丹後の宮津「天橋立」




何千年もの歳月をかけて 自然がつくりだした神秘の造形「天橋立」は、陸奥の松島・安芸の宮島とともに日本三景とされ
特別名勝 幅20〜170m、全長約3.6kmの砂嘴(さす)でできた砂浜で、大小約8000本もの松が茂っている珍しい地形です

その形が、天に舞う白い架け橋のように見えることから「天橋立」の名が付いたそうです。


アルバムに戻る  ホーム


no.1 知恩寺文殊堂から元伊勢籠神社まで舟に乗る 







no.2 シジミ漁をする小船







no.3 砂嘴(さす)でできた砂浜に松が沢山







no.4 いつまでも続く天橋立の松並木







no.5 山の上に見えるのが「傘松公園」







no.6 「元伊勢籠神社」







no.7 神社の境内を通ってケーブルカーの乗り場へ







no.8 ケーブルカーで「傘松公園」へ







no.9 「股のぞき」の名所でもある傘松公園からの眺め







no.10 特別名勝 神秘の造形「天橋立」


ページのトップ  アルバムに戻る  ホーム