奥能登輪島・曽々木「寒修行」



輪島市町野町南時国、真言宗高田寺の「寒修行」が1月22日、国名勝・「窓岩」で知られる曽々木海岸などで
行われ、 編みがさに黒のマント姿の檀信徒六人が波打ち際を歩き、鈴を打ち鳴らしながら御詠歌を唱えた。


アルバムに戻る  ホーム


no.1 雪の降る中 御詠歌を唱えながら







no.2 後ろに見えるのは 曽々木の名勝「窓岩」







no.3 荒れる日本海







no.4 小雪が舞い、日本海からの冷たい風が吹きつける中を・・・







no.5







no.6 檀信徒は一列に並んで砂浜を進む







no.7 おお 寒い・・・







no.8







no.9







no.10 ほっと一息


ページのトップ  アルバムに戻る  ホーム