奥能登輪島・曽々木「御陣乗太鼓」



戦国時代、上杉謙信が能登に攻めて来た時に、杉の皮や海藻などを付けた奇怪な面をつけ太鼓を打ち
上杉軍に奇襲をかけ驚いた上杉勢を敗走させたのが名舟の「御陣乗太鼓」の始まりと伝えられています

本来は夏祭 7月31日〜8月1日の名舟大祭で太鼓がたたかれるものですが「寒中みそぎフェスティバル」のメインとして
平成18年1月21日 ミゾレ混じりの小雪や雨の降る中、もの凄い迫力で大勢の観光客やカメラマンの観客を圧倒しました。




アルバムに戻る  ホーム


no.1 ミゾレ混じりの小雪の降る中 







no.2 本場 名舟町の「御陣乗太鼓」







no.3 おお 寒い・・・







no.4 日本海からの冷たい風が吹きつける中を素足で・・・







no.5 正真正銘の本物の迫力







no.6 焚き火で暖をとる







no.7 しばしの休息







no.8 もろ肌脱いで







no.9







no.10 フィナーレ


ページのトップ  アルバムに戻る  ホーム