽+が観察されています。今秋も多くのイスカが、普正寺の森を訪れるのを期待しています。)
ツワブキつぼみ
クロガネモチ実橙色
サクラタデ5分咲き

カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明88匹、アカテガニ157匹(9時の気温19.0度 晴れ)


2019.10.18(金)
アカゲラ?1羽(声のみ)
ウグイス3羽
メジロ15羽+
ウ類(犀川中州3羽・犀川橋下流浅瀬2羽・金石西防波堤6羽)
ヒドリガモ♀タイプ4羽(犀川下流)
アオサギ1羽がササゴイの池で、ドジョウ?1匹をくわえました
ダイサギ2羽(犀川下流の上空)
カシラダカ♀タイプ1羽(写真あり)(情報より)
キセキレイ(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)
ミゾソバ8分咲き


2019.10.17(木)
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ28羽、オシドリ♂繁殖羽2羽・♂エクリプス1羽・♀タイプ2羽、コガモ♀タイプ3羽
シメ2羽
メジロ6羽
ウ類(犀川中州1羽)
キセキレイ1羽(犀川下流左岸やコゲラの小径)
アカゲラ?1羽(声のみ)
ウグイス2羽
オナガ1羽(5羽の情報も)
ミサゴ1羽
メボソムシクイ上種1羽
ツグミ5羽+(初認)(大池東)(写真あり)(情報より)
オオバン1羽(犀川下流 中州周辺)(初認)(写真あり)(情報より)
オシドリ36羽+(普正寺海岸:飛翔19羽+、海上17羽+が、1枚に撮影されています。 11時51分)(写真あり)(情報より)
クロツグミ(情報より)
キビタキ♀タイプ(情報より)
ブタナ花
ナワシログミ花
アオツヅラフジ実藍青色

赤とんぼ19頭
大池→ミシシッピアカミミガメ52匹、クサガメ1匹、イシガメ2匹、種不明2匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明3匹、アカテガニ0匹(9時の気温17.2度 うす曇り)


2019.10.16(水)
シメ(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)
メジロ6羽(情報より)
キセキレイ(情報より)
オオルリ♂幼鳥・♀(情報より)
クロツグミ♂♀(情報より)
キビタキ♀タイプ(情報より)


2019.10.15(火)
ムギマキ♂幼鳥(外側尾羽の基部に白斑あり♂)(初認)(写真あり)(情報より)
オシドリ♀(情報より)
アカゲラ(情報より)
クロツグミ(情報より)
キセキレイ(情報より)
コサメビタキ(情報より)
オオルリ♀(情報より)
ジョウビタキ♀(情報より)
ミヤマホオジロ4羽(♂1羽+)(大池東)(初認)(写真あり)(情報より)


2019.10.14(月:体育の日)
ミサゴ1羽
マガモ♂エクリプス1羽(犀川下流)
ウ類(犀川中州4羽)・森上空では5羽
アカゲラ?1羽(声のみ)
ウグイス2羽(初認)
ヒヨドリ群れ11羽
メジロ2羽
ジョウビタキ♀(情報より)
オオルリ♂幼鳥(情報より)
ミゾソバ8分咲き
キヅタつぼみ
ツユクサ花
コマツヨイグサ花

アオダイショウ全長約1m(二天橋)
赤とんぼ16頭
大池→ミシシッピアカミミガメ2匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明27匹、アカテガニ90匹



2019.10.13(日)
カシラダカ♀タイプ1羽(初認)
ハヤブサ♂1羽(プールの北)
カイツブリ非繁殖羽1羽(大池)
大形ツグミ類(シロハラ? マミチャジナイ?)(エノキの小径や大池の東で、地鳴きが多く聞こえてきました)
キセキレイ1羽(エノキの小径の地上)
ウ類(犀川中州5羽)
キセキレイ(情報より)
カワセミ(情報より)
マヒワ♂(情報より)
コサメビタキ(情報より)
アカゲラ(情報より)
オナガ(情報より)
ジョウビタキ(情報より)
コサメビタキ(情報より)
セグロセキレイ(情報より)
シメ(情報より)
セイタカアワダチソウ満開
ハマゴウ実と花
ハマベノギク花と実
イヌキクイモ満開
ノイバラ実赤色
ノコンギク満開

カタツムリ1匹(右巻き)(ササ類の葉上)
かなり少なくなりましたが、虫の音は早朝に所々で聞けました



2019.10.11
クロツグミ♂幼鳥(写真あり)(情報より)
メジロ(写真あり)(情報より)
メボソムシクイ上種(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)
イソヒヨドリ♀タイプ1羽(情報より)
クロツグミ(情報より)
キセキレイ(情報より)


2019.10.10
ホオジロ幼鳥(写真あり)(情報より)
ミサゴ(樹上)(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)
ノゴマ♂1羽(初認)(写真あり)(情報より)


2019.10.9
マガモ♂繁殖羽・♂換羽中・♀(写真あり)(情報より)
ミサゴ(樹上)(写真あり)(情報より)
カワセミ(情報より)
クロツグミ(情報より)
キセキレイ(情報より)
オオルリ♂幼鳥(情報より)
マヒワ(情報より)
ムシクイ(情報より)


2019.10.8
キセキレイ(写真あり)(情報より)


2019.10.7
オナガガモ♀タイプ2羽+(犀川中州周辺)(初認)(写真あり)(情報より)
キンクロハジロ♀タイプ4羽+(犀川中州周辺)(初認)(写真あり)(情報より)
オシドリ♂繁殖羽3羽+・♂エクリプス1羽+・♀タイプ4羽+(犀川中州周辺)(写真あり)(情報より)
セッカ1羽(プール北東の砂丘上)(写真あり)(情報より)
マヒワ5羽+(二天橋)(写真あり)(情報より)
オオルリ♂成鳥(写真あり)(情報より)
キビタキ♀タイプ(小川で水浴び)(写真あり)(情報より)


2019.10.6
オシドリ80羽+(1990年以降では、2000年10月16日70羽+・1999年10月10日32羽の記録を超えて最大個体数でした。)
(普正寺海岸で31羽が、海上2〜5m程の低空で、南西より飛翔。金石西防波堤の赤色灯台の、南西約100mの海上で泳いでいた群れに合流 11時19分。♂繁殖羽が多い)
(犀川下流の中州周辺では10羽(♂繁殖羽6羽・♂エクリプス1羽・♀3羽)(14羽の情報も))(♂繁殖羽1羽と♀1羽は中州も利用)

チョウゲンボウ1羽(テトラポッド上を北東へ)
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ58羽・ヒドリガモ3羽、オシドリ10羽、コガモ♀タイプ1羽
キセキレイ1羽(喉白い)(犀川下流左岸や小川下流)
キビタキ♀タイプ1羽(水車小屋)
ツバメ29羽(普正寺浜上空 尾羽の長さを観察した個体は、すべて短かった)(4羽は砂浜に一時止まっていました)
カモメ類18羽(犀川河口)
ムシクイ類3羽(情報より)
シメ(小川で水飲み)(写真あり)(情報より)
アカゲラ♀(写真あり)(情報より)
ジョウビタキ♀1羽(初認)(写真あり)(情報より)
コヨシキリ1羽(犀川下流左岸)(情報より)
マヒワ10羽+(二天橋)(情報より)
アオバト(ササゴイの池観察舎黒板の情報より)
スズメバチ1頭


2019.10.5
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ15羽
ヒヨドリ7羽
ムクドリ2羽(上空)
オオルリ♂成鳥2羽(二天橋)
キセキレイ1羽(二天橋)
ショウドウツバメ1羽
アカゲラ?1羽(声のみ)
キビタキ♀タイプ(写真あり)(情報より)
オオルリ♀1羽(情報より)
オオタカ幼鳥1羽(情報より)
キクイタダキ1羽(初認)(野鳥園跡地南)(情報より)
マミチャジナイ(情報より)
セイタカアワダチソウ開花
サクラタデ8分咲き
イヌコウジュ花
カラムシ花
コマユミ紅葉始まりました
ノイバラ実 赤と緑
ナワシログミつぼみ
ムクゲ花
キョウチクトウ花

ジョロウグモ非常に多い
赤とんぼ18頭
スズメバチ1頭
大池→ミシシッピアカミミガメ4匹、クサガメ1匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明297匹、アカテガニ153匹


2019.10.3
カワセミ(写真あり)(情報より)
マミチャジナイ(写真あり)(情報より)
セグロセキレイ(情報より)
シメ(初認)(情報より)
コヨシキリ2羽(犀川下流左岸)(情報より)


2019.10.2
アトリ(写真あり)(情報より)


2019.9.30
マヒワ♀タイプ1羽(小川)(情報より)
カワセミ幼鳥(情報より)
コサメビタキ(写真あり)(情報より)
キビタキ♂成鳥・♀タイプ(写真あり)(情報より)
クロツグミ♀(小川)(写真あり)(情報より)(胸側から脇に赤味があります。良く似たウタツグミには赤味がありません。)
【クロツグミ】
https://toritoring.exblog.jp/238833643/
https://amanaimages.com/info/infoRM.aspx?SearchKey=32218001408

【ウタツグミ】
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%BF%E3%83%84%E3%82%B0%E3%83%9F#/media/ファイル:Turdus_philomelos1.jpg
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%BF%E3%83%84%E3%82%B0%E3%83%9F
http://strix.main.jp/?tag=song_thrush
http://toridaisuki.jugem.jp/?eid=169&PHPSESSID=4hoefta02t44vhneh7noq7c273


2019.9.29
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ17羽・ヒドリガモ♀タイプ6羽
アトリ1羽
ミサゴ1羽(ササゴイの池北の樹上)(魚を食べていたとの情報も)
キセキレイ1羽(二天橋)
ハクセキレイ1羽(林間広場)
セグロセキレイ1羽(プール)
コサメビタキ1羽
ヒバリ1羽
カモメ類23羽(犀川河口)
ミサゴ(情報より)
アカゲラ幼鳥1羽(頭頂部赤い)(幼鳥の記録は珍しい)(小川)(写真あり)(情報より)
https://guitarbird9.naturum.ne.jp/e2158090.html
https://gentarou567.muragon.com/entry/185.html
https://torihana.at.webry.info/201808/article_10.html
ツユクサ満開
マルバハギ花
ハマベノギク満開
ハマゴウ実と花

オオカマキリ1頭
赤とんぼ4頭
ギンヤンマ2頭
スズメバチ1頭
ユスリカ(砂丘の東に多い)
アオスジアゲハ1頭



2019.9.28
ヒドリガモ♀タイプ(初認)(写真あり)(情報より)
エゾビタキ(情報より)
オオルリ♂成鳥・♂幼鳥(情報より)
アトリ(情報より)
キセキレイ(情報より)
キビタキ♂成鳥(情報より)
カワセミ(ササゴイの池観察舎黒板の情報より)
オナガ(ササゴイの池観察舎黒板の情報より)


2019.9.27
ミサゴ(写真あり)(情報より)
オオルリ♂成鳥・♂幼鳥(写真あり)(情報より)
ミサゴ(情報より)
キセキレイ2羽(情報より)
アトリ(情報より)


2019.9.26
エゾビタキ(ポンプ室)(写真あり)(情報より)
コサメビタキ(情報より)
サメビタキ(情報より)
クロツグミ♂(二天橋)(写真あり)(情報より)
マミチャジナイ(小川)(写真あり)(情報より)
オオルリ♂成鳥(二天橋)・♀(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
キセキレイ(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
オオタカ幼鳥1羽(ササゴイの池上空を飛翔 11時54分)(写真あり)(情報より)
カワセミ♂幼鳥1羽(ササゴイの池・小川ではアカテガニを獲る)(写真あり)(情報より)
ヒドリガモ♀タイプ(犀川下流)(写真あり)(情報より)
コムクドリ♀タイプ(写真あり)(情報より)
サンコウチョウ♀1羽(尾羽短く・眼瞼は太くない)(初認)(写真あり)(情報より)
キビタキ♀タイプ(二天橋)(写真あり)(情報より)
ミサゴ1羽(ササゴイの池の北の樹上で、約30cmのボラを15分程かけて食べる)(情報より)
オオタカ幼鳥1羽(ササゴイの池上空)(体下面と下雨覆は黄褐色で、暗褐色の縦斑があるので幼鳥)(翼先突出分裂数6・尾羽の太い横帯4本もはっきり見えます)(写真あり)(情報より)
http://akaitori.tobiiro.jp/wasi.html


2019.9.25
メジロ(写真あり)(情報より)


2019.9.24
ミサゴ(樹上)(写真あり)(情報より)
オオルリ♂(情報より)
カワセミ(情報より)
アカゲラ(情報より)
コムクドリ20羽+(情報より)
キビタキ♂(ササゴイの池観察舎黒板の情報より)


2019.9.23
カモメ類3羽(犀川河口)
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ1羽
ヒヨドリ群れ3羽
カワセミ♂幼鳥1羽(二天橋とササゴイの池)
アカゲラ?1羽(声のみ)
オオルリ♂成鳥1羽(写真あり)(情報より)
コムクドリ(情報より)
コサメビタキ(情報より)
エゾビタキ(写真あり)(情報より)
ヒガンバナ開花
スズメバチ2頭
赤とんぼ3頭
ギンヤンマ4頭
キリギリス1頭
アオダイショウ全長約1m



2019.9.22
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ3羽
ダイサギ2羽
ケリ3羽(水田)
カワウ1羽(犀川下流)
カモメ類11羽(犀川河口)
エゾビタキ1羽
サメビタキ1羽(林間広場)
アカゲラ?1羽(声のみ)
キセキレイ1羽(小川)
オオルリ♂♀(情報より)
ミサゴ(樹上)(写真あり)(情報より)
カッコウ類(情報より)
アオツヅラフジ実 青色と緑色
セイタカアワダチソウつぼみ
アメリカセンダングサ
https://matsue-hana.com/hana/amerikasendangusa.html

アマガエル1匹
スズメバチ2頭
コシアキトンボ1頭(9月1日以来)
赤とんぼ3頭
シオカラトンボ♂2頭
アオスジアゲハ1頭
モンキアゲハ1頭
大池→ミシシッピアカミミガメ9匹、クサガメ3匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明172匹、アカテガニ243匹


2019.9.21
ミサゴ(枯れ木の樹上)(写真あり)(情報より)


2019.9.20
オオルリ♂成鳥・♀(小川)(写真あり)(情報より)


2019.9.19
ウ類(犀川橋下流浅瀬2羽)
アカゲラ?1羽(声のみ)
キセキレイ1羽(二天橋)
オオルリ♂成鳥・♀(情報より)
コサメビタキ(写真あり)(情報より)
オオタカ幼鳥1羽(樹上)・成鳥2羽(上空)(情報より)(3羽は1990年以降の最大個体数)
クマノミズキ実黒と緑
サクラタデ開花
チカラシバ開花

アオスジアゲハ1頭
ツクツクボウシ1頭
赤とんぼ9頭
スズメバチ1頭



2019.9.18
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ4羽
カモメ類1羽(犀川河口)
ツバメ1羽(プールの北)
エゾビタキ(ポンプ室)(写真あり)(情報より)
マミチャジナイ幼鳥(ポンプ室)(写真あり)(情報より)
ツツドリ幼鳥(犀川下流左岸 ハンノキ)(写真あり)(情報より)
オオムシクイ?(下嘴に若干黒味)(犀川下流左岸)(写真あり)(情報より)
オオルリ♂成鳥・♂幼鳥・♀(二天橋)(写真あり)(情報より)
ヒバリ(カモメの浜)(写真あり)(情報より)
ホオジロ幼鳥3羽(口角に黄色い部分がまだかなりあり、幼い印象。まだ、親鳥から餌をもらう事もあるかも)(大池の東)(写真あり)(情報より)
ヌカキビ穂
キンミズヒキ花
オギ穂
カラムシ花
https://matsue-hana.com/hana/karamusi.html
http://www.zoezoe.biz/2010_syokubutu/ka_0_a/281_irakusa/boehmeria/karamushi.html


アサギマダラ1頭(二天橋 10時27分)
スズメバチ4頭(犀川下流左岸のアレチウリ周辺)
アオスジアゲハ1頭(犀川下流左岸のアレチウリ周辺)
カラスアゲハ1頭(犀川下流左岸のアレチウリ周辺)
ツクツクボウシ1頭
赤とんぼ4頭
ギンヤンマ1頭



2019.9.17
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ1羽
アカゲラ?1羽(声のみ)
ヒバリ1羽(プールの北)
エゾビタキ1羽(写真あり)(情報より)
マミチャジナイ幼鳥(小川で水浴び)(写真あり)(情報より)
オオルリ♀(写真あり)(情報より)
セッカ1羽(犀川河口から南西約200mの砂丘周辺)(情報より)
アキノノゲシ花と実
メリケンカルカヤ(小穂に白い毛が密集)
キョウチクトウ花
ムクゲ花
ヨモギ満開
ヤブラン6分咲き
ノイバラ実オレンジ
アオツヅラフジむかご
ツユクサ満開
イヌキクイモ花
クズ花
ワルナスビ花
ハゼノキ紅葉始まりました

アメンボウ(二天橋の上流に非常に多い。



2019.9.16
コムクドリ16羽+(林間広場などで)
アカゲラ?1羽(声のみ)
ダイサギ(犀川下流左岸1羽・犀川中州1羽)
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ0羽
カモメ類11羽(犀川河口)
セッカ1羽(犀川河口南の砂丘周辺)(金石海原のセッカがこちらにも移動しているのでは?)(情報より)
(普正寺の森のセッカは、1977年以降の健民海浜公園の記録が掲載されている1998年発行の「石川県の鳥類」に記録があります。
ただ、1990年以降では、2009年に1羽の記録があるのみです。)
メドハギ満開
ヤマハギ花と実
マルバハギ満開
ハゼノキ実緑
ケカモノハシ8分咲き
カゼクサ満開
ハマベノギク3分咲き
ハマゴウ実と花
ゴキズル満開(河北潟では見掛けていましたが、普正寺の森初記録)
https://matsue-hana.com/hana/gokiduru.html

アレチウリ5分咲き

カナヘビ2匹
ハラビロカマキリの死骸1頭
クマバチ2頭
ツクツクボウシ2頭
アブラゼミの声は聞こえませんでした
赤とんぼ1頭
ギンヤンマ1頭
ヤマカガシ1匹(大池を泳いでいました。オレンジ色がはっきり。 8時52分)(体長約80cm)
大池→ミシシッピアカミミガメ13匹、クサガメ6匹、種不明5匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明318匹、アカテガニ397匹


2019.9.15
オナガ幼鳥2羽+(写真あり)(情報より)
コムクドリ20羽±(情報より)
アカゲラ(情報より)
マミチャジナイ5羽+(二天橋で水浴び)(初認)(情報より)
ヤマシギ1羽(大池の北)(今年初記録)(情報より)


2019.9.14
コサメビタキ(情報より)
アカゲラ(情報より)
ミサゴ(樹木上)(情報より)


2019.9.13
カワセミ1羽(情報より)
コサメビタキ幼鳥(写真あり)(情報より)
(雨覆に大きな白斑も多く、この森周辺で巣立ったと思いました。)
https://blog.goo.ne.jp/oguri0413/e/3938b0f5ff5b445c7e5bb3cd55d82424
https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E3%82%B3%E3%82%B5%E3%83%A1%E3%83%93%E3%82%BF%E3%82%AD++%E9%9B%9B&ei=UTF-8&aq=-1&oq=%E3%82%B3%E3%82%B5%E3%83%A1%E3%83%93%E3%82%BF%E3%82%AD&ai=Dv3fa4rsTeGOL_oZNeiMaA&ts=18746&fr=top_ga1_sa#mode%3Ddetail%26index%3D6%26st%3D0
https://marinescape.jp/wpb/archives/15322/


2019.9.12
コサメビタキ(情報より)
カワセミ(情報より)
オナガ幼鳥(写真あり)(情報より)
https://blog.goo.ne.jp/koumisuzume/e/3c1bc83c18b9308e1073f934e7ed6b91
https://www.birdfan.net/pg/kind/ord17/fam1732/spe173202/


2019.9.10
コムクドリ10羽+(写真あり)(情報より)


2019.9.9
センダイムシクイ(写真あり)(情報より)


2019.9.8
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ10羽
エゾビタキ1羽
アカゲラ?1羽(声のみ)
ハクセキレイ3羽(久々)
ショウドウツバメ2羽
カモメ類0羽(犀川河口)
サメビタキ(写真あり)(情報より)
オオルリ(情報より)
カワセミ(情報より)
ダイサギ(情報より)
ミサゴ(情報より)
イソヒヨドリ(情報より)
コサメビタキ(情報より)
オナガ(情報より)
カゼクサ満開
メヒシバ満開
ヤブランつぼみ
メマツヨイグサ満開
センニンソウ8分咲き
ハマゴウ実と花

ヒトスジシマカ非常に多くなってきました
アメンボウ(二天橋の上流に特に非常に多い。9月1日よりも。 二天橋下流には見当たりません。7時1分)
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明404匹、アカテガニ443匹


2019.9.7
オオルリ幼鳥(初認)(写真あり)(情報より)
カワセミ2羽(情報より)


2019.9.6
エゾビタキ(初認)(写真あり)(情報より)


2019.9.5
ヤマカガシ(写真あり)(情報より)(クロベンケイガニ(1匹)がヤマカガシの上を乗り越えている映像もあります)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%82%AB%E3%82%AC%E3%82%B7
(ヤマカガシを私が普正寺の森で見掛けたのは、20年以上前では)


2019.9.4
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ16羽
アカゲラ?1羽(声のみ)
カモメ類(ウミネコ)14羽(犀川河口)
コムクドリ♀タイプ(写真あり)(情報より)
ゴイサギ幼鳥(写真あり)(情報より)
アカゲラ♀(情報より)
コサメビタキ(情報より)
ツクツクボウシ1頭
ミンミンゼミ2頭


2019.9.3
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ14羽
オナガ1羽
カモメ類1羽(犀川河口)
ヨウシュヤマゴボウ実紫色と緑色
カゼクサ穂

カナヘビ1匹(久々)
ツクツクボウシ4頭
早朝には虫の音多くなりました


2019.9.1
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ13羽
カモメ類38羽(犀川河口)
アカゲラ1羽(初認)
ヒヨドリ5羽
キビタキ♀タイプ(初認)(写真あり)(情報より)
ヘクソカズラ花
アキノノゲシ花
ヤブランつぼみ
ブタクサ開花
ハマゴウ花と実
アレチウリ開花
ノコンギク開花
チヂミザサ開花
センニンソウ開花
ムクゲ花
メドハギ開花
キンミズヒキ満開

アメンボウ(二天橋の上流に特に多い)
ツクツクボウシ7頭
ミンミンゼミ3頭
クマバチ2頭
アサギマダラ1頭(写真あり)(情報より)
ゴマダラチョウ1頭
赤とんぼ44頭
シオカラトンボ♂1頭
コシアキトンボ1頭
ギンヤンマ3頭
キリギリス2頭
大池→ミシシッピアカミミガメ18匹、クサガメ10匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明176匹、アカテガニ340匹


2019.8.31
ムシクイ類(初認)(メボソムシクイ上種?)(写真あり)(情報より)


2019.8.27
ハヤブサ幼鳥(犀川左岸の樹上)(写真あり)(情報より)


2019.8.26
カワセミ♂(情報より)
ツツドリ幼鳥(情報より)


2019.8.25
カワセミ(情報より)


2019.8.24
コサギ2羽(犀川中州)(久々)(上空高度約30mをミサゴが通過時に、1羽は首をひねって長く上を見上げていました)
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ31羽
カモメ類(ウミネコ)31羽(テトラポッド)
ツバメ2羽森上空
キカラスウリ花
キンミズヒキ開花

ジョロウグモ80匹
ハグロトンボ1頭(激減です)
ツクツクボウシ6頭
ミンミンゼミ5頭
キリギリス4頭
クマバチ1頭
シオカラトンボ♂2頭
オオシオカラトンボ♀1頭
メダカ20匹+(犀川東の水田)
赤とんぼ(ウスバキトンボ6頭)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%90%E3%82%AD%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%9C
https://yamanenone.at.webry.info/201009/article_3.html

大池→ミシシッピアカミミガメ25匹、クサガメ5匹、イシガメ1匹種不明1匹・犀川下流(水面上の折木)→ミシシッピアカミミガメ1匹、種不明1匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明160匹、アカテガニ329匹


2019.8.23
カワセミ(情報より)


2019.8.21
普正寺橋~犀川橋間のカモ類→カルガモ19羽
カモメ類40羽+(犀川河口)
ショウドウツバメ4羽(砂丘上を南西へ)
アキノエノコロ穂
イヌキクイモ開花
オオアレチノギク満開
ガガイモ満開
ハッカ花

ツクツクボウシ5頭
ミンミンゼミ3頭(初認)(大野湊神社では8月17日に初認)
アカテガニ(三千坊跡・エノキの小径でも増えてきました)


2019.8.19
カワセミ(情報より)


2019.8.18
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ11羽
チュウサギ1羽(水田)
カモメ類13羽(犀川河口)
ショウドウツバメ3羽(初認)
オナガ2羽
ムクゲ花
アカメガシワ実緑

ツクツクボウシ4頭
ジョロウグモ1匹(初認)



2019.8.17
チュウサギ非繁殖羽1羽(犀川下流上空から、金石港船溜りに来て、ボートに止まりました)
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ12羽
オオヨシキリさえずり1羽(犀川下流)(久々)
カモメ類16羽(犀川河口)
ツバメ幼鳥2羽(電線上)(内1羽は、成鳥から餌を)(普正寺橋左岸)
赤とんぼ31頭
ツクツクボウシ4頭



2019.8.15
カワセミ2羽(16時 ササゴイの池観察舎の野鳥ノート情報より)


2019.8.14
カワセミ1羽(情報より)


2019.8.13
カワセミ2羽(情報より)


2019.8.12
コムクドリ♂1羽
カッコウさえずり1羽(久々)(10時24分に一声「カッコウ」と鳴きました。森中に響く大声で、人による物真似等ではないと思いました。)
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ5羽
カモメ類8羽(犀川河口)
ハマゴウ花と実
ケカモノハシ満開
オヒシバ開花
メヒシバ満開
キョウチクトウ花
ネムノキ花

ツクツクボウシ3頭
アブラゼミ(ピークより少なくなっていました)
キリギリス18頭
カラスアゲハ1頭
アオスジアゲハ9頭
コシアキトンボ頭
オオヤマトンボ5頭
http://odonata.jp/03imago/Macromiidae/Epophthalmia/elegans_elegans/index.html
https://brunneus.exblog.jp/19193269/

赤とんぼ4頭(ウスバキトンボ1頭+)
https://yamanenone.at.webry.info/201009/article_3.html
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%90%E3%82%AD%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%9C

ハグロトンボ15頭
シオカラトンボ♂1羽
ギンヤンマ6頭
オニヤンマ2頭(二天橋下に同時に)
ネアカヤンマ3頭(今月には一日で、8頭の情報もあります)
大池→ミシシッピアカミミガメ11匹、クサガメ4匹、種不明8匹・犀川下流にもミシシッピアカミミガメ1匹が泳いでいました
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明118匹、アカテガニ193匹
シタベニハゴロモ1頭(情報より)
https://blog.goo.ne.jp/aehshinnya3/e/7f29e34c09cecb37ca1f5ec840d2d5ec



2019.8.11
カワセミ4羽(情報より)
ゴイサギ幼鳥1羽(虹彩黄色)(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
カブトムシ♀3頭(写真あり)(情報より)


2019.8.10
カブトムシ♀2頭(写真あり)(情報より)


2019.8.7
カモメ類1羽(犀川河口)
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ8羽
ダイサギ1頭(犀川橋下流)
コムクドリ♀タイプ1羽・性別不明3羽
キセキレイ2羽(情報より)
メヒシバ満開
ツクツクボウシ1頭
オニヤンマ1頭(野鳥園跡地)
ネアカヤンマ1頭


2019.8.6
ウ類1羽(犀川下流)(久々)
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ1羽
カモメ類(ウミネコ6羽)(犀川河口)
ツユクサ花
ハッカ花
クズ満開
ヒメジョン花
ヒカゲイノコズチつぼみ
カラタチ実緑2cm

ツクツクボウシ2頭(初認)
キリギリス16頭
ジャノメチョウ3類
アゲハチョウ類2頭
ゴマダラチョウ5頭
アオスジアゲハ12頭
赤とんぼ類2頭
シオカラトンボ♂1頭♀タイプ1頭
ギンヤンマ4頭
ネアカヤンマ1頭
http://www.tokyo-hotaru.com/blog/2012/08/post-819/
ハグロトンボ23頭
コシアキトンボ9頭
カラスアゲハ1頭(小川)
オオカマキリ1頭(初認)(体長約5cmと小さい)
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明62匹、アカテガニ116匹


2019.8.5
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ3羽
モズ♀1羽・♂幼鳥1羽
カモメ類2羽(ウミネコ)(犀川河口)
ヒョウタン実
ゴーヤ実
ヘクソカズラ(別名:サオトメバナ早乙女花)満開
クマノミズキ実緑
サルスベリ満開
ムクゲ7分咲き

オニヤンマ1頭(野鳥園跡地)
アブラゼミ非常に多い
大池→ミシシッピアカミミガメ3匹、クサガメ1匹、種不明2匹・ササゴイの池→クサガメ3匹
アカテガニ(♀を抱いた♂1匹。泡を吹きながら。♂に比較すると♀はかなり小さい)(犀川下流左岸)


2019.8.1
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ9羽
カモメ類13羽(犀川河口)
ムクドリ類6羽(大池)
ニセアカシア(ハリエンジュ)の大木が倒れ、伐採されていました(直径約45cm 年輪から25年)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%BB%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%B7%E3%82%A2
ハマゴウ8分咲き
メマツヨイグサ3分咲き
ムクゲ花
サルスベリ花
メヒシバ開花
ハッカ満開
キカラスウリ花
ミズヒキ開花

オニヤンマ1頭(小川)
キリギリス12頭
クマバチ1頭
ゴマダラチョウ8頭
アオスジアゲハ13頭
ジャノメチョウ類3頭
シオカラトンボ♂1頭
ギンヤンマ2頭
ウチワヤンマ1頭(大池)
コシアキトンボ13頭
ハグロトンボ19頭
大池→ミシシッピアカミミガメ9匹、クサガメ1匹、種不明1匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明126匹、アカテガニ99匹

※これまでに普正寺の森で観察された、ハチ類やチョウ類等の昆虫を教えて頂きました
アオスジベッコウ
http://www.ha.shotoku.ac.jp/~kawa/KYO/SEIBUTSU/DOUBUTSU/08hachi/bekkoubachi/aos/index.html
ハイイロクマバチ(ハイイロベッコウ)
https://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/toku/mushimegane/CK2018031102000225.html
http://higeoyaji.com/haiirokumo.htm
キバラハキリバチ
https://lasioglossum.jimdo.com/%E3%83%8F%E3%83%81%E3%81%AE%E7%94%9F%E6%85%8B%E3%83%A1%E3%83%A2/%E3%83%8F%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%83%90%E3%83%81%E7%A7%91/%E3%82%AD%E3%83%90%E3%83%A9%E3%83%8F%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%83%90%E3%83%81/
オデコフクオビドロバチ
http://dic-corp.co.jp/contents/colum_article55.html
https://blogs.yahoo.co.jp/rahyale/36968157.html?__ysp=44Kq44OH44KzICAg44OV44KvICAg44Kq44OTICAg44OV44K%2FICAgICDjg5Djg4E%3D
オオセイボウ
https://www.insects.jp/kon-hatiooseibou.htm
オオフタビドロバチ
https://blog.goo.ne.jp/dog3131muku/e/e4de283ddb63d42f44b4569078ba7951
キンモウアナバチ
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/matsumoto/page23/page24/page79/page81/page81.html
エントツドロバチ
https://www.ffpri.affrc.go.jp/labs/seibut/bamboohymeno/species/orancistrocerus-drewseni/0022.html
ミヤマチャバネセセリ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%90%E3%83%8D%E3%82%BB%E3%82%BB%E3%83%AA
テングチョウ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6

スジアカクマゼミ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%82%BC%E3%83%9F#スジアカクマゼミ
https://blog.hyouhon.com/entry/2018/03/06/144248
http://neptis.xsrv.jp/?p=14232
https://www4.city.kanazawa.lg.jp/25001/seisaku/shizenhogo/shizengakusyu/semi_nukegara/semi_nukegara2015/kekka-top2015.html
http://hakusan64.com/specialcontents/cicada/cicada.html


2019.7.30
カワセミ♂幼鳥(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)


2019.7.29
ホオジロ幼鳥(水浴び ササゴイの池)(写真あり)(情報より)


2019.7.26
アマサギ11羽(ササゴイの池上空を南東へ 5時35分


2019.7.25
カワセミ♂1羽・♀幼鳥1羽(ササゴイの池)
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ1羽
カモメ類14羽(犀川河口)
スズメ群れ12羽
ハッカ満開
モントブレチア(姫檜扇水仙)満開
チヂミザサ展葉
ハマゴウ5分咲き
キンミズヒキ展葉
カキドオシ茎伸びています
ヤブガラシ満開

カラスアゲハ1頭(犀川下流左岸や小川でも)
カナヘビ1匹
クマバチ1頭(小川)
ジャノメチョウ6頭
アゲハチョウ類1頭(プール)
ゴマダラチョウ10頭(多い)
キリギリス11頭
赤とんぼ1頭(真っ赤:初認)(大池)
シオカラトンボ♀タイプ1頭(プール)
ギンヤンマ4頭
オニヤンマ1頭
ハグロトンボ28頭
ウチワヤンマ1頭(大池)
アオスジアゲハ13頭
コシアキトンボ14頭
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明61匹、アカテガニ67匹



2019.7.24
カワセミ1羽(情報より)


2019.7.21
ムクドリ(林間広場1羽)
カワセミ♂幼鳥1羽(ササゴイの池)(2羽の情報も)
カモメ類1羽(ウミネコ)(犀川河口)
セグロセキレイ幼鳥1羽(大池)
コムクドリ♂1羽・♀タイプ3羽・性別不明4羽(三千坊跡)
イタチハギ実緑
ヘクソカズラ(別名:サオトメバナ早乙女花)
コマツナギ満開
ミソハギ満開
http://mizuaoi.photo-web.cc/135misohagi.htm
ハッカ満開
キョウチクトウ花
ヒメジョン満開
ブタナ満開

ツチガエル1匹(水車橋下)
スズメバチ類(小型)2頭
キリギリス7頭
アゲハチョウ類1頭
ジャノメチョウ類5頭
オニヤンマ1頭(水車橋下を通過)
ウチワヤンマ1頭(大池)
シオカラトンボ1頭
ギンヤンマ4頭
ゴマダラチョウ4頭
ハグロトンボ22頭
コシアキトンボ24頭
アオスジアゲハ14頭
大池→ミシシッピアカミミガメ5匹、クサガメ14匹、種不明4匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明183匹、アカテガニ101匹


2019.7.20
イワツバメ8羽(普正寺橋)
ツバメ32羽(野鳥園跡地)
カワセミ♂幼鳥1羽(ササゴイの池)(3羽の情報も)
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ1羽
カモメ類45羽(犀川河口)
ハマゴウ6分咲き
オオバコつぼみ

ユウマダラエダシャク幼虫0頭


2019.7.19
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ7羽
ムクドリ類2羽
ツバメ幼鳥3羽(電線上)
コムクドリ♀タイプ2羽(写真あり)(情報より)
ヘクソカズラ開花(別名:サオトメバナ早乙女花)
https://hananokotoba.com/hekusokazura/
http://blog.livedoor.jp/yasuko32/archives/51795094.html
https://www.deodor.co.jp/tyubo/2016/08/post-111.html

モントブレチア(姫檜扇水仙)満開

ウシガエル(ササゴイの池1匹)


2019.7.17
イワツバメ74羽(普正寺橋)
コムクドリ♂1羽♀タイプ2羽
ムクドリ30羽+(林間広場)
カワセミ♂(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
ハッカ満開
アカテガニ♀1匹(小さな卵を多く抱えていました 初認)
アカテガニ♀を抱えている♂4匹(犀川下流左岸)
クロベンケイガニ♀を抱えている♂1匹(犀川下流左岸)



2019.7.16
カワセミ3羽(情報より)
ツユクサ花(写真あり)(情報より)


2019.7.15
カワセミ♂幼鳥(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)


2019.7.14
カワセミ幼鳥3羽・年齢不明1羽(ササゴイの池の樹木に、一瞬4羽が同時に寄り添って止まりました)
(最大個体数は1990年7月5日に6羽の記録があります)

普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ9羽
カルガモ大池に2羽(久々)
カモメ類10羽(ウミネコ)(犀川河口)
スズメ群れ8羽
ムクドリ(野鳥園跡地5羽)
コムクドリ♂1羽・♀1羽・性別不明2羽
イワツバメ1羽(大池)
ツバメ大池上空に22羽+の多くが乱舞
(大野湊緑地公園の池上空でも、ツバメ41羽と非常に多くが乱舞していました。
しかし、普正寺の森の東に広がっている水田では、1羽も見当たりませんでした。
普段は、水田上空では、数羽から数十羽見掛けるのですが。)
(大野湊緑地公園は、大池の東北東約1km)

ネジバナ満開
アサガオ開花
アカメガシワ花
クズ開花(写真あり)(情報より)
アオツヅラフジ開花
コマツヨイグサ満開
ハマゴウ1分咲き
ノブドウ実緑
ニセアカシア実緑
ノイバラ実緑
ヤマハギ8分咲き
ヤマコウバシ実緑
エビヅルつぼみ
ヒメジョン散り始め
モントブレチア(姫檜扇水仙)8分咲き
ハッカ開花
アオギリ3分咲き
アベリア満開

ジャノメチョウ類交尾
キリギリス3頭(初認)
ニイニイゼミ増えました
シオカラトンボ♀タイプ1頭
オニヤンマ1頭(二天橋東)
ハグロトンボ20頭
赤とんぼ(大池)12頭(初認)
コシアキトンボ57頭(大池に50頭+と非常に多い)
大池→ミシシッピアカミミガメ12匹、クサガメ3匹、種不明4匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明196匹(小川には6匹と非常に少ない)、アカテガニ44匹(小川では19頭と少ない)


2019.7.13
キカラスウリ花(写真あり)(情報より)
http://mikawanoyasou.org/50on/wamei-data.htm
http://mikawanoyasou.org/50on/wamei-data.htm


2019.7.12
カワセミ♂幼鳥2羽(情報より)


2019.7.9
カワセミ(情報より)


2019.7.7
カワセミ(情報より)


2019.7.6
カワセミ(情報より)


2019.7.5
スズメ群れ40羽+(三千坊跡)
ツツドリさえずり1羽(9時58分から約1分間(エノキの小径辺り)と、10時19分にも一声(野鳥園跡地西))
カワラヒワ群れ7羽
コムクドリ♀タイプ1羽
カモメ類45羽(犀川河口)
ヤブガラシ開葉
ヤブツバキ実(直径約2.5cm 赤黒色)
ヒョウタン花と実



2019.7.4
イワツバメ5羽(普正寺橋)
カモメ類25羽(犀川河口)
ツユクサ開花
ワルナスビ満開
ヤブコウバシ満開

カマキリ体長約4cmとまだ小さい1頭(初認)
シオヤヤブ交尾(初認)
ハグロトンボ3頭
ユウマダラエダシャク幼虫26頭
ギンヤンマ1頭(ササゴイの池)
シオカラトンボ3頭
コシアキトンボ9頭
大池→ミシシッピアカミミガメ14匹、クサガメ1匹、イシガメ1匹、種不明1匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明166匹、アカテガニ46匹



2019.7.3
イワツバメ13羽(普正寺橋)
オナガ1羽
ムクドリ(普正寺橋8羽)
カモメ類22羽(犀川河口)
ヘラオオバコ花
ヤマコウバシ実緑
ヒメジョン満開

カナヘビ1匹
オニヤンマ1頭(犀川下流左岸)(初認)


2019.7.2
ゴイサギ成鳥1羽(ササゴイの池)
ムクドリ(野鳥園跡地1羽)
ネジバナ満開
ブタナ満開
アレチギシギシ実
エゾノギシギシ実
ワルナスビ花
マサキ散り始め
キンギンボク実赤
ネムノキ1〜7分咲き
モントブレチア(姫檜扇水仙)開花
ヤマハギ3分咲き
クマノミズキ花(写真あり)(情報より)

ウシガエル(ササゴイの池1匹)
ハグロトンボ4頭(初認)
ギンヤンマ1頭(ササゴイの池)(初認)
コシアキトンボ36頭
ウチワヤンマ1羽(大池)(初認)
大池→ミシシッピアカミミガメ13匹、クサガメ5匹、イシガメ1匹、種不明9匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明97匹、アカテガニ34匹


2019.6.30
今年は1月1日〜6月30日までの半年で、普正寺の森の野鳥は143種記録されました。


2019.6.23
ムクドリ(野鳥園跡地20羽+・林間広場9羽)
ホオジロさえずり5羽
イワツバメ20羽+(普正寺橋)
ノブドウつぼみ
マサキ3分咲き
クマノミズキ8分咲き
アカメガシワ5分咲き
クサイつぼみ

クマバチ2頭
コシアキトンボ4頭
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明58匹、アカテガニ209匹(多い)



2019.6.22
コムクドリ♂2羽+(写真あり)(情報より)


2019.6.20
カモメ類24羽(犀川河口)
ムクドリ大池10羽
ハシブトガラス巣立ち雛1羽(写真あり)(情報より)
エゾノギシギシ実が赤くなり始めました


2019.6.19
イワツバメ7羽(普正寺橋)
カモメ類30羽+(犀川河口)
カワラヒワ群れ8羽
メジロさえずり1羽
アカメガシワ花


2019.6.18
カワラヒワ群れ7羽
ムクドリ(プール4羽・小川2羽)
ヒヨドリ餌運搬1羽
カモメ類46羽(犀川河口)
イワツバメ野鳥園跡地4羽
メジロ1羽(長くさえずり 大池東)
コムクドリ♀1羽(餌をくわえて)・♂の情報も
ホトトギスさえずり1羽(10時58分 エノキの小径)
アオバトさえずり1羽(情報より)
キンギンボク実赤と緑
ゲンノショウコ満開
ドクダミ満開

スズメバチ類(小型)1頭
クマバチ見掛けませんでした
コシアキトンボ29頭
大池→ミシシッピアカミミガメ25匹、クサガメ17匹、種不明5匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明31匹、アカテガニ32匹



2019.6.16
イワツバメ5羽(野鳥園跡地)
ムクドリ(野鳥園跡地2羽・大池20羽+・犀川下流左岸50羽+)
カワラヒワ群れ7羽(成鳥4羽・幼鳥3羽)
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ3羽
ニワトコ実赤
スイカズラ花
イボタノキ花
ヒメジョン花
マユミ実緑



2019.6.14
カワラヒワ巣立ち雛(写真あり)(情報より)


2019.6.11
イワツバメ5羽(普正寺橋)
ムクドリ(小川25羽+・大池20羽+)
カモメ類7羽(犀川河口)
オオムシクイさえずり1羽(他に、地鳴き1羽)
アカメガシワ実緑
センダン散り盛ん
ヤマコウバシ実緑
ヤブジラミ実
クロガネモチ満開
クスノキ花は終わりました
エゾノギシギシ実
ブタナ満開
キツネノボタン満開

カナヘビ1匹
シマヘビ1匹(全身が淡褐色で4本の黒い線がはっきり。全長約1.2m)(11時16分 大池の東を泳ぎ藪の中へ)(久々)
クマバチ7頭
コシアキトンボ20頭
大池→ミシシッピアカミミガメ38匹、クサガメ3匹、種不明5匹・ササゴイの池→ミシシッピアカミミガメ1匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明28匹、アカテガニ81匹



2019.6.10
ジャノメチョウ類(初認)(写真あり)(情報より)


2019.6.9
カワラヒワ幼鳥(胸に縦斑が多くあります)(写真あり)(情報より)
チゴハヤブサ成鳥1羽(下腹部が赤く、成鳥でした。成鳥でも下面には縦斑あり。カモメの浜)(写真あり)(情報より)
(2015年以来の記録です。最近30年で8年に記録があります)
https://www.birdfan.net/pg/kind/ord06/fam0601/spe060102/
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%B4%E3%83%8F%E3%83%A4%E3%83%96%E3%82%B5

アオバト(情報より)
ハヤブサ(情報より)
オナガ(情報より)
ヒバリ(情報より)
オオムシクイ(情報より)
コムクドリ(情報より)
メジロ(情報より)
キョウチクトウ開花(写真あり)(情報より)
キツネ1匹(プールの東)(写真あり)(情報より)



2019.6.7
イワツバメ(2羽が樹木の梢に)(イワツバメが電線上の記録はありますが、樹木に止まっているのは初記録です)(写真あり)(情報より)


2019.6.4
イワツバメ(普正寺橋5羽)
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ1羽
カモメ類1羽(ウミネコ)(犀川河口)
オオバン(犀川下流1羽)
ムクドリ(林間広場30羽+・野鳥園跡地9羽・ササゴイの池9羽)
ツバメ(電線上に幼鳥2羽・ニセアカシア樹上約10mの梢に1羽(プールの北西)
→ツバメが樹木の梢に止まっているのは初めてかも?
ハマダイコン花が少し残っています
クロバナエンジュ満開
キンミズヒキ展葉
マンテマ花
ヤブヘビイチゴ実
クスノキ散り盛ん
クロガネモチつぼみ

ゴマダラチョウ1頭(初認)
カナヘビ1匹
アオダイショウ体長約80cm
コシアキトンボ13頭
クマバチ11頭
大池→ミシシッピアカミミガメ26匹、クサガメ14匹、種不明5匹
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明31匹、アカテガニ166匹(今朝は気温が高かった)


2019.6.3
ムクドリ(林間広場50羽+・野鳥園跡地45羽・ササゴイの池16羽)
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ1羽
ミサゴ1羽
イワツバメ(普正寺橋7羽)
エビヅル展葉
アメンボウ4頭(二天橋)(初認)
クマバチ10頭
コシアキトンボ14頭
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明23匹、アカテガニ75匹
大池→ミシシッピアカミミガメ27匹、クサガメ10匹、種不明8匹


2019.6.2
オオムシクイさえずり4羽
オオヨシキリさえずり1羽(犀川下流左岸)
ムクドリ(林間広場46羽・野鳥園跡地20羽+・犀川下流左岸4羽)
イワツバメ(普正寺橋6羽)
カワラヒワ巣材運搬(草の根?)(写真あり)(情報より)
ソメイヨシノ実(黒9割・赤1割)
ノイバラ散り始め
ハマヒルガオ満開
シラゲガヤ満開
https://matsue-hana.com/hana/siragegaya.html
ホソムギまたはネズミムギ
https://matsue-hana.com/hana/hosomugi.html
https://matsue-hana.com/hana/nezumimugi.html
ニガナ満開
スイカズラ満開
イボタノキ満開

ウシガエル(大池1匹)
アサギマダラ1頭(プールの南)(初認)
アワフキムシ類多くなり始めました
クマバチ14頭
スズメバチ類(小型)1頭
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明19匹、アカテガニ19匹
大池→ミシシッピアカミミガメ17匹、クサガメ1匹、種不明3匹


2019.6.1
イワツバメ(普正寺橋1羽・正門8羽・野鳥園跡地の西6羽)
オオバン(犀川下流1羽)
ムクドリ(林間広場周辺60羽+)
カモメ類5羽(犀川河口)
コムクドリ♂1羽(プールの東の電柱上でさえずり)
ホトトギスさえずり1羽(10時10分に7回のみ)
オオムシクイさえずり4羽
オオヨシキリさえずり1羽
ヒバリさえずり1羽
ウツギ満開
ハゼノキつぼみ

ツチガエル2匹(大池で2匹同時に、小声の鳴き声がありました)
http://uns.music.coocan.jp/kaeruSWF/tuti-kaeru.html
https://www.hitohaku.jp/material/l-material/frog/zukan/tuti.html

コシアキトンボ18頭
クマバチ14頭
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明6匹、アカテガニ4匹
大池→ミシシッピアカミミガメ19匹、クサガメ6匹、種不明4匹


2019年5月下旬
コムシクイさえずり1羽(情報より)(普正寺の森初記録)


2019.5.30
オオムシクイさえずり8羽
ムクドリ(林間広場周辺7羽)
アオバトさえずり1羽(プールの東)
ハクセキレイ♂成鳥1羽・♀成鳥1羽(♀は餌をくわえて、管理棟東から南へ。民家で繁殖でしょうか?)
カモメ類9羽(犀川河口)
イワツバメ6羽(普正寺橋)
ツバメ電線上7羽(幼鳥の電線上は初認)(また、給餌も初認)(情報より)
コルリさえずり1羽(情報より)
コヨシキリさえずり1羽(第4駐車場の西)(情報より)
ウツギ満開
ウシガエル(大池1頭)
クマバチ7頭
キツネ1匹(8時10分 大池の東側の小径上。砂利道や道端の草で何かを盛んに食べているようです。
あまり人を恐がらない様で、徐々に近づいて来ました。約3分間)(夏毛のためか、やせている印象です)


2019.5.29
オオムシクイさえずり15羽
オオヨシキリさえずり1羽
イワツバメ(普正寺橋7羽。コゲラの小径では13羽が高度約20〜50mで飛翔)
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ♂1羽・♀1羽、ヒドリガモ♂1羽
カッコウさえずり1羽(3度のみ)
ホトトギスさえずり1羽(三千坊跡)(情報より)
ツツドリさえずり1羽(三千坊跡)(情報より)
オオタカ幼鳥1羽(コゲラの小径)(情報より)
イソヒヨドリ♂1羽(情報より)
イカズラ満開
オニグルミ小さな緑色の実(直径約1cm)
ヤマグワ実赤く色付き始めました
ダイオウグミ実(赤い実も)
クロバナエンジュ満開
チガヤ満開

アオスジアゲハ1頭(初認)
クマバチ2頭
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明5匹、アカテガニ4匹(小川での個体数が激減。タヌキが要因?)
大池→ミシシッピアカミミガメ20匹、クサガメ8匹、種不明1匹


2019.5.27
マンジロ♂(小川)(写真あり)(情報より)
キビタキ♀(小川)(写真あり)(情報より)
オオムシクイさえずり多数(写真あり)(情報より)
エゾセンニュウさえずり1羽(小川で長くさえずり)(情報より)
アオバト(情報より)
ホトトギス(情報より)

ホオジロ幼鳥(初認)(写真あり)(情報より)
(胸に細い縦斑が多くあります。ただ、口角に黄色みもなく、胸の縦斑も細く、巣立ち後10日以上たっている印象です。)
(これまでの巣立ち雛の、最も早い金沢市西部での記録は5月22日ですので、今年の繁殖はかなり早かったと思われます)
https://blog.goo.ne.jp/dankai-sedai/d/20101223
http://www2q.biglobe.ne.jp/~ysakamot/hoojiro.html
https://www.env.go.jp/nature/choju/effort/effort3/hoojiro.pdf#search=%27%E3%82%B7%E3%83%99%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%9B%E3%82%AA%E3%82%B8%E3%83%AD%27
(シラガホオジロ♀タイプは、ホオジロ幼鳥と同じで胸に縦斑はありますが、腰や顔の模様や色に違いがあります)
https://hide0310.exblog.jp/19298017/
https://hide0310.exblog.jp/14328099/
https://www.love-birds.net/20130112-2/


2019.5.26
オオムシクイさえずり14羽
メジロさえずり1羽
サンコウチョウさえずり1羽(小川)
マミジロさえずり1羽(水車小屋のベンチの横に立っていると、目の前のコナラの大木の高さ7mで、
大声で長くさえずってくれました)(♀の写真ありの情報もあります。繁殖も期待しています。)
マガモ♂1羽(大池)
コムクドリ♂3羽(林間広場の枯れた松の梢に♂ばかり3羽が)
イワツバメ9羽(普正寺橋)
エゾセンニュウさえずり1羽(犀川下流左岸)(情報より)
アオバトさえずり1羽(コゲラの小径)(情報より)
小さなアリの行列(小径道上)(初認)


2019.5.25
コムクドリ♀(写真あり)(情報より)
コサメビタキ(写真あり)(情報より)
コヨシキリさえずり1羽(アカモズの小径)(写真あり)(情報より)
エゾセンニュウさえずり1羽(プールの南)(情報より)


2019.5.24
スズメ巣立ち雛(初認)(写真あり)(情報より)(自宅では5月16日が初認でした)
メジロ(写真あり)(情報より)
コサメビタキ(写真あり)(情報より)
アオバト
(情報より)
オオムシクイ(情報より)


2019.5.23
コムクドリ♂(写真あり)(情報より)
センダイムシクイ(写真あり)(情報より)


2019.5.22
エゾセンニュウさえずり1羽(5時28分 野鳥園跡地 大声でさえずっていました)
オオヨシキリさえずり1羽
ヒバリさえずり1羽
マミジロ♂成鳥1羽(大池の北 小径を歩いていました)
トビ成鳥1羽(威嚇音あり)
イワツバメ2羽(普正寺橋)
コヨシキリさえずり1羽(大池)(写真あり)(情報より)
ニセアカシア満開〜散り始め
トベラつぼみ〜満開
カモジグサ満開
ウツギつぼみ
ノイバラ満開
カモガヤ散り始め(花粉の飛散量は、かなり少なくなっている印象です)

ウシガエル大池1匹



2019.5.21
センダイムシクイ(写真あり)(情報より)
サメビタキ(写真あり)(情報より)
http://www.osaka-nankou-bird-sanctuary.com/o.n.b.s_web/topcontents2015/samebitaki_group/samehitaki_group.html
https://www.birdfan.net/2017/11/24/57097/
https://www.birdfan.net/2018/10/26/65786/
カッコウさえずり(情報より)
ホトトギスさえずり(情報より)
サンコウチョウ(情報より)
ミサゴ(情報より)
コサメビタキ(情報より)
カワセミ(情報より)


2019.5.20
イワツバメ6羽(普正寺橋)
ヒバリ1羽(コゲラの小径を北へ。水田で採食し、砂丘へ?)
トビ巣上1羽(雛?)
ノジコ♂さえずり1羽(写真あり)(情報より)(2017年5月3日以来。過去30年間に14年記録があります。)
https://www.birdfan.net/2018/11/09/66128/
https://www.bird-research.jp/1_shiryo/nakigoe.html
サンコウチョウ♂1羽(尾羽が長い)(写真あり)(情報より)
トベラ5分咲き
カマツカ散り始め
ヘラオオバコ満開

モグラ死骸1匹(体長約7p)


2019.5.19
エゾムシクイ1羽
センダイムシクイさえずり3羽
マミジロさえずり1羽(エノキの小径)
メジロさえずり1羽
ヒバリさえずり1羽
イワツバメ4羽(普正寺橋)
ヨシガモ♂繁殖羽1羽(犀川中州西)
ムクドリ餌運搬1羽
マガモ♂1羽(大池)(益々、繁殖の期待が高まります)
ケリ2羽(野鳥園跡地上空高さ約40m。2羽で鳴き合いながら南へ)
トビ(巣上に雛1羽)
ミサゴ(写真あり)(情報より)
シメ(小川)(写真あり)(情報より)
アオバト
(情報より)
キショウブ散り始め
カモガヤ開花(花粉がかなり飛んでいる様です)

ユウマダラエダシャク交尾
ウシガエル(大池1匹)


2019.5.18
アオバトさえずり1羽

コルリさえずり1羽
センダイムシクイさえずり1羽
エゾムシクイさえずり1羽
メジロさえずり1羽
ヨシガモ♂繁殖羽1羽(犀川中州東 5時2分)
オオバン(犀川下流2羽)
イワツバメ7羽(普正寺橋)
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類→カルガモ6羽(すべての個体で、胸に少々赤茶みがあります)
アマサギ2羽(犀川下流上流)
チュウサギ2羽(水田)
マミジロ♂成鳥1羽(二天橋)(♀1羽の情報も)
トビ(巣上に雛1羽)
ムクドリ餌運搬1羽
オナガ1羽
マミチャジナイ1羽(情報より)
アカハラ(写真あり)(情報より)
オオヨシキリさえずり1羽(ササゴイの池南)(情報より)
サンコウチョウ♂1羽
(尾羽は短い 三千坊跡や水車小屋)(情報より)
ムギマキ♀1羽(情報より)
ヤマガラ1羽(12時43分 二天橋)(写真あり)(情報より)
(兼六園周辺では一年中見掛けるのですが、普正寺の森ではなぜか繁殖記録はありません。
2018年は5月6日、2017年は10月10日のみの記録です。冬期に時々見掛ける年も、6〜7月には記録はないと思います。)

ハチクマ1羽(8時33分 大池上空を北へ 森上空は初記録。1990年以降では1990年9月30日以来2度目。)(写真あり)(情報より)
(ただ、1977年以降の健民海浜公園の記録が掲載されている1998年発行の「石川県の鳥類」にも記録があります。)

イワミセキレイ1羽(8時14分 林間広場、その後コゲラの小径でも)(写真あり)(情報より)(2011年9月8日以来。1980年代にも記録があります)
ニセアカシア(野鳥園跡地:満開、犀川下流左岸:8分咲き、林内8分咲き 甘い香りが漂っています)
フジ散り盛ん
トサシモツケ満開
コマツヨイグサ満開
チガヤ満開
ハマエンドウ満開
ツクバネウツギ散り始め
イチゴツナギ満開
コマユミ満開
マユミ満開
イボタノキ開花
カマツカ満開

クマバチ37頭
アオダイショウ1匹(大池の中ノ島の石上)
シュレーゲルアオガエル1匹(二天橋の真下の石上)(初認)
(モリアオガエルとのもっとも大きな違いは、四肢の水掻きの発達の様です。
石上で動かずにいたので、前二つの肢の水掻きが、まったく見られない事が確認出来ました。)
http://www.hkr.ne.jp/~rieokun/frog/moriao-schle.htm

ウシガエル(ササゴイの池1匹 この池では初認)
カニ情報→クロベンケイガニ及び種不明42匹、アカテガニ85匹


2019.5.17
サンコウチョウ♂成鳥1羽
(写真あり)(情報より)
カッコウさえずり1羽(情報より)


2019.5.16
ブッポウソウ1羽(ササゴイの池北やコゲラの小径)(写真あり)(情報より)(2羽の情報も)
(過去30年間では12年に記録があります)

アオバト♂1羽・♀1羽・性別不明1羽+(写真あり)(情報より)
ミサゴ(情報より)
マミジロ♂成鳥1羽(写真あり)(情報より)
ホトトギスさえずり1羽(初認)(情報より)
ジュウイチさえずり1羽(情報より)


2019.5.15
オオヨシキリさえずり1羽
センダイムシクイさえずり2羽
エゾムシクイさえずり1羽
コルリさえずり1羽
キビタキさえずり1羽(♂成鳥の情報も)
メジロさえずり1羽
ウグイスさえずり1羽
ムギマキ♂幼鳥1羽(10m先の小川で盛んに水浴びをしていました 8時40分)(水車小屋)
イワツバメ10羽(普正寺橋)
カシラダカ♀1羽(写真あり)(情報より)
ツツドリさえずり1羽(情報より)
キビタキ♂♀(情報より)
カラスノエンドウ実
ニセアカシア6分咲き(野鳥園跡地)
マツバウンラン(松葉海蘭)満開
https://matsue-hana.com/hana/matubaunran.html
https://www.ootk.net/cgi/shikihtml/shiki_1514.htm
トサシモツケ満開
ノイバラつぼみ
ツクバネウツギ満開
クマノミズキつぼみ
ブタナ8分咲き
チガヤ3分咲き
オオシマザクラ実赤くなり始めました
タブノキ新葉
エノキの虫こぶ(初認)
http://www.jugemusha.com/jumoku-zz-enoki.htm

アワムキムシの幼虫が作る泡(初認)
ウシガエル(大池1匹)
クマバチ26頭


2019.5.14
オオルリ♀(写真あり)(情報より)
サンコウチョウさえずり1羽(情報より)


2019.5.13
コムクドリ♂1羽♀1羽(情報より)
ムギマキ♂1羽♀1羽(二天橋)(情報より)
マミジロ♀1羽(情報より)
オオルリ♂1羽♀1羽(情報より)
キビタキ♀1羽(情報より)
シジュウカラ♂♀餌運搬(エノキの小径)(情報より)


2019.5.12
ミサゴ1羽
ササゴイの池のカモ類→カルガモ2羽
イワツバメ16羽
カルガモ(野鳥園跡地の草むら1羽)
キセキレイ1羽(情報より)
センダイムシクイさえずり1羽(情報より)
コムクドリ2羽(情報より)
キビタキ♂幼鳥1羽(写真あり)(情報より)
アオジ♂♀(写真あり)(情報より)
マミチャジナイ2羽+(写真あり)(情報より)
サンコウチョウさえずり1羽(情報より)
オナガ(情報より)
ジョウビタキ(情報より)
キンギンボク散り始め(白花1割・黄花9割)
ツクバネウツギ満開
フジ満開
シロバナヤマフジ散り盛ん
アキグミ満開
コバンソウ満開
ムベ花
カマツカ開花
シャガ散り始め
イチゴツナギ開花

ウシガエル(大池1匹)(初認)
クマバチ39頭
大池→ミシシッピアカミミガメ25匹、クサガメ6匹


2019.5.11
コルリ♂(写真あり)(情報より)
アオジ♀(写真あり)(情報より)
コサメビタキ(写真あり)(情報より)
ジュウイチ成鳥さえずり1羽・幼鳥さえずり1羽(写真あり)(情報より)(幼鳥羽でも、さえずるのが確認出来ました)
https://www.birdfan.net/pg/kind/ord11/fam1100/spe110000/
ニセアカシア開花(写真あり)(情報より)


2019.5.10
センダイムシクイ(写真あり)(情報より)
コサメビタキ(写真あり)(情報より)
ムギマキ♀タイプ
(写真あり)(情報より)
(2000年以降のムギマキの春の初認日:
4/29→2015年、5/2→2009年・2010年、5/3→2006年・2014年・2016年、
5/4→2008年・2018年、5/5→2005年、5/6→2000年・2013年、5/7→2004年・2007年、
5/8→2011年・2017年、5/11→2001年、5/15→2012年)


2019.5.9
ノゴマさえずり1羽(プールの南)(情報より)
イワツバメ5羽(普正寺橋)
メジロさえずり1羽
コルリさえずり1羽
ダイサギ2羽(野鳥園跡地上空)
バン1羽(犀川下流)
マミチャジナイ1羽(近くに同種と思われる2羽も)
キジ(ケン君高鳴き 4時31分〜5時30分には10回)
トビ(巣内雛1羽+ 頭部など白い羽多いが、親鳥とほぼ同大)
ハシボソガラス(野鳥園跡地の北の巣では、雛不明。成鳥が1羽短時間巣上に立っていました)
(ササゴイの池観察舎の北:巣内雛2羽+ 成鳥と同大)
サンコウチョウ♀1羽(アイリング細い)(情報より)
カワセミ(情報より)
マンテマ満開
スズメバチ類(小型)1頭(初認)
クマバチ29頭
大池→ミシシッピアカミミガメ43匹、クサガメ4匹



2019.5.8
ジュウイチさえずり1羽
ノゴマさえずり1羽(プールの南)(写真あり)(情報より)
アカハラ成鳥1羽・幼鳥1羽
マミチャジナイ4羽(ササゴイの池観察舎 の南で群れ)
ヒバリさえずり1羽
ササゴイの池のカモ類→コガモ♂1羽♀1羽
ウグイス3羽(さえずり1羽)
イワツバメ5羽(普正寺橋)
エゾムシクイさえずり2羽
センダイムシクイさえずり1羽
コルリさえずり1羽
キジバトさえずり1羽
メジロさえずり1羽
ハシボソガラス(巣内雛は確認出来ませんでした 野鳥園跡地の北)
カワセミ(情報より)
ハマハタザオ満開
ハマエンドウ満開
ヤマグワ満開



2019.5.7(今日の野鳥は43種)
今朝は予想に反して、昨日よりもさらに個体数も種類数も少なく、静かな森でした。

最低気温9.3℃で早朝は寒く、息が白く見えました。
最高気温も16.4℃と低く、野鳥たちは北陸地方(普正寺の森)に渡っても、虫が多く発生する事がなく、渡りを控えたのか?
すでに多くは渡り終えているのか?今春は別ルートに変更したのか?

また、強い南寄りの風が吹いたのは、6日の814時で、多くの小鳥が渡る夜間には、弱い北寄りの風も多く、
夜間に強い南寄りの風が吹かなかったのも要因の一つでは?

普正寺の森に飛来するのは、一晩で、遠方(関西・九州・台湾等)から渡って来る個体(種)が多く、気象条件の影響を受けやすい?
普正寺の森から飛去するのは、近辺(能登半島・富山等)へ移動する個体(種)が多いので、気象条件の影響をあまり受けない?のではと思っています。

普正寺の森の一日の最高種類数は75種で、2013512日に記録しています。
なお、75種には、デジカメでの確認や、野鳥識別に詳しい4名の方から伺った種も含まれています。

20135月上旬の、最高気温20℃以下は515日と78日。
最低気温10℃以下は519日で、5月上旬にしては寒い日が続きました。
そして、512日と1011日に雨天日があり、翌日の512日に大きなピークを迎えた年でした。http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/daily_s1.php?prec_no=56&block_no=47605&year=2013&month=05&day=&view=p1

今春5月上旬の、最高気温20℃以下は512日と7日。
最低気温10℃以下は57日のみで、2013年に比較すると気温は高い状況です。
そして、51日と6日に雨天日がありました。

天気予報では5815日は、晴天日が続く予報です。
そのため今後、渡りの大きなピークはないのでは?と思っています。
https://tenki.jp/forecast/4/20/5610/17201/3hours.html

そうすると、今春の鳥見が楽しめたピークは、428日だったようです。
平年より、早くにピークが訪れた年になりそうです。

ただ、589日は、かなり強い南寄りの風が吹き、最高気温も20℃を超える予報のため、
珍鳥の出現等もあきらめてはいません。

キジ(ケン君の高鳴き→4時21〜45分には4回)
ヒドリガモ♂18羽♀8羽(犀川橋上流)
カルガモ(普正寺の森南の、防火用水のフェンス囲い内に2羽)
コガモ
キンクロハジロ♂6羽♀2羽(犀川橋上流)
キジバトさえずり3羽
ウ類5羽(海上北東へ)(金石西防波堤2羽)
アオサギ
ダイサギ1羽(嘴黄色)(犀川橋下流浅瀬)
チュウサギ3羽(水田)
バン1羽(犀川下流)
ジュウイチさえずり1羽
シロチドリ♂1羽(普正寺浜の南約200m)
ウミネコ1羽
コアジサシ2羽
(外側尾羽も白色)(金石西防波堤〜専光寺ふれあいゴルフ広場辺りの海上を、往復しながら海にダイビング。
1羽は小魚をゲット)(写真あり)(情報より)
トビ(巣内雛1羽+ 頭部など白い羽多いが、親鳥とほぼ同大)
カワセミ(情報より)
コゲラ(ドラミング1羽)
ハシボソガラス(巣内雛1羽+ 野鳥園跡地の北)
(巣内雛3羽+ 1羽は巣上で激しく羽ばたく ササゴイの池観察舎の北)
ハシブトガラス
シジュウカラさえずり3羽
ヒバリさえずり1羽
ツバメ
イワツバメ6羽
ヒヨドリ
ウグイス6羽(内、さえずり1羽)
ヤブサメ1羽
エゾムシクイ
センダイムシクイさえずり2羽
メジロさえずり1羽
ムクドリ
マミジロ♂1羽(写真あり)(情報より)
マミチャジナイ1羽
アカハラ1羽(アカハラ?1羽のさえずりもあり)
コルリさえずり1羽(♀1羽の情報も)
イソヒヨドリ♂1羽(金石西防波堤のゲート上で、さえずっていました)
キビタキ♂幼鳥1羽
オオルリ♂成鳥1羽
スズメ4羽
ハクセキレイ1羽
ホオジロ
アオジ♂2羽♀1羽
クロジ♀1羽(情報より)
コウボウシバ穂
八重桜散り盛ん
アキグミ満開

バードウォッチャー14名+(午前)
サーファー9名(テトラポッドと普正寺浜間)



2019.5.6
4月28日以降では、最も個体数の少ない森でした。
森周辺も、それほど大きな環境変化もなく、春の普正寺の森を通過する鳥類の総個体数は、
近年では大きな変化はないと思われます。
春の渡りのピーク時の5月3〜6日に、これ程個体数が少ない日が続いたので、
渡りの条件のほぼ良い明日に期待しています。

なお、黒松が優先種であった普正寺の森で、黒松の伐採が年間2000本以上行われたのは2007〜2008年です。
そして、ほぼ広葉樹林に変化した2013年頃です。
しかし、年間の種類数は、132〜156種であった1991〜2005年に比較すると、2006年からは160種を超える年があり、
2011〜2012年は170種を超えました。
また、年最高の一日種類数が、60種を超える事が多くなったのも2006年からです。

黒松の伐採により、鳥類の好みの実が多い広葉樹が増加した事も要因と思われますが、
藪が多く残っておれば、優先種の高木が黒松から広葉樹に変化しても、年間に観察される鳥類の種類数が、
減少する事はない事を示していると思います。)

サンショウクイ1羽
アオジ♂2羽♀2羽
ジュウイチさえずり2羽(激しく鳴き合っていました 2羽の記録は2010年5月6日以来)(成鳥の情報も)
コサメビタキ1羽
ハシボソガラス(巣内雛1羽+ 口内真っ赤 親鳥とほぼ同大)(野鳥園跡地の北)
キビタキ♂幼鳥1羽(♂成鳥1羽の情報も)
アオバトさえずり1羽(情報より)
ヤブサメさえずり1羽(情報より)
マミジロ1羽(情報より)
コルリさえずり1羽(情報より)
マミチャジナイ(情報より)
ヤマフジ満開
フジ8分咲き
シロバナヤマフジ満開
オオジシバリ満開
コマツヨイグサ開花
シロバナタンポポ実
ノハナショウブ開花
ツクバネウツギ満開

ユウマダラエダシャク幼虫1頭(糸によりぶら下がっていました)(初認)
https://blog.goo.ne.jp/tanakagawa_shinogi/e/ab185436be43e0327bf6681c846ceb10


2019.5.5(個体数のかなり少なかった昨日よりも、益々個体数が少なくなっています)
(5月6日の21時頃に、気圧の谷が通過する天気予報に変わりました。
翌日の5月7日は最低気温9.5℃・最高気温17.7℃と気温は低いのですが、5月7日に期待しています。)

ジュウイチさえずり1羽
ノゴマさえずり1羽(6時10分 プールと第4駐車場間で、頻繁にさえずっていました)
アカハラ1羽
ウグイス8羽(さえずり2羽)
メジロさえずり1羽
センダイムシクイさえずり1羽
アオジ♂7羽♀3羽
イワツバメ3羽
オオルリ♂1羽♀1羽
ササゴイの池のカモ類→コガモ♂1羽♀1羽
ゴイサギ成鳥1羽(初認)(犀川中州を利用していました)
マミジロ♂(情報より)
シロハラ(情報より)
クロツグミ♂成鳥1羽・♀(写真あり)(情報より)
サンショウクイ1羽(情報より)

サンコウチョウさえずり1羽
(初認)(情報より)
(2000年以降のサンコウチョウの春の初認日:
4/28→2001年、5/2→2009年、5/3→2014年・2016年・2018年、5/4→2008年・2017年、
5/6→2004年・2006年・2007年・2010年・2015年、5/9→2000年、5/11→2003年、
5/12→2013年、5/13→2011年・2012年)

タブノキ7分咲き
ハルガヤ満開
キショウブ4分咲き
ハナヌカススキ満開
ブタナ開花
サンショウ満開

トラフシジミ(情報より)
モンキアゲハ(情報より)
アゲハ(情報より)
クロアゲハ(情報より)


2019.5.4(かなり個体数が少なくなっています。種類数も。 
2〜3日の夕方にはアカハラやクロツグミのさえずりが聞こえたのですが、
今日の夕方はさえずりもなく静かでした。)

ノゴマさえずり1羽(4時54分 プールの北東)
アカハラ4羽
大形ツグミ類(クロツグミを除く)さえずり2羽
トビ(巣上に立ち上がっている成鳥1羽)
メジロさえずり1羽
コルリさえずり2羽
センダイムシクイさえずり2羽
コサメビタキ1羽
ササゴイの池のカモ類→コガモ♂1羽♀1羽
ミサゴ1羽(トビ2羽に追われたためと思われますが、「チュイ」と可愛い声で3度鳴きました)
イワツバメ11羽
アオジ♂1羽♀1羽
ウグイス5羽
オオルリ♀1羽(♂成鳥の情報も)
コサメビタキ1羽
バン1羽(犀川下流)
ミヤマホオジロ♀1羽(♂と思われる写真ありの情報も)(三千坊跡の北)
ジュウイチさえずり1羽(初認)(小川周辺)
ハシボソガラス(巣内雛4羽 4羽共、口内真っ赤 親鳥とほぼ同大)(ササゴイの池観察舎の北)
ツツドリさえずり1羽(情報より)
マミチャジナイ1羽(情報より)
キビタキ♂(情報より)
オオヨシキリさえずり1羽(犀川中州)(情報より)
コマドリ1羽(情報より)
カイツブリ繁殖羽1羽(大池)(情報より)
バン(写真あり)(情報より)
キビタキ♂成鳥1羽・♂幼鳥1羽(写真あり)(情報より)
マミジロ♂2羽・♀1羽(情報より)
サンショウクイ1羽(情報より)
カラアカハラ1羽(喉に縦斑あるが、脇腹に縦斑のないタイプ→性別不明としました)(GC斑も不明)(写真あり)(情報より)
キツネ1匹(プールの東)(情報より)
テングチョウ(情報より)
ルリシジミ(情報より)
アゲハ(情報より)


2019.5.3(今日の野鳥は63種)
(個体数は、4月28日に比較するとかなり少なく、昨日との比較でも減少している印象です。
ただ、種類数は、4月28日・5月2〜3日の3日は、60種を超えていました。)

キジ
ヒドリガモ
カルガモ
コガモ
キンクロハジロ
キジバトさえずり4羽
アオバトさえずり1羽(初認)(情報より)
ウ類3羽(森上空)
アマサギ2羽(水田)
アオサギ
チュウサギ2羽(水田)
オオバン1羽(犀川下流)
ウミネコ1羽
セグロカモメ成鳥2羽・幼鳥2羽
オオセグロカモメ(情報より)
ミサゴ2羽(情報より)
トビ
カワセミ1羽(ササゴイの池)(情報より)
コゲラ
アカゲラ1羽(情報より)
サンショウクイ1羽(情報より)
オナガ1羽
ハシボソガラス
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒバリ
ツバメ
イワツバメ6羽(普正寺橋)
コシアカツバメ1羽(林間広場上空)(情報より)
イワツバメ
ヒヨドリ
ウグイス6羽(さえずり1羽)
ヤブサメ(情報より)
エゾムシクイさえずり1羽
センダイムシクイさえずり2羽
メジロさえずり1羽(2羽水浴び)
ムクドリ
コムクドリ♂1羽
マミジロ♂1羽(情報より)
トラツグミ1羽(二天橋で水浴び)(情報より)
カラアカハラ(5時9分 プールの東で性別不明1羽)(大池の西で、喉・胸・脇腹に斑のない♂も撮影されています。小川下流でも。情報より)
クロツグミさえずり1羽・♀1羽
マミチャジナイ(情報より)
シロハラ
アカハラ
ツグミ1羽(二天橋)(情報より)
コマドリ♀1羽(二天橋)
ノゴマさえずり1羽(プールの南)(写真あり)(情報より)
コルリさえずり3羽・♀2羽
ジョウビタキ♀1羽(情報より)
コサメビタキ(情報より)
キビタキ♀1羽(♂幼鳥1羽の情報も)
オオルリ♂成鳥2羽(二天橋)(♂成鳥3羽の情報も)
スズメ
ハクセキレイ2羽(18時35分 砂丘上を北へ)
ビンズイ(情報より)
アトリ1羽+(情報より)
カワラヒワ
シメ3羽(5羽+の情報も)
イカルさえずり1羽(林間広場)
ホオジロ
カシラダカ♂繁殖羽1羽・♀2羽(情報より)
アオジ
クロジ♂成鳥1羽(情報より)
ハマダイコン満開
コバンソウ満開
ヤマフジ開花
フジ開花
シロバナヤマフジ8分咲き
ハマハタザオ満開
キヅタ新葉
コマユミ2分咲き〜満開

クマバチ交尾(初認)(高さ1.5m黒松上で)
ユウマダラエダシャク1頭(初認)
https://www.insects.jp/kon-gayuumadara.htm


2019.5.2(今日の野鳥は60種)
(快晴・最高気温19.6℃・最低気温12.2℃・最大瞬間風速8.5m西北西)
キジ(9時頃から11時26分までに、ケン君の高鳴き7回。二天橋の北より高鳴きあり)(情報より)
オカヨシガモ♂1羽(犀川橋上流)
ヒドリガモ150羽+(犀川橋上流)
マガモ♂1羽(犀川下流)
カルガモ
オナガガモ♀タイプ1羽(犀川中州の玉石の上)
コガモ
キンクロハジロ♂23羽・♀18羽(犀川橋上流)
キジバトさえずり2羽
ウ類(金石西防波堤1羽)
アオサギ
ダイサギ繁殖羽1羽(水田)
チュウサギ4羽(水田)
バン1羽(犀川中州周辺)
オオバン1羽(犀川中州周辺)
ツツドリさえずり1羽(19時14分)(日中の情報も)(初認)
チュウシャクシギ1羽
(水田)(初認)
キアシシギ6羽(テトラポッド)
ウミネコ5羽
ミサゴ1羽
トビ
コゲラ1羽
サンショウクイ(情報より)
モズ♂1羽
オナガ2羽(15時24分 小川下流で水飲み)
ハシボソガラス(巣上に1羽)
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒバリさえずり1羽
ツバメ
コシアカツバメ1羽(11時9分 プールの北 砂丘上空約4mを北東へ 2016年以来)
イワツバメ8羽(普正寺橋)
ヒヨドリ(昨日まで賑やかでしたが、かなり個体数が少なくなってきました)
ウグイス6羽(さえずり1羽)
ヤブサメ(情報より)
エゾムシクイ
センダイムシクイさえずり1羽
ムクドリ
コムクドリ(情報より)
マミジロ♂(情報より)
カラアカハラ性別不明幼鳥1羽(脇腹に斑のない個体)(喉や胸の斑から、
4月29日に小川下流で撮影された個体と、同一と思われます。)(プールの東)(写真あり)(情報より)
(夕方には三千坊跡での情報も)

クロツグミさえずり1羽・♀1羽
シロハラ1羽(エノキの小径)
アカハラ4羽→(大形ツグミ類(クロツグミを除く)早朝さえずり2羽。18時29分には近年では珍しく、
大形ツグミ類3羽+とクロツグミ1羽がさえずり、賑やかでした)(19時6分には地鳴き)

ツグミ1羽
コマドリさえずり2羽(エノキの小径の北や、コゲラの小径南入口でさえずり)
ノゴマ♂1羽
(プールの東)(写真あり)(情報より)(夕方にはさえずりもあり。情報より)
コルリさえずり2羽
ジョウビタキ♀1羽(大池西)(写真あり)(情報より)
コサメビタキ1羽
マミジロキビタキ♂成鳥1羽(小川下流 15時26分 水浴びをして短時間で森内へ)
キビタキ♂幼鳥1羽
オオルリ♂成鳥2羽
スズメ3羽
キセキレイ♂1羽(二天橋)
ハクセキレイ1羽
ビンズイ1羽(コゲラの小径)(情報より)
カワラヒワ
ホオジロ(滝上段から2段目で水浴び♂1羽・最上段に♀1羽)
アオジ♂3羽♀6羽
クロジ♀1羽

(ドバト2羽 波打ち際で採食)
(ササゴイの池のカモ類→カルガモ1羽・コガモ♂1羽♀1羽)
(コチドリ1羽 (犀川橋上流)小さく遠いので普正寺の森記録外)
コマユミ8分咲き
キショウブ3分咲き

キツネ1匹(正門)(情報より)



2019.5.1
(雨、午後より一時雲・最高気温15.6℃・最低気温13.6℃・最大瞬間風速5.9m東)
(明朝にはピークがあると思います。その後、天気予報では5月2〜5日まで晴マーク。5月6〜7日は曇り。
5月8〜9日は雨マーク。そして、気温はあまり上がらない様で、5月3日以降大きなピークはなく、
徐々に渡って来るのでは?)
ただ、珍鳥は5月前半であれば、いつ現れて不思議ではなく、気が抜けない普正寺の森です。)
(明日2日の天気予報は、最高気温18.1℃、最低気温11.9℃と低く。また、夜間は曇りや小雨に予報が変わり、
多くが渡って来るのか少し不安もあります。)

オオルリ♂1羽(♀の情報も)
キビタキ♂幼鳥1羽(水車小屋)
クロツグミ♂1羽(水車小屋)
ルリビタキ♀タイプ1羽(二天橋)
アカハラ1羽
キセキレイ♂1羽(二天橋)
ギンムクドリ♂1羽
(プールの南)(写真あり)(情報より)(2014年5月25日♀1羽初記録で、
2015年5月23〜24日にも♀1羽が観察されています)
コマドリさえずり(情報より)
カラアカハラ♀1羽(プールの東)(情報より)
ノゴマ♂1羽(写真あり)(情報より)
コルリ♂(写真あり)(情報より)
ビンズイ1羽(第1駐車場)(写真あり)(情報より)
クロジ♀(情報より)
マミチャジナイ(情報より)
ウワミズザクラ満開
クロマツ新枝最大長さ35cm



2019.4.30
(雨時々曇・最高気温19.0℃・最低気温11.6℃・最大瞬間風速6.9m東北東)
(個体数も昨日と大きな変化はなく、カラアカハラ・シロハラホオジロの珍鳥も残っていてくれました。
渡りの条件が良いと思われる5月2日の早朝には、新しい珍鳥も期待しています。)

シロハラホオジロ♂繁殖羽1羽(二天橋の東)(観察された4月28日以降、
小径の地上で休みなく採食していました。しかし、今日、15時24分には小径上でまったく採食せず、キョロキョロ。
食べ続けて満腹?)
コマドリさえずり1羽(三千坊跡や水車小屋でさえずり)
大形ツグミ類(クロツグミを除く)さえずり1羽
クロツグミさえずり2羽(二天橋とササゴイの池の西。 2羽のさえずりの声は、かなり違っていました)
ヒバリさえずり1羽
コムクドリ♀1羽
ミサゴ1羽
アカハラ1羽
ツバメ   
ルリビタキ♀タイプ1羽
マガモ♂1羽(犀川下流)(石川県では記録のない、繁殖を期待しています)
ウグイス10羽(今朝はさえずりは聞けませんでした。♀が多くなっているのでしょう)
アオジ♂7羽♀6羽性別不明1羽
オオルリ♂成鳥3羽
コルリ♂1羽
ツグミ1羽
キジバトさえずり1羽
キビタキ♂成鳥1羽・♀1羽
カラアカハラ1羽(プールの東)(情報より)
ノゴマ♂1羽(写真あり)(情報より)
カワセミ1羽(ササゴイの池)(情報より)
マミチャジナイ1羽(情報より)
クロジ♂成鳥1羽(情報より)
フジつばみ
シロバナヤマフジ開花
カマツカつぼみ
カラスノエンドウ満開
ツルニチニチソウ6分咲き
ノゲシ花
スイバ満開

アマガエル1匹
キツネ1匹(小川中流や三千坊跡)(情報より)



2019.4.29
(曇のち雨・最高気温19.1℃・最低気温7.5℃・最大瞬間風速5.3m東北東)
(ヒヨドリは非常ににぎやかですが、他の小鳥は昨日より少し少なくなっている印象です)
(サンコウチョウ・ベニヒワ・シマゴマ・マミジロ・キレンジャク・ササゴイ等は、今春、まだ記録はありません。)

シロハラホオジロ♂繁殖羽2羽(早朝に、1羽は二天橋の東15mで、小径に立っていると、
採食しながら、非常に近く(4m)まで寄って来てくれました)(小川下流では、
♂2羽が同時に観察されている情報があります)
コマドリさえずり2羽(♂1羽は水車小屋の屋根で時々採食。この様な個体はコマドリでは、
昨年まで例がありませんでした。近くで撮影も可能です。)
コルリさえずり4羽(18時33分にも二天橋でさえずっていました)
ウグイスさえずり3羽
アオジさえずり1羽(高さ約3mの樹上で。珍しくさえずりの姿を見せてくれました)
エゾムシクイさえずり2羽
センダイムシクイさえずり2羽
大形ツグミ類(クロツグミを除く)さえずり1羽
クロツグミ♂2羽(さえずり1羽)・♀1羽
キジバトさえずり2羽
ヒバリさえずり1羽
アカハラ2羽
アトリ♂2羽・性別不明2羽
オオルリ♂成鳥1羽(頭部等が青い個体は、成鳥と記載しています。初列雨覆等に幼羽が残っている第1回夏羽は、離れての識別がかなり困難なので。)・♀1羽
ササゴイの池のカモ類→コガモ♂1羽♀1羽
ルリビタキ♀タイプ1羽(二天橋の西で頻繁に小径で採食)
オナガ1羽
センダイムシクイ1羽
キセキレイ♂1羽・♀1羽(二天橋)(16時8分、二天橋に観察者がいない時には、
二天橋上でキセキレイ♂1羽・シロハラホオジロ♂1羽・コルリ♂1羽が、盛んに採食していました)
コアジサシ3羽(普正寺海岸上空 )(初認)
イワツバメ6羽(野鳥園跡地 18時26分)
ドバト3羽(二天橋東の高さ約20mの梢に止まりました。ドバトが森中央部の梢に止まるのは珍しい)
アオジ♂4羽♀4羽
ツグミ1羽
キビタキ♂成鳥1羽・♂幼鳥1羽・♀1羽
ヒヨドリ・メジロ(4時38分より発声)
シジュウカラ(4時44分よりさえずり)
クロツグミ♂1羽♀1羽(4時47分よりさえずり)
メジロ1羽

キジ(「ケン」と1音のみの「ケン君」の発声は、野鳥園跡地の西側辺りから、
4時47分・6時9分・9時41分のみでした。)(4時7分より普正寺の森で観察し、
4時21分にはプール南辺りから2音の発声はありました。ただ、昨日の様に約2〜5分毎の頻繁な1音の発声は、
なぜかありませんでした。なお、普正寺の森でのキジの高鳴きのピークは4〜5月です。)

カラアカハラ♂1羽(アカモズの小径への、アスファルト道交差点の東側)(写真あり)(情報より)
(14時25分頃には、小川下流で♀幼鳥1羽も観察されています(喉と胸脇には斑があるが、
腹脇には斑のない個体。GC斑あり幼鳥)(情報より))
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%8F%E3%83%A9


ノゴマ1羽(情報より)
マミジロキビタキ♂成鳥1羽(水車小屋)(情報より)
ヤブサメ1羽(水車小屋)(情報より)
カワセミ(情報より)
(徳光海岸で、チュウシャクシギ40羽±が渡り。テトラポッド沖を渡っていた。)(情報より)
(波打ち際から近いので充分観察出来、今後、普正寺海岸でも通過、観察できるのでは。)

ツクバネウツギ開花
アオキ散り始め
ヤブツバキ新葉
シロバナタンポポ実と花
クスノキつぼみ
オニグルミ(雄花序が落ち始めました)
ツルニチニチソウ5分咲き
ノジスミレ花
キンギンボク1分咲き(白花10割・黄花0割)
コマユミ4分咲き
ヌルデ開葉
クヌギ開葉
http://www.jugemusha.com/jumoku-zz-kunugi.htm
ニワトコ満開

小形コウモリ(アブラコウモリ?)1匹(野鳥園跡地 19時3分)(初認)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B3%E3%82%A6%E3%83%A2%E3%83%AA
カエルの大合唱(周辺水田 19時8分)


2019.4.28(今日の野鳥は60種)
(晴、最高気温15.4℃、最低気温4.7℃、最大瞬間風速9.2m/s北)(日の出時刻5時5分、日の入り時刻18時39分)
(まだピークではないのですが、一週間前に比較すると徐々に増えています。)
(天気予報では、5/1に気圧の谷、その翌日の5/2には次のピークがあるのでは? 
そして5/6〜7にも気圧の谷。その後、気温も上がりそうなので、大きなピークがあるのでは? と期待しています。)
https://tenki.jp/forecast/4/20/5610/17201/3hours.html
(ルリビタキ・ジョウビタキ・キビタキ・オオルリの4種が、同日に観察されるのは稀ですが、
今日は6年振りに記録されました)

キジ(通常、高鳴き(Crow call)は「ケンケン」と2音です。
ところが
二天橋の北側から聞こえる高鳴きは「ケン」と1音のみです。
10時前後に聞いた8声はすべて1音のみでした。早朝に聞かれた方も1音のみだったそうです。)
(キジを研究されている方の論文では、高鳴きで個体識別は可能で、調査された3年間は同じ声だったそうです。
今回の1音の個体「ケン君」が、長生きしてくれたら今後も楽しめそうです。)
http://db3.bird-research.jp/news/wp-content/uploads/2017/01/kiji.pdf
https://db3.bird-research.jp/news/201701-no2/
https://www.wbsj.org/nature/public/strix/20/strix20_04.pdf
https://bioone.org/journals/Ornithological-Science/volume-8/issue-1/048.008.0109/Individuality-of-Crow-Calls-in-Male-Japanese-Green-Pheasants-iPhasianus/10.2326/048.008.0109.short

ヒドリガモ
マガモ♂1羽(犀川下流)
カルガモ
シマアジ♂1羽♀1羽
(犀川橋上流)
コガモ
キンクロハジロ
ササゴイの池のカモ類→カルガモ2羽、コガモ♂2羽♀1羽
犀川橋から上流約300mまで(ヒドリガモ161羽・コガモ42羽・オカヨシガモ♂4羽・シマアジ♂1羽♀1羽・キンクロハジロ♂17羽♀8羽)

カンムリカイツブリ繁殖羽1羽(犀川下流)
キジバトさえずり3羽
ウ類1羽(テトラポッド)
アマサギ2羽(水田)
アオサギ7羽(普正寺海岸上空を北東へ)・アオサギのコロニーに巣11個(その内の6個には成鳥1羽)(ササゴイの池観察舎より約300m南)
ダイサギ6羽(普正寺海岸上空を北東へ 6時47分)
チュウサギ6羽(水田)
カモメ7羽(カモメ類9羽(犀川河口))
セグロカモメ1羽
ミサゴ1羽
トビ(巣上に立ち上がってる成鳥1羽)
オオタカ幼鳥1羽(自転車道の海岸側を地上約1m程と低くを飛ぶ。急旋回も一度あり。
樹木に隠れて不明ですが、獲物を狙っていた?)(第4駐車場の南西)
コゲラ1羽
サンショウクイ1羽(情報より)
オナガ2羽
ハシボソガラス
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒバリ3羽(さえずり1羽)
ツバメ
イワツバメ18羽(普正寺橋)
ヒヨドリ渡り個体数5,445羽(6時16分〜7時40分。6時48分には500羽+、6時58分1,000羽+、7時16分500羽+の大群が通過。
4月23日の5,220羽を超え、春期の渡り最大個体数でした。)
ウグイスさえずり2羽
ヤブサメさえずり1羽(二天橋)(情報より)
エゾムシクイ
センダイムシクイ1羽
メジロさえずり1羽
ムクドリ
コムクドリ5羽+(情報より)
トラツグミ1羽(声)(情報より)
クロツグミさえずり1羽
アカハラ(情報より)
シロハラ
ツグミ(第4駐車場 5羽)
コマドリさえずり2羽(普正寺の森の一部27.6ha内で、150m以内は鳴き合い等がなければ同一個体として。
他種の小鳥も同様)(早朝は多かったとの情報もあります)(♂1羽は水車小屋の屋根で時々採食。)
コルリさえずり1羽(早朝にさえずり3羽の情報も)・♀1羽(♂は小径でも時々見掛けました)
ルリビタキ♀タイプ2羽
ジョウビタキ♀1羽(正門梅林南)(情報より)
ノビタキ♀1羽(アカモズの小径)
マミジロキビタキ♂成鳥1羽(水車小屋)(情報より)
キビタキ♂成鳥1羽・♂幼鳥1羽・♀1羽
オオルリ♂1羽♀1羽
スズメ5羽(長さ約20cmのトビの羽根をくわえていました。遊び?)
キセキレイ♂1羽♀2羽(二天橋や三千坊跡)
ハクセキレイ
アトリ♂繁殖羽5羽・♀1羽
カワラヒワ(♂成鳥から♀成鳥への、求愛給餌)(写真あり)(情報より)
イカル5羽+(情報より)
ホオジロ
シロハラホオジロ♂繁殖羽1羽(二天橋の西や小川中流の西のアスファルト道。午後より)
(あまり人を恐れない個体で、盛んに採食していました。)
(普正寺の森では1993年が初記録です。1993〜2003年の11年間では3年の記録と少ない。
でも、2004〜2019年の16年間では14年の、多くの記録があります。)
https://www.birdfan.net/2012/05/25/18809/
アオジ♂4羽♀2羽
クロジ♀1羽(♂幼鳥1羽の情報も)
ハナカイドウ散り始め
八重桜満開(第3駐車場)
カモジグサ穂
イチゴツナギ穂
コバンソウ2分咲き
アキグミ3分咲き
ハマエンドウ5分咲き
コウボウムギ穂
キンギンボク開花
アケビ満開
オニタビラコ開花
キショウブ1分咲き
カキドオシ満開
ムラサキケマン満開
ヤマコウバシ満開
ダイオウグミ満開
タブノキ新葉
イボタノキつぼみ
コマユミ開花
サンショウ満開
http://www.jugemusha.com/jumoku-zz-sanshou.htm
オオジシバリ開花
クロマツ開花(揺らすと大量の花粉が飛びます)
ヤブニンジン花と実
ハナミズキ開花
センダン開葉
コナラつぼみ
ヒメスイバ開花
ヤマグワつぼみ
シャガ満開
シャク散り始め
オニグルミ満開
ヒゲナガスズメノチャヒキ穂

白山・立山・剱岳の山頂付近も雪が解け、岩肌がわずかに見え始めました



2019.4.27
(晴れ時々曇、アラレを伴う・最高気温12.3℃・最低気温6.0℃・最大瞬間風速10.7m北北西)
ビンズイ(情報より)
コルリ♂7羽+(情報より)
アカハラ10羽+(情報より)
オオルリ(情報より)
ルリビタキ(情報より)
クロジ♀(情報より)
キビタキ♂♀(情報より)
ハマシギとミユビシギの群れ400羽+(普正寺海岸より南西)(情報より)
ビンズイ1羽(情報より)


2019.4.26
(雨一時曇・最高気温13.8℃・最低気温9.6℃・最大瞬間風速6.5m北西)
キビタキ♂10羽+・♀2羽(情報より)
オオルリ♂5羽+(情報より)
コルリ♂4羽(情報より)
コムクドリ(情報より)


2019.4.23(日の出時刻5時10分)
ハマシギとミユビシギの群れ750羽+(ハマシギ約6割、ミユビシギ約4割→ハマシギ、ミユビシギ共に普正寺の森最大個体数)(普正寺浜の南西約500m。
7時29分には約70羽が普正寺海岸にも)
(ハマシギはすべて腹部は黒色でした。ミユビシギには繁殖羽の個体はいません)(テトラポッドや砂浜を利用。
砂浜では約2割の個体が腹部を砂に付けていました)(波打ち際の砂浜に、群れが細長くなり利用している時に、
背景の規則的に並ぶテトラポッド2個分の個体数をカウントし、それを基に個体数を計算しました。)

ヒヨドリ渡り個体数5,220羽(6時36分〜8時19分。7時7分には550羽の大群が、
波打ち際から幅約500mに広がり通過して行きました)(春期では最も多い記録)(ヒヨドリの渡りが多い日は、
翌日に気圧の谷の通過があり、風の弱い日にも多い印象があります。そして、風向はあまり影響はないのでは?)
オナガ3羽
オオタカ♀1羽(大池上空)
ノビタキ♀1羽(普正寺砂丘の南)
カモメ類2羽(ウミネコ)(犀川河口)
ウ類3羽(犀川下流上空を北東へ)
オオハムまたはシロエリオオハム6羽(腰の辺りに白い羽根が見えました)
ホシハジロ♂1羽(犀川下流)
イワツバメ11羽(普正寺橋)
ツバメ4羽(普正寺浜)
オオバン(犀川下流3羽)
アオジ♂5羽、♀3羽、性別不明2羽
オカヨシガモ♂2羽(犀川下流)
メジロ2羽(さえずり1羽)
ヒバリさえずり1羽
ウグイスさえずり3羽
コマドリさえずり2羽

ルリビタキ♀タイプ1羽
大形ツグミ類(クロツグミを除く)さえずり2羽
ササゴイの池のカモ類→カルガモ1羽、コガモ♂1羽
キビタキ♂成鳥1羽(小川)(情報より)
クマバチ21頭
アカテガニ♀1匹(初認)



2019.4.22
ツグミ1羽
オオバン(犀川下流1羽)
オカヨシガモ♂5羽(犀川下流)
ヤブサメ1羽(さえずり初認)
アオジさえずり1羽
イワツバメ3羽(普正寺橋)
メジロ3羽
ササゴイの池のカモ類→カルガモ1羽、コガモ♂1羽♀2羽
ヒドリガモ(犀川下流♂2羽♀3羽)
ルリビタキ♀タイプ2羽(犀川下流左岸)
ハシボソガラス(巣内に1羽。抱卵?)
ハシボソガラス1羽(クルミを高さ約20mから落とす。普正寺浜の管理用道路(砂)へ。
ユリカモメ60羽+(沖合い約700mを北東へ)
サンショウクイ1羽(写真あり)(情報より)
エノキ満開
クロマツ新枝最大長さ20cm
キショウブ開花

ヘビ類1匹(初認)(明るい茶色。縞なし。体長35cm)
クマバチ21頭



2019.4.21
エゾムシクイ(初認)(写真あり)(情報より)
キビタキ♂(二天橋)(写真あり)(情報より)
クロツグミ♂(水浴び)(写真あり)(情報より)
マミチャジナイ(情報より)
ノゴマ♀1羽(喉が少し赤いタイプ)(ササゴイの池)(情報より)
コマドリ♂1羽(ササゴイの池)(情報より)
クロジ♂(情報より)
サンショウクイ(情報より)
バン(犀川下流中州)(情報より)
オオルリ(情報より)
ダイサギ(ササゴイの池)(情報より)
オカヨシガモ♂4羽(犀川下流)(写真あり)(情報より)
エゾムシクイ(情報より)


2019.4.20
ヒレンジャク1羽
(初認)(水車小屋)
トラツグミ1羽(二天橋 小川で長く水浴びしていました)
シメ3羽(二天橋 水浴び)
オオバン(金石港船溜り2羽)
オカヨシガモ♂2羽(犀川下流)
メジロ6羽
ヒヨドリ渡り15羽+(渡り初認)(渡りの個体が増え賑やかになっています)
ルリビタキ♀タイプ1羽
カンムリカイツブリ繁殖羽1羽(犀川下流)
カイツブリ繁殖羽1羽(犀川下流)
イワツバメ(普正寺橋1羽、プール3羽)
ウグイスさえずり2羽
大形ツグミ類(クロツグミを除く)さえずり1羽(シロハラ?)1羽
クロツグミさえずり1羽
コムクドリ♂2羽♀1羽
キビタキ♀1羽
クロジ♂(情報より)
コマドリ3羽(情報より)
ジシギ類1羽(ササゴイの池から飛び立つ。クサシギよりかなり大きい)(情報より)
コブシ満開
アケビ開花
サンショウ展葉
ダイオウグミ満開
スイバ開花
カタバミ開花
シャク満開
ヤエムグラ開花
ヘビイチゴ開花
コバンソウ開花(オシベが出始めました)
コスミレ散り始め
サルトリイバラ開葉
クロマツ新枝最大長さ12cm(開花間近)
オオシマザクラ・ヤマザクラ満開〜散り盛ん
オオヤマザクラ・ソメイヨシノ散り盛ん

クマバチ1頭
ルリタテハ(初認)(情報より)http://www.j-nature.jp/butterfly/zukan/tateha19.htm
大池→ミシシッピアカミミガメ73匹(内水面で1羽(初認))、クサガメ10匹、イシガメ1匹・
ササゴイの池→ミシシッピアカミミガメ6匹、種不明1匹


2019.4.19
クロツグミ♂(写真あり)(情報より)
シメ(写真あり)(情報より)
アカハラ(写真あり)(情報より)


2019.4.18
(ミゾゴイ・チュウジシギ・カラアカハラを、どなたも今朝は観察されていませんでした)
ツグミ1羽
イワツバメ20羽+(普正寺橋)
ヒドリガモ8羽(犀川下流)
アオジ♀3羽
ウ類(金石西防波堤1羽)
カモメ類5羽(犀川河口)
クロツグミさえずり1羽(長くさえずっていました)(三千坊跡)
カイツブリ繁殖羽1羽(犀川下流)
メジロ9羽
ササゴイの池のカモ類→カルガモ1羽・マガモ♂1羽♀1羽・コガモ♂2羽♀2羽
ノビタキ♀幼鳥1羽(薄いタイプ)(プールの東の電線上)・♂1羽♀幼鳥1羽(少し濃いタイプ)(第4駐車場)(写真あり)(情報より)
ルリビタキ♂成鳥1羽(情報より)
コムクドリ3羽(情報より)
コマドリさえずり1羽
(情報より)
アカハラ(情報より)
バン(犀川下流)(写真あり)(情報より)
アカハラ1羽(写真あり)(情報より)
キビタキ♂成鳥1羽(初認)(水車小屋)
コバンソウ穂多い(オシベはまだ見られませんでした)
ヤブニンジン3分咲き
シダ類(アイアスカイノデ?)の胞子嚢が見え始めました
八重桜満開
ハルガヤ5分咲き
ハマダイコン満開
クスノキ新葉
ホトケノザ満開
ツルニチニチソウ4分咲き
シャガ5分咲き
カキドオシ満開
ヤマコウバシ満開(枯葉はほとんど落ちました)
コブシ満開
オオシマザクラ・ヤマザクラ満開〜散り始め
オオヤマザクラ・ソメイヨシノ散り始め
クロマツ新枝が最大5cmに伸びていました

タテハチョウ類1頭(初認)
クマバチ7頭
大池→ミシシッピアカミミガメ75匹、クサガメ13匹・ササゴイの池→ミシシッピアカミミガメ5匹


2019.4.17
コマドリさえずり(初認)(情報より)
クサシギ(情報より)
アカハラ(情報より)
オオルリ♂(情報より)
ルリビタキ♀タイプ(情報より)
コサメビタキ(二天橋)(初認)(写真あり)(情報より)
オオルリ♂♀(写真あり)(情報より)
コルリ♂(情報より)
トラツグミ(情報より)
ミゾゴイ1羽(小川 早朝から夕方まで観察出来たそうです)(写真あり)(情報より)
(日曜カラアカハラ、月曜チュウジシギ、そして水曜ミゾゴイと、今週は珍鳥が続いています)
ムラサキケマン花
クマバチ(初認)(情報より)


2019.4.16
ルリビタキ♂成鳥・♀タイプ(写真あり)(情報より)
ジョウビタキ♂♀(写真あり)(情報より)
コブシ満開(写真あり)(情報より)


2019.4.15
クサシギ1羽(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
ルリビタキ♀タイプ(写真あり)(情報より)
チュウジシギ1羽(二天橋下流)(写真あり)(情報より)
(オオジシギに似ていますが、以下の特徴によりチュウジシギと同定しました。
全体の色調・嘴の基部がそれほど太くない・眉斑の広さ色・頬の色・雨覆の色・初列風切と三列風切先端との位置・尾羽先端の位置)
(チュウジシギは2010年4月17〜18日1羽(尾羽確認)(二天橋下流)の、普正寺の森初記録以来です)


2019.4.14
ムナグロ4羽(顔から腹の黒色は、少々からほぼ黒い個体まで色々)(水田)
チュウサギ3羽(嘴黒色2羽・黄色1羽)(水田)
ダイサギ3羽(嘴黄色)(水田)
アオサギ5羽(水田)
コムクドリ♂1羽(初認)(大池中ノ島)(写真あり)(情報より)
ミユビシギ100羽+(テトラポッド)(写真あり)(情報より)
ハマシギ50羽+(テトラポッド)(写真あり)(情報より)
アカエリカイツブリ非繁殖羽1羽(普正寺海岸)(写真あり)(情報より)
オオルリ♂(小川下流で水浴び)(写真あり)(情報より)
ルリビタキ♂成鳥1羽(綺麗)(二天橋)(写真あり)(情報より)
カラアカハラ♂1羽(小川で水浴び)(写真あり)(情報より)(アカハラは頭部や背などは褐色みですが、
写真では青灰色です。胸に斑はなく♂。GC斑は見られず成鳥と思われます)
(1990年以降では29年間で19年に記録があります。
そして、国内での造巣は、以前、普正寺の森で初めて記録されています)

カイツブリ(情報より)
ミサゴ(情報より)
アカゲラ(情報より)
アオゲラ(情報より)
ハヤブサ(情報より)
サンショウクイ(情報より)
ヒバリ(情報より)
イワツバメ(情報より)
ヤブサメ(情報より)
メジロ(情報より)
アカハラ(情報より)
ジョウビタキ(情報より)
ノビタキ(情報より)
キセキレイ(情報より)
アトリ(情報より)
カシラダカ(情報より)
キショウブ開花(写真あり)(情報より)
ニセアカシア開葉



2019.4.13
ルリビタキ♂・♀タイプ(写真あり)(情報より)
ミソサザイ1羽(二天橋)(写真あり)(情報より)
クロツグミ♂(二天橋)(写真あり)(情報より)


2019.4.12
イワツバメ4羽(普正寺橋)
オオバン(犀川下流2羽)
オカヨシガモ♂1羽(犀川下流)
ササゴイの池のカモ類→カルガモ4羽・コガモ♂2羽♀2羽
カワラヒワ(ビニール紐を運搬)
アオジ♂1羽
オオルリ♀1羽
ミヤマホオジロ♀1羽
金石港船溜り→キンクロハジロ♂1羽・ホシハジロ♂3羽
チュウサギ非繁殖羽1羽(飾り羽もまだありません)(初認)(水田)
ベニマシコ♂繁殖羽1羽
(大池の東)
ノビタキ♀1羽
シメ(小川、水浴び)(写真あり)(情報より)
エゾタンポポ5分咲き
セイヨウタンポポ満開
シロバナタンポポ花と実
ツルニチニチソウ3分咲き
ヤブニンジンつぼみ
アキグミ開葉
ダンドボロギク開花
チューリップ満開
コバンソウ穂が多く見られます
ヤマザクラ1分咲き〜満開〜散り盛ん
オオシマザクラ3分咲き〜満開
ソメイヨシノ満開
オオヤマザクラ満開(小川左岸の1本)
マユミ開葉
シロバナヤマフジ開葉
http://gkzplant2.ec-net.jp/mokuhon/syousai/sagyou/si/sirobanayamahuji.html
フジ葉芽ふくらむ
スノーフレーク満開
オニグルミ開葉
ハマダイコン満開((野鳥園跡地)・林内共に)



2019.4.11
クサシギ1羽(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
ルリビタキ♀タイプ(写真あり)(情報より)
オシドリ♂1羽♀1羽(犀川下流)(情報より)


2019.4.9
キンクロハジロ(大池♂2羽♀2羽・犀川下流♂1羽)
ハシビロガモ♂3羽♀2羽(大池)
ホシハジロ(犀川下流♂1羽・金石港船溜り♂4羽♀2羽)
カモメ類60羽(犀川河口)
ウ類(金石西防波堤3羽)
オオバン(犀川下流9羽)
イワツバメ1羽(普正寺橋)
メジロ3羽
ジョウビタキ♂4羽・♀4羽
ウグイスさえずり6羽
カワラヒワ(ズビー音5羽)
ルリビタキ♀タイプ5羽(♂1羽 水車小屋の情報も)
アトリ13羽(第1駐車場)
ミヤマホオジロ♀2羽(第1駐車場)
オオルリ♀(情報より)
ベニマシコ♂1羽(水車小屋東)(情報より)
トラツグミ1羽(アカモズの小径)(情報より)
ミサゴ1羽(情報より)
クロツグミさえずり1羽(情報より)
(地上の♂の写真では、GC斑が見られず、風切羽はすべて真っ黒で、茶色みはないので、♂成鳥と思われます)
http://fieldnow.la.coocan.jp/file/banding/kurotsu.htm
エナガ(写真あり)(情報より)
シメ1羽(犀川下流)(情報より)
ヤマザクラ1分咲き〜満開
オオシマザクラ1分咲き〜満開
ソメイヨシノ満開
オオシマザクラ8分咲き
シャガ開花(写真あり)(情報より)

大池→ミシシッピアカミミガメ71匹、クサガメ5匹、イシガメ2匹、種不明2匹



2019.4.8
オナガ(写真あり)(情報より)
ルリビタキ♀タイプ(写真あり)(情報より)
キクイタダキ群れ(写真あり)(情報より)
ヤブサメ(情報より)
オオルリ♀(情報より)
アカハラ1羽(初認)(情報より)
ミソサザイ1羽(二天橋)(情報より)
コブシ開花(写真あり)(情報より)


2019.4.7
クサシギ1羽(ササゴイの池の杭上)(写真あり)(情報より)
オオルリ♂(初認)(情報より)
ヤブサメ(情報より)
マミチャジナイ(初認)(情報より)
クロツグミ(初認)(情報より)


2019.4.6
メジロ3羽(5羽の情報も)
アトリ2羽(林間広場地上で採食)
ホシハジロ♂3羽♀2羽(金石港船溜り)
キンクロハジロ(大池♂2羽♀2羽)(犀川下流♂11羽♀4羽)
カンムリカイツブリ繁殖羽2羽(犀川下流)
カイツブリ繁殖羽1羽(犀川下流)
イワツバメ3羽(普正寺橋)
オオバン(犀川下流3羽・大池1羽)
ミヤマホオジロ♀1羽(犀川下流左岸)
ササゴイの池のカモ類→カルガモ2羽・コガモ♂1羽♀1羽
ルリビタキ♀タイプ1羽(コゲラの小径)(アカモズの小径や大池でも♀タイプの情報もあります)
ハシビロガモ♂1羽♀2羽(大池)
ウミウ非繁殖羽1羽(海上0.5〜2mと低く飛翔し500m以上移動しました)
ウ類(金石西防波堤6羽)
カモメ類62羽(犀川河口)
カラスの巣で尾羽が見えます。抱卵?(野鳥園跡地北)
オカヨシガモ♂2羽♀1羽(犀川下流)
オナガ3羽
シロチドリ2羽(普正寺浜:第4駐車場の下)(情報より)
ベニマシコ♀1羽(野鳥園跡地)(情報より)
ヤツガシラ1羽(サッカー場)(写真あり)(情報より)
クサシギ1羽(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
ホトケノザ満開
スイバ穂
イタドリ開葉
ハコベ開花
オオヤマザクラ4分咲き
ソメイヨシノ1分咲き
コスミレ満開

大池→ミシシッピアカミミガメ58匹、クサガメ2匹、イシガメ1匹、種不明2匹・
ササゴイの池→ミシシッピアカミミガメ2匹


2019.4.5
イワツバメ5羽(普正寺橋)
ミヤマホオジロ(ササゴイの池♀1羽・コゲラの小径♀1羽)(♂の情報も)
メジロ3羽
オオバン1羽(犀川下流)
ジョウビタキ♂2羽♀2羽
ノビタキ♀1羽(第1駐車場)
ベニマシコ繁殖羽♂1羽・♀1羽(野鳥園跡地)(写真あり)(情報より)
ヤツガシラ1羽(正門梅園・第1駐車場・大池の西・バーベキュー広場)(写真あり)(情報より)
ルリビタキ♂成鳥1羽(小川)(写真あり)(情報より)
シロハラ幼鳥(写真あり)(情報より)
アカゲラ♀(写真あり)(情報より)
ミソサザイ1羽(二天橋)(情報より)
オランダミミナグサ満開
シロバナタンポポ満開
ハマダイコン満開(野鳥園跡地)
ユキヤナギ満開
オオシマザクラつぼみ〜満開
ヤマザクラつぼみ〜満開
オオヤマザクラ1分咲き
ソメイヨシノ開花(兼六園:咲き始め)
チューリップ5分咲き

大池→ミシシッピアカミミガメ37匹、クサガメ2匹・ササゴイの池→ミシシッピアカミミガメ5匹、種不明1匹



2019.4.4
ヤツガシラ1羽(正門梅園)(写真あり)(情報より)


2019.4.3
ベニマシコ♀1羽
(野鳥園跡地 8時14分)
ルリビタキ♂1羽(水車小屋の西)・♀タイプ(ササゴイの池の東と、野鳥園跡地)
ジョウビタキ♂2羽♀2羽
オオバン(犀川下流5羽・大池1羽)
ウ類(犀川橋下流浅瀬3羽・金石西防波堤10羽)
メジロ2羽
ハシブトガラス1羽(貯食:水車小屋西のエノキの三又(高さ約8m)に、パン(3×8p大)を隠しました)
シメ1羽(嘴鉛色になっていました)
ツグミ(第3駐車場1羽・サッカー場4羽・第4駐車場0羽)
カンムリカイツブリ繁殖羽2羽(犀川下流)
アオジ♂2羽♀1羽
ミヤマホオジロ(大池西♀1羽・第3駐車場♀3羽)
カモメ類40羽+(犀川河口)
ホシハジロ♂5羽♀2羽(金石港船溜り)
ノビタキ♀1羽(正門)(情報より)
カワセミ♂(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
キクイタダキ群れ(写真あり)(情報より)
アリスイ1羽(野鳥園跡地)(写真あり)(情報より)
ツルニチニチソウ花3個
カキドオシ茎が伸びていました



2019.4.2
キンクロハジロ(大池♂22羽・♀10羽)
ヒドリガモ♂1羽♀1羽(大池では今シーズン初)
ハシビロガモ♂1羽♀1羽(大池)
オオバン(犀川下流6羽・大池1羽)
ツグミ6羽
シロハラ7羽
大形ツグミ類(クロツグミを除く)さえずり1羽(初認)(シロハラと思われます)
ヒヨドリ6羽
メジロ6羽
ジョウビタキ♂5羽・♀1羽・性別不明1羽
ウグイスさえずり5羽
ツバメ♂1羽(初認)
ウ類(金石西防波堤5羽)
カンムリカイツブリ繁殖羽2羽(犀川下流)
カイツブリ1羽
ササゴイの池のカモ類→コガモ♂1羽
ミヤマホオジロ♂2羽♀1羽
カモメ類29羽(犀川河口)
キセキレイ1羽(写真あり)(情報より)
ハマダイコン8分咲き(野鳥園跡地)(林内では3分咲き)
オランダミミナグサつぼみ
アオキ雄株満開
https://blog.goo.ne.jp/utyucosmos/e/5fa7ab51b283bcbfb4f4fa94c2f05b70
レンギョ(シナレンギョ?)満開
トサシモツケ開葉
白梅(犀川下流左岸では4割ほどの花がまだ残っていました)
ハンノキ開葉
エノキ葉芽膨らむ
アオジ♂2羽・♀2羽・性別不明1羽
ヤマザクラつぼみ〜満開
オオヤマザクラ(大山桜)つぼみ(小川の右岸1本のみ)
オオシマザクラつぼみ〜開花
ソメイヨシノ開花間近
ダイオウグミ開葉
チューリップ開花
コバンソウ穂
コスミレ満開



2019.4.1
ノビタキ♀1羽(初認)(サッカー場)(写真あり)(情報より)
ジョウビタキ♂♀(写真あり)(情報より)
ヨシガモ♂1羽(犀川下流)(写真あり)(情報より)
ツグミ12羽+(アカモズの小径の地上)(写真あり)(情報より)
キクイタダキ4羽+(情報より)
ヤツガシラ1羽(林間広場や正門の梅園)(初認)(写真あり)(情報より)
トラフズク1羽(ポンプ室の東の樹上。近くを通過し、羽音が聞こえた。胸腹の縦斑が太く♀と思われます。)
(1998年発行の「石川の自然環境シリーズ 石川県の鳥類」には、健民海浜公園の記録として記載があります。
1990年以降には記録がありません。)(写真あり)(情報より)
https://pepy.jp/24470


2019.3.30
ルリビタキ(三千坊跡と二天橋間)(情報より)


2019.3.29
ダイサギ2羽+(写真あり)(情報より)
シメ(写真あり)(情報より)
ジョウビタキ♂♀(写真あり)(情報より)
セイヨウタンポポ開花(写真あり)(情報より)


2019.3.28
オシドリ♂3羽♀2羽
(写真あり)(情報より)
ミヤマホオジロ♂1羽(写真あり)(情報より)
キタキチョウ(初認)(写真あり)(情報より)
モンシロチョウ(初認)(写真あり)(情報より)



2019.3.27
アオジとミヤマホオジロ群れ(写真あり)(情報より)
オナガ3羽+(写真あり)(情報より)
ジョウビタキ♂♀(写真あり)(情報より)
ヤマザクラ開花(写真あり)(情報より)


2019.3.26
メジロ(写真あり)(情報より)
キタキチョウ(初認)(写真あり)(情報より)
https://mushinavi.com/navi-insect/data-cho_ki.htm
https://www.insects.jp/kon-tyoki.htm
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6


2019.3.25
オシドリ♂1羽♀1羽
(犀川下流)
ヒバリ(カモメの浜)(写真あり)(情報より)
オオミズナギドリ10羽+(初認 11時42分)(2018年は記録がなく、2017年11月3日以来の久々の記録でした)(写真あり)(情報より)
ミヤマホオジロ♂(小川)(写真あり)


2019.3.24
ホシハジロ(金石港船溜り♂7羽♀1羽、犀川下流♂2羽♀3羽)
カモメ類90羽+(犀川河口)
ウ類(金石西防波堤6羽)
オナガ3羽+(これまでに聞いた事のない、小声での「ウィーイーー」や、機械的な音の「ギィ……」の声を、
小川の西側や、その後、野鳥園跡地の南でも聞こえました)
オオバン(犀川下流1羽、金石港船溜り1羽)
カイツブリ繁殖羽1羽・非繁殖羽1羽(犀川下流)
カンムリカイツブリ繁殖羽3羽、換羽中1羽(犀川下流)
アオジ♂2羽
キセキレイ1羽(二天橋)
カワセミ♂1羽(ササゴイの池)
クサシギ1羽(ササゴイの池 3月8日以来)(情報より)
ミヤマホオジロ(情報より)
ラッパスイセン花
ホトケノザ4分咲き
ツクシ20cm以上に
ハマダイコン6分咲き(野鳥園跡地)
ソメイヨシノ蕾少し膨らむ
ニワトコ開葉

ミシシッピアカミミガメ4匹(ササゴイの池)


コバンソウ葉が10cm以上伸びてきました
白梅(正門散り始め〜散り盛ん)
紅梅(花はすべて散りました)


2019.3.23
ジョウビタキ♂(写真あり)(情報より)
ミヤマホオジロ群れ(写真あり)(情報より)
アリスイ1羽(写真あり)(情報より)


2019.3.21
ハシビロガモ♂2羽(大池)
キンクロハジロ(大池♂30羽・♀25羽、犀川下流♂1羽)
ホシハジロ♂18羽♀5羽(金石港船溜り)
カンムリカイツブリ繁殖羽2羽・非繁殖羽1羽(犀川下流)
オオバン(大池1羽・犀川下流2羽)
ジョウビタキ♂1羽
オナガ1羽
ダイサギ1羽(ササゴイの池の中ノ島)
アオサギ1羽(ササゴイの池の中ノ島)
カモメ類40羽(犀川河口)
真っ黒のツグミ類に見えたのですが、すぐに枝(高さ約1.5m)から飛びだってしまい種不明でした。(ツグミより若干小さく見えました)(犀川左岸)
シロバナタンポポ満開
タネツケバナ満開
セランダイン満開
ヒメオドリコソウ満開
オオイヌノフグリ満開
ハマダイコン5分咲き(野鳥園跡地)
コスミレつぼみ
ユキヤナギ開花
レンギョウ(シナレンギョウ?)3分咲き
オオシマザクラ開葉
アケビ開葉
ツルニチニチソウ花2個
白梅(犀川下流左岸満開〜ほぼ散り終わり)


2019.3.20
オナガ数羽(写真あり)(情報より)
ジョウビタキ♂(プールの東のフェンス上)(写真あり)(情報より)
ハシビロガモ♂2羽♀2羽(大池)(写真あり)(情報より)
アオサギ営巣(コロニーに巣は6か所)(ササゴイの池観察舎 の南約300m)(写真あり)(情報より)
(グーグルの地図でも、これまでの毎年の営巣で、梢が糞で白くなっているのが見られます)
アリスイ(ササゴイの池観察舎黒板の情報より)→3月23日には撮影もされています


2019.3.19
アカゲラ♀(写真あり)(情報より)
ジョウビタキ♂(写真あり)(情報より)
キセキレイ(小川)(写真あり)(情報より)
ミサゴ1羽(写真あり)(情報より)
カワラヒワ多い(情報より)
アオジ♂♀(情報より)
メジロ(情報より)
オナガ5羽(情報より)
ツルニチニチソウ(別名ツルギキョウ)花2個(写真あり)(情報より)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%83%AB%E3%83%8B%E3%83%81%E3%83%8B%E3%83%81%E3%82%BD%E3%82%A6


2019.3.18
メジロ(写真あり)(情報より)
カシラダカ群れ(写真あり)(情報より)
ミサゴ(魚(約40cm程のボラ?)をつかんで樹上に)(写真あり)(情報より)


2019.3.17
オオバン3羽(犀川下流)
カンムリカイツブリ繁殖羽1羽(犀川下流)
ヨシガモ♂1羽♀1羽(犀川下流)
ツグミ3羽
オナガガモ♂1羽(大池)
ウ類(金石西防波堤10羽)
イソヒヨドリ♀1羽(テトラポッド)
カシラダカ1羽
アオジ♂3羽♀2羽
シロハラ3羽
アカゲラ♀1羽
シメ1羽
ミヤマホオジロ♂1羽♀1羽
カモメ類12羽(犀川河口)
アカエリカイツブリ非繁殖羽1羽
(テトラポッド約30m沖)
ハマダイコン2分咲き
白梅(犀川下流左岸満開〜散り盛ん)



2019.3.16
アオキの雄花開花(写真あり)(情報より)
http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/choripetalae/cornaceae/aoki/aoki.htm


2019.3.15
アメリカヒドリ♂1羽(犀川下流)(写真あり)(情報より)(他の方からも、嘴基部の黒斑がはっきりあり、
頭部の緑も鮮やかにありとの情報がありました)


2019.3.14
コゲラ♂(写真あり)(情報より)
シメ(まだ嘴は鉛色になっていません)(写真あり)(情報より))
アカゲラ♀(写真あり)(情報より)
ミヤマホオジロ♂♀(写真あり)(情報より)


2019.3.10
ヨシガモ♂1羽♀1羽(安原川轟橋上流)
ヒバリさえずり初認(下安原町)
キセキレイ(小川)(写真あり)(情報より)
カイツブリ(写真あり)(情報より)
ハジビロガモ(情報より)
アカエリカイツブリ
(情報より)
オオハム(情報より)
ウミウ(情報より)
ダイサギ(情報より)
クサシギ(情報より)
オオセグロカモメ(情報より)
オオタカ(情報より)
アカゲラ(情報より)
アオゲラ(情報より)
ハヤブサ(情報より)
エナガ(情報より)
メジロ(情報より)
アトリ(情報より)
シメ(情報より)
カシラダカ(情報より)


2019.3.9
カンムリカイツブリ繁殖羽1羽(犀川下流)
キジ♀2羽
ミヤマホオジロ♂3羽♀3羽
アカゲラ♂1羽(♀の写真情報も)
ツグミ1羽
アオジ♂1羽(♀の情報も)
オオバン(犀川下流2羽・大池1羽)
ウ類(犀川橋下流浅瀬1羽)
オナガ1羽(10羽±の情報も)
キンクロハジロ(大池♂29羽♀22羽)
ホシハジロ♂6羽♀1羽(金石港船溜り)
カモメ類40羽+(犀川河口)
オオハムまたはシロエリオオハム2羽

ミサゴ2羽(ササゴイの池上空 11時18分)(松の枝に止まり、魚を分け合って食べていた)(写真あり)(情報より)
(2羽が近くで並んで飛翔している写真では、胸帯の色と幅には少し違いがあり、♂♀かも?)
イボタノキ開葉
コマユミ開葉
セランダイン満開
白梅(正門2分〜満開・犀川下流左岸散り盛ん・ポンプ室3分咲き)
紅梅(正門散り始め)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%AD
https://matsue-hana.com/hana/huki.html
大池→ミシシッピアカミミガメ8匹


2019.3.8
クサシギ1羽(ササゴイの池の木杭)(写真あり)(情報より)


2019.3.5
カイツブリ(写真あり)(情報より)(ハジロカイツブリと違い、虹彩は黄色、嘴の基部にも黄白色の部分があります)
オナガガモ♂(写真あり)(情報より)
メジロ(写真あり)(情報より)
エナガ(写真あり)(情報より)
オオハムまたはシロエリオオハム3羽+
(写真あり)(情報より)
ハシビロガモ♂1羽♀1羽(大池)(写真あり)(情報より)
クサシギ1羽(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
オオタカ幼鳥1羽(写真あり)(情報より)
シメ(写真あり)(情報より)


2019.3.3
オシドリ♂1羽(大池)(綺麗な繁殖羽でした。大池の♂の記録は2017年10月13日以来)
カンムリカイツブリ(普正寺海岸:繁殖羽2羽・非繁殖羽6羽)(犀川下流:繁殖羽1羽)
キンクロハジロ(大池:♂28羽♀19羽)(犀川下流:♂2羽♀2羽)
シロハラ2羽激しく争う(ササゴイの池)
アカゲラ1羽(♀の情報があります)
シメ4羽
ツグミ(サッカー場1羽・第3駐車場1羽・第4駐車場1羽)
オオハムまたはシロエリオオハム4羽

ハシビロガモ♂1羽♀2羽(大池)
シロハラ5羽
オオバン(犀川下流2羽・大池1羽)
メジロ8羽
ホシハジロ♂2羽♀1羽(金石港船溜り)
アオジ♀1羽
キンクロハジロ♂28羽♀19羽(大池)
クサシギ(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
エナガ数羽(写真あり)(情報より)
ヤブニンジン開葉
白梅(正門1分咲き〜満開・犀川下流左岸2〜8分咲き〜散り始め)
紅梅(正門満開)
ハマダイコン開花1株



2019.3.2
クサシギ(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
キセキレイ(小川)(写真あり)(情報より)
オナガ(写真あり)(情報より)
ミサゴ(写真あり)(情報より)


2019.3.1
ヒヨドリ3羽(1月よりかなり少なくなっています)
カワラヒワ7羽
アオジ♂5羽♀3羽
ウ類(犀川橋下流浅瀬2羽・金石西防波堤5羽)
ハシボソガラス8羽
オオバン(犀川下流2羽)
ツグミ(サッカー場7羽・第3駐車場3羽・第4駐車場5羽)
シメ3羽
キジ♂1羽(肉垂はまだ大きくありません)
http://www.geocities.jp/dst_tx/siraberu124_kiji_nikusui.html
シロハラ4羽
アカゲラ性別不明1羽(6時58分 ギョギョ・ギョギョと非常にしわがれた声を出し、
首を精いっぱい伸ばし、背を少し反って、顔を左右に2回振る。高さ約5mの樹上で。
このような声と行動は初めてでした。エノキの小径の南)

カモメ類24羽(犀川河口)
オナガ1羽
ハシビロガモ♂1羽♀1羽(大池)
キンクロハジロ♂30羽♀20羽(大池)
ツグミ(頭部が白味がかっている)(写真あり)(情報より)
オオハムまたはシロエリオオハム(写真あり)(情報より)
アカエリカイツブリ非繁殖羽(写真あり)(情報より)(2017年3月23日以来です)
ノスリ(写真あり)(情報より)
クサシギ(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
シロハラ(写真あり)(情報より)
シメ(写真あり)(情報より)
アカゲラ(写真あり)(情報より)
キセキレイ(小川)(写真あり)(情報より)
メジロ(写真あり)(情報より)
ノイバラ開葉
トベラ実は濃い小豆色
白梅(正門1〜8分咲き・犀川下流左岸1〜8分咲き〜満開)
紅梅(正門8分咲き)


2019.2.27
オオハムまたはシロエリオオハム8羽(腰の辺りに白い羽根が見えオオハムと思われます)
(テトラポッドの沖50〜100m)
アオジ♂8羽♀2羽
ウ類(犀川中州1羽・犀川橋下流浅瀬1羽)
シロハラ3羽
ミヤマホオジロ♂3羽(2羽はさえずっていました)
アオサギ1羽が大池とエノキの小径の間の樹上に、珍しく止まっていました
カシラダカ2羽(黒い部分が増えてきました)
http://akaitori3.web.fc2.com/kanu.html

ハシボソガラス
(1羽がオニグルミの実を高さ約10mから2度、海岸の遊歩道の歩道ブロックに落としました。
一度は歩道ブロックにあたりました。7時56分)
ハシボソガラス28羽(コゲラの小径からエノキの小径辺りで大騒ぎ。トビ1羽に対して、さわいている様で、
トビは何度もカラスに襲い掛かりますが、カラスの騒ぎは止まりません。
カラスは早朝の各テリトリーでの食事の後、普正寺の森に来て、
繁殖の準備をしているトビをいじめているのでは?と思ってしまいました)

ミサゴ1羽
ホシハジロ♂2羽♀1羽(金石港船溜り)
オオバン(犀川下流1羽)
シメ2羽
メジロ3羽
ツグミ17羽(プールの東)(第4駐車場では1羽)
アトリ2羽
オナガ6羽
カンムリカイツブリ1羽(換羽中)(金石港船溜り)
クサシギ1羽(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)

白梅(ポップ室開花)


2019.2.26
ハヤブサ成鳥1羽
(ササゴイの池上空から北へ)
ツグミ20羽(アカモズの小径)(第4駐車場1羽)
ミヤマホオジロ♂3羽♀3羽
キンクロハジロ(大池♂28羽♀18羽)・(犀川下流♂3羽♀2羽)
オオバン(大池1羽・犀川下流1羽・金石港船溜り1羽)
オナガ1羽(オナガの大声が聞こえ見上げると、ハヤブサ1羽が飛んでいました)
カンムリカイツブリ(繁殖羽1羽・非繁殖羽1羽)(犀川下流)
カモメ類70羽+(犀川河口)
カモメ1羽(テトラポッド上空)(初認)
ハシビロガモ♂1羽♀1羽(大池)
ホシハジロ♂2羽♀1羽(金石港船溜り)
白梅(正門つぼみ〜7分咲き・犀川下流左岸8分〜満開)
キヅタ黒い実が多く残っていました(犀川下流左岸)



2019.2.25
オオバン(犀川下流12羽・大池1羽)
シロハラ幼鳥1羽
アビ類1羽(海面上1〜3mで飛翔)
ミヤマホオジロ♀1羽
ツグミ(第4駐車場4羽)
カワラヒワ激しく争い2羽
キンクロハジロ(大池♂29羽♀20羽)
シロハラ(1羽がササゴイの池の木杭に止まっていました。昨日、ササゴイの池に現れたクサシギかと一瞬思いました。シロハラが木杭に止まるのは珍しいのでは)
シメ1羽
ウ類(犀川橋下流浅瀬2羽)
エナガ2羽
アオジ♂4羽
ホシハジロ♂1羽(犀川下流)
メジロ2羽
カンムリカイツブリ(繁殖羽3羽・換羽中1羽・非繁殖羽1羽)(繁殖羽の2羽は顔を見合わせながら、顔を上下左右に同調して動かしていました。ディスプレイと思われます。約45秒。8時58分)(犀川下流)
白梅(正門つぼみ〜7分咲き・犀川下流左岸8分〜満開)
紅梅(正門6分咲き)
ツルニチニチソウ開花



2019.2.24
クサシギ1羽(雨覆に淡色の小さな斑が少し見えます)(ササゴイの池)
(水面に倒れかけている枝などに止まり、姿をゆっくり見せてくれました10時18分)
(2015年8月29日幼鳥1羽以来。1990年以来30年間で、22年に記録がありました。)
http://stints.a.la9.jp/tringa/green-awA.html
https://shorebirds.exblog.jp/8656190/

コハクチョウ189羽(9時3分に19羽、この森では珍しく高度約80mとかなり高く北東へ移動。
更に、9時32分には170羽+、高度約50mで北東へ、見事なX字型の編隊で、賑やかに移動していました。)
(これまでの最大個体数は1991年11月2日102羽でした)
ミコアイサ♂1羽・♀2羽(7時54分、普正寺橋下流で♂1羽♀1羽。10時27分、犀川橋下流でも♀2羽。)
(犀川橋下流にも、♂が観察されると思ったのですが見当たりませんでした)
アカゲラ♂1羽
シジュウカラさえずり3羽
ツグミ3羽
ミヤマホオジロさえずり2羽(さえずり初認)
ジョウビタキ♂1羽
ウ類(金石西防波堤5羽)
大池のカモ類→カルガモ109羽・コガモ117羽・マガモ♂3羽♀3羽・ホシハジロ♀1羽・
キンクロハジロ51羽(キュルル、キュルルと、小声の鋭い声で2〜4羽が同時に、頻繁に鳴いていました)
カモメ類40羽(犀川河口)
オオバン(犀川下流2羽・大池1羽)
イソヒヨドリ♂1羽(金石西防波堤上)
カンムリカイツブリ非繁殖羽1羽(犀川下流)
シロバナタンポポ花16株
白梅(正門つぼみ〜6分咲き・犀川下流左岸8分咲き〜満開)

ミシシッピアカミミガメ4匹


2019.2.23
カンムリカイツブリ(換羽中4羽・非繁殖羽3羽)(犀川下流)
カイツブリ非繁殖羽1羽(犀川下流)
ヨシガモ♂5羽♀8羽(犀川橋下流)
ミコアイサ♂1羽♀1羽(犀川下流)(♂は2014年3月11日1羽以来。その前は2011年3月2日)
オオバン(犀川下流2羽・大池1羽)
ダイサギ2羽(犀川橋下流)
オナガ2羽(3羽の情報も)
アカゲラ?1羽(声のみ)
大池のカモ類→キンクロハジロ52羽・ハシビロガモ♂1羽♀1羽
ハシボソガラス(1羽がオニグルミの実を2度、海岸の遊歩道の歩道ブロックに高さ約6mから落とす。11時57分)
(遊歩道にはすでに4個ほどのクルミの割れた欠片がありました。近くにハシボソガラスがもう1羽いました。)
キセキレイ1羽(小川)(情報より)
ミヤマホオジロ♂(写真あり)(情報より)
アビ類3羽
(情報より)
オランダミミナグサ開葉
シロバナタンポポ花(5株)
オオイヌノフグリ開花
キショウブ(ササゴイの池の水面から葉が伸びて来ました)
ヤブツバキ満開
白梅(犀川下流左岸満開)
サザンカ散り盛ん

大池→ミシシッピアカミミガメ21匹、クサガメ1匹、イシガメ1匹(カメ類初認)


2019.2.22
シメ(写真あり)(情報より)
オナガガモ(写真あり)(情報より)
ハシビロガモ♂2羽♀1羽(大池)(写真あり)(情報より)
オナガガモ♂1羽♀1羽(大池)(写真あり)(情報より)
トモエガモ♂1羽(犀川下流)(写真あり)(情報より)(♂は2017年11月25日以来でした)
オオタカ幼鳥1羽(野鳥園跡地の西)(写真あり)(情報より)


2019.2.21
ミコアイサ♀タイプ(犀川下流)(写真あり)(情報より)
オナガ(写真あり)(情報より)
メジロ(写真あり)(情報より)
アカゲラ♀(写真あり)(情報より)


2019.2.18
キセキレイ(小川)(写真あり)(情報より)
エナガ(写真あり)(情報より)
シメ(写真あり)(情報より)
ミヤマホオジロ♂4羽♀2羽(情報より)
シロハラ(情報より)
モズ(情報より)
アビ類50羽+(情報より)


2019.2.17
ウ類(犀川中州0羽・犀川橋下流浅瀬2羽・金石西防波堤18羽)
アカゲラ?1羽(声のみ)
アオゲラ?1羽(ケレケレ・ケケ・ケケなどと大声でアオゲラと思われる声がエノキの小径周辺で3度ありました)
シロハラ1羽
カモメ類49羽(犀川河口)
オオバン1羽(大池)
エナガ2羽
カンムリカイツブリ4羽(犀川下流)
シメ1羽
ハイタカ♀成鳥1羽(エノキの小径)
オナガ3羽
オオハムまたはシロエリオオハム1羽

アオジ♀1羽
メジロ群れ(情報より)
白梅(犀川下流左岸7分咲き)


2019.2.13
エナガ(巣材運搬:長さ1cmほどの短い綿毛?犬の毛?)巣材運搬は2017年以来の記録です。(写真あり)(情報より)


2019.2.12
モズ♂(写真あり)(情報より)
ミヤマホオジロ♂5羽+・♀1羽+(写真あり)(情報より)
メジロ群れ(写真あり)(情報より)


2019.2.11
カンムリカイツブリ8羽(5羽は換羽中)(犀川下流)
ウ類(犀川中州0羽・犀川橋下流浅瀬3羽・金石西防波堤20羽)
メジロ3羽
オオバン1羽(金石港船溜り)
オオハムまたはシロエリオオハム2羽(普正寺海岸)(初認)
ジョウビタキ♀1羽
シメ1羽(嘴肉色)
アオジ♂1羽♀2羽
アオサギ2羽(嘴婚姻色)(犀川橋下流)
シロハラ2羽
ミサゴ1羽
ツグミ6羽
オナガ1羽
カルガモとオナガガモ♀との交雑1羽(大池)
ホシハジロ♂1羽(大池)
ハシビロガモ♂1羽(大池)
キンクロハジロ(大池43羽)
白梅(正門つぼみ固い〜1分咲き)


2019.2.10
ハシビロガモ(情報より)
シロチドリ5羽+(普正寺浜)(情報より)
セグロセキレイ(情報より)
シメ(情報より)
ハイタカ♀1羽(情報より)


2019.2.9
ウ類(犀川中州1羽・犀川橋下流浅瀬4羽・金石西防波堤8羽)
カンムリカイツブリ11羽(犀川下流)
シロハラ2羽
ツグミ群れ9羽(林間広場の地上で採食)
キンクロハジロ(大池42羽)
犀川中州→トビ1羽
オオバン2羽(犀川下流)
エナガ2羽
シメ2羽(林間広場)
白梅(犀川下流左岸6分咲き)


2019.2.7
バン(水車橋)(写真あり)(情報より)
ダイサギ4羽(犀川橋下流)(写真あり)(情報より)
アカゲラ♂(写真あり)(情報より)
オカヨシガモ♂2♀1羽(犀川下流)
ホシハジロ♂2♀1羽(普正寺橋)(写真あり)(情報より)
オオタカ幼鳥(写真あり)(情報より)


2019.2.6
シメ1羽
アカゲラ♂1羽
ミヤマホオジロ♂1羽♀1羽
メジロ群れ(小川)(写真あり)(情報より)
シロハラ2羽(小川)(写真あり)(情報より)
白梅花(写真あり)(情報より)


2019.2.5
アカゲラ♂(写真あり)(情報より)
バン幼鳥(小川)(写真あり)(情報より)
エナガ群れ(写真あり)(情報より)


2019.2.4
オオタカ成鳥(写真あり)(情報より)


2019.2.3
バン幼鳥1羽(小川中流 オオバンの弁足との違いなど、近くでゆっくり見せてくれました)
http://blog.livedoor.jp/miruf4ej-jobijobi/archives/49927482.html
http://kyoka2011.blog.fc2.com/blog-entry-1578.html

ホオジロさえずり初認3羽
ツグミ9羽の群れ(第4駐車場では4羽)
ウ類(犀川中州1羽・犀川橋下流浅瀬1羽・金石西防波堤19羽)
メジロ5羽
シメ1羽
オオバン(犀川下流2羽・大池1羽)
シロハラ2羽
カモメ類11羽(犀川河口)
カンムリカイツブリ4羽(犀川下流)
ミヤマホオジロ♂1羽
アカゲラ?1羽(声のみ)
キンクロハジロ(大池26羽)
アオキ(花芽が展開始めました)


2019.2.2
犀川中州→トビ1羽
ウ類(犀川中州0羽・犀川橋下流浅瀬2羽・金石西防波堤17羽)
ツグミ11羽
ミヤマホオジロ♂1羽
キジ♀2羽(1羽には足環はありませんでした)
シメ2羽
大池のカモ類→カルガモ88羽・コガモ194羽・キンクロハジロ26羽
カンムリカイツブリ6羽(犀川下流)
シロハラ2羽
アカゲラ?1羽(声のみ)
メジロ2羽
カモメ類50羽(犀川河口)
バン幼鳥(二天橋)(写真あり)(情報より)
クロガネモチ実がすべてなくなりました


2019.2.1
バン幼鳥1羽(小川下流)(情報より)


2019.1.30
オオタカ成鳥1羽(コゲラの小径)
キセキレイ(写真あり)(情報より)


2019.1.28
アトリ50羽+(情報より)


2019.1.27(日)
今日は、シベリアムクドリの情報はありませんでした。以下の様に、これまでに情報を頂いています。
観察された確実な情報は、1月8〜22日です。他に、又又聞きですが、1月24日15時30分に観察された情報もあります。
1月8日にはコゲラの小径で、1月14日は二天橋の西で、そして、多くは犀川下流左岸(普正寺橋上流約100〜200m)やその右岸。
また、野鳥園跡地でも観察されています。

1月8日はムクドリの群れと、1月14日は近くにアオジ。その他は、スズメなどが近くにいたが、ムクドリとは別で単独行動。
1月14日には、二天橋上空をほぼ同じ大きさの3羽が飛翔し、そのうちの1羽が樹上に。撮影するとシベリアムクドリであった。
他の2羽もシベリアムクドリだった可能性も?
ムクドリより、かわいい声。


オオバン(大池1羽・犀川下流2羽)(犀川下流では交尾。交尾は初記録)(情報より)
ウ類(犀川中州2羽・犀川橋下流浅瀬繁殖羽1羽・金石西防波堤10羽)
ツグミ15羽+の群れ(プールの東)
アオジ♂1羽♀1羽(5羽+の情報も)
オカヨシガモ♂2羽♀1羽(犀川下流)
カンムリカイツブリ11羽(犀川下流)(1992年3月11日の12羽が最大個体数)
キンクロハジロ♂1羽♀2羽(普正寺橋〜犀川橋間)
ミサゴ1羽
アトリ70羽+(犀川下流左岸)
オナガ4羽(情報より)
アカゲラ♀1羽(情報より)
ノスリ1羽(情報より)
シメ10羽+(情報より)
カシラダカ5羽+(情報より)
ベニマシコ性別不明1羽(情報より)
サザンカ満開


2019.1.26
ベニマシコ♀1羽(情報より)


2019.1.25
バン(水車橋)(写真あり)(情報より)
ミヤマホオジロ10羽+(ポンプ室)(写真あり)(情報より)


2019.1.24
オカヨシガモ♂1羽♀1羽(犀川下流)(写真あり)(情報より)
エナガ10羽+(写真あり)(情報より)
シロハラ10羽+(写真あり)(情報より)
ツグミ10羽+(写真あり)(情報より)


2019.1.22
シベリアムクドリ♂1羽(犀川下流左岸 12時)(写真あり)(情報より)
(翼を広げた映像もあり、下雨覆は真っ白で美しい)

ハイタカ1羽(樹上)(写真あり)(情報より)(眉斑はオオタカのように鮮明ではなく、雨覆に白い部分が多くあります)
https://starling.dyndns.org/~birdkitahiro/moukin/spajuv.htm

シロハラ8羽+(水車小屋東)(写真あり)(情報より)
アカゲラ♂1羽(小川)(写真あり)(情報より)
ミサゴ1羽(写真あり)(情報より)
エナガ10羽+(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)(2018年1月7日以来です)
ミソサザイ1羽(写真あり)(情報より)
ツグミ8羽+(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)
ノスリ1羽(ササゴイの池)(写真あり)(情報より)


2019.1.20
シベリアムクドリ♂1羽(犀川下流左岸)(情報より)


2019.1.19
シベリアムクドリ♂1羽(犀川下流左岸)(写真あり)(情報より)
(上部から、頭部の斑も撮影されています)
オオタカ成鳥1羽(写真あり)(情報より)
メジロ(写真あり)(情報より)


2019.1.18
アオジ♂2羽・性別不明3羽(犀川下流左岸)
ウ類(犀川中州9羽)
シロハラ1羽
トビ幼鳥2羽(犀川中州の樹上)
ホシハジロ♂1羽(普正寺橋〜犀川橋間)
カンムリカイツブリ4羽(犀川下流)
ツグミ2羽
オオバン(大池1羽・犀川下流2羽)
ヒヨドリ13羽の群れ(犀川下流左岸)(12月より増えている印象です。森全体では100羽程では?)
アカゲラ♂(写真あり)(情報より)
キセキレイ(写真あり)(情報より)
ミサゴ(写真あり)(情報より)


2019.1.16
ムクドリ120羽+(普正寺の森から約700m離れた、大野湊緑地公園西の電線に止まる。→シベリアムクドリは観察されませんでした)
アオジ♂3羽
シジュウカラ群れ最大9羽と、その周辺での小鳥(コゲラ1羽・メジロ1羽)
オオバン(大池1羽)
ウ類(犀川中州0羽・犀川橋下流浅瀬2羽・金石西防波堤4羽)
ダイサギ1羽(犀川下流)
カモメ類2羽(犀川河口)
カンムリカイツブリ2羽(犀川下流)


2019.1.15
シロハラ幼鳥(写真あり)(情報より)
チョウゲンボウ♂(写真あり)(情報より)
シメ1羽(写真あり)(情報より)
ツグミ1羽(写真あり)(情報より)
オオタカ幼鳥1羽(写真あり)(情報より)
オカヨシガモ♂1羽♀1羽(犀川下流)(写真あり)(情報より)
普正寺の森の東側の水田に、ムクドリ類60羽+の群れを観察しましたが、シベリアムクドリは不明でした。


2019.1.14
ノスリ(写真あり)(情報より)

シベリアムクドリ♂1羽(写真あり)(情報より)
≪頭部・頬などに赤茶色がなく、白色系です。翼は黒色で白色の線があります。
脚は真っ黒ではなく、青灰色みがあります。なお、後頭の斑や腰の色は、下部からの撮影なので不明です。≫
→以上から、シベリアムクドリと同定しました。
また、翼は褐色みでなく、黒色なので♂と判断しました。

普正寺の森では初記録。
(1月8日にも、林内(コゲラの小径の南)でムクドリの群れに、翼に白い部分のある個体を観察されたとの情報がありました。
この個体も、シベリアムクドリと思っています。
ムクドリ類は森の東側や、森の東の水田で観察される事が多く、観察ポイントと思います。)

(シベリアムクドリは、最新版の「石川野鳥年鑑2014」に記載されている、1987〜2014年の28年間の記録では、18年に記録があります。
ただ、観察場所の記載のある1998〜2014年では、すべて舳倉島以外には記録がありません。
石川県内では舳倉島以外の記録は、非常に珍しいと思われます。)


・コムクドリ♂と違い、頭部などに赤茶色の部分がありません。脚は真っ黒ではありません。
コムクドリ♀と違い、翼に白色の線がはっきりあります。
https://search.yahoo.co.jp/image/search;_ylt=A7dPhgzAUjxclRoAxqfr9P17?p=%E3%82%B3%E3%83%A0%E3%82%AF%E3%83%89%E3%83%AA&fr=top_ga1_sa&ei=UTF-8&mfb=81_00a#mode%3Ddetail%26index%3D17%26st%3D720
http://zuityouan.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/post-6538.html

・カラムクドリと違い、嘴は黒色。虹彩も黒色。雨覆は黒色。
https://www.birdfan.net/pg/kind/ord17/fam1728/spe172803/
http://bird-muromi.sakura.ne.jp/zukan/suzume/karamukudori/karamukudori.html

・ギンムクドリと違い、嘴や足に赤みや黄色みがない。雨覆は黒色。
https://zukan.com/jbirds/leaf83964
http://ada-kitakyu.com/bird/ginmuku.html

・シベリアムクドリ
https://www.naturingnews.jp/?p=10075
https://seabeans.net/9230/
http://hana-tori.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/post-6d21.html
https://www.birdfan.net/pg/kind/ord17/fam1728/spe172801/


2019.1.13
オオタカ(情報より)
カワセミ(情報より)
カイツブリ(情報より)
クサシギ(情報より)
アカゲラ(情報より)
ジョウビタキ(情報より)


2019.1.12
カワセミ(情報より)


2019.1.11
キセキレイ(情報より)


2019.1.10
シメ群れ(写真あり)(情報より)
キジ♂(写真あり)(情報より)


2019.1.9
ムクドリ100羽+
スズメ30羽+(犀川下流左岸)
カンムリカイツブリ3羽(犀川下流)
ウ類(犀川中州25羽・犀川橋下流浅瀬2羽・金石西防波堤10羽)
ツグミ2羽
キセキレイ1羽(小川)
オオバン2羽
アカゲラ♀1羽


2019.1.6
メジロ28羽(プールの北東)
ウ類(犀川中州8羽・犀川橋下流浅瀬1羽・金石西防波堤15羽)
ミサゴ1羽
アオジ♂2羽
オオバン5羽(犀川下流)
カンムリカイツブリ3羽(犀川下流)


2019.1.4
ツグミ20羽+(ポンプ室)(写真あり)(情報より)
チョウゲンボウ♂1羽(犀川下流右岸の桜の樹上)(写真あり)(情報より)
オオタカ成鳥1羽(犀川下流右岸の松任宇ノ気線沿いの、民家の樹上に止まる)(写真あり)(情報より)
ダイサギ(写真あり)(情報より)
(ダイサギの特徴である、口角の切れ込みが長い形状でした。)

ウミウ(写真あり)(情報より)
(ウミウの特徴である、嘴の基部の黄色い裸出部は、口角で三角形に尖っていました。)
https://www.biodic.go.jp/kawau/d_hogokanri/hunt_leaflet.pdf#search=%27%E3%82%A6%E3%83%9F%E3%82%A6+%E3%82%AB%E3%83%AF%E3%82%A6+%E8%A6%8B%E5%88%86%E3%81%91%E6%96%B9%27
https://blog.goo.ne.jp/morinoaoba/e/48f4cb7a80674f6efd45c84aca737700


2019.1.1
早朝は快晴無風。ヒヨドリが12月下旬より増えていて賑やかな森でした。
シメ9羽(大野湊神社方向から森へ)
チョウゲンボウ1羽(水田)
普正寺橋〜犀川橋間のカモ類358羽
キンクロハジロ2羽・ホシハジロ5羽(犀川橋〜普正寺橋)
オオバン(犀川下流3羽・大池1羽)
コゲラ2羽
メジロ1羽
カシラダカ2羽
ミヤマホオジロ14羽群れ
ミサゴ1羽(堤防のゲート上で約40cmの魚を持っていました)
オオタカ♀幼鳥1羽(ハシブトガラス2羽に追われて樹上に)
ハシボソガラス18羽(森上空で賑やか)
カンムリカイツブリ3羽(犀川下流)
アカゲラ?1羽(声のみ)
アオジ♂2♀2羽(プールの東で群れになり、地上で盛んに採食)
カモメ類1羽(犀川河口)
ツグミ1羽
クロガネモチ実赤色(まだ多く残っています)


普正寺の森自然情報
  
2019年以降の記録 (石川県金沢市普正寺町 普正寺の森 ふしょうじのもり)
.